Paris-MaX さん プロフィール

  •  
Paris-MaXさん: ディーラーが読み解く株・先物チャートに隠された心理
ハンドル名Paris-MaX さん
ブログタイトルディーラーが読み解く株・先物チャートに隠された心理
ブログURLhttps://ameblo.jp/paris-bijou/
サイト紹介文株・先物・為替問わず、テクニカル分析だけでなく、投資家の行動パターンを読み解きながら相場を解説します
自由文☆株や先物に関して熱く語ります。その他、相場の仕組みやGPIF(年金)、CTA(ヘッジファンド)など相場についてならお任せ下さい。


☆チャートの基礎知識に頼らず、ディーラー時代に知り得た様々な投資家の
内部事情・行動パターンに基づいて、デイトレ・スイング目線の
マーケット分析・予測をしています。


参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供259回 / 365日(平均5.0回/週) - 参加 2014/08/10 20:59

Paris-MaX さんのブログ記事

  • ☆朝のレポート☆
  • 6月20日 今日の呟き 昨日のアメリカ株式市場は、ダウ平均が大幅安となるも、ナスダック・S&P500の下げは小幅に。 ボーイング・キャタピラーなどの中国関連銘柄や、中国向け・・・売上比率の高い半導体企業が売られましたが、それに対してアメリカ国内に重点を置く企業や公益・通信といったディフェンシブ株には買いが入り、ナスダックやS&P500を下支えしました。 為替市場では、欧州時間にクロス円がさらに弱含む場面があるも、そ [続きを読む]
  • ☆朝のレポート☆
  • 6月19日 今日の呟き 昨日のアメリカ株式市場は、まちまちながら、S&P500は小幅安。 引き続き、米中貿易摩擦の悪化が嫌気され売り優勢で始まりましたが、その後は・・・押し目買いによって、下げ幅を縮める展開となりました。 為替市場では、ドルがやや軟調な動きとなるも、大きな動きとはならず。ドル円は、《110.50》を挟んでの小動きとなりました。 それらの動きを受けた日経225先物は、概ねアメリカ株に連動する動きとなり、《 [続きを読む]
  • ☆朝のレポート☆
  • 6月18日 今日の呟き 先週末のアメリカ株式市場は、小幅安。 アメリカが、中国からの輸入品およそ1100品目に25%の関税を課し・・・そのうちおよそ820品目については7月6日に発動すると発表、 それを受けて中国も直ちに報復関税を課すと表明したことから、貿易戦争への懸念が高まり、関税の影響を受けやすいボーイング・キャタピラーなどの大型銘柄が指数を押し下げました。 ただし、ムニューシン財務長官が関税を発動した場合の悪 [続きを読む]
  • ☆朝のレポート☆
  • 6月15日 今日の呟き 昨日のアメリカ株式市場は、まちまちながら、ナスダック・S&P500は小幅高。 ECB理事会において、年内の量的緩和終了とともに・・・来年9月まで利上げはしない方針が示されたことで、来年夏までに10ベーシスの利上げを見込んでいた市場はこれを好感、アメリカの経済指標も良好な内容だったことから、指数はまちまちながら全体的には強い動きとなりました。 為替市場では、ECB理事会の決定を受けてユーロが売ら [続きを読む]
  • ☆朝のレポート☆
  • 6月14日 今日の呟き 昨日のアメリカ株式市場は、下落。 FOMCでは、予想通り0.25bpsの金利引き上げが行われ・・・ドットチャートで年内あと2回の利上げ予想が示されたことを受けて、発表後はタカ派的な内容を嫌気した売りが優勢となりました。 FOMC終了後しばらくして、中国に対する制裁関税を早ければ15日にも決定するとの報道が流れたことも、売りを誘った模様です。 為替市場では、FOMC後に一時ドル買いが活発化するもすぐに失 [続きを読む]
  • ☆朝のレポート☆
  • 6月13日 今日の呟き 昨日のアメリカ株式市場は、まちまちながら、S&P500は小幅高。 エネルギー・金融の下落がダウ平均を圧迫しましたが・・・直近弱い動きとなっていたハイテク株に買いが入り、ナスダックは上昇、S&P500も小幅高となりました。ただ、FOMCを前に売買は低水準に留まりました。 為替市場も、様子見姿勢が強く、方向感なく小動き。ドル円は、《110円台前半》で上下に振れる動きとなりました。 それらの動きを受けた日 [続きを読む]
  • ☆朝のレポート☆
  • 6月12日 今日の呟き 昨日のアメリカ株式市場は、小幅続伸。 重要イベントを控える中、様子見姿勢が強まり・・・一日通して、小幅な値動きに留まりました。 為替市場も、総じて小動き。ドル円は、《110円台》に乗せた後は、《110円》を挟んでの小幅な値動きが続きました。 それらの動きを受けた日経225先物は、米朝首脳会談前にイベントドリヴン的な買いが加わり、《22900円台》に乗せる動きとなっています。 ここ一週間ほど、《99 [続きを読む]
  • ☆朝のレポート☆
  • 6月11日 今日の呟き 先週末のアメリカ株式市場は、小幅高。 重要イベントを多数控え、様子見姿勢が強い中マイナススタートとなりましたが・・・前日急落したブラジルレアルが戻す動きとなったことから、株式市場でもそれを受けて買い戻す動きが見られ、プラス圏に浮上しての引けとなりました。 為替市場では、ポジション調整的な動きで、円高進行後に、やや売られる展開。 ドル円は、《109.20》付近まで下落後はやや値を戻し、《1 [続きを読む]
  • ☆朝のレポート☆
  • 6月11日 今日の呟き 先週末のアメリカ株式市場は、小幅高。重要イベントを多数控え、様子見姿勢が強い中マイナススタートとなりましたが・・・前日急落したブラジルレアルが戻す動きとなったことから、株式市場でもそれを受けて買い戻す動きが見られ、プラス圏に浮上しての引けとなりました。為替市場では、ポジション調整的な動きで、円高進行後に、やや売られる展開。ドル円は、《109.20》付近まで下落後はやや値を戻し、《 [続きを読む]
  • ☆朝のレポート☆
  • 6月8日 今日の呟き 昨日のアメリカ株式市場は、まちまち。 貿易摩擦の先行きや、来週に開かれる欧米の金融政策イベントを前に・・・ポジション調整主体の動きとなり、原油高を受けてエネルギー株が上昇し、ハイテク株が利食い売りに押されるなど、まちまちな内容となりました。 為替市場では、ブラジルレアルの急落を引き金に、円高方向の動き。 ドル円は、《110円》を挟んだ揉み合いから《109.50》水準まで下落、その後は《109.7 [続きを読む]
  • ☆朝のレポート☆
  • 6月7日 今日の呟き 昨日のアメリカ株式市場は、上昇。 アメリカのホワイトハウスで、通商問題の解決に向けた検討が行われている・・・と伝えられ、貿易摩擦問題の悪化は回避されるとの期待感が増し、ECBの量的緩和終了観測も相まって国債利回りが大きく上昇し、金融株主導で上伸しました。 為替市場では、ユーロ高につられてドル円も上伸した後は、小動き。 ドル円は、《110円台》に乗せたあとは、一時《109円台》に押し戻される [続きを読む]
  • ☆朝のレポート☆
  • 6月6日 今日の呟き 昨日のアメリカ株式市場は、まちまち。 予想を上回る経済指標、メキシコによる米国産豚肉への20%関税賦課、中国による・・・輸入拡大提案など、好悪材料が入り乱れる中、様子見姿勢が強まり、業種別の騰落・指数ともにまちまちな内容となりました。 為替市場では、欧州圏通貨が強含む以外は、まちまちな値動き。 ドル円は、《109.50〜109.90》程度の範囲内で、方向感に乏しい動きとなりました。 それらの動き [続きを読む]
  • ☆朝のレポート☆
  • 6月5日 今日の呟き 昨日のアメリカ株式市場は、続伸。 先週末のアメリカ雇用統計で、アメリカ経済の堅調さが示されたことを・・・引き続き好感し、大型ハイテク株が指数を牽引、3指数とも上昇しました。 為替市場では、じりじりと円安方向へ。ドル円は、一時《109.40》付近まで小幅に押す場面があったものの、その後は株式市場の上昇や金利の上昇に反応し、《109.90》付近まで値を上げています。 それらの動きを受けた日経225先物 [続きを読む]
  • ☆朝のレポート☆
  • 6月4日 今日の呟き 先週末のアメリカ株式市場は、反発。 EU・カナダ・メキシコへの鉄鋼アルミ関税適用の余波が収まりを見せる中・・・雇用統計などの一連の堅調な経済指標を好感し、この日は終日買い優勢となりました。 為替市場は、やや円売り・ドル買いが優勢も、全体的にはまちまちな動きに。 ドル円は、トランプ大統領の雇用統計発表前のツイートを受けてドル買いの動きが見られ、雇用統計発表後に《109.73》まで上昇しました [続きを読む]
  • ☆体育祭参加☆
  • 6月3日 休みの呟き どこにいるかわからず・・・ ポチっとして頂けると嬉しいです(#^.^#)にほんブログ村 いつもたくさんのメッセージをありがとうございます。一つ一つに対応できなくて・・・失礼があったら本当に申し訳ありません。なので、コメント欄を閉じさせて頂きました(_ _).。o○ "いいねとペタッ"間に合わなくてすみません(>_<) DIGGIN' VEGGIEORGANIC & NATURAL FOOD西日本で見つけてきた安全で美味しい有機野菜自 [続きを読む]
  • ☆朝のレポート☆
  • 6月1日 今日の呟き 昨日のアメリカ株式市場は、反落。 EU・カナダ・メキシコ3か国に対して、一時的に適用を除外していた・・・鉄鋼・アルミの輸入関税を6月1日から適用すると正式に発表され、3か国も報復措置を講じると発表したことから貿易摩擦拡大への懸念が増幅し下落、途中イタリアのユーロ離脱リスクが後退したと受け止められる材料がありましたが、貿易問題が気掛かりとなり戻りは限定的となりました。 為替市場では、関税 [続きを読む]
  • ☆朝のレポート☆
  • 5月31日 今日の呟き 昨日のアメリカ株式市場は、大幅反発。 イタリアで実施された5年債・10年債入札が、好調な結果になったことや・・・ポピュリズム政党が、暫定政権樹立に向けてユーロ懐疑派のエコノミストを経済相の候補から外す方針を示したこと、ユーロ離脱を言及したことはないと述べたことなどを受けて、前日の波乱に繋がった懸念が後退し、買い戻される動きとなりました。 為替市場では、上記懸念の後退を受けて、ユーロ [続きを読む]
  • ☆朝のレポート☆
  • 5月30日 今日の呟き 連休明けのアメリカ株式市場は、大幅下落。 イタリアにおいて、早ければ7月に・・・再選挙が行われる可能性が高まったことや、トランプ大統領が中国に対する関税賦課計画を表明したことを受けて、急速にリスクオフの流れが強まり、金融株の筆頭に下げがきつくなり、ダウ平均とS&P500種は1%を超える下落となりました。 債券市場では、イタリア国債の利回り急騰とアメリカ国債の利回り急低下が進行しました。 [続きを読む]
  • ☆朝のレポート☆
  • 5月29日 今日の呟き 昨日は、米英の株式市場が休場。 その他の欧州株は、イタリア・スペインの・・・政治不安が懸念され、全般軟調な値動きとなりました。 為替市場では、上記懸念から引き続きユーロが続落となり、つれてクロス円も全般軟調。 一方のドル円は、目立った動きはなく、《109.20〜40》程度のレンジでの揉み合いとなりました。 それらの動きを受けた日経225先物は、薄商いの中、欧州株やクロス円の下落の動きから《223 [続きを読む]
  • ☆朝のレポート☆
  • 5月28日 今日の呟き 先週末のアメリカ株式市場は、まちまち。 サウジアラビアが、今年後半からの原油増産を示唆したことを受けて・・・原油が急落、エネルギー株へ売りが波及し指数を圧迫しましたが、3連休を前に売買は低調となり、半導体株の上昇などを受けてナスダック指数はプラス圏で引けるなど、全体的にはまちまちな内容となりました。 為替市場では、ユーロや資源国通貨の下落が目立った以外は、まちまちな動き。 ドル円は [続きを読む]
  • ☆南青山近辺へ〜☆
  • 5月27日 休日の呟き 昨日は、お墓参りに永平寺へ〜お参りが終わった後は、南青山近辺を、お散歩がてらゆっくり歩いて・・・。 根津美術館も涼しげでした。 涼んで休憩中〜 骨董通り沿いのパン屋さんここのバターロールがおいしくて、どのくらいお世話になってるかな〜朝食用にしっかり買いました 休憩にスパイラルカフェに寄ったら満席だったので・・・ 童心に帰ってヴァージニア・リー・バートンの『ちいさいおうち』時代を超え [続きを読む]
  • ☆朝のレポート☆
  • 5月25日 今日の呟き 昨日のアメリカ株式市場は、小幅反落。 米朝首脳会談の中止決定を受けて・・・下落幅が拡大する時間帯がありましたが、今後会談が復活する可能性があることや、軍事行動に発展しなければ経済への影響は乏しいとの見方から徐々に押し目買い優勢となり、小幅安水準まで戻しての引けとなりました。 為替市場では、地政学リスクの高まりからリスクオフの円高に振れるも、その後小戻し。 ドル円は、《109円割れ》水 [続きを読む]
  • ☆朝のレポート☆
  • 5月24日 今日の呟き 昨日のアメリカ株式市場は、小幅反発。 ドル高と共に急速に進行していたトルコリラ・アルゼンチンペソの下落が、通貨危機の再燃を連想させ・・・短期筋主体とみられる《円買い・株売り》の取引が活発化しましたが、間もなく様子見症状となり、FOMC議事録で今年の利上げ回数が《3回》となることを伺わせる内容が確認されると、利回り低下と共に投資家の安堵感が増し、小幅にプラス圏に転じて引ける動きとなりま [続きを読む]
  • ☆朝のレポート☆
  • 5月23日 今日の呟き 昨日のアメリカ株式市場は、反落。 中国による自動車関税引き下げ方針など、米中通商協議に関して前向きな材料により小高く始まったものの・・・その後米中間の隔たりが再確認されたことを受けて次第に売り優勢となり、ほぼ安値引けとなりました。 為替市場では、全体的にやや円高方向への動き。ドル円は、《111円》を挟んでのもみ合いとなり、オセアニア時間では《110円台後半》での値動きとなっています。 [続きを読む]
  • ☆朝のレポート☆
  • 5月22日 今日の呟き 昨日のアメリカ株式市場は、大幅反発。 米中の貿易戦争が、いったん回避されたことを受けて・・・安心感が広がり、全業種が値上がりする動きとなりました。M&A関連のニュースも、刺激材料となった模様です。 為替市場では、金利上昇一服から、ドルへの利食い売りが優勢。ドル円は、《111.40》まで上昇後はじり安歩調となり、《111円前後》の水準での推移となっています。 それらの動きを受けた日経225先物は、 [続きを読む]