綱永井寵生 さん プロフィール

  •  
綱永井寵生さん: 諸行無常なる日々。或いは鬼渡神と神々の源流。
ハンドル名綱永井寵生 さん
ブログタイトル諸行無常なる日々。或いは鬼渡神と神々の源流。
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/nobolook47
サイト紹介文呪われた家系を生きる私の人生観と神道的な考え、そして因縁の鬼渡神、神々の源流について考えます。
自由文諸行無常とは、同じ事は続かないと言う意味。私の考えも日々変わって行きます。
私の考えが参考になるのであれば幸いですが、異論・反論はあって当然です。
私も自分の考えを更に構築したいと思いますので、気になる点がございましたら、遠慮なくコメントください。お待ちしてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供179回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2014/08/15 03:59

綱永井寵生 さんのブログ記事

  • 青葉神社の「和龍・日の丸旗」問題に付いて想う。その2
  • 止せば良いのに続きます。実は私、あの「和龍日の丸国旗」のデザインを9年ほど前に見たような気がしています。瀬織津姫に関する著書を持つY氏が来仙した時に一緒に飲んだのですが、Y氏の知り合いのタロット占い師の女性達に連れて行かれた居酒屋で見たと記憶しています。その居酒屋のマッチ箱にデザインされていた様な・・・・・。。その時、私はお酒に酔っていまして、チョット記憶が曖昧です。店で出された一匹の赤貝を皆で四等 [続きを読む]
  • 青葉神社の「和龍・日の丸旗」問題に付いて想う。その1
  • はぁー、今回の御題ですが、仙台市や青葉神社、そしてスピリチュアルな人々をも敵に回しそうです。私の心は何時も四面楚歌状態ですが、世の中への関わりも四面楚歌になりそう。どうしたもんかなぁー。非難のコメントが来たら直ぐ記事を消しちゃおうかなぁー。困ったなぁー。でも私には言いたい事がある。日本は建前的にだが言論の自由を認められている。「空気が読めない奴」と言われそうだがネットには空気なんかない。そんな訳で [続きを読む]
  • 4億円を飲んじゃった男。
  • 私が福島県いわき市好間町から仙台に引っ越して来たのは、幼稚園の頃でした。好間の古河炭鉱が閉山。父親は新聞販売業を営んでいましたが、炭鉱町で炭鉱が閉山したもんですから、そりゃ町から人はいなくなります。新聞の部数は減るばかり。それで仙台に移転する事に。私は仙台になんか行きたくは無かった。幼稚園も楽しかったし。でも、私が引っ越して直ぐに私の通っていた幼稚園に赤痢が発生。大変な事に。私はギリギリ助かった事 [続きを読む]
  • トマトジュースで胃痛。ハヤシライスで腹痛。
  • あっー、ここ暫く腹痛・胃痛に悩まされていた。痛かった。もう8日間も続いた。痛みの原因は分っている。トマトジュースを飲んだからだ。トマトには胃を傷める成分が含まれている。トマトの毒素が胃痛の原因に間違いない。それで長年苦しんできたのだから。たったら何でトマトジュースを飲んだのか。トマトではそれほど胃の傷みは感じなくなった。油で出来ている胃の胃粘膜を日本茶や烏龍茶で溶かさなければ大丈夫だと思った。それ [続きを読む]
  • 今度は東京・恵比寿の不動産屋が電話を掛けて来た。
  • あっー、エアコンの交換、物件の瑕疵発見、その他諸々、色々お金がかかる事が続いて凹んでいます。今になって思うと、東京での編集記者の仕事って給料馬鹿安だったけど楽しかった。自分に合っていた。不動産関連の特集を書いてたりして或る程度不動産の知識があったつもりだったけど、馬鹿大家の父親相手に大家業なんてしたくないよ。失敗する事ばかり態と選んでいるのかと疑う。本当に失敗だらけ。本人もそれを認めているが、どう [続きを読む]
  • NTTドコモCMの高畑充希の歌がキツイ。イライラする。
  • 以前、勤めていた株の業界紙で庶務の女の子に尋ねられました。「私、忌野清志郎のファンなんですけど、○○さんは好きですか?」と。私は忌野清志郎、大嫌いです。ふざけた名前を付けている。「忌」と「清」。この字は死をイメージする。こんな名前では長生きは出来ない。最低の名前。受け狙いで悪名を付けるなんて最低な奴。大嫌いです。それ以上にあのふざけた歌い方が嫌い。何で真面目に歌わないのだ。何で歌唱力で勝負しないの [続きを読む]
  • 麻原彰晃。その狂気の源。その5
  • また間が開いてしまいました。色々考える事、やらねばならぬ事、そして落ち込む事が続いたので止まってしまいました。すみません。それでは続きます。さて、止まっている間に残りのオウム元幹部6人の死刑が執行されました。先の7人の死刑執行で今月中に死刑が執行されるのは覚悟していたでしょうけど、死刑が間近に迫っている恐怖。生きている心地がしなかったと思います。でも、殺された坂本弁護士一家の無念はいかばかりか。人助 [続きを読む]
  • 麻原彰晃。その狂気の源。その4
  • 長らく中断していましたが、長期の腹痛が回復してきたので再開します。続きです。麻原彰晃に戻ります。麻原は阿含宗に入信。そして目標を見出す。その目標とは阿含宗の元教祖・桐山靖雄。護摩に念力で火をつける超能力を宿すと言われている。それで神格化されている。信者から多額の資金を調達して、全国の仏教関連の役職に付いた。それで名声を更に高めた。修行施設。教団組織。企業。病院。特別老人養護施設。霊園。保養所。財団 [続きを読む]
  • 麻原彰晃。その狂気の源。その3
  • 続きです。麻原は医師になりたかった。しかし視覚障害者では医者になれないので諦めた。次は東京大学法学部に入り、田中角栄の様な総理大臣を目指すことを夢見た。学力的に無理だった。小学校は児童会長、中学・高校は児童会長に立候補したそうですが、それも権力を手に入れたいとする欲求からだと言えます。しかし、全て落選。東大も不合格。何度も挫折を味わった。鍼灸師としてマズマズの成功を収めたみたいです。でも鍼灸で全て [続きを読む]
  • 麻原彰晃。その狂気の源。その2
  • 続きです。麻原彰晃。熊本県八代市出身。本名・松本智津夫は男6人、女3人の9人兄弟。父親は畳職人。家計は苦しかった。そして水俣病の影響で盲目の兄がいた。麻原の片目の視力が低いのも水俣病の影響と考えられる。全盲の兄は当然盲学校に通う。盲学校は学費、食費、寄宿費か無料。麻原は片目は見えないとしても視力は1.0。盲学校に行く必要は無かったが、貧しさゆえに親に盲学校へ通う事を強制される。目が見えないふりをして。貧 [続きを読む]
  • 麻原彰晃。その狂気の源。その1
  • 以前、東京で日刊Aと言うタブロイド紙に創刊直後から勤めていた。母体はA新社。Pティーンと言う少女向けファッション雑誌やなんかを出していた出版社だ。このタブロイド紙は変な新聞で「コミックで斬る」的に、ニュースをコミックで解説したりもしてたのですが、新聞で漫画は大変読み辛い。連載のコミックもあったが、曜日ごとに違うコミックを飛び飛びで連載していたので、ストーリーの繋がりが何が何だか分らなくなる。もう全面 [続きを読む]
  • 今日、麻原彰晃達の死刑が執行された。
  • ♪ショーコー ショーコー ショコショコショーコ あ・さ・は・ら、ショウコー ♪ショーコー ショーコー ショコショコショーコ あ・さ・は・ら、ショウコーそうか、麻原彰晃が死刑執行されたか。今年中に執行されると思っていたが、やっぱりお盆前だったな。うーん。私が法務大臣だったら、やっぱり今の時期が一番良いと思う。夏休みのレジャーシーズンの前じゃないと、色々あるだろうし。オウム真理教には色々考えさせられた [続きを読む]
  • やっぱり馬鹿大家リストに載っているみたいだ!!
  • 7月3日、また東京の不動産屋から電話が掛かって来た。回りくどい話をしている。「金融規制で銀行が融資してくれなくなった。今、東京の方でアパートを求めている方の駆け込み需要がある。皆さん最後のチャンスだと思っている・・・・・・」。私は何を言いたいのか分かり、「ウチにその様な電話がしょっちゅう来るのだけど、何らかの名簿にウチの名前が載っているのですか」と聞いた。相手は「載っています。インプットされています [続きを読む]
  • 電気自動車は成立するのだろうか!?
  • 20数年前、某経済誌で記者をしていた頃、東証一部上場している電池メーカーの社長にインタビューした事があります。「将来、電気自動車が誕生するのか」を。答えはNOでした。電池の歴史は古いのです。本当かどうかは知りませんが、下手したら紀元前からあると言われてます。そして残念ながら大して進歩していない。進歩しようがない。蓄電する技術が大変難しい。開発は不可能。絶対に無理と社長はそんな主旨の事を言ってました。 [続きを読む]
  • 仙台四郎への信仰。その2
  • 続きです。話を仙台四郎に戻します。実は仙台四郎には嘘つき説があります。知的障害者を装っているのではないかと言う人もいます。真偽は分かりませんが、何時もニコニコしていたらしいので、精神的にも通常とは違う部分があった様に思えます。私の家が新聞販売店だった頃に勤めていたTさんも何時もニコニコしていました。精神安定剤を飲み忘れて凶暴になり、サウナで老人を襲い精神病院へ入れられてしまいましたが。でも根は間違 [続きを読む]
  • 仙台四郎への信仰。その1
  • 夕方、バイクを何時も通っているガソリンスタンドへ走らす。ガソリンを給油する為に。私のバイクはヤマハ・タウンメイトT90。ビジネスバイクだ。もう多走行でボロボロだが愛着がある。便利だし私的にはカッコ良いし。それは良いのですが、私の通っているガソリンスタンドはセルフだけど小銭が使える。1円でも大丈夫。小銭がジャラジャラだと何か嫌なので、わざわざ家から遠いこのガソリンスタンドに通っているのだ。最近通っていて [続きを読む]
  • 紀州のドンファン事件で想う。お金で幸せは買えるのか?
  • 先日、一緒に飲んだ事のあるメガ大家のフェイスブックを見た。何棟もの大きなマンジョンの写真が何枚も載っている。ランボルギニー・カウンタックのLP700だか750だかの写真もある。これっ、全部あの若さで所有しているのか。スゲェー。流石、超有名なメガ大家だけの事は有る。私とはエライ違いだ。多分、私の方が不動産に興味を持ったのは早かったと思う。ポジション的にも私の方がやり易かったとも思う。しかし私には勇気も実力も [続きを読む]
  • 新幹線殺傷事件の真の目的は、両親と世間への復讐だと思う。
  • 先日の新幹線で二人の女性を錆びた包丁で切りつけ、止めに入った38歳の男性に馬乗りになって何度も包丁をたたきつけた事件ですが、こう言う事件は今までにも何度もありました。以前、「精神障害者に声をかけられた。」と題してブログを書きました。精神障害者に「前科何犯だ」と言われた。狂っていると思った。そう書いたらクレームのコメントが来ました。その人は慈悲と正義感がある人だと思いますが、全然現実が分かっていない。 [続きを読む]
  • 裂雷神と木俣神。或いはサクは何を意味しているのか。その6
  • もう、そろそろ終わりたいです。続きです。さて、またまた話は変わりますが、もしもの時のアイヌ語でサクの意味を調べました。夏の意味でした。夏蜜柑みたいなのにハッサクがありますけど、それも関係ない。今回はアイヌ語は関係ではないみたいです。サクと発音する女神は先にも紹介した木花咲耶姫もそうです。この女神は婚約者である天孫族のニニギ尊の結婚する事となったのですが、夫のニニギ尊は腹の子は国津神の子ではないのか [続きを読む]
  • 裂雷神と木俣神。或いはサクは何を意味しているのか。その5
  • 者行き当たりばったりで、どうタイトルに絡めたらいいのか迷いながら続きます。もう下ネタになっちゃいますけど、上手くは説明できませんけど、泉守道者がイザナギ命の陰部にしがみ付いていた裂雷神だと考えます。泉守道者と言う名前からです。泉が湧き立つ場所を守る。そしたら分かるでしょ、私の言いたい事が。すみませんね、下ネタで。それに「道」の字が入る。そうなると、ほれ、あの神がイメージされるじゃないですか。もう分 [続きを読む]
  • 裂雷神と木俣神。或いはサクは何を意味しているのか。その4
  • 続きです。イザナミ命・イザナミ命以外の登場人物がまた現れた。泉守道者と菊理姫。この二人?は何者なのか。泉守道者はその名の通り、黄泉の国の道を守っている者なのでしょう。イザナミ命が現れる前からの住人なのか。菊理姫の場合はどうか。イザナギ命とイザナミ命の意見を聞いたから聞く理姫なのか。イザナギ命とイザナミ命の喧嘩を仲裁して、仲を取り持ったから括り姫なのか。何故、それぞれの表記をせずに菊理姫としたのか。 [続きを読む]
  • 裂雷神と木俣神。或いはサクは何を意味しているのか。その3
  • 続きです。逃げるイザナギ命。追うイザナミ命と黄泉醜女達。黄泉醜女達はイザナギ命が投げたタケノコや桃を食べて遅れる。そして黄泉比良坂近辺でイザナギ命とイザナミの命が対峙する。イザナミ命は「お前の世界の人間を一日1000人殺してやる」と発言。イザナギ命は「何おう、そんでは俺は一日11500人の人間を産んでやる」と言い返す。二神の仲は更に険悪になる。そこに泉守道者(よもつちもりびと)なる神、もしくは黄泉の国の住人 [続きを読む]
  • 裂雷神と木俣神。或いはサクは何を意味しているのか。その2
  • 続きです。御井神、木俣神に話を戻します。古来の井戸は泉。泉を木の股で囲ったのが、その名の通り井戸。「井」の字は木股で泉を囲った形を意味する。そしてその木の股は桂でなければならない。桂は水辺に育つ。桂の葉が枯れ落ち水辺の水や朝露等の水分が付いて湿り発酵する。そこに太陽光が照射され水分が蒸発し、桂の葉の成分であるマルトールの香りを発する。つまり甘い綿飴の薫りが漂う。甘い物、甘い香りは陰陽五行では土に分 [続きを読む]