金太郎 さん プロフィール

  •  
金太郎さん: 男の育児論
ハンドル名金太郎 さん
ブログタイトル男の育児論
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/fxdayrino-otoko/
サイト紹介文子育て男独自の育児論
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供132回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2014/08/19 23:58

金太郎 さんのブログ記事

  • ちょっと待った!それ発達障害ではなく、単にお菓子の食べ過ぎかも!
  • 子どもの発達が遅いと感じるなんか気になる動きをしたり、ボーとすることが多すぎる気がする内と外の気分の差や大人に対する態度が違いすぎる夜 ぜんぜん寝なくて困るまったく親の言うことを聞かないが、ほかの大人の言うことなら割と聞く一つのことに集中し過ぎる落ち着きがない我慢ができないなどなど困っていることがあると思うけど、そういうことがあるからと言ってすぐに(うちの子 発達障害?)と思うのは早計かもしれませ [続きを読む]
  • なんであの子はあんなに勉強ができるの?
  • あの子とこの子の学習の質、そして学習の量の差が出ているだけですそれが答え シンプルですじゃあ この子をあの子のように勉強できるようにするためにはどうしたらよいの?という質問ですが、その質問の答えはこうです。今から学習の質と量を改善させることができれば、この子が今のあの子を越えることはできるでしょう。しかし時間が経てば、あの子も成長します。だからいつまで経ってもあの子を越えることはできません。理論的 [続きを読む]
  • 親は子供の専属コーチ
  • 子どもの学力が低下して困っているという方その原因は親にあります子どもに勉強の習慣がついていますか。ついていないのなら、その子は変です。おかしいです。だいたいが何のために学校へ行ってるんでしょうか。その目的自体が親さえも考えたことがないのではないでしょうか。ハッキリ言って学校レベルの学力なんて、勉強などしなくても低いままにはならない。成績のいい教科と悪い教科があっても何も心配はいらない。一日の中で、 [続きを読む]
  • ピアノ習うの? なんで??
  • ピアノを習う人が多いですね習字も多い水泳も多いかなでもどうしてそんなに習い事をするんでしょうね。きっとピアニストや書道家、水泳の世界大会出場などは全く考えていないんでしょうけど、なぜか 習わせる。なぜ??友だちがやっているから?本人がやりたがっているから?周りがやっていて自分もやらせないとなんだか焦りが収まらないから??じゃあ聞くけど、それ習わせて 何になるの??お金使って、貴重な時間削って、送り [続きを読む]
  • 学年トップになりたい? そんなのものすごく簡単です
  • 子どもが学年トップになりたいもしくは、親が学年トップにさせたい 分野が勉強でも持久走でも徒競走でも音楽でも芸術でもなんでもいいですとにかく学年や地域のトップになりたい・させたいと思い立ったら、ものすごく簡単なことですやればいいだけですそう 言うは易し、行うは難く です。やればいいトップとトップじゃない人の差ってたったコレだけ。どれだけやればいいのか、を経験的に知っているか、知っていないかの差だけで [続きを読む]
  • 学習をサキドリさせることの意義を明確にすること
  • 学校の授業をサキドリさせている親はどれくらいいるでしょうか。そしてサキドリ学習させるのは何のためですか。その目的をはっきりさせておきたいものです。なぜなら、目的が無ければ、具体的な改善策が見つかりませんし、闇雲にやっていても子どもは消耗して、大事な時期にエネルギー切れを起こしてしまうからです。親がしっかりと目的を持つ。目標も明確にする。そして目標が達成されれば、親自身も子供にもよくやったと祝福して [続きを読む]
  • 教育は学校まかせ?・・・ ま まさかね・・・
  • 我が家では軸をホームスクーリングにして学校は習い事のような位置づけで考えています。年間のカリキュラムを組み、学校で行うことも加味してホームスクーリングの内容を修正していく。当然、お勉強 だけでは子どもが飽きることもあるので、常に意識しているのは「ゲーム性」。ゲームではありません。ゲーム性、どんなこともゲームにしてしまおうという気持ちを持ちます。ストイックでしょうか。我が家のホームスクーリングは全く [続きを読む]
  • なんとなく教育か、明確な目標を持った教育か、その結果は?
  • 子どもの教育を放置プレイだったり、なんとなく適当に考えてOKにしていませんか。それでももちろんOKです。子どもは黙っていても育ちます。外見だけは…何を食べさせても育ちます。外見だけは…ということです。外見というと「見た目」を考える人がいますが、実際は違います。遠くから見たときの「外見」であって、見る人が見れば近くで見ただけでわかるし、少し遊んだり少し話をしただけでもその子がどんな子かがわかってしまいま [続きを読む]
  • 子育ての正解探しに疲れちゃった人へ
  • 子育ての正解探しをして疲れちゃった人に今回の記事を書きます。私はこの記事で日本に住むみんなが教育熱心な教育ママパパになっていいんだよ、ということを書いています。教育ママパパはダサい ではなくて、市場が成熟してやらなければならないことが少なくなっている今こそ、本来は最も時間と手間を掛けても良いこと=子育てや教育にしっかりとやる そしてそれを恥ずかしがることなくダサいと思わず、カッコいいと自分を褒めら [続きを読む]
  • 夫婦仲と学力の関係が出るのは当たり前でしょ
  • 離婚率と学力の相関関係があるのは当たり前。こんなのはデータを見るまでもなく、当然の結果。子ども一人に対して、一人の親がつくか、二人の親がつくかで教育の質が変わってくるのは火を見るよりも明らかである。ただ、親自身の意識の高い低いもあるから、ある一部の家庭だけを切り取って観察してもまばらな結果になるだろうが、データの数が集まれば傾向が顕著に出てくる。ここで言えるのは、夫婦仲と学力の関係があるので、当然 [続きを読む]
  • 子どもが不登校に? もしも不登校になったらどうするか。
  • 子どもが不登校になったことがない、ということは本当に有難いことだし、もしかしたらこれまでの育児の仕方が子どもたちにフィットしていたのかもしれない。そして、親子関係も十分に良い関係になっていて、信頼関係が築けていたのだと思っていい。しかし、家庭内の問題だけが不登校につながるわけではないし、その問題を解決したら不登校の問題がなくなるというわけでもないだろう。理由は、二つある。 一つは、学校そのものに問 [続きを読む]
  • 育児って、いったいどうすればいいの!?
  • 育児書や雑誌、ブログなどなどたくさんの子育て情報がある。でもいっぱいありすぎて、振り回されて、わが子が心配で… いったいどうすればいいの!?と八方塞がりになっている親へそれはね子どもとできるだけ一緒にいてあげること それが育児です心にゆとりがあれば、子どもが遊んでいるときも何かをしているときもじーと子どもを観続けること。動きを観察するどこを見ているのか、なにに興味があるのか、どんな歩き方、走り方を [続きを読む]
  • 小1で足が遅い?心配なし 低学年のうちは背の高さ順が足の速い順です
  • 子どもが足が遅くて悩んでいる人背は高いですか 低いですか??とくに低学年のうちは、背の高さ=発育の個人差 であるから全く気にすることはない。ためしに通わせている学校で、足の速い順に並べてみな。ほとんど背の高い順だから。男子も女子も。そして足の遅い順を並べてみな。背の低い順だから。だから 気にすることないの。唯一気にすべきことは、その子の能力を最大限に引き出せるかどうか、そこのところに集中すること。 [続きを読む]
  • 子どもにやらせたいことは、自信と根拠を持って伝えること
  • なぜ宿題をするのか?なぜ学校にいくのか?なぜ勉強をするのか?なぜ漢字を学習するのか?なぜ音頭をするのか?これらの質問に自信もってはっきりと明確に答えられるだろうか。親が答えられないのなら、子どもにやらせるなんてできない。ある商品の接客販売員がいるとする。その人は売る商品に自信が無くて、おすすめしたとして買う気になれるだろうか。販売員が商品に対して絶対的な自信を持っているからこそ、(そんなに言うんな [続きを読む]
  • 大会で結果が出せる親とは?
  • 大会で結果が出せる親ってどんな親なのだろうかと思ったことがないだろうか。勉強がすごくできる子の親ってどんな教育方法なのだろうかと思ったことがないだろうか。ノウハウや表面的なテクニックだけではどうにもならないことがある。第一に、できる子の親は「教育」に興味があるということ。教育に興味がある親はたくさんいると思うが、どの程度興味があるだろうか。どの程度、考えているだろうか。教育に時間と労力をかけること [続きを読む]
  • 睡眠確保の大切さ
  • 子どもにとって何が一番大切でしょうか。遊び?学習?食事?人間関係?礼儀??否、一番大切なことは「睡眠」です。子どもには十分に睡眠をとらせること。一日何時間の睡眠が必要か、というのは個人差があるからここでは言えないし、一人の子どもをとっても、一日の睡眠時間は多少増減はするだろう。年齢も上がれば、体力がついて睡眠時間が少なくなっていく。だから、子どもの行動や顔色を日々観察しながら、(睡眠が必要だな)と [続きを読む]
  • レジャー中は勉強しない いやいや、レジャー中だからこそ勉強すべき理由
  • 週末や連休、夏休みや冬休み、春休みなどに旅行したり、遊びに行ったりすることは多いと思う。しかし、遊んでいるからと言って日ごろやっているドリルをやらなかったり、大目に見たりしていないだろうか。これはもったいない。こういう時こそ、いつでもどこでも教科書を持っていき読んだり、ドリルを1枚やったり、する。時間はたいした掛からない。10分あれば十分だし、30分とれる時間だってあるはずだ。これはどういうことか、と [続きを読む]
  • 外出先では自動販売機を使わない
  • のどが渇いたアイスが食べたいと言って、外出先で自動販売機でモノを買ってやる親がほとんどだろう。しかし、これが教育面ではマイナスになる。自動販売機は便利である快適でさえある金さえだせば、ボタンを押しただけでほしいものが出てくるのだから。けれども、それが間違っていることに親が気づかなければならない。便利、快適、金出せばほしいものが手に入るこの感覚に注意が必要なのだ。また、周りの人たちがやっている から [続きを読む]
  • 「宿題やったの?」ではなく、「宿題やろっか一緒に」と言おう
  • 宿題やったの? と聞くよりは、宿題おわったの?と聞く方がまだいい。(これは宿題をやろうと思っていた子供に嫌な気持ちにさせない言い方)宿題おわったの?と聞くよりは、「宿題やろっか 一緒に」と言おう。子どもよりも先にテーブル、もしくはデスクについて待っているとなおいい。そして、用意しておいた宿題を一緒にやる。そんな時間ない? と思っている親がいると思う。違う宿題をやらせる時間でもなければ、お勉強の時間 [続きを読む]
  • 運動で活躍させたければ、低学年時にクラブに所属するな
  • 運動音痴の親ほど子どもを習い事のクラブに早々と入れたがる。もしも子どもが、友だちも行っているから、という理由などで「行きたい」という希望のもとで通わせるのならばいい。しかし、そうでもないのに親が勝手に運動技能を身に付けるためならば、それは高学年時(小4から)に試合や大会でレギュラー入りは、途中からやり始めた人間にもぎ取られるだろう。サッカーでも野球でもバレーでもハンドボールでも卓球でも空手道でもな [続きを読む]
  • 運動能力の遺伝は確実にある けれどあきらめてはいけない
  • 運動会マラソン大会その他、いろいろな場面で幼児期や小学生の子どもたちには運動能力に大きな個人差がある。早熟かどうか、など成長のスピードも個人差が出やすい時期ではあるものの明らかに差を感じた場合、真っ先に親の運動能力を確認してしまうのは日本人の性格だ。そして、明らかに運動能力の遺伝による「能力差」というのはある。これは絶対にあると思っているし、生まれつきなのだから仕方がない。この「能力差」を埋めるこ [続きを読む]
  • 毎日、子育てで悩んでいい
  • 子どもを長い目で見るべきなのは頭でわかっているが、目の前で行動するわが子をみているとついつい心配し過ぎて余計なことをしてしまう。それについて、夜な夜な悩んでしまう。学習の姿勢に対してもどうしたら前向きに学習してもらえるか、悩んでしまう。それでいい。親子が一緒にいるというのは、親の個性と子どもの個性のぶつかり合いの中で、互いに妥協したり、互いに認め合ったりして、互いに成長していくことが親子であり、子 [続きを読む]