りん さん プロフィール

  •  
りんさん: joy tree 喜びの樹
ハンドル名りん さん
ブログタイトルjoy tree 喜びの樹
ブログURLhttps://ameblo.jp/joytree/
サイト紹介文カナダでの暮らし、クリスチャンとして学ぶ日々を綴るブログです。
自由文「台湾で生まれ、日本で育ち、アメリカで生まれ変わり、カナダで成長している」そんな私の日々想うこと、翻訳の仕事、信仰生活、映画と本のレビュー、そして40間近になって挑戦するニュートライアル等シェアさせていただきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2014/08/18 12:36

りん さんのブログ記事

  • 「The Star」〜 イエス・キリストの誕生
  • 「The Star」はイエス・キリストの誕生、ファーストクリスマスのストーリーを動物たちの観点から語るアニメーションフィールムです。 私たちの住むこの田舎町にできた新しい映画館がとてもラグジュアリーだと聞いたので、お兄ちゃんたちが「Justice League」を観たいと言って来た時、私もこの新しい映画館をチェックする傍ら、まだ「Justice League」を観るのには早すぎる末っ子を連れて「The Star」を観てくることにしました。 [続きを読む]
  • クリスマスらしくなってきました!
  • カナダでは、ハローウィンが終わると、お店もクリスマス一色になり、11月半ばからクリスマスライトがあっちこっちでキラキラ光り始め、クリスマスらしくなってきます。 仕事関係、家族でのクリスマスディナーも11月末(早い人は半ば)から始まります。私たちの教会のクリスマスディナーも11月25日に行われました。全然クリスマスの感じがしなかった七面鳥ディナーでした。笑 今年は去年よりも一年があっと言う間に感じられ、全然 [続きを読む]
  • Angry Bird と一緒に世界を探検!
  • 忙しかった週末から明けた月曜日。休み明けの日はホームスクーリオングもいつものリズムに戻るのに時間がかかります。 末っ子は「やりたくない」モードに入っていて、なかなか授業が進みません。私も疲れがとれていなく、イライラモードにちょっとなっていたので、最初の一時間はバトルでした。結局「ガッツン」と叱る羽目に。 その後は、なんとかスムーズに進み、ワークブックが終わる頃、末っ子から先週図書館から借りてきたア [続きを読む]
  • 家族で参加! Runway Run in トロントピアソン空港
  • トロントピアソン空港で行われた Runway Runというファンドレイジングのイベントに参加して来ました。 このイベントがあることをFBを通して知り、飛行機が大好きな夫に教えてあげたのが二ヶ月ほど前のことです。 今年で開催10年を記念するこのイベントですが、聞いたことさえなかったのが不思議でした。飛行機マニアの夫が知らなかったのが何よりもビックリです。(笑) もっと家族全員で一緒に何かをしたいと思っていたので、2k [続きを読む]
  • サッカー、ようやく行けました!
  • 今日はまたしても水曜日。そう、サッカーの日です。先週と先々週と参加できなかったので、今週こそは!と思っていたのですが、私の体調があまりよくなくて、行く気がしませんでした。 お天気も昨日の雨の余韻がまだ残っていて、曇り空。迷って迷って、行くのをやめようと思いました。と決めた時、テキストが入ったのです。 「サッカー来る?今週は私たちも行くよ〜!」 先週来れなかった友達からでした。 「迷ってるんだぁ」と返 [続きを読む]
  • 神の小屋 〜 The Shack
  • 何年も前に「The Shack」はとてもいい本だと聞いていました。それが、今年の三月映画化され、話題になったのも覚えています。だから先週図書館でDVDを見つけた時は、すかさず図書バッグの中に入れました。 その数日後、子供達が寝に行った後、やっと時間を見つけて夫と二人で観たのですが、私はその日の疲れから途中で眠ってしまいました。普段なら途中で眠ってしまう夫がこの時は、眠っている私の隣で最後までうたた寝もせずに [続きを読む]
  • 念願のアイスホッケー
  • ここ数年、冬になる度に「アイスホッケーやりたい!」とお願いする末っ子。今日、その願いが叶いました。 今年の春になってやっと、転びながらもスケートできるようになった末っ子だったので、お願いをされる度「ホッケーやりたいのなら、まずスケートがうまくならないとね。」と言い聞かせてきたのですが、実はホッケーはお金のかかるスポーツだというのもあって、ためらっていました。 ところが、今年の春頃、うちの教会で地元 [続きを読む]
  • 落ちたら、キャッチしてくれる?
  • 今日は水曜日(一日遅れで投稿してます)、ホームスクール1週間となりました。先週行けなかったサッカーに今週こそは参加しよう!と朝から時間をまめにチェックしながら授業を進めました。朝の犬の散歩も、ランチも、時間を何度も確かめました。ホームスクールをしている友達に連絡をとったら、今日は子供の回診でトロントの方の病院に行っているとのことで、欠席だとわかりました。このグループには、他に知っている人も少な [続きを読む]
  • Back to School
  • ホームスクール5日目にして学校に戻りました! いや、ギブアップしていません。学校に戻ったのは、ホームスクールを止めた訳ではなく、末っ子の去年の担任の先生にアシスタントを頼まれたからです。 先生のお母さまが今危篤で、天に召される日がもうすぐそこまで来ています。その時は、代わりの先生が数週間担任を引き受けてくれるそうですが、そのための引き継ぎの準備などをする時間がないので、代わりに彼女のクラスを教えても [続きを読む]
  • Goatfish と Porkfish ってどんな fish?
  • ホームスクール四日目、午前中のクラスもほどほどに、今日は母(私)の女子会に行って来ました。 夏休み中、半分以上の人が帰省、旅行していたチャイニーズ友達サークル。新学期も始まったので、みんなカナダに帰って来ました。普段はみんな忙しく、集まるのも難しいのですが、今日は丁度ほとんどの人が参加できるとの連絡が来ました。 みなさん結構近くに住んでいるのですが、私だけ一時間ほど離れたところにいます。去年は仕事 [続きを読む]
  • ホームスクール Day3
  • ホームスクール三日目です。 今日は午前中の勉強が終わって、ランチのあと、息子の大好きな図書館に向かいました。 本好きな私も図書館は大好きなところです。一日中図書館にいたいくらいです。でも、私が図書館が好きな理由と息子たちが図書館が好きな理由は全然違います… 息子たちが図書館が好きなのは、コンピュータゲームで遊べるからだと思うのです。本を借りたり、DVDを借りたりしますが、子供達の頭の中では、図書館=ゲ [続きを読む]
  • ホームスクール Day2
  • 昨日とは打って変わってホームスクール二日目は、穏やかに終わることができました。(ホッ) どっちみちやるしかない…ってわかったのかな。素直に言われたことを終わらせました。 途中、ジョークあり、笑いあり。昨日は「呪い」でもかけられていたのか?と思ってしまうくらい別人の末っ子。(ホームスクール初日の様子はこちら) 今日は算数のプリントに気持ちを表現していましたが、昨日のような怒りはありませんでした。 う [続きを読む]
  • 僕は怒っているんダァ!
  • 先日もまた同じハプニングが… 一緒にゲームをしている次男と末っ子。末っ子はお兄ちゃんがずるをしていると言い張り、次男はそんなことはないと貫く。でも納得のいかない末っ子は、どんどんエスカレートし、怒りと悔しさで泣きわめく… キッチンで夕飯の下ごしらえをしていたので、仲良く遊ぶように注意していたのですが、とうとう限界を感じ、ストップをかけました。末っ子には部屋にいくように、お兄ちゃん達には他のことをす [続きを読む]
  • ホームスクール Day1
  • 長男グレード10、次男グレード9、末っ子グレード2、今日から新学期が始まりました。 「今年から母はランチづくりをしない」宣言をしたので(息子たちの自立心を養うため)、ランチは昨日の夜、長男と次男がすでに自分たちで用意してあり、初日で緊張しているのか、起こしに行かなくても自分たちで起きたので、今朝の私は何をしていいか分からず、逆にそわそわしていました。 二人を送り出したあと、私と末っ子の新生活、ホーム [続きを読む]
  • やり直し子育て
  • あなたはやり直したいことありますか? 私はいっぱいあります。 それって人生をその時その時、目一杯生きていなかったということなのかなぁ。と思ったりします。 もちろんそういう場合もあるけど、でも必ずしもそうではないと思います。精一杯努力したとしても、後々になってから、やり残したことがあったことに気付いたり、後悔したと思ったり、失敗したと反省することもあるでしょう。 経験したから得ることができた知恵。失敗 [続きを読む]
  • 7歳(半)からでも遅くない?
  • 子どもの英語学習の為に、小さいうちから英語に馴染める環境を作ってあげている、 作ってあげたいと思う親が増えてきているようですね。子ども英会話教室に通わせたり、 英語の絵本を読み聞かせたり、海外の子供番組を見せたり、英語のアプリで遊ばせたり、 英語の遊び歌を一緒に楽しんだり、色んな形でみなさん工夫をして、頑張っているようです。 『自分の母国語ではない言語を、その言語が母国語ではない環境で 子どもに教 [続きを読む]
  • 最低でも脳みそ5つ、一日100時間くらい欲しい!
  • Entrepreneuer。日本語訳は、Weblio によりますと、「企業家」「事業家」となっています。 「企業家」や「実業家」だとものすごく立派に聞こえるのですが…「起業家」の方がどっちかというとぴったりな感じがします。 「entrepreneuer」という名称をとてもカジュアルに使える人もいれば、起業家としてすごく成功しているのにも関わらず、「自分はentrepreneuerだ」と言い切れるのに時間がかかる人もいるらしい。 私は「entrepr [続きを読む]
  • 「沈黙〜サイレンス」
  • 「沈黙〜サイレンス」を図書館で見つけ、江戸初期の日本でのキリシタン殉職について、実話に基づいて書かれた話だと知り、早速借りて来ました。 すごいタイミングで、ブログを読ませていただいている「こころのブログ」さんの更新記事で、日本で「沈黙」のDVDレンタルが開始したことについて書かれていたので、さらに興味が湧いて来ました。 殉職死する話を聞くと、一クリスチャンとして、自分がそういう選択と面した場合どうする [続きを読む]
  • 台湾一周旅行 Day 3
  • セミの鳴き声をララバイに、鳥のさえずりを目覚ましに。あっ、それからガチョウさんも忘れてはいけなかった。 大自然の中にいる心地よさ、人工の快適さではなく、自然の気持ちよさ。長い間、先進文明の中で生きている私たちに自然の素晴らしさを思い出させてくれる一晩でした。 そんな一晩が明け、私たちの一周旅行の3日目が始まりました。 時差がまだあるのか、夫は日の出の前に起き、付近を散歩して来たらしい。6時前は気温も [続きを読む]
  • 台湾一周旅行 Day 2 Part 2
  • 「昨日のホテルよりもいい」と言われて、想像したのは人離れた山の中腹にある山小屋ではなかったです。想像してたのと差がありすぎて、正直絶句してしまいました。車から出たあとはさらにショック!管理人さんの飼っている二匹の猫が野放しになっているので、あっちこっちで「用を足した跡」が!!! どこをどう歩いていいのやら、足の裏からもぞもぞ。 子供達に「猫のふん」を踏まないように気をつけて歩くことを伝えながら、ス [続きを読む]
  • 台湾一周旅行 Day 2 Part1
  • ゆっくりと休んで、2日目を迎える。今日も快晴。朝から気持ちがいい! 朝食後、次の目的地に向かう前に、近くにある茶農園に寄り、烏龍茶を試飲。 ここは碧羅園茶園。近くまで来たら妹たちがいつも紅烏龍茶を買いに寄るところ。 烏龍茶は本来発酵させないのですが、紅烏龍茶は発酵させた烏龍茶で、味も一般の烏龍茶とは違い、かすかに紅茶の香りがするんです。冷泡紅烏龍茶は、お湯ではなく、水で入れ、冷たく冷やして楽しめ [続きを読む]
  • 台湾一周旅行 Day 1
  • 台湾には何度も家族で帰省しているのですが、子供たちもまだ幼かったのもあって、台湾国内での旅行はあまりできませんでした。 今回は子供達も大きくなったのもあって、思い切って一周旅行をしよう!と思い立ち、台湾に住む妹に行きたい箇所を伝えて、一周旅行の計画を頼みました。 なので、どう回って、どこに行って、どこに泊まるか、ほとんど知らない状態で出発となったのです。それも一つの楽しみですけどね。 大雑把なプラン [続きを読む]
  • ぐるぐる、ぐるぐる回る
  • <この記事は、今年の三月に書いたものですが、書いたのも忘れたくらい忙しかったのがよくわかります。すっかり公開するのを忘れていました。今更ですが、公開します。> ハムスターが回し車の中でぐるぐる、ぐるぐる回っている図は、簡単に想像できますよね。 自分は、まさに回し車の中にいるハムスターのように思えます。ぐるぐる全力疾走しているけど、現地にいるまま。その疲れが重くのしかかっているのをはっきりと感じま [続きを読む]
  • 久しぶりの更新
  • 最後の投稿から100日!私の最近は・・・ ほぼ一ヶ月の台湾旅行から帰ってきました。6月末、ここ一年の慌ただしい日常生活からやっと解放され、一週間後に家族旅行! 今回は、車で台湾一周と他にも台湾の南側でのミニプチ旅行、観光、そして、久しく会っていなかった友人数人との再会など、暇にしている時間がなかったくらい、濃厚な一ヶ月でした。 真夏の台湾は「想像していたのよりは」マイルドで、冷房のある空間以外では暑さ [続きを読む]
  • よく出来た?基準はどこ?
  • 去年の9月から息子たちの小学校でEA(Educational Assistant)としてお仕事をさせてもらっています。息子たちの小学校は全校生徒50人の小さな学校なので、二学年一クラスで勉強しています。 昨日、3/4年生のクラスの担任の先生にリーディングの測定をしてほしいと頼まれました。短文を読んで、一分間でどれだけの単語を読めたかという測定です。一番最初に来てもらった3年生の女の子はリーディングがあまり得意で [続きを読む]