Lily さん プロフィール

  •  
Lilyさん: 東方神起小説 Lily♡ホミンの香り
ハンドル名Lily さん
ブログタイトル東方神起小説 Lily♡ホミンの香り
ブログURLhttps://ameblo.jp/lily-u-know/
サイト紹介文東方神起が主役の連載、短編、読み切りのお話しや、ホミン絡みの日常などを綴っています(*^-^*)
自由文ユノとチャンミンが大好きなんです(*^-^*)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供89回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2014/08/12 17:49

Lily さんのブログ記事

  • ホミン短編「Road」#3
  • なにもかも放り出して誰も僕を知らない場所に行きたいと思い一人旅をするはずだったのにひょんな事からユノと一緒に過ごす事になった。 僕はどちらかというと人見知りなんだけれど朗らかで人懐こい彼は、こちらに警戒心を抱く隙も与えずまるで以前からの知り合いだったように打ち解けていった。 とはいうものの、旅に出たくなった「理由」を思い出して黙り込んでしまうのは僕の未熟さ故。それでも、察しているのか天然なのかま [続きを読む]
  • 大荒れの週末
  • こんばんは(*^-^*) ユノとチャンミンは無事に香港公演を終え、早々と帰国しましたね♪ ペアルックでね! 行きもそうだったけど、今ってたてじま推しなん?(・∀・)?←流行に疎いリリィ 行きは別々だったけど、ユノがサイパン行った時とチャンミンが香港入りした時もタテのストライプだったやん、、、ついでにデニムの色合いやベルトをしないとこ、シャツをインするとこもおソロっつー、ホミンガチ匂わせお見事 . . 離れてい [続きを読む]
  • ホミン短編#「Road」#2(訂正)
  • 「ところで、チャンミン君、」 「あ、チャンミンって呼び捨てにして貰って構いません」 「じゃぁ、チャンミン、、、なんか照れるな(笑)、どこか行きたい所や、してみたいことはある?」 「んー、、、本当にあてのない、目的もない旅だったんで特になにも、、、ただ、気分転換出来る場所に行きたいな、と思ってて、、」 「気分転換、、、ね、、、よし。じゃぁ海だな。決まり!」 「え!海!あは(笑)、定番。けど、定番は結局、 [続きを読む]
  • ホミン短編「Road」#1
  • 「3時か。ん〜、、、おやつでも買いに行こうかなあ、カフェにも寄ろう。アメリカーノにするか、アイスチョコにするか、、、どうしよw」 「、、、何だか急に旅に出たくなって、行き先も決めずに家を出たのが10日前、、、そろそろお金も底をついてきちゃったな次の停留所で降りなくちゃ、、、」 「、、、近所のカフェにいくつもりだったのに、何となくこんなところまで来ちゃた。どういうわけか、ナビが勝手に設定されち [続きを読む]
  • ホミン小説「秘密」#52「Contact」
  • #52「Contact」 何の躊躇いもなく服を脱ぎ出すユノに比べ、チャンミンは脱ぎかけたシャツに手を掛けたまま止まっていた。 昨夜、ベッドで抱きしめられた時、洋服の上からでもある程度は感じていたのだが、この明るい照明のもとに晒されたユノの体つきは、自分の予想を大きく上回り、目を見張る程に立派なものだ。同性の自分から見てもバランスよく鍛え抜かれたボディは程よい筋肉で仕上がっていた。 「僕も結構鍛えてるんだ [続きを読む]
  • 思いっきり日産ロス…いえ、24時間365日ホミン
  • みなさまこんばんは♪ご無沙汰ぶりです(*^-^*) 前回の投稿は、現地からの写真と共に、でしたが土曜日と日曜日のファイナルに参戦し月曜日の夜に遠征から戻りました はぁ〜〜〜夢のような空間の日産でした未だ、強烈な余韻から抜けだせていません 自宅に戻って早速、録画しておいたWOWOWの放送を観てまたあの興奮が鮮明に蘇りました . . かーーわーーいーーいーー~~~?? ( ゚? ゚)ゴフッ…… , ユノの事が気になって ユノと [続きを読む]
  • いよいよ日産スタジアム3days開幕
  • ずっと待っていた あの広い広いスタジアムを再び赤い光で埋め尽くす日を 20180608.09.10Begin Againin NISSAN Stadium キタ━━━(゚∀゚)━━━!!! きゃーーーー!! 昨日はわたしこんなインスタを上げていたのですが、、、 . . さあ この広いスタジアムを 真っ赤に染めましょうか . ユノ、チャンミン、ダンサー、バンド、スタッフ Bigeast、cassiopeia、トンペン みんなでひとつになる3days いよいよ始まります . #윤스타 [続きを読む]
  • ホミン小説「秘密」#51「Contact」
  • #50はこちらから→★ #51「Contact」 寝室に入り、ユノが上着を脱ぎかけるとチャンミンがすかさず後ろから手を添えたのでユノは照れくさくなったのか袖から抜く手がまごついて裏返しになってしまった。 「ぷっ(笑)、小さい子みたい」 もちろんその言葉は揶揄うような意味はなく、どちらかといえば「カワイイ」という気持ちでふいに出た言葉だったのだが、ユノはとても恥ずかしくなり、オタオタと言い訳をした。 「あ、い [続きを読む]
  • 読み切り・THE_CHANCE_OF_LOVE「Love is vest」+彼が遺したもの
  • 「Love is vest」 ユノが僕を迎えに来てくれたあの日からどれくらいの時が流れていっただろう 思い返してみると以前の僕は到底ユノが頼れるような存在ではなく なんだか自分に自信が無くて ライブでの毒舌はそんな自分を偽る虚栄心 いつもユノに甘えてばかり 体の繋がりを欲しがるのだって僕の方からが多かった 何度極みを迎えたかわからない程哭き声をあげたとしても 身体の一番深みは疼きもっと強く抱いてもっと激しく虐め [続きを読む]
  • 近況とごあいさつ
  • 読者の皆様、こんにちは お天気が不安定な時期ですがみなさまお健やかにお過ごしでしょうか ブログ更新は10日ぶりくらいかな、、、? 先週半ばから体調が悪く、昨日なんて夕方以降はもう本当に崩れるようでしてホミソニンが手離せない今日この頃を送っていました 原因は扁桃腺が腫れているのとそれに伴う偏頭痛とふらつき 家事をこなすのとせめてインスタだけ更新が精一杯だったというね、、、 毎年の事ながら春から夏への [続きを読む]
  • ホミン小説「秘密」#50「Contact」
  • #50「Contact」 「実際に手を下したのはチャンミン」 その言葉を聞いたユノは急激な焦燥感に襲われた。一瞬、Chloeと目を合わせた後で遥か彼方を見るかのように視線を空間に泳がせる。燻ぶり続ける微かな記憶を辿るように。 そんなユノの姿を見守るしかないのだが、2分も経たないうちにドンへが声を掛けた。 「あ〜、無理すんなって。いくら焦ったって今のお前には理解出来やしないよ」 思いやりのつもりでそう言ったのだが [続きを読む]
  • ガチめにヤバいホミンちゃんやん
  • はいこんばんはーーー みなさまおひさしぶりですーーー GW最終日の夕方にこれを書いておりますが、もうとにかくわたしのGWは家族サービスに徹しました。 ほんま、、、ぶっちゃけ、、、 そんなに楽しくない連休だったわ、、、 そんなあたしに煌めく光が!!! そう! ソウル婚の画像が上がって キタ━━━(゚∀゚)━━━!!! いぇーーーーーい! チャンミン!ヤバいヤバい!! えっ!(°д°;)びーーーちく炸裂! お股!えぇ [続きを読む]
  • 読み切り・THE_CHANCE_OF_LOVE・「burn with love」
  • 「burn with love」 身を焦がすような恋ってどんな感じだろう いつどんな時も 一緒に居る時も離れていたとしても 起きていても眠ってたって 生きている限りずっと 常にその人の事を考えてしまう状態だろうか 「僕が常に考えている人といえば、、、」 なんてぼんやりしていたらつい大蒜を焦がしてしまった、、、 すごい煙 あぁ、、、痛恨のミス 僕が料理に凝り始めたきっかけと言えばそもそもユノなんだよね プライベー [続きを読む]
  • 読み切り・THE_CHANCE_OF_LOVE
  • ここのところカムバ活動で忙しく過ごしている俺たち 朝早くから深夜にまで及ぶ日も多くあるからそれぞれの家に帰らず二人で住む家の方で過ごしている 一緒に居た方が何かと都合が良いというのもあるし 何よりも 俺がリラックス出来る環境を、とチャンミンが提案してくれたからだ きっと今日スケジュールの件で俺の機嫌が悪かったせいもあるだろう 自分だって同じ仕事量をこなしてるのに家に帰ったらあれやこれやと俺の世話 [続きを読む]
  • 読み切り・THE_CHANCE_OF_LOVE ユノ転役一周年
  • 真っ暗な部屋の中 目が覚めているのかそれともまだ夢の中なのか それさえも曖昧なのに 僕はあなたの事を考える 隣に居ないと分かっていてもブランケットに包まったまま手だけを出して ぼんぼん、とあなたを探してしまう 今夜は一緒に過ごしたかった あなたにとってもちろん僕にとっても 今日という日は特別だから 去年の今日あなたが無事に戻ってきた 転役からちょうど 一年 だからこそ言い出せなかった だってきっとかつ [続きを読む]
  • ホミン小説「秘密」#49「Contact」+その後
  • #49「Contact」 「、、、逆って?、っていうか、ふたりともあの人を知ってるのか?いゃ、知ってるんだな」 ユノの顔は険しく変わり、それはどこか悲しそうにも見える。ドンへはユノとChloeの間に立ち、ユノと向き合った。 「あのなユノ。ヒチョルさんには俺たちみんな世話になってるんだ。それにあの人はお前を、、、お前たちの事を誰よりもよく知ってる。だから、」 「だから?だから何だよ。どういうお世話されてるって? [続きを読む]
  • THE_CHANCE_OF_LOVE 読み切り②
  • 煌びやかな異国の地で豪華なホテルのスイートルームにも関わらず新曲のステップを練習するユノを眺めてそろそろ1時間を過ぎた 仕事とはいえせっかくのスイート しかもエグゼクティブ!だっていうのに、、、 あのさユノヒョンちょっと聞いてみるんだけど、、、 なんで仕事以外でもずっと踊ってるの? 「なんでって、好きだから。じっとしてられないっていうか、ただ踊りたいからさ」 そうですよねぇ(笑) 「え、なんだよ?」 [続きを読む]
  • 読み切り・THE_CHANCE_OF_LOVE 「運命」とおまけ
  • 運命 「チャンミンの全てを自分のものにしたい」 世界を敵に回すとしても命を対価に変えたとしても到底抗えない恋に堕ちた 身を捩る程に焦がれた情熱を 辱めそうな衝動にまかせ 甘い痛みを伴いながらあいつの体内に注ぎ込み 支配感で満たされるひととき 果てた後に残る同性が故の背徳感 俯いた自分に潤んだ瞳であいつが告げた 「後悔なんて感じないで。僕はずっと、あなたのもの、、、 あなたは僕になり 僕はあなた [続きを読む]
  • 本当にヤバいホミン?The Chance Of Love④+読み切り
  • 正直僕は気乗りしなかった いままで必死に伏せていた自宅をわざわざ公開するなんて何のメリットがあるというんだ そんなことしたら場所が特定されるし神秘性もなくなってしまうしそもそもプライバシーの侵害だ いゃ 違う 本当はそんな理由じゃない これは僕の ジェラシー 訪れたことのないユノの部屋 招いたことのない僕の部屋 どうして先に世間に公開しなければならないのか 「大袈裟だな」ってユノは笑った 「どう [続きを読む]
  • 本当にヤバいホミン?The Chance Of Love③+読み切り
  • ・・・みなさん お話しの更新が出来なくてごめんなさい 毎晩ホミンちゃんが惑わせるせいです← だってさ、みんなはこの連日のホミンガチをどうやってやり過ごしてますの? ( ゚? ゚)ゴフッ…←あたしはこんな状態よ… 昨夜なんてさ、心臓止まりそうだったし( ゚∀゚; )タラー それも無理はないでしょぅ、、、 意表をついて!!こ、こ、こ、こう来たと思ったら!(°Д°;≡°Д°;) こうきて、、 とうとうユノパイ解禁!! からの [続きを読む]