Let's Dansh さん プロフィール

  •  
Let's Danshさん: Let's Dansh レッツ 断酒 〜ボクの断酒日記〜
ハンドル名Let's Dansh さん
ブログタイトルLet's Dansh レッツ 断酒 〜ボクの断酒日記〜
ブログURLhttp://letsdansh.blog.fc2.com/
サイト紹介文アルコール依存症の入院記、断酒日記。断酒継続の持続力のために頑張ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供67回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2014/08/25 16:31

Let's Dansh さんのブログ記事

  • なんのこっちゃ?!と思ったら(駄)
  • 先日は久しぶりに東京出張で、錦糸町のビジネスホテルにひとりでお泊り。東京出張で、夜一人で ヒマでひまで、あまつさえ、今日の会合の内容が気に入らなくって気がクサクサしてて、晩飯ナニ喰おうって、ひとり町をウロウロと放浪。これって 前だったらこの上なくアブナイ状況なんだけど、こんな時でも 飲まずに過ごせるようになった自分が我ながら 前とは少し違うなーと思う今日この頃。そんな時に見つけた一コマ。「アル中も休 [続きを読む]
  • 断酒1年をお祝いしていただきました(^^♪
  • 昨日、MSK断酒会の月曜例会で、断酒一年のお祝いをしていただきました。朱墨って、久しく見ないですねー!なんだか小学校以来って感じwwwリッパな額に入った賞状までいただいちゃいました。そんな大仰にしないでもー とも思いつつ、ここは素直に喜ばせていただきたいと思います。皆さんありがとうございました。ホントーに、ここまでこれたのは、ひとえに断酒会に入れていただいて、皆さんとお話させていただいてきたおかげです。 [続きを読む]
  • 断酒1年を迎えました♪
  • おかげさまで、今日で、前回の退院からちょうど一年。退院してからの自主断酒365日目を迎えることができました。これまでは、「断酒」とはいってもそれは名ばかりのこと。しばらくの間「禁酒」をするだけのことで、 そのあとは家族の手前、してみせているだけのことで、自分としてはなんとか コントロールしてお酒を飲もう、なんとか隠れて、隠して お酒を飲もう、と、そればっかり考えてばかりいたので、ちっとも断酒にはなり [続きを読む]
  • こう呼んでもらえたらいいのに
  • まぁボクは 「アルコール依存症」 なわけで、もすこし俗な言い方をすると 「アル中」 なわけですけど、先日断酒会で他の人も言ってらしたんですが、(だからそういう人の話をするのは言いっぱなし・聞きっぱなしの精神に反するってば!)この疾患は 「アルコールコントロール障害」って呼んでくれたらいいのにってご意見がありました。全くごもっともだと思いますねー。依存症 って、まぁそうなんでしょうけど、中毒 はちょ [続きを読む]
  • 正解が1つだけ
  • 友だちのFBでこんな写真を目にしました。題して 「正解が1本だけ」どこかのコンビニの写真だと思いますが、要は、ノンアルコールビールが入っているべきショーケースにモノホンのBEER 「アサヒ スーパードライ」 さんが補充されて陳列されてしまっている、という状況ですね。真ん中の1本だけ、前の売れ残りの分なのか、本物のノンアルコールビール(ってこの表現もヘンかなぁwww)が混じって(?)いる。商品を補充したヒト  [続きを読む]
  • これはいい!
  • 昨日、立ち寄ったコンビニ(ローソン)で、ノンアルビールの棚を覗いたら、サントリーの「ALL FREE ALL TIME」という商品を見つけました。ペットボトル入りの炭酸飲料です。早速買って、飲んでみました♪見た目は透明、澄明な炭酸水で、炭酸やや強め。ボトルには「BEER TASTE」とありますが、ほかのノンアルビールが一生懸命「無理に」近づけてる感のあるいわゆる「ビール臭さ」や飲んだ後の「苦み」などは全くありません。もちろ [続きを読む]
  • パラドックス(笑)
  • 先日の断酒会でのことです。断酒会というところは、皆さんが飲酒や断酒、酒害についての体験発表をする会ですけれど、いわゆる「言いっぱなし・聞きっぱなし」が原則です。その場で聞いた話は、よそでは話したりしません。さて先日の断酒会で、普段はあまり出てこない方のようでしたが強烈に息巻いている人がいて、こんなことを言われていました。「断酒会は 言いっぱなし、聞きっぱなしと言っているが、ここで話した内容を参加し [続きを読む]
  • 納涼会で攻めの断酒(笑)
  • 先日は会社の納涼会。かなり久しぶりのことですが、「ビアガーデン」に行ってきました。飲み放題、食べ放題のホテル最上階のビアガーデンはなかなかの賑わいで、飲み物(アルコール)の種類も多く、お酒を楽しめる人にはなかなか楽しそうでしたねー。ボクはウーロン茶3杯でお付き合いさせていただきましたが、それでも楽しい時間が過ごせました。実際にはノンアルコールのカクテルみたいなものもたくさん種類があったらしいのです [続きを読む]
  • ひと月が経過して
  • 母が亡くなったのが6月24日でしたので、神道で「月命日」という言葉を使うのかどうか知りませんが、7月24日が、いわゆる「月命日」でした。もう一月もたったのか、というよりは、まだひと月しかたっていないのか、というのが、実感ですねー。亡き母を自宅に数日安置していた時はその時に使った布団って、死んだ人を寝かすんだから、終わったらきっと捨てちゃうんだろうなぁなんて思っていたんですが、実際には天気のいい時によく干 [続きを読む]
  • 母の看取りで思うこと
  • ながながと断酒とは関係のない母親の最後のお話を書かせていただきました。断酒会でも同じようなお話もしましたが、みなさん、「母親を失う、というのは男子にとっては特別な感情を抱くものですね」とおっしゃって、ご自分のお話などを聞かせてくださいました。みなさん ありがとうございました。さて、こうして、母をつつがなく看取ることが出来たり、平穏にお通夜やお葬式を上げたり、と言った当たり前のことが、当たり前にでき [続きを読む]
  • 通夜・葬式
  • 亡くなった母は自宅に連れて帰って、2晩、自宅のベッドで過ごしてもらいました。あんなに帰りかがっていた自宅でしたので、すこしだけでも過ごせてあげられてよかったと思っています。ベッドの母は、本当に眠っているような、やすらかな、きれいなお顔をしていました。ステロイド治療でムーンフェイスになって、浮腫が強く膨れ上がっていた顔の輪郭や首回りが、2週間にわたる点滴なしの療養と、亡くなったことによる乾燥とが相まっ [続きを読む]
  • 逝去
  • 点滴を外されてから母は予想以上に長いことがんばりました。いつまでも仕事を休んでついているわけにもいかないので、一度ボクたちは家のほうに帰り、父には入れ替わりに息子を付けていおいてきました。彼からは・意識があってしゃべれる時間はだんだん短くなくなってきた・それでも今日は入浴があった・尿量が減ってきていて、丸一日の排尿量が昨日は60mL 、今日は100mLぐらいだったなどの報告を毎日入れてもらい、状況の [続きを読む]
  • しかしうちの母はがんばる
  • 日曜日に医師からの手紙をもらって、これはいよいよ危篤である。持って数日、長くとも週は越さない、と判断したけれど、月曜日は仕事が外せず、火曜日になって、家族を伴って上京しました。入院・闘病中の兄を迎えに行き、一時外出をとってレンタカーで運んで久しぶりに会わせ、最後の別れをしのびました。ほとんど昏睡状態ではありますが、時折目を開けて、反応することもあります。「来ましたよ」と声をかけると、少しうれしそう [続きを読む]
  • ホスピスというところ
  • いよいよ母が危篤だという連絡が入り、実家に戻ることしました。母は、末期の肺がんで、原発巣の肺の症状(胸の痛みとか咳とか)はそれほどでもないのですが、骨転移が強く、脊椎、腰椎、骨盤をはじめ、あちこちに転移があり、高齢のため抗がん剤治療というわけにもいかず、放射線療法は少しやってみましたがあまり効果もなく、がんはあるけれど、打つ手がないので、ただ見ているだけ、という状態が続いていたところでした。骨転移 [続きを読む]
  • 羽田空港
  • 今週は約半月ぶりに東京へ。数えてみると今年に入って早くも8回目の上京になります。家族のことで仕方がないとはいえ、かなりのハイペース。お金もかかるなぁ。今回は行きも帰りも飛行機をおごったので羽田空港利用。前にも何回も書いてるけど、数年前、はじめてアル中の治療入院をしてから退院してしばらく断酒して、それからこっぴどいスリップをしたのが、ここ羽田空港でした。飛行機に乗るはずだったボクは、保安検査場を抜け [続きを読む]
  • 断酒会で見当違いな話ばかりしてますが
  • 断酒会でも実はこんな話ばかりを最近はしているのですが、(ほんとに断酒と関係ない話で悪いなーと思いつつ)話をしていてひとつ思ったのは、断酒会って、いろんな意味で、自分をさらけ出せる場所なんですね。こんな兄の病勢の話なんて、よそではあんまりできません。自分の中で、くよくよと考えているばかりのことです。それを話すことで、少しすっきりできる。断酒会って、そういうところなんだって、本当にありがたく思いました [続きを読む]
  • 重たい話②
  • ことは幸いした、のかどうか、よくわからないのですが、兄の病勢は予想以上によくなく、月曜には全身状態が悪く抗がん剤治療はいったんペンディングとなり火曜日から始める予定だった抗がん剤治療はいったん中止になりました。癌の進行が激しすぎるのか、胃の病変からの出血が著しく全身状態が悪くなっているのか、よくわかりません。とりあえず、抗がん剤治療を始める前に父に話して面会の機会を作る、ということは、出来そうにな [続きを読む]
  • 重たい話
  • 断酒とは関係ない話になってきています。ほかにぶつけるところもないので自分の備忘録代わりにここに書いています。断酒ブログとして読まれている方にはふさわしくないかもしれません。ご了承ください。5/14とても重たい任務を抱えて、またまた夜行バスに乗って実家に向けて上京しています。4月の中旬に体の不調を訴えて近医を受診した兄は、食度の貧血と診断され、大病院の受診を勧められました。直近の大学病院を受診して精密検 [続きを読む]
  • お酒を飲めたらちょっと良かったのにな、と思ったこと
  • 重い話は続いているのですが、いつまでも重い話ばかりしていても進まないので、それはまたの機会にして、先日の木曜研修会で話したお話。昨年夏の2回目のアルコール依存症治療の入院から、そろそろ300日に近くなってきました。お酒を飲みたいという飲酒欲求とか、渇望みたいなものはほとんどないのですが、先日、あぁ、こんな時にはお酒が上手に飲めてたら、便利だったのになぁ、と思うような機会がありました。それは、新人(新入 [続きを読む]
  • 酒を飲んでる場合じゃない
  • じつは今、実家の高齢の両親の状態がすこぶる悪いのです。82歳の母は末期の肺がん。高齢で手術や化学療法はもう無理。放射線療法もほとんど効果がなくて、見てるしかない、って状態。骨盤と腰椎、脊椎に転移が見つかって、足が痛くて歩けない、というからレ線を撮ったら、骨盤がうすらぼんやりとしか映らないほど、転移が進んでるみたい。両足の大腿骨骨頭を人工関節にしている母はそんな状態で足に体重をかけたら、人工関節がボル [続きを読む]
  • ホントは面白おかしく話をしたいんだけど (;^_^A
  • で、例会の話は短くスパッと、を基本としながらも、でもできれば面白おかしく、少しおちゃらけて話ちゃろう〜っていつも思ってるんですが、みなさんのお話が、なかなかシリアスで、まじめで、重い。そうすっと、さすがにイーカゲンなボクも、なかなかおちゃらけた話には持っていけなくて、周りのオフザな部分は切り捨てて、まじめなコアな部分の話だけになっちゃう。するってえと、ますます話がかんたんになっちゃうんですよねー。 [続きを読む]
  • 木曜日はスパッと行こうよ!
  • 断酒例会でのスピーチは基本的には一人、3分から5分ぐらいと言われています。ボクが出ている例会は、南SKK断酒会の月曜例会とGS病院の院内木曜研修会。この二つ。月曜日の会は断酒会の例会なんだけど、木曜の会は、「木曜研修会」であって、病院の行事=入院治療の一環で、ボクら南SKK断酒会の会員はいわば部外者。院内の司会者の人によっては、「外来OBの皆さん」なんて読んでくださいます。ですんで、木曜研修会では、ボクらOBは [続きを読む]
  • 夜行バスでGO!
  • このところ、東京に行く機会が続いています。先週は所属している団体の用事、今週は実家の用事。用向きはそれぞれですが、どちらも急に決まった上京なので、経費削減のため「夜行バス」を使ったりしています。夜行バスに乗ると、ボクの住んでいる町から東京まで、約11時間。移動手段として、時間の絶対値はかかるけど、夜 出て、寝てる間に走って、朝 着くので、東京で活動できる時間はとっても効率的。バスの中で「眠れ」さえで [続きを読む]
  • 断酒? 絶酒?! 
  • ちょっぴり更新が開いちゃいました。でもだいじょぶですよ〜転んでません、すべってませんwwwさて、先日テレビを見ていて、疑問に思ったことがありました。TBSの加藤浩次がMCをやってる情報?教養?バラエティみたいな番組「この差って何ですか?」ご覧になった方もいると思いますが、この番組の中で日本人が間違いやすい漢字の使い分けの差物事をやめるときの「断つ」 と 「絶つ」 この差ってナンデスカ?っていう問題がでてい [続きを読む]
  • ノンアル考ーるw
  • よく言われることですし、このブログでも何回か書いたことのあるテーマですが、アルコール依存症者の断酒中にノンアルコールビールはありか、なしか?断酒会の先輩Yさんは強硬な ダメ派 で、断酒例会のお話でもよくそのことを言われます。「断酒をしている人はノンアルは絶対ダメです。ゼッタイに飲まないでください!必ず本物に変わります!」いわく、ご自分の4回目の入院(断酒につながった最後の入院)は、しばらく断酒ができ [続きを読む]