7つの顔を持つ女 星野幸子 さん プロフィール

  •  
7つの顔を持つ女 星野幸子さん: 地方でシングルマザーが小さい会社をやっています。
ハンドル名7つの顔を持つ女 星野幸子 さん
ブログタイトル地方でシングルマザーが小さい会社をやっています。
ブログURLhttps://ameblo.jp/blogharu10/
サイト紹介文地方で起業し、離婚高齢出産した女性社長が、言いたい放題、日々の出来事を綴ります。
自由文34歳で起業、36歳妊娠、別居、葬祭業へのアウトソーシング開始 37歳出産、38歳イタリアンレストラン経営 41歳レストラン撤退 44歳大学院入学 46歳ヨーロッパ心理学会発表 46歳茨城県議選出馬落選 50歳アロマとカウンセリングサロン「レミニッセンス・オブ・ライフ」オープンと挑戦し続けるシングルマザーのブログです。一般企業はもちろん、介護・医療関係の研修、障碍者の方々への研修事業も思成っております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供84回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2014/08/16 18:35

7つの顔を持つ女 星野幸子 さんのブログ記事

  • おめでとう!羽生結弦選手&宇野昌磨選手
  • もう、ドキドキしながら、見てました。 水戸の事務所で。 経理担当の石川清美と一緒に、私は椅子の上に正座で観てました。 4回転サルコー、OK やった、落ち着いている。 4回転トーループ あ、バランス崩れた。きゃーー。 「しゃちょう!大丈夫だから。信じてみてください」と言われ、 画面の左上にジャンプを飛ぶ度に表れるグリーン、黄色、赤のバーを観ながら、「あ、赤になってる」と。「黄色は審議なんだって」とにわかに知 [続きを読む]
  • 途中経過だけどメダリストに感動した件
  • 平昌オリンピック 連日感動の場面が繰り広げられていますが、今日のお昼は、もう、羽生結弦選手を観るため、コンビニの駐車場に車を止めて、TVを観ましたよ きゃーーーーーーーーーーーー 第5グループ 一番目。もう、両手を合わせ、祈りながら小さなモニターに釘付けです。 ドキドキしているうちに、最初の4回転サルコー キレイに着氷した瞬間に、私のアドレナリンも噴出 4回転トーループも決めて、圧巻の絶対王者 結弦くん(も [続きを読む]
  • 亡くなっても回想される嬉しさを実感しました!
  • 弊社の20周年記念祝賀会から1週間が経ちました。 改めて、今回、父の姿を垣間見ることが出来た祝賀会となりました。 認知症になってしまった父は、ロータリーでご一緒した方やモラロジーの勉強会でご一緒した方に別れを告げる機会もなく、旅立ってしまいました。 また、葬儀の際は、弔辞を承らなかったので、対外的な父親の姿を聞くこともなく終了してしまいました。ただ、娘として出来たことは、写真をスライドショーにして、父 [続きを読む]
  • 起業して20年 ゼロから始めても出来ますヨ
  • 2月4日立春を迎え穏やかな日に、私ども有限会社スパークルの設立20周年記念特別講演会と祝賀会を開催いたしました。東京から、パフォーマンス学の第一人者佐藤綾子先生をお招きし『少子高齢化社会を活きるヒント-パフォーマンス心理学から考える2つのハピネス』のご講演を頂きました。そして、トークライブではスパークルの事業、訪問医療マッサージや葬儀を通して見える高齢者の現実と幸せな生活と終焉を迎えるヒントなどをディ [続きを読む]
  • 自分で決める終焉のかたち 有賀さつきさんの死
  • 皆さま、訃報の話ばかり取り上げますが、お付き合いください。 今回の有賀さつきさんの死は、終焉を迎えるにあたり、どうしたいか、どう自分の仕舞い方(終い方)を付けるか、また、考えさせられました。 シングルマザーのフリーアナウンサー、通販番組やクイズ番組などで、つい最近までお顔を拝見していたと思っておりましたが、1月30日の朝、静かに家族に看取られることもなく亡くなりました。 ご両親様に心配を掛けたくない、 [続きを読む]
  • サッチーに見る夫婦のあり方
  • 昨年12月8日、元プロ野球監督・野村克也氏の奥様でタレントの野村沙知代さんが急逝しました。85歳、父と同い年だったんだサッチーというニックネームと、大胆不敵な生き方に注目せずにはいられない女性でした。死因は、虚血性心不全。あっという間に人は逝ってしまうのです。でも、ピンコロを願っていたご夫妻ですから希望通りの逝き方ができた訳ですが、たった一つ違っていたのは、夫である野村克也さんを妻の沙知代さんが看取る [続きを読む]
  • ラグジュアリーな神戸の1日(アラシゴト)
  • 土曜日は、久しぶりの神戸へ。今回は日曜日のロータリーの研究会参加のため、前泊したので土曜日1日たっぷり自分の時間でした。10時半前に三ノ宮へついて、まず、生田神社へ。あー、恋愛の神様か?、そろそろ私も‥いや、待てよ。ここはかつてお笑い芸人と女優さんが結婚式を挙げて離婚した所ではでも、その女優さんも芸人さんも再婚されているから、やっぱりご利益があるのかなと思いつつ、お参りをして、次の神社へ。この狛犬 [続きを読む]
  • 『救われました』との言葉を聞いて
  • 今週月曜日は、月に一回のボランティア『大切な人を亡くした方の集い』が、守谷保健センタ―でありました。雪でも来る人がいるかもしれない、と世話人の私は、1階ロビーで待機していると、二人の方がお見えになりました。男性と女性。男性は3年ぐらい通っていらっしゃいます。自分の居場所が家庭になく、ここだけが話のできる場所になっています。しかし、その人の話を聴くのは根気が要ります。何を話しているのか、話したいのか [続きを読む]
  • 邦画No.1の『忍びの国』
  • お正月明けから、昨年度の映画の様々な賞などが発表されていますが、中々、高評価を頂けないでいる『忍びの国』。でも、一般人が選ぶものなら、NO.1をとれるわけですよ。評論家のために映画作りしているワケじゃないから、良しとしよう。マイナビニュース この記事読んで下さいね。しかし、邦画より洋画のほうが、圧倒的人気なのですね。びっくりしました。ここに上がっている、『帝一の國』と『ナラタージュ』は見ましたが、洋 [続きを読む]
  • カンニング竹山さんのマジキレ発言と大野智くん  
  • 今日は、午後の守谷保健センターのボランティア「大切な人を亡くした方の集い」があるため、午前中、自宅でTVを付けながら仕事をしておりました。 最初、日テレの「スッキリ」で、常磐線の出産についてやっていたので、それを見て、その後NHK「あさイチ」のお砂糖について、ちょっと見てから、TBSの「ビビット」にチェンネルチェンジ。 そこで、一部批判がSNSに上がっていることについて、カンニン竹山さんが「ごく一部の人がこう [続きを読む]
  • 常磐線車内での出産によせて
  •  金曜日の午後、常磐線の車内で出産した25歳の女性。 無事 女の赤ちゃんを出産し、本当によかったです。その女性も3人目。取り上げてくれた元看護助手の方も5人のお子さんがいるという事。素晴らしいです その女性は、4歳のお子さんと一緒に常磐線に乗っていたので、出産シーンを真近で観ていた訳ですよね。何が起こっているのか、分からなかったかもしれませんが、赤ちゃんの泣き声できっと赤ちゃんが産まれたことが分かったで [続きを読む]
  • 高次脳機能障害と小室哲哉氏の即決引退
  • 一日遅れての投稿です。 小室さんの記者会見がそのまま引退会見になるなんて、だれが想像していたでしょうか。 小室哲哉、涙の引退会見「悔いなし、なんて言葉は出てこない」 しかし、看護師に依存する自分を「このままではいけない」と思いつつ大きくなっていた自分に対する戒めと「文春砲」を捉えるところは、辞めたいのに辞められない的心理の時、そのきっかけを与えてくれた者に対し、天啓だと思うのでしょう。 ----- 以下引 [続きを読む]
  • 小室哲哉さんが叩かれないワケ
  • 今朝は、また、文春砲の話題でしたね。小室哲哉氏とシングルマザーの看護師。食傷気味私の反応ポイントシングルマザー ニンニク注射疲れたときにいいですよね。変な注射打つアーティストがいるなかで、健全です。私はプラセンタ注射のほうが好きですが。シングルマザー どこかのゲスな市議会議員が、シングルマザーばっかり狙ってモーションかけていた話がありましたね。長いこと男の影がない、落としやすい⁉的な要素(・_・?) [続きを読む]
  • 脳ミソ洗われた‼
  • 人生には、実に様々な奇妙な出来事が散らばっています。そんな中、54年の人生で初めての体験をしました。新しいメガネです昨年の8月末に宿泊したホテルのバスルームで、綿棒で耳掃除をしようとしたところ、片側が綿棒、もう片側が耳掻きになっているのに気づかず、耳掻きの方を綿棒と思ってズブッと右耳に突き刺してしまったのです。痛っと思った瞬間、右耳が詰まった感じになりました。しかたがない。鼓膜を傷つけたみたいですが [続きを読む]
  • お料理教室とニノ坦との楽しい会話
  • 今日は遥々国立(くにたち)へお料理のお勉強にシンプルな素材の味を引き出すお料理を習ったあとは、嵐ansのお友達と年末年始のTV番組の感想などをお茶をしながらおしゃべりを。彼女も50代半ば、ニノ坦と私大ちゃん坦は、まさしく大宮コンビ第68回NHK紅白歌合戦の白組司会はもちろん、ひふみん、宮本さんへのカットインして進行する司会は素晴らしいお話から、着替えの多い、総合市会のウッチャンに代わって、総合司会的な事を [続きを読む]
  • 寄り添い婚って、素晴らしい‼
  • 年末年始、結婚する芸能人は多いけど、このニュースはW浅野をバブル時代に見ていた私としては、心から良かったと思える報道でした。大人の分別ある人が結婚する、その思いは下記のリンクに内容がでています。結婚発表をした浅野ゆう子さん--引用-お互いこの年齢で…とも思いましたが、この年齢だからこそ、互いの健康に気遣いつつ、寄り添いながら穏やかに、これからの人生を歩んでいこうと決めました。人生100年時代で、年々増え [続きを読む]
  • 小松選手の許しの作用
  • 前日に投稿したカヌーの薬物を混入させた事件について、被害者側の小松正治選手が取材に応じた動画を見ました。その中で、感心したのが、「鈴木選手の自白がなかったら、停止処分を受けたままだった。そこは感謝している。」という言葉です。憧れの選手で、この事件のときも真っ先に相談した相手に裏切られたにも関わらず、『感謝している』との言葉が口から出る度量の大きさ恨みの感情はネガティブなもので、力を削ぐものと思っ [続きを読む]
  • パフォーマンス心理学の佐藤綾子先生の無料公開講座
  • ブログにもアップします。1998年1月9日 仏滅 天気 雪 午前中に大きな新年会の司会をしたあと、法務局に法人登記申請をしました。あれから20年。お陰様で、スパークルも成人となりました。ということで、成人式のような特別講演会を行います。講師は、2000年、2001年と妊娠、出産、離婚と同時期に学んでいたパフォーマンス学のオーソリティー、佐藤綾子先生です。先生も御年70歳を超えて、益々元気に高齢化社会を活きるヒント [続きを読む]
  • 年末年始の嵐 大ちゃんと翔くん 
  • 年末年始の嵐の番組、まだ、全部見終わってません。でも、リアタイで見ていたところもあるし、ちょっと感想をまとめます。まず、第68回NHK紅白歌合戦 白組司会のニノ。素晴らしかったもう、大ちゃんが「来年もニノで」と本番中に言ってしまうのが分かります。うん、うん、そうだよね私も大きく頷いていました。ここらへんは、ネットニュース等でも称賛の声が多数上がっておりました。その一方、翔くんのお顔について、憶測が飛び [続きを読む]
  • 大映ドラマよりひどい鈴木選手の薬物混入事件
  • 今回、東京オリンピックに出たいがために、ライバル選手の飲み物に薬物を混入した鈴木康大選手。それをしたらどうなるか、想像できなかったのでしょうか。道具を盗んだり(困らせるために隠した?)もしていたようですが、それが見つからなかったからエスカレートしたのでしょうか。いずれにせよ、アスリートの風上に置けない卑劣きわまりない人です。一流の選手のはずが、どうしてしまったのか、釈明の余地を与えることも、事の重 [続きを読む]
  • 闘将 星野仙一さんの死を悼む
  • 1月4日にすい臓がんにため、70歳でお亡くなりになった星野仙一さん。メディアで星野さんの死を悼むコメントが各方面から流れています。球界だけでなく、多くの方に愛されていた方なのだということが分かります。心からお悔やみ申し上げます。 人生100年時代、70歳は若いです。本人もまだまだ生きることに可能性を見出していたと思います。 さて、星野仙一さんを思うとき、私は亡くなった父の事もちらっと脳裏をかすめました。ドラ [続きを読む]
  • スピリチュアルケアの勉強会
  • 今日は、麗澤大学で開催されたNPO法人東葛『生と死を考える会』に参加して参りました。仙台から東北大学大学院で臨床宗教師を育成する講座で教えている谷山洋三先生がお見えになりました。写真は、麗澤大学の竹内先生が谷山先生のご紹介をしているところです。実は、4年前まで日野原先生が理事長をされていた『日本スピリチュアル学会』に参加し、学会発表も1度したことがあります。震災の前と後で病院、介護職員、及び葬儀社の従 [続きを読む]
  • 仕事始め
  • お正月は、葬儀のお仕事の依頼書が山のように来るのです。年内に年明け4日からの依頼で、火葬のみ12月中に終わらせて、というような依頼が駆け込みであります。そして、年明けてからお亡くなりになった方の葬儀が、また、同じ日に入ってくるのです。もうお請けできません!と言えない所もあるため、スタッフに電話かけまくり、外注さんにも掛けて、どうにか人を集めます。でも、皆さん、家族団らんの時、電話を避けてラインやメー [続きを読む]
  • 平成30年明けましておめでとうございます
  • 2018年 平成30年元旦を迎えました。雲ひとつない晴天です。穏やかなお正月です。皆様、本年も宜しくお願い致します。お節は母の手作り。兄の家族と姪の友達と9人でおめでとうをしました。今年は、5年前にやろうと思いつつやれないでいたことを形にしていこうと思っています。ざっくり言うと、『生前葬プロデューサー』プロデューサーという名称がいいのかどうか。コンサルという言葉がいいのかどうか。自分の葬儀は自分では見る [続きを読む]