tabula rasa さん プロフィール

  •  
tabula rasaさん: tabula rasa
ハンドル名tabula rasa さん
ブログタイトルtabula rasa
ブログURLhttp://tabularasa-milano.blogspot.it/
サイト紹介文ミラノ在住。専門は、アートと哲学です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供5回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2014/08/16 06:07

tabula rasa さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 形が変わることー絶え間ない多様化
  • 「昇ることが終わらない限り階段のステップが終わらないのではない、 それはそうと、階段を昇っていくための君の足の下が成長しているのだ。」 フランツ・カフカ 「(・・・) なぜ、対象もなく、"私"もなく、かたちもなく、 また原理もないかと言うと、それは、むろん、全てが目に見えない変化の中に 巻き込まれているから。でも、それらの全ては、絶え間ないのだ。」 クラウディオ・マグリィス [続きを読む]
  • 第三風景のマニュフェスト
  • フランスの庭園建築家であり、農学エンジニア、昆虫学者、作家でもあるジル・クレマンが提唱する"惑星の庭"は、私達が住むこの惑星つまり地球の環境システムをグローバルな観点で考察し、現代における人間と環境との関係を繋ぐ一つの概念である。”能動と受動の行動により均等が保たれ、庭師(人間)は、自然の為に労働者となる。それは、不調和の中にも調和を創り出す為でもある。" (クレメン、2006) クレメンは、生物多様性を擁 [続きを読む]
  • PHILO-SOPHIA (2)
  • ー 前回に引き続き、"PHILO-SOFIA"をテーマにしたマッシモ・カッチャーリによる講演内容の抜粋です。ーつまり、哲学とは、見たこと、そして、経験から得られたことに結びつく明晰な判断への愛なのである。しかし、これだけではない。HISTORIA から出発し、SOPHOS つまり、賢明さと調和へ到達すること、カントの言葉を借りれば、それは、理性の法廷において実践されないとならない。そして、哲学者たるものは、好奇心がなければなら [続きを読む]
  • PHILO-SOPHIA (1)
  • 哲学とは何か?  それは、現在のならず過去の偉大な哲学者達も問い続けてきた問題です。"PHILO-SOPHIA" と題されたマッシモ・カッチャーリーの講演を聴く機会があり、その内容を下記にまとめることで、哲学の意味をギリシャ語源から掘り下げ、長い歴史を経ながら、現代へと至る観点を考えるきっかけとなりました。2回に分けて、投稿します。古代ギリシャを起源とする伝統的な哲学とは、PHILIA (古代ギリシャにおける4つの愛の [続きを読む]
  • ヴィトゲンシュタインにおける記憶と永遠
  • わたしたちが植物みたいだったとき、どんなかたちも、かたちの内在性であり、かたちとしてはみえなかった。わたしたちが動物になったとき、あらゆるかたちは、かたちの視覚像だったが、かたちには[意味]がなかった。わたしたちが人間になったときはじめて、あらゆるかたちは、かたちの像(イメージ)としてみることができた。                            &n [続きを読む]
  • 過去の記事 …