syukusyuku2011 さん プロフィール

  •  
syukusyuku2011さん: なるほど読書日記
ハンドル名syukusyuku2011 さん
ブログタイトルなるほど読書日記
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/syukusyuku2011
サイト紹介文古典からトンデモ本まで、「どくぜん」的な読書メモです!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供4回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2014/08/14 13:18

syukusyuku2011 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ひさしぶり
  • 近頃は読書メモをさぼってたがやはりメモっとかないとすぐに忘れちゃうなあはなはだしい場合は本の内容だけでなくタイトルも忘れてしまったりして…年かな(笑)にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ(文字を ) [続きを読む]
  • サムエル記(上)
  • 預言者サムエルの誕生と成長、サウル王、ダビデの登場などが記されている。印象的な場面はといえば、ダビデに尽くすヨナタン、ダビデが身の潔白を幾度証明してもその命を狙い続けるサウル、男はもちろん女子供までも皆殺しにする戦い方などだった。疑問としては、サムエルが約束の日時になっても姿を見せないので、先に宗教儀式を行ったサウルが神の怒りに触れたことがある。この場合、サウルより、約束の日時に遅れたサムエルの方 [続きを読む]
  • サムエル記(上)
  • 預言者サムエルの誕生と成長、サウル王、ダビデの登場などが記されている。印象的な場面はといえば、ダビデに尽くすヨナタン、ダビデが身の潔白を幾度証明してもその命を狙い続けるサウル、男はもちろん女子供までも皆殺しにする戦い方などだった。疑問としては、サムエルが約束の日時になっても姿を見せないので、先に宗教儀式を行ったサウルが神の怒りに触れたことがある。この場合、サウルより、約束の日時に遅れたサムエルの方 [続きを読む]
  • 渡部昇一『漱石と漢詩』(英潮社)
  • 著者は、南画や漢詩文に親しむのを白雲郷、生活の糧として英語などに関係することを色相世界とたとえ、夏目漱石はこの二つの世界を持っていたとしている。そしてこの二つの世界のバランスが崩れた時期と、精神が不安定になっていた時期が重なることや、漱石の心の軌跡をたどるには、ほぼ生涯に渡ってつくられていた漢詩の研究が欠かせないことを指摘している。また本書には、他に、漱石とハーンの比較や、日本では漢学の伝統が途絶 [続きを読む]
  • 渡部昇一『漱石と漢詩』(英潮社)
  • 著者は、南画や漢詩文に親しむのを白雲郷、生活の糧として英語などに関係することを色相世界とたとえ、夏目漱石はこの二つの世界を持っていたとしている。そしてこの二つの世界のバランスが崩れた時期と、精神が不安定になっていた時期が重なることや、漱石の心の軌跡をたどるには、ほぼ生涯に渡ってつくられていた漢詩の研究が欠かせないことを指摘している。また本書には、他に、漱石とハーンの比較や、日本では漢学の伝統が途絶 [続きを読む]
  • 『眠れなくなる進化論の話』(技術評論社)
  • 副題にあるとおり、「ダーウィン、ドーキンズから現代進化学まで」説明してある本だ。個人的には、共生説と自己組織化については、興味をひかれた。共生説を一言で言えば、異なる生物どうしが文字通り合体し、それらがたがいに共生してついてには一個のより複雑で進化した生物として生きるようになったとする見方である。いまでは少なくとも微生物についてはこの説は完全に説得力をもち、受け入れられている。(ハインツ・ホライス [続きを読む]
  • 過去の記事 …