絵本読み聞かせ講師・上甲知子 さん プロフィール

  •  
絵本読み聞かせ講師・上甲知子さん: 読み聞かせの楽しさを伝える 「絵本で子育て講座」
ハンドル名絵本読み聞かせ講師・上甲知子 さん
ブログタイトル読み聞かせの楽しさを伝える 「絵本で子育て講座」
ブログURLhttps://ameblo.jp/osekkainaobasan/
サイト紹介文子育てに絵本を!働く母も絵本を!大人も絵本を! (元おせっかいなおばさんのおすすめ絵本)
自由文できること
☆絵本で子育て講座
☆ワーキングマザーのための絵本講座
☆わらべうた講座
☆わらべうたベビーマッサージ
☆絵本セレクトアドバイス
☆じいじばあばのための孫育て講座
☆絵本・子育て・ワーキングマザー関係コラム執筆
今までの実績は
http://ameblo.jp/osekkainaobasan/entry-11909782618.html
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供570回 / 365日(平均10.9回/週) - 参加 2014/08/13 23:01

絵本読み聞かせ講師・上甲知子 さんのブログ記事

  • まんべんなくいろんな絵本を読ませる
  • まんべんなくいろんな絵本を読ませる物語絵本科学絵本乗り物絵本オノマトペ絵本昔話絵本季節の絵本行事の絵本仕掛け絵本もうとにかくいろんな絵本を読んでほしい(読ませてほしい)「でもね、うちの子図鑑ばっかり、なんです」「うちの子、電車の絵本しか読みたがらないんです」「うちの子、恐竜の図鑑ばっかりなんです」「いろんな絵本をまんべんなく読んで(読ませて)ほしいんです」ですよねえですよねえわかりますうちもいっと [続きを読む]
  • 絵本なんかバカにしてた
  • 「アウトローのよる」がありました小田急線新松田駅そばにある素敵なカフェバー ニカさんの奥の座敷にて生ビールを飲みおつまみをつまみながら絵本を読みアウトローについて好き放題語り合いました↑ニカのママ撮影 ↑アウトローのコスチュームで参加してくれた常連さんも(笑)ブルース・ブラザーズのTシャツに金のネックレス(ドンキにて購入)サングラスですよでもね中身は生真面目〜 なんです(笑) 「オレ、普通だからな」 [続きを読む]
  • 「子どもはもう30歳」「保育士をしている」 「結婚したばかり」
  • わたしの絵本で子育て講座は対象者を「これから絵本で子育てを始めたいお母さん」と実はかなり限定しています「子育てに絵本はいい」って聞いたから、読み聞かせをしているんだけど・・・とか「読み聞かせ」なんて興味ないんだけど・・・という子育てを始めたばかりの若いお母さんを対象者として想定して講座の中身を練っていますだから例えば「子どもはもう30歳」とか「保育士をしている」とか「結婚したばかり」とかそういう方に [続きを読む]
  • 子どもにとっては、そんなの関係ない
  • 自慢なんですけどわたしかこさとしさんにお手紙書いたらご本人からお返事いただいたことがあるんですそのことはまた書きたいんですけどねそのお手紙を最近、読み聞かせ会のたびに持ち歩いて自慢しつついかにかこさとしさんがいい人なのかってことを熱く語ってるんですけれどもあるとき「それ、お子さんも喜んだでしょう?」と言われたんです・・・・うちの子喜んだかな・・・思い返しても喜んだのはわたしだけ子どもはそんなに喜ん [続きを読む]
  • 講師養成講座受講後足踏みをしているあなたへ
  • ものすごい瞬発力でもってお申込みくださったこうちゃん野望にメラメラと燃えています熱大事です背中をちょいと押させていただきました勉強したらその先へ講師養成講座受講後足踏みをしているあなたへ始めるために一歩踏み出すためのギュッと濃縮した講座内容です何をすればいいかわからないどこから始めたらいいかわからないそんなあなたの背中押します押されたい方お待ちしております?お好みの強さをお知らせください?こうちゃ [続きを読む]
  • これがあったから、今のわたしがいる
  • 今のわたしを作ってきたものは色々あるんだけれど確実に一つの核をなすのがこれ「あな吉手帳」これがあったから、今のわたしがいる↑2代目は赤ずきんちゃん柄本来のあな吉手帳からはずいぶんと遠く離れて自己流になりすぎた(雑になりすぎた)感も否めないがそれでもあな吉手帳スピリッツは生きているあな吉手帳術講座にわたしが通ったのは3人目の子どもの育児休業中だった(2009年8月27日だ)赤子を背中におんぶひもでくくりつ [続きを読む]
  • こっちから見える景色を知ってほしい
  • これは!!という1冊を見つけてまずは家に遊びにきたお友だちに読んでみたい↑以前いただいた感想ですまずはやってみたいと思ってもらえること聞いて終わりじゃしょうがないからね実際の行動に移してもらえることを目指していますこっちから見える世界を知って欲しいですこっち側そっちじゃなくてこっち側から見える世界知ってしまったらやめられないですよそう明日2018年6月10日(日)は読み聞かせボランティアさん向けの入門 [続きを読む]
  • アウトローのすすめ
  • アウトロー的生き方はわたしはできない無難にそつなく道を外れないで生きていきたい保護されない生き方はわたしにはできないなのになぜかなぜそっちに行く?なぜそっちを選んじゃう?こっちの方がいいだろう?なぜにそっちを?という人いる気づくと外れていく人 いるこっちにおいでよと言っても聞かないどんどん外れていくそれなのにピチピチと活きがよかったりするわからない・・・そんなあれこれを思いながら「アウトロー」につ [続きを読む]
  • わたしたちのたねまき
  • わたしの住む南足柄市の図書館ができて30周年なんだそうです記念の講演会がありまして講師は絵本ナビの編集長 磯崎園子さんでした講演の内容は絵本を味方に子育てをしてきた同士(勝手に笑) としての共感を強く抱き「そうだよね」「そうだよね」と首を縦にブンブンと振りながら聴きました講演の中でわたしたちのたねまき たねをめぐるいのちたちのおはなし [ キャスリン・O・ガルブレイス ]1,728円楽天この絵本を読んでください [続きを読む]
  • 絵本を買うと付いてくるあれ、どうしてますか?
  • 絵本を買うと読者カードってハガキ付いてますよねあれどうしてます?捨てちゃいます?わたし毎回じゃないんですけどたまに書いてます書くのは自分の感じたことや子どもの反応なんかを書いていますすんごく感動したときはハガキでは書ききれないので便箋と封筒でお手紙を書きますだいたい宛先は出版社さんなのでまあ作者ご本人は読んでくださらないだろうけれどもと思って書くのですがこれが意外と読んでくださっていることがあるよ [続きを読む]
  • ”オオカミクン”
  • 全く同感うきょうさんに同感そしてこの絵本には違和感ムッチャ違和感オオカミクン (名作絵本復刊シリーズ)Amazon自分大人になってしまったなあツッコミたくなってしまうなあ遊びとしてですね「おおかみがこわいごっこ」はセレクトすべきではなかったですよ友だちに「恐怖心」を抱かれてしまったらもう友だち を続けるのは難しくなっちゃうでしょうモヤモヤ モヤモヤがしかし絵本というのは「心が動けばいい」んだからこういう絵 [続きを読む]
  • 山上亮先生の整体的子育ておはなし会にご家族総出で
  • 山上亮先生の整体的子育ておはなし会にはるばる千葉からご家族4人で参加してくれた愛ちゃんがブログに書いてくれましたわたしができるだけ早い段階で山上亮先生に出会ってほしいと言っていたわけがわかったでしょう?名言満載だったよねえ人は打撲で死ぬは今回、初登場の名言です、多分愛ちゃんはるばる来てくれてありがとリブログするね☆新【大人向け絵本】絵本を大人にプレゼント無料選書ご提案サービスはこちら☆マンツーマン [続きを読む]
  • ろくべえまってろよ で 一度だけ体験したこと
  • この絵本ろくべえまってろよろくべえまってろよ (みるみる絵本) [ 灰谷健次郎 ]1,404円楽天でわたしかつて1度だけすごい体験をしたことがあるのですそれは教室ごとトリップしたんです小学校1年生の朝の読み聞かせでのことです「このクラスで犬を飼っている人はいますか?」と聞いて半分くらいの子が手を上げてくれたんじゃないかな「犬の登場する絵本です」と紹介しながら読み始めました読み始めてしばらくするとそうですねこの [続きを読む]
  • 山上亮先生のお話を聞きながら頭に浮かんできた絵本
  • 整体ボディワーカーの山上亮先生に南足柄市にお越しいただき野口整体と子育てについてのお話をしていただきましたわたしが主催するのはもう何度目かになるのですが(いつも数えられない)何度聞いても毎度自分に必要な言葉をいただくのです今回わたしは山上亮先生のお話を聞きながらある1冊の絵本を思い浮かべていましたそれはおいちにのだーるまさん福音館書店 こどものとも0.1.2. 2011年1月号こばやし えみこ 文 / こいで や [続きを読む]
  • 検索ワードがわかるようになりました
  • なんでもすぐに検索できる時代になりましたわからないことはすぐにググれば大抵のことはわかりますそんな誰かがググって来てくれましたわたしのブログの過去28日間の検索ワードのベスト10です 1絵本講師 2人権保育 絵本 3上野 ブックフェスタ 4ペープサート おすすめ絵本 5絵本セラピスト 資格 6上野ブックフェスタ 7森野さかな 講演会 8スクランプシャス 9人権 絵本 保育園 10人権 絵本 読み聞かせ これらのキーワードで検索 [続きを読む]
  • 現代のおとなもこどもも足りないものとは?
  • 山上亮先生のフェイスブックページより以下引用させていただきます6月3日(日)に南足柄で講座を行ないます!主宰をしてくださっている上甲知子さんは、絵本の読み聞かせで活躍されている方なのですが、私は最近とみに「子どもの頃のファンタジー(空想)をもっと育てなければ!」と強く思っています。それは大人になってからの「生きる気力」や「創造力(想像力)」、さらに言えば「幸せを感じる力」の根源となる部分だからです。その力 [続きを読む]
  • ドン、ポン、グイ、追加でチョイ、どれがお好みでしょう?
  • 我が子が小学校でどんなふうに過ごしているのかどんな友達がいてどんなふうな関係でどんな上級生がいてどんな下級生がいてどんな先生がいてどんなクラスの雰囲気なのかそんなことを知ってても知らなくてもいいのかもしれないけれど授業参観や運動会などでわかるかもしれないけれどなんというのかなあすでにあるその集団に入れていただく感覚でその言葉にできない空気感を感じることができるのが一つの大きなメリットと言えるかもし [続きを読む]
  • 読み聞かせがいいと聞いてもイマイチピンとこないのはなぜか?
  • 読み聞かせがいいと聞いてもイマイチピンとこないのはなぜか?それはねえきっと多分自分がそんなにいいと思ってないからってのもあるんじゃないかなあ絵本?小さな子でもわかるように幼稚な言葉で子どもっぽいことが書いてあるんでしょみたいな(まあ、中にはそういう絵本もあるかも知れないが)もちろん絵本は子どものためのものなんだけれど大人が読んでもおもしろいんです最近、感じたのは「これぞ哲学」絵本を読んで考えること [続きを読む]
  • 絵本はわざわざ読んであげるもの
  • 絵本を読んで子育てしようね、を伝えているチューリップルームですが、絵本はわざわざ読んであげるもので、なかなか習慣化するのも大変な様子。いいと言われたからやっている、感もあるような気もするこの頃。そんな中、とんちゃんこと上甲知子さんの『絵本で子育て講座』を受講しました。私の心に電流が走りました!このお話は絶対に、チューリップに来てお母さん達にしてほしい!!!と強烈に感じたのです。子育て前の方も、子育 [続きを読む]
  • この絵本をわたしに読んでもらいたい人がきっといるはず
  • わたしは絵本は新品でリアル本屋で買うことにしているのだがつまり古本 とか ネット書店ではよほどのことがない限り購入しないことにしているのだが(その理由はこちらに)たまたま「ブックオフに行きたい」という娘の要望で絵本コーナーをジロジロ見てたらこの絵本がありまして岸辺のふたり岸辺のふたり―Father and Daughter11,068円Amazonなんとなく気になり手にとって立ち読みし少し迷ったけど購入しました迷ったけど購入し [続きを読む]
  • 遊びの提案 その1 落書きをする
  • 遊びの提案です子どもって落書き好きじゃないですか「書いちゃダメ!」っていうところに書いたりするじゃないですかわたしは子どもの頃自分ちの床に油性のマジックで足跡の落書きしたことありますええ、怒られましたとも笑だから落書きを清々とできる状況を作ってあげる↑これはテレビに大きめのポスターを貼っています少年ジャンプとかの付録に付いていたポスターかと思いますそのポスターに風呂上がりの長男がマジックで落書きを [続きを読む]
  • リアルきんぎょがにげた
  • リアルきんぎょがにげたいやもしかしたらきんぎょがたべられた?去年の自治会の夏祭りで金魚すくいをやった小学生が連れて帰ってきた金魚2匹誰も積極的に世話をしないへしゃげたバケツに入れてたまに水道水をジャーっと取り替えて雑な扱いの割に随分元気にいたのに今朝バケツを見ると2匹ともいない!雨が降ったから?水が溢れて逃げたの?いやまさか食べられた?金魚〜〜〜〜〜〜〜!!どこ行ったんだよ〜〜〜〜(何気に寂しい) [続きを読む]
  • 簡単なゆで卵の作り方
  • 簡単なゆで卵の作り方です1 卵を冷蔵庫から出します2 圧力鍋に入れます3 水を100CCほど入れます4 蓋をして圧をかけます5 シュッシュっと圧がかかって、数秒したら(このへんはいい加減で)火を止めます6 そのまま、冷めるまで放置7 つるんと殻のむけるゆで卵が完成しますわたしが持っている圧力鍋はこちらもうかれこれ18年くらい使ってるのかなあワンダーシェフ トロー 片手圧力鍋 5.0L 【蒸しす・クッキングガイド付】 602 [続きを読む]
  • 「わたし」と「わたし」以外をどう区別していますか?
  • 「わたし」って、なんですか?「わたし」と「わたし」以外をどう区別していますか?整体ボディワーカーの山上亮先生はこんな風におっしゃいます(以下引用)皮膚というのは、わたしたちのからだのもっとも外側に位置する臓器で、わたしたちの「中身」を外側から区別するという役割を担っています。皮膚がなければ、体液は外へ漏れ出てしまうし、外の異物は簡単に中に入ってきてしまいます。だから皮膚とは「わたしと世界の境界線」 [続きを読む]