セラピスト&サポーター さん プロフィール

  •  
セラピスト&サポーターさん: ネコ人間のつぶやき
ハンドル名セラピスト&サポーター さん
ブログタイトルネコ人間のつぶやき
ブログURLhttps://ameblo.jp/therapist-supporter14/
サイト紹介文心と発達・家族支援の専門家によるコラムです。
自由文心と発達・子育て・家族関係・人間関係・ライフスタイル等について綴っています。皆さまにホッとして和んでいただけたら…と思っております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供255回 / 365日(平均4.9回/週) - 参加 2014/08/24 08:18

セラピスト&サポーター さんのブログ記事

  • 「男と女の不都合な真実」を受け入れたなら…
  •  自分の思い描く理想は、往々にして現実とはギャップがあったりします。  特に男女のこととなると理解しがたく、時に受け入れがたいギャップも。今回は「男と女の不都合な真実」(2009年)のお話を。  才色兼備なテレビプロデューサーのアビー(キャサリン・ハイグル)は自分に釣り合う理想の男性像にこだわるうちに久しく恋愛から遠ざかっていた。  そんなある日、隣にハンサムな医師が引っ越してきてアビーはときめき、番組で組 [続きを読む]
  • 後悔のない人生を送りたいものですね。
  •  クリムトの絵画をきっかけに興味を抱いた19世紀末〜20世紀初頭の芸術の都・ウィーンについての関連本を読むと、ある女性の名前が度々登場します。彼女の名はアルマ・マーラー。 アルマ・マーラー(1879年〜1964年)"Tom Lehrer" Photo by Peter K. Levysource: https://flic.kr/p/FdMFHB  アルマは音楽家グスタフ・マーラー、建築家グロピウス、詩人ヴェルフェルの3人と結婚し、画家ココシュカもアルマを愛しました。  アルマは [続きを読む]
  • 落ち着きのある人生を送りたいものですね。
  •  落ち着きのある人、落ち着いた人生は心が安らかでしょう。逆に言うと落ち着きのない人生は心が安らがないわけですね。今回は「アメリカン・ハッスル」(2013年)のお話を。 "ALA-0010 AMH BACKLIT REV.indd" Photo by Jennifer Lawrence Filmssource: https://flic.kr/p/zcwuw7  ペテン師のアーヴィン(クリスチャン・ベール)の相棒で愛人のシドニー(エイミー・アダムス)がFBI捜査官のリッチー(ブラッドリー・クーパー)に逮捕され [続きを読む]
  • 思春期が嫌うことと親の悩ましさ
  •  「フットルース」(1984年)は80年代を代表する青春映画の一つです。ケヴィン・ベーコンがスターダムに上がった作品でもあり、サントラも流行しました。  大都会シカゴから母と一緒に田舎町に引っ越してきた高校生のレン(ケヴィン・ベーコン)。 保守的な田舎町はロックもダンスも禁止されており、周囲の冷たい眼差しと孤立と共にレンは町の掟に違和感をおぼえて・・・。 "Footloose" Photo by 7th Street Theatre Hoquiam, WAso [続きを読む]
  • 弱さを見せられる相手かどうか
  •  素直になれたらラクなわけですが、誰に対しても、というわけにはいきませんね。今回は「フィラデルフィア物語」(1940年)からお話を。  ジョージ(ジョン・ハワード)との結婚を控える勝気な令嬢トレイシー(キャサリン・ヘプバーン)。  そこへ二年前に別れたトレイシーの前夫・デクスター(ケーリー・グラント)がゴシップ雑誌記者のコナー(ジェームズ・スチュアート)とエリザベス(ルース・ハッセイ)を連れてやって来てしまって・・ [続きを読む]
  • コンプレックスから自分を守る鎧
  •  人には何かしらコンプレックスがありますね。例え他人から「それくらい・・・」と言われたとしても、ご本人が肯定できなけばコンプレックスとしか言いようがないですよね。  オードリー・ヘプバーンは容姿にコンプレックスを抱えており、「ローマの休日」でシンデレラ・ストーリーを歩んだ後も、容姿だけでなく自分自身に自信を持てないでいました。  ヘプバーンはユヴェール・ド・ジヴァンシーと出会い、公私に渡り彼の服を着 [続きを読む]
  • 気取らず自然体で行ってみよう
  •  「自分をよく見せたい」と思うのは自然な欲求。でも、それで人は承認されたいがゆえに、時に気取ってしまうことがありますね。  今回は「億万長者と結婚する方法」(1953年)のお話を。時代を象徴する女優陣による秀逸なラブコメディです。 左からマリリン・モンロー、ローレン・バコール、ベティ・グレイブル"Lauren Bacall, Marilyn Manroe, Betty Grable" Photo by Global Panoramasource: https://flic.kr/p/oUUGrw  「億万 [続きを読む]
  • カズオ・イシグロさん祝ノーベル文学賞
  •  カズオ・イシグロさんが2017年のノーベル文学賞受賞というニュースが入りましたね。おめでとうございます。  カズオ・イシグロさんの作品では「わたしを離さないで」(2010年)、「日の名残り」(1993年)が映画化されています。  「わたしを離さないで」は綾瀬はるかさん主演でドラマ化もされました。 "Kazuo Ishiguro speaking at Hay Festival 2015" Photo by Alexander Baxevanissource: https://flic.kr/p/vjR1EH  「日の名 [続きを読む]
  • 笑おう、笑わせよう。
  •  今回はチャップリンの「偽牧師」(1923年)からお話を。脱獄囚(チャップリン)が牧師の衣装を手に入れて列車で逃亡。  しかし新任の牧師と間違われてしまい、チャーリーは牧師のふりをする。  ブラウン嬢(エドナ・パーヴァイアンス)の家に泊めてもらうチャーリー。ところが、かつてのムショ仲間がチャーリーを見つけて図々しく上がり込み、ブラウン家のお金を盗んで逃走する。  チャーリーはムショ仲間を追ってお金を取り戻すこ [続きを読む]
  • 「許されざる者」〜人生の苦難と人の悲しみ
  •  「許されざる者」(1992年)は87歳の今も現役のクリント・イーストウッド監督・主演で贈る名作です。  時は1881年、ビッグ・ウィスキーという町の娼婦に傷を負わせた無法者に賞金が懸けられ、若いガンマンがかつての悪党、ウィリアム・マーニー(クリント・イーストウッド)を誘う。  昔の仲間・ネッド(モーガン・フリーマン)を加えた3人はビッグ・ウィスキー向かうが、保安官のダゲッド(ジーン・ハックマン)は賞金稼ぎを町から追 [続きを読む]
  • 「次はきっと大丈夫」と言えるかどうか。
  •  「たかが世界の終わり」(20016年)は、グザヴィエ・ドラン監督による家族の愛と葛藤を描いたカンヌ映画祭パルムドール受賞作です。  久しぶりに帰郷した主人公と家族の1日を通して観る者に家族や人生というものを考えさせてくれます。 "JUSTE LA FIN DU MONDE 9" Photo by Activités culturelles UdeMsource: https://flic.kr/p/PVDmto  12年ぶりに帰郷したルイ(ギャスパー・ウリエル)。ルイの目的は自分が余命わずかであるこ [続きを読む]
  • 「天空の城ラピュタ」が愛される理由
  •  「天空の城ラピュタ」(1986年)はジブリが贈る冒険ファンタジーです。昨夜テレビで放送されていましたね。  ある日、空からゆっくり降りてきた少女シータを助けたバズー。シータが身に着ける青い「飛行石」を狙うムスカ大佐達と海賊のドーラ一家との争いに巻き込まれた二人は、かつて地上を支配していた天空に浮かぶ伝説の王国・ラピュタに向かう。 "In the way to Laputa" Photo by tuetransource: https://flic.kr/p/yEBdu   [続きを読む]
  • 海外ドラマ「NCIS」の魅力
  •  人気海外ドラマ「NCIS〜ネイビー犯罪捜査班」。スリリングな展開と個性的なメンバーのユーモアあふれる人間模様を描く長寿番組です。現在Dlifeで放映中ですね。 ギブス(右)"Cote_De_Pablo(NCIS-S10E16-Ziva_David)006" Photo by SexyAndHotTv .source: https://flic.kr/p/Y7nhQh  チームリーダーはギブス。コーヒーを愛する昔気質な男。ゆえに「出世ができない」と自認していますが、部下への情が厚く、信頼されています。  分 [続きを読む]
  • 読書する意味ってなんだろう?
  •  少し前に「読書がなぜ必要か?」と子どもに尋ねられたらどう答えるか?という話題がありました。  例えば「国語も一教科なのだから、受験の比重は他と同じでしょう?」という言い分にどう答えるのか?ということですね。 "Child Reading" Photo by Chris Parfittsource: https://flic.kr/p/pWNcy2  そう言えば最近、未成年の国語力の低下は教科書の読解力の低下に見られる、という記事をどこかで読みました。  これは「教科書 [続きを読む]
  • 心に正直に生きるクリント・イーストウッド
  •  クリント・イーストウッド、87歳。俳優・映画監督・プロデューサー・作曲家の彼は「ハドソン川の奇跡」を昨年発表したばかりの現役です。  クリント・イーストウッドは今や映画監督として2度のオスカーに輝き「名匠」、「巨匠」と言われていますね。 "Clint_Eastwood" Photo by A Othersource: https://flic.kr/p/FCSADT  男性誌で毎年のようにイーストウッドの特集が(スティーブ・マックイーンも)組まれます。彼はずっと憧れ [続きを読む]
  • 独りでいい人はいない〜「メンタリスト」シーズン3
  •  海外ドラマ「メンタリスト」。CBIコンサルトのパトリック・ジェーン(サイモン・ベイカー)の活躍を描いています。シーズン3の最終話がDlifeで放送されましたね。  ジェーンは観察力から状況を推理し、人の心と行動を読む男。性格は基本傲慢で幼稚なところもある。でも優しさもあり、彼の良さは深く付き合わないとわかりにくい。  好きな相手もからかいますが、そうやってジェーンは人を自分から遠ざけているのですね。 "My Bro [続きを読む]
  • エレガントで優しい紳士になる〜サプールの美意識
  •  写真家のSAP CHANOさんやヨシナダギさんによって日本でも知られてきた「サプール(SAPEUR)」。  先日SAP CHANOさんの写真展「サプール展/平和をまとった紳士たち」を松坂屋名古屋店で観て来たのですが、とても良かったですね。  サプールとは「サップ(エレガントなエンターテイナー集団の意)を体現する人」という意味です。その歴史は90年間続いているとのことです。  コンゴでハイブランドのスーツを着こなす紳士たちが週末 [続きを読む]
  • 誰もが皆不完全なのですよ。
  •  今回は巨匠ビリー・ワイルダー監督の傑作コメディー「お熱いのがお好き」(1959年)からお話を。  「I Wanna Be Loved By You(愛されたいのに)」を歌うマリリン・モンローが有名ですね。 "002" Photo by Siddhesh Mangelasource: https://flic.kr/p/hUvmgE  1929年、禁酒法時代のシカゴ。ギャングの抗争を目撃したサックス奏者のジョー(トニー・カーチス)とベース奏者のジェリー(ジャック・レモン)。  逃げるために女装したジ [続きを読む]
  • 安室奈美恵さん引退宣言に思うこと
  •  デビュー25周年を迎えた歌手の安室奈美恵さんが来年9月をもって引退するというニュースが昨日入りましたね。  先日25周年記念ライブを沖縄で開催したというニュースを知ったばかりでしたので、突然で驚きました。 "namie amuro naked" Photo by DozoDomosource: https://flic.kr/p/a7cFJp  90年代に社会現象になった安室さん。MCなしで2時間歌って踊るという彼女のライブは有名ですね。  日頃から相当節制してストイックにト [続きを読む]