Lily さん プロフィール

  •  
Lilyさん: 東方神起小説 Lily♡ホミンの香り
ハンドル名Lily さん
ブログタイトル東方神起小説 Lily♡ホミンの香り
ブログURLhttps://ameblo.jp/lily-u-know/
サイト紹介文東方神起が主役の連載、短編、読み切りのお話しや、ホミン絡みの日常などを綴っています(*^-^*)
自由文ユノとチャンミンが大好きなんです(*^-^*)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供88回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2014/08/12 17:49

Lily さんのブログ記事

  • 読み切り・THE_CHANCE_OF_LOVE ユノ転役一周年
  • 真っ暗な部屋の中 目が覚めているのかそれともまだ夢の中なのか それさえも曖昧なのに 僕はあなたの事を考える 隣に居ないと分かっていてもブランケットに包まったまま手だけを出して ぼんぼん、とあなたを探してしまう 今夜は一緒に過ごしたかった あなたにとってもちろん僕にとっても 今日という日は特別だから 去年の今日あなたが無事に戻ってきた 転役からちょうど 一年 だからこそ言い出せなかった だってきっとかつ [続きを読む]
  • ホミン小説「秘密」#49「Contact」+その後
  • #49「Contact」 「、、、逆って?、っていうか、ふたりともあの人を知ってるのか?いゃ、知ってるんだな」 ユノの顔は険しく変わり、それはどこか悲しそうにも見える。ドンへはユノとChloeの間に立ち、ユノと向き合った。 「あのなユノ。ヒチョルさんには俺たちみんな世話になってるんだ。それにあの人はお前を、、、お前たちの事を誰よりもよく知ってる。だから、」 「だから?だから何だよ。どういうお世話されてるって? [続きを読む]
  • THE_CHANCE_OF_LOVE 読み切り②
  • 煌びやかな異国の地で豪華なホテルのスイートルームにも関わらず新曲のステップを練習するユノを眺めてそろそろ1時間を過ぎた 仕事とはいえせっかくのスイート しかもエグゼクティブ!だっていうのに、、、 あのさユノヒョンちょっと聞いてみるんだけど、、、 なんで仕事以外でもずっと踊ってるの? 「なんでって、好きだから。じっとしてられないっていうか、ただ踊りたいからさ」 そうですよねぇ(笑) 「え、なんだよ?」 [続きを読む]
  • 読み切り・THE_CHANCE_OF_LOVE 「運命」とおまけ
  • 運命 「チャンミンの全てを自分のものにしたい」 世界を敵に回すとしても命を対価に変えたとしても到底抗えない恋に堕ちた 身を捩る程に焦がれた情熱を 辱めそうな衝動にまかせ 甘い痛みを伴いながらあいつの体内に注ぎ込み 支配感で満たされるひととき 果てた後に残る同性が故の背徳感 俯いた自分に潤んだ瞳であいつが告げた 「後悔なんて感じないで。僕はずっと、あなたのもの、、、 あなたは僕になり 僕はあなた [続きを読む]
  • 本当にヤバいホミン?The Chance Of Love④+読み切り
  • 正直僕は気乗りしなかった いままで必死に伏せていた自宅をわざわざ公開するなんて何のメリットがあるというんだ そんなことしたら場所が特定されるし神秘性もなくなってしまうしそもそもプライバシーの侵害だ いゃ 違う 本当はそんな理由じゃない これは僕の ジェラシー 訪れたことのないユノの部屋 招いたことのない僕の部屋 どうして先に世間に公開しなければならないのか 「大袈裟だな」ってユノは笑った 「どう [続きを読む]
  • 本当にヤバいホミン?The Chance Of Love③+読み切り
  • ・・・みなさん お話しの更新が出来なくてごめんなさい 毎晩ホミンちゃんが惑わせるせいです← だってさ、みんなはこの連日のホミンガチをどうやってやり過ごしてますの? ( ゚? ゚)ゴフッ…←あたしはこんな状態よ… 昨夜なんてさ、心臓止まりそうだったし( ゚∀゚; )タラー それも無理はないでしょぅ、、、 意表をついて!!こ、こ、こ、こう来たと思ったら!(°Д°;≡°Д°;) こうきて、、 とうとうユノパイ解禁!! からの [続きを読む]
  • 本当にヤバいホミン?The Chance Of Love②+読み切り
  • ヤバいって!! 夜中にこんなの公開されたら絶対寝れん!オロオロ(゚ロ゚;))((;゚ロ゚)オロオロ 貼りつけ作業でもしたら少しはこのソワソワ感が落ち着くかと思い、ここに来ました← いゃぁ、、、ほんと、、、この子達は意表をついて来る 赤神起!!赤が来たね なんという可憐さ そいでもって何でしょうか、この切ない色気は。 一切穢れの無い清らかな身を捧げる美少年ですか、、、 とにかく濡れ髪ヤバいって そしてこの揺るぎない頂点 [続きを読む]
  • 本当にヤバいホミン?The Chance Of Love
  • 昨夜遅くとうとう降り始めた雨 滴る雨音はまるで 我らが王の復活の時を密かに刻んでいる様だった The Chance Of Love ユノとチャンミンの愛がさらに深まっていく 容姿端麗で物静かな貴族の息子と、財閥の破天荒な跡取り息子の愛の物語にしか見えん、、、 素敵すぎる(´;ω;`)ブワッ←勝手な想像で感動している それはさておき!! Σ(゚∀゚ノ)ノキャーめっちゃ待ってたわ!! あーーーもぅヤバいヤバい( ;゚─゚) ソ [続きを読む]
  • ホミン小説「秘密」#48「Contact」
  • #48「Contact」 壁際に追い詰められたChloeは言い逃れは出来ないと観念し、はっきりと「黒い靄」と言った。それも、ユノよりもずっと、詳しく知っているような口ぶりで。 「いま、間違いなく黒い靄、って言ったな。君にも見えるのか?」 「見えるかどうかで答えるなら、私には見えない」 「"私には"ってどういう事」 「あれは、限られた人にしか見えないもの」 「限られた人って?」 「分かってるはずよ。あなた達」 Chloe [続きを読む]
  • 取り急ぎ、大阪城ホール座席
  • ビギイベ大阪城ホールの座席表お知らせします(ノ≧∀≦)ノステージは中央ですこれならどの席になってもみんな見えます (´;ω;`)ブワッ コメント、メッセージ、アメンバー申請をくださっている皆さままだ出来てなくてごめんなさい( ̄ω ̄;)イベント終わったら必ずさせて頂きますので、もう少しお待ちください(?´ω`?) 読んだよのお願いしますにほんブログ村 こちらもぜひ [続きを読む]
  • ホミン小説「秘密」#47「Contact」
  • #47「Contact」 「ねぇ、これすっごく美味しいんだけど、おかわり、ある?」 ヒチョルと名乗る隣人は、遠慮という単語を知らないのか知らないフリなのか、当たり前のようにお代わりを催促してくる。そしてチャンミンも同じく、それに違和感や嫌悪感を一切感じる事もなく、はいはい、と返事をして皿によそった。自他ともに認める「人見知り」であるにも関わらず、だ。 「はい、どうぞ。、、、ヒチョルさん、本当にお腹が空 [続きを読む]
  • ホミン小説「秘密」#46「Contact」
  • #46「Contact」 「キム、、、ヒチョル、、、」 ここのところ、連続して起こるデジャヴ。空を見つめたままその人の名前を呟いた。 「変な顔(笑)、ごめんね変な事言って。まだ無理だって事が分かったし、何でもないから気にしないで」 気にするなと言われても、この匂わせでは無理というもの。 「、、、無理ってどういう意味?それに、どうして僕の名を?」 すると彼はケラケラと笑いながら人差し指でユノの胸元をつつき、耳 [続きを読む]
  • ホミン小説「秘密」#45「Contact」
  • #45「Contact」 着替えを済ませたユノがリビングに戻るとテーブルには既に朝食がセッティングされていた。たったあれだけの食材にも関わらず、どれも手の込んだ料理ばかり。椅子に座る前から唾液が溢れて喉を鳴らした。 「いつまでも突っ立ってないで、座ったら?」 「え!あぁ、あまりにも綺麗な料理だから見惚れてた」 「何言ってんの。そんな大したもの作ってない。ごく普通だよ」 「いや、違うね。これは特別だ」 チャ [続きを読む]
  • ホミン小説「秘密」#44「Revive」
  • #44「Revive」 翌朝チャンミンは、いつもと同じように、夜明け前に目を覚ました。ゆっくりと瞼を開いたが、見慣れない風景に頭が追い付かない。 ここはまだ夢の中かと思いつつ重い目を擦りながら寝返りを打つと、こつん、と何かが額にぶつかった。窮屈な視界に広がったのはピントが合わない程に近すぎるユノの寝顔だ。「、、、っ!!」 息を呑む、とはこういう事か。チャンミンは全身を弓のようにピンと張ったまま後ずさり [続きを読む]
  • HappyBirthday DearChangmin♪
  • HappyBirthday DearChangmin♪ 前夜祭はInstagramにこんなPicを、、、(ΦωΦ)フフフ… そして、今日、 チャンミンおめでとう〜〜 May your birthday and every day be filled with love, peace and joy. あなたの誕生日と毎日が、愛と平和と喜びで満たされますように。당신의 생일과 매일이,사랑과 평화와 기쁨으로 채워지기를 바랍니다. そして今日は、例年通り、ケーキなど作ってみまして(*’艸3`):;*。 チャンミンの「 [続きを読む]
  • ホミン小説「秘密」#43「Revive」
  • #43「Revive」 覆い被さっていたユノは最後に、額にそっと口付けをしてからごろりと横になり、目を瞑った。 鼻筋の通った端正な横顔をぼんやりと眺めながらチャンミンは、ここまで来て急に引かれるとなんだか放り出されたような気分だな、と思う反面、ほっとしたのも正直なところ。 芽生えたばかりの小さな愛はその全てを受け入れる覚悟などまだ出来ていないのが本音だ。 たった今まで自分に預けられていた身体の重みと口 [続きを読む]
  • あちらの最近←なんだそりゃ
  • 前回の「秘密」を受け入れて下さってありがとうございました♪メッセージなど頂いて、嬉しかったです(*^ω^*)続きも書きかけてますが、暫しお待ち下さい(:D)┓ペコリンチョさて、パソコンを開いてお話を書くのはたった1話分でも日々の生活の合間に結構な時間を要しますね。「……あー、ここ駄目。書き直し!こことあそこも手直しだ(°し° ?)」……てな具合で少し書いては見直しと書き直し。とかしてるし。わたしが未熟だからなんだけ [続きを読む]
  • ホミン小説「秘密」#42「Revive」※若干絡みます
  • #42「Revive」 唇をついばむような短い口づけを繰り返したあとで、チャンミンはふと顔を引いた。何しろ初めてなのだから上手く出来ているのかどうか気になったせいだ。 一旦はずした視線を再びユノに向けると、睫毛が当たるほど近い距離で様子を伺う様にじっと見つめて待ってくれている。 「あの、、、この歳になってこんなこと言うの恥ずかしいんだけど、」 「うん」 「とにかく僕は今まで、誰とも付き合ったことが無くて、 [続きを読む]
  • HappyBirthday Dear Yunho.+Birthday Story♪
  • Happy Birthday あなたの特別な日が愛と笑顔でいっぱいになりますように? ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 「、、、あと10秒、9秒、8、7、6、5、4、3,2、1!よし。0時。ユノヒョン。誕生日おめでとう」 「あは(笑)、今年もチャンミンが一番だなありがとぅございます♪ユノはまたひとつ大人になりました」 「世界一カッコいい大人、です(笑)、ね、なにか欲しいものある?なんでもプレゼントしてあげる」 「んーー [続きを読む]
  • ホミン読み切り「ふたり」
  • 「ふたり」 「……(すーー、はーーー)、海の香りって良いよなつい深呼吸しちゃうよ」 「(クス)、そうだね。マイナスイオン効果ってやつかな。リラックスしま、、(ふぁあ)、めっちゃ眠いけど」 「けど、やっぱり朝早く来て正解だったな」 「ですねぇ。早過ぎて誰も居ないから」 「チャーーンミン♪、(Chu?)」 「!!、な、な、なにして、、ったく!!誰かに見られたらどうするの!大変な事になるってわかってる?ん? [続きを読む]
  • 節分ホミン
  • 今年は南南東ホミンちゃんも恵方巻きを・・・恵方巻き・・・ですよねぇ・・・?( ̄▽ ̄;)とぅいまてーん(:D)┓ペコリンチョおくちゃん(*゚▽゚)ノメッセージありがトン☆彡.。お返事出来てなくてごめんね(;´Д`) 読んだよのお願いしますにほんブログ村 こちらもぜひ [続きを読む]
  • ホミン小説「秘密」#41「Revive」+整理とホミンちゃん
  • #41「Revive」 ユノが風呂に入っている間、チャンミンは落ち着かないでいた。 昨日までの自分なら、ベッドで一緒に寝るのは何の抵抗もなかっただろうけど、恋愛感情が明確になった今、何も意識しないなんて正直あり得ない。どうにも手持ち無沙汰でグラスでも洗おうと思ったけれどそれは既にユノが済ませているし部屋を片すにもたいして散らかっていない。本を読みながら待つっていうのもなんだかわざとらしい気もするしど [続きを読む]
  • 熱のあいだにもホミン
  • 熱が上がったり下がったりしてた日に毛布にくるまって作って書いた、超ショートストーリー。ワンカットホミン。←Instagramの方は基本この形ウルオスver.#우르오스もうさユノにCMオファー来た時点から既に買い占めとるやろチャンミン。内助の功?さすが!.( ・?J・? )「ていうか、サイン付きのを当てたかったんデス」.ブワッ(´;ω;`)あ、あんたって子は……どんだけ健気なん「ところでリリィ。熱はどうなった」「僕は感染りたくな [続きを読む]
  • オーラスとホミン帰国とお決まりのパティーン
  • こんにちは〜(*`・ω・´*)ノオーラス前日ぶりの更新♪本当に、本当に、素晴らしいライブツアーでしたね東方神起が大好きなんですと、いつ、どこで、どんな状況でも胸を張って宣言出来ます。私たちの「誇り」ですね(((uдu*)ウンウンさあいよいよ日産スタジアムだね( *˙ω˙*)? グッ!・・・さて、実は現在、お布団の中からスマホで記事を書いてます。どしたのかは後でチラッと書くとして、まずはお礼を。ユノとチャンミンが居る場所で [続きを読む]
  • ビギアゲ大阪入りとWOWOW神起の場所
  • いよいよラスト!というわけで、土曜日に大阪にやって来ました。新大阪から大阪駅に向かい、改札を挟んでマブダチと合流。というのも、大阪のWOWOW神起の場所の情報が曖昧で、改札内にあるのか、改札外にあるのか分からず両方から探してみようという事になったわけです。正解は改札内です。ホームに着いたらそのままエスカレーターか階段で下(1階)に降ります。改札を出ずに歩いて桜橋口と中央口の間(通路)にある小さなセブンイレ [続きを読む]