kobaan さん プロフィール

  •  
kobaanさん: my life with a photograph
ハンドル名kobaan さん
ブログタイトルmy life with a photograph
ブログURLhttp://kobaanphoto.blogspot.com/ncr
サイト紹介文写真とカメラに囲まれた日々。写真について思うこと、考えたことを日々書いています。
自由文kobaanです。写真を撮り続けています。
フィルム撮影が中心ですが、デジタルも活用します。
<camera>
Nikon FM3A F100 D800 D700
MamiyaflexC330s RZ67
PLAUBELmakina670
Fujifilm GA645ziX100
OlympusPENE-P3 etc.
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供123回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2014/08/10 17:37

kobaan さんのブログ記事

  • 撮ることのできるありがたさ
  • Nikon D800 AF-S Nikkor50mm F/1.4G1/1600 f1.4 ISO100 大阪府鶴見緑地公園 健康に問題があると、 カメラなど重い機材は持ち歩けなくなる。 そもそも外出も難しくなるかもしれない。 適度な経済的な余裕がなければ、 趣味の時間を過ごすことも難しくなるだろう。 知識や好奇心があることも大切だし、 出会いや情熱も、誰にもあるとは限らない。 だからこうして、「撮れる」ということは、見落としてしまいそうなくらい [続きを読む]
  • 写真集から受ける刺激
  • Nikon D200 AiAF Nikkor 35mm F/2Df2.8 1/250 ISO200 限られた時間の中で、 できる限り写真を楽しみたい。 そして、写真の技術を身につけて、 今よりもいい写真をもっともっと、 撮れるようになりたい。 そんな時、 色々な写真家の「写真集」から、 色々な刺激をもらうようにしている。 さまざまな写真家が被写体を、 それぞれの思いを込めて写真に切り取り、 そして複数の写真を編纂して、 一つの作品に仕上げ [続きを読む]
  • 追われずに撮りたいもの
  • OlympusPEN E-P3 M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II R1/50 f4.5 ISO200 14mm 大阪府東大阪市 立ち止まっているわけにはいかないと、 どうしても気だけが焦ってしまう。 何に追われているわけでもないけれど、 漠然とした不安な感覚。 これがなかなか心から抜けない。 きっとそういう性質なんだろうと思う。 この性質は、写真を撮る上でも結構顔を出す。 もっともっと撮らなければ… もっと上手く撮れるようにな [続きを読む]
  • 言葉じゃ伝わらないこと
  • PLAUBEL makina670 Nikkor 80mm F2.8 1/500 f8 Kodak E100VS 大阪府東大阪市 「今日は夕空がすごかったんだよ。」 「雲がねじれるように空に伸びてて」 「そしてその後ろから太陽が照らしている。」 「まるで宇宙の銀河の姿・・・」 言葉じゃなかなか伝わらない、 そういうことも多い。 いやむしろ、 言葉では伝わらないことの方が多い。 でも写真なら、 言語に頼らず伝わることも多い。 視覚に伝わる情報だから [続きを読む]
  • 写真に見えない目的
  • Olympus PEN E-P3 M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II R1/1000 f4.5 ISO200 26mm 大阪府東大阪市 何がなんだかわからずに、ただ毎日が過ぎている。大きな目的も無いままに、取り留め無く写真を撮り続けている。写真が好きなのはわかるけど、果たして写真の何が好きなのか。写真で何がしたいのか。そんな風に時々不安になる。撮り続けていればきっとそのうち見えてくるだろうとそうは信じているけれど、なかなか見えないなあ。 [続きを読む]
  • 写真で気づく鏡の景色
  • Canon EOS7D EFS 17-85mmF/4-5.6 IS USM1/60 f5 ISO1000 大阪府東大阪市 川中邸ほんの少し時間ができたので、今日もまたカメラを持って出掛ける。夕暮れまでの一時間ほどの軽い撮影歩き。差し込む光に恵まれたのか、ちょっと嬉しい瞬間があちこちにある。写真を撮るようになると、それまでに見ていなかった景色や、景色の中に見え隠れしているそんな美しい景色に気付くようになる。水鏡はその代表的なものじゃないかと思う。あり [続きを読む]
  • 中判カメラ中毒
  • MamiyaRZ67 SekorZ110mmF2.8 f4 1/125 KodakE100VS静岡県富士宮市朝霧高原 カメラの性能が上がっていて、 小さなデジカメでも 本当に美しく撮れる時代になった。 そんな中、 スタジオ向きの大きなカメラを、 右に左に振り回して、 1年中駆け巡る。 フィールドでの風景スナップなので、 もっぱら手持ち撮影が中心。 三脚や一脚に据えて撮ることは少なく、 腕力勝負の趣がある。 われながら馬鹿だなあと思うのだ [続きを読む]
  • 古いカメラでいい写真が撮れた時
  • MamiyaflexC Sekor 10.5cm F/3.5 1/250 f16 KodakE100VS兵庫県淡路島 60年も前のカメラとレンズでも、 最新のデジカメには負けないくらい、 なかなかいい仕事をしてくれる。 そんな時は、 はしゃぎたくなるほど嬉しくなる。 レンズのコーティングがどうだとか、 解像度が高いだとか、 そんな表面的なことではなく、 撮りたいという気持ちと、 カメラの能力がうまくかみ合った時こそ、 表現としての写真が撮れる。 [続きを読む]
  • IN MY DREAM
  • Nikon D800 AF-S Nikkor 50mm F/1.4G1/2000 f1.4 ISO100 和歌山県田辺市 新庄総合公園 世間の流行を追うことはあまり得意では無い。でも自分の中だけで流行る撮り方というのは、定期的にそして時には継続的にある。いわゆる、マイブームというやつ。それは、偉人の写真集に刺激されてその雰囲気が写真に影響したり、特定の被写体になぜか惹かれてそればっかり撮っていたり…理由はその時々で違っているけど、無性に撮り続ける時 [続きを読む]
  • 大いなる無駄の充実感
  • Nikon FM3A Ai Nikkor 50mm F/1.4s 1/60 f1.4 KodakE100VS 大阪府大東市 カメラを通して見える世界や被写体を、 レンズとカメラを駆使して画を描いて、 そしてそれが写真になる。 時間と空間を切り取るその行為自体が 楽しくて仕方が無い。 いい景色に出会えれれば最高だし、 またとないシャッターチャンスを捉えれれば、 それはそれは幸せな気分。 でも、何も特別な日でなくても、 素晴らしい景色の前ではなくても [続きを読む]
  • 走り去るイメージ
  • Nikon D800 AF-S Nikkor 50mm F/1.4G1/6400 f1.6 ISO100 大阪府 鶴見緑地公園 撮るためのアンテナを伸ばして、 できるだけ心の感度を上げるようにして、 リラックスして、でも常に臨戦態勢で カメラを片手に歩く。 心の感度が上手く風景とリンクできたら、 撮りたい場面が見えてくる。 撮りたい場面は溢れている。 でもその瞬間はほんの一瞬。 すぐに走り去ってしまう。 アンリ・カルティエ・ブレッソンは、 「逃げ [続きを読む]
  • 蓑虫の写真
  • Nikon D800 AF-S Nikkor 50mm F/1.4G1/320 f1.6 ISO100 和歌山県田辺市 身の回りの何気ない風景や事物を 何でも美しく描けくことができる そんな写真を楽しむ写真家は なんとも平和で幸せな人種だと そう思うことがある。 もちろん、盗撮や暴露写真のように、 人を傷つける道具になることもあるけれど、 ここで言う写真家は、 写真を健全に楽しむフォトグラファー。 思い込みかもしれないけど、 枝に下がる蓑虫が [続きを読む]
  • 写真が切り取る時間
  • MamiyaflexC2 Sekor105mm F/3.5 f11 1/250 Fujifilm Fortia50兵庫県淡路島 1/250秒のシャッタースピード。 瞬きより早い、ほんの一瞬の時間だが、 それは1秒の250分の1。 0.004秒分のれっきとした時間。 写真は、瞬間を切り取っていると表現するが、 でも本当は時間そのものを 切り取っているということ。 ここにもまた、 写真の真実があるのでは、 そんな風に思うようになった。 Nikon D200 AiAF Nikkor 35 [続きを読む]
  • 写真が視線を広げる
  • PENTAX 645D smc PENTAX-D FA645 55mmF2.8AL IF SDM AW1/160 f2.8 ISO200 大阪府東大阪市 前を見ながら歩く人。 後ろを振り返りながらしか歩けない人。 下をむいて歩く人。 そして何も見ていない人もいる。 人は皆、それぞれの視線で生きている。 そういうものなんだろうと思う。 でも写真を撮るようになると、 右も、左も、上も、下も、 前も、後も、表も、裏も、 色々な方向を見るようになる。 表面的な方向だけ [続きを読む]
  • 滝の写真は夢中になる
  • Nikon D800E SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary1/4 f11 ISO400 360mm 滋賀県信楽 鶏鳴の滝 滝の流れを美しく撮りたいなあと 写真を始めた頃からよく思っていた。 デジタルカメラが普及する前の話。 三脚やレリーズなど、 長時間露光の準備をするだけで なんだか少し背伸びをしているような そんな感覚があった。 露光時間がうまくいかなかったりして、 結構失敗もした記憶がある。 *** デジタル [続きを読む]
  • TX-1
  • FUJIFILM TX-1 SUPER-EBC FUJINON45mmF4 f8 1/1000 KodakEBX100大阪府豊中市 FUJIFILM TX-1 SUPER-EBC FUJINON45mmF4 f11 1/500 KodakEBX100大阪府豊中市 自分の写真とは? 写真を学ぶ人なら、 誰もがこれと似た悩みを抱えて、 何度もこの問いの答えを探して、 思い巡らせているのでは? 他に漏れず、 僕もこれを10年以上も続けている。 目の前に広がる世界を、 美しく雄大に切り取ること。 それを考えなが [続きを読む]
  • 流されて飛ばされて
  • Olympus PEN E-P3 + M.ZUIKO DIGITAL14-42mmF3.5-5.6ⅡRf5 1/2500 ISO200 32mm dramatictone 大阪府東大阪市 流されて、 飛ばされて、 見失いそうになる。 果たしてどこを、そしてどこへ 飛んでいるのか、 気を抜くと、認識できなくなる。 どうにも恐ろしい。 常に意識して、 目を開いておかなければ。 やがてくる時のために。 Nikon FM3A Nikkor50mmF1.4s f8 1/500 KodakE100VS大阪府吹田市 [続きを読む]
  • スランプでもカメラで撮っている
  • Canon EOS 6D EF 50mm F1.4 USM1/3200 f2.8 ISO100 和歌山県御坊市 さて何を撮りたかったのか?はて何を撮るべきなのか?時々やってくるそんなスランプにもすっかり慣れてしまった自分がいる。そのうちまた撮りたくなるだろうって、妙な自信があったりして。目標が見当たらない時もただ目的無しに撮り続ける、そんな特技が身についたのかも。カメラを持って、ファインダーを覗いてシャッターを切る行為。きっと写真を撮るという [続きを読む]
  • 被写体の向こうの何かを撮れないだろうか?
  • Nikon FM3A Ai Nikkor50mm F1.4s 1/125 f4 KodakaE100VS島根県松江市 宍道湖特定の被写体ではなく、被写体を見る自分の視線や、その被写体の向こうに見ているその何かを撮れないかと試してみたりする。ピントが合っていない写真なら、ぼんやりした意識になるのだろうか?それとも画面全体に等しくピントが合えば、写るすべての事象が均等に意識されて、またはその均等が特定の被写体に意識が集中することを遮って、内面表現につ [続きを読む]
  • 排水溝が美しく見えるとき
  • Olympus PEN E-P5 Panasonic LumixG 20mm F1.7 1/80 f3.5 ISO320 鳥取県鳥取市美しい物を見るのではなく、美しく物を見ることが写真には大切なんだろうと思う。雄大な景色はもちろん素晴らしいし、美しく豪華な花を撮るのは楽しい。でもそれと同じくらいに、身近な風景に美しさを感じられるなら、写真をもっともっと、今以上に楽しめるはず。排水溝から流れるしずくが、空をこんな風に美しく描くとは、まったく面白い。? [続きを読む]
  • 波紋に魅かれる
  • ?Nikon D800 AF-S Nikkor 50mm F/1.4G 1/25 f7.1 ISO200静岡県富士宮市 特筆するほどの意味も無く、 感動を呼べるほどの美しさも無く、 でも眼を向けずにいられない、 撮らずにはいられない、 そんな風な衝動が繰り返しやってくる。 波紋もそのひとつ。 なんたって波紋。 波紋・・・?! [続きを読む]
  • インスピレーションとスナップ
  • Olympus PEN E-P5 M.Zuiko Digital 25mm F/1.8f2.8 1/8000 ISO100 和歌山市加太 風景をスナップして歩くスタイルでは、インスピレーションが頼り。ハッとひらめくその瞬間に、被写体にうまくレンズを向けれるかが勝負。勝ち負けで言うと負けが多いが、時に思い近い1枚を得れた時にはそれはもう嬉しいの一言。にんまりと笑顔が出てしまうことも。ということはやはり、インスピレーションが重要なのだろう。 [続きを読む]
  • 写真の孤独な取り組み
  • Canon EOS6D EF17-40mm F4L 1/200 f10 ISO100 40mm 和歌山県御坊市写真の楽しみ方はいろいろあって、仲間と楽しく撮ってもいいし、撮ることで人のためになることもできる。旅やイベントには写真は欠かせない。手紙やメールに添えられた写真には、人の心を洗う力がある。でも、写真を深く追おうとするのなら、それは表現との孤独な戦い。一つ一つ階段を上るが、まるで迷路のようなもので、いつまで経っても先は見えてこない。撮って [続きを読む]
  • 撮影者が見た景色
  • MamiyaflexC Sekor10.5cm F/3.5 f5.6 1/400 KodakE100G 鳥取県境港写真に写るもの、それはその人が見た何か。そう考えると、被写体となるものは単なる物質的な事象だけではなくて、時間や記憶、意図といった抽象的な事象も含まれてくる。人は見たいように世界を見る。その場所で、その時間、どんな風にその風景を見るかが、写真に写る景色となる。できることなら、感謝や感激というような、前向きで明るい感動を見て、それを写真 [続きを読む]
  • 子供っぽい満足感
  • Olympus PEN-E-P5 M.Zuiko Digital 14-42mm F3.5-5.6 II R1/4000 f8 ISO200 ArtFilter クロスプロセス 大阪府 東大阪市 写真を撮りたいことの理由を探しても?、結局のところ理由なんか見当たらない。ただカメラを持つだけで嬉しくなるし、写真を撮っているだけでいい気分になる。カシャ、カシャとシャッター音を聞くのもなかなか心地よいもの。写真は自己表現だと言う人も居るし、人生の瞬間を記録すると言う人も居る。確 [続きを読む]