JO3GBD さん プロフィール

  •  
JO3GBDさん: JO3GBD - ブログ
ハンドル名JO3GBD さん
ブログタイトルJO3GBD - ブログ
ブログURLhttp://jo3gbd.blog.shinobi.jp/
サイト紹介文JO3GBDアマチュア無線局長のブログ。無線、IchigoJam・IchigoHam、電子工作など
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供58回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2014/08/26 22:11

JO3GBD さんのブログ記事

  • Sメーターをゲット! ?
  • パーツ屋さんにパネルがSメーター表記のメーター売ってたので、思わずゲットしました。液晶表示のSメーターのリグに針式アナログメーターを外付け表示する構想の実現に、一歩近づきました。でも、よく見るとこのメーターは無電流で針が右端に留まっていて、振り切れているようにも見えます。動作確認したら逆振りタイプのメーターのようです。ちょっと回路がややこしくなるので、Sメーター外付け構想にこのメーターを使うかどうか [続きを読む]
  • A1クラブのSTRAIGHT KEY コンテストにプチ参加
  • 最近、当局の無線のアクティビティーが下がっているのは否めませんが、今日は年に一度の縦ぶれ電鍵を使ったA1CLUB STRAIGHT KEY コンテスト。これだけは外せないとちょっとだけですが参加をしました。これでこのコンテストは3年連続の参加になりました。いつものようにモービル半固定のお手軽移動運用です。写真は助手席での縦ぶれ電鍵運用の様子です。あいにくのコンディションでしたが、1時間ほどで6局とコンテストQSOをさせてい [続きを読む]
  • IchigoJamで光るネクタイ/IoTieを作って い ました
  • IchigoJamの2大巨頭のお二方が光るネクタイ/IoTieをブログで紹介されていて、話題になっていますね。光るネクタイ IoTie 小型化 ver1.1エモい作品をJavaScriptでも!IchigoLatte用 WS2812B LEDテープドライバ “emo-driver” 完成!お写真を拝見していて、ひょっとして、先日このブログにあげた、これ  とか  これ   が、そのまんま「光るネクタイ」に使えそうな気がしまして・・・で、・・・早速鏡を見て、腹の [続きを読む]
  • 電波受験界が・・・
  • 休刊になるそうです。64年間の歴史に幕が。インターネットがない時代、プロ、アマ問わず直近の無線従事者国家試験で出題された問題や正答を知るための情報源でした。<1954(昭和29)年創刊、無線従事者の育成に努めた770号>月刊誌「電波受験界」が2018年12月号をもって休刊に https://t.co/eGSYrluVKi #休刊— hamlife.jp (@hamlifejp) 2018年10月14日40年程前にプロの無線技士を目指していた時には、この「電波受験界」に [続きを読む]
  • 遅ればせながら IchigoJam Sを購入しました
  • 今日、出張帰りに、秋葉原のAssemblage※に立ち寄り、IchigoJam Sのハーフキットを購入しました。組み立ては先になりますが、これで、IchigoJamの初代から、”U”、”T”、”S”と歴代が揃いました。(上のように歴代を書き並べると、バージョンの記号はアルファベットの逆順のようですね。ということは次のバージョンはRになるのかな?)Assemblage※で購入の折に、例の小さな互換基板(写真の右側 [続きを読む]
  • このブログの人気記事ランキング(2018年7月〜9月)
  • 10月になりました。月日が経つのも早いもので、前回の記事から3ヵ月が経ちました。3ヶ月毎の恒例記事「このブログのアクセスが多かった人気記事のランキング」を公開します。(2018年7月から9月の3ヵ月間における単独ページ記事のページビュー数順位です)No.記 事投稿日1【備忘録】エクセルでグラフを矢印キーで動かす方法2014/11/092100円ショップのイヤフォンマイクでハンディー機のイヤフォンマイクを作ってみました。 (製作 [続きを読む]
  • 組込み用に特化した小さな基板の製作 - その1:基板到着!
  • < ユニバーサル基板への組込み用に特化した2.3?角の小さなIchigoDake相当の基板の製作記事です 。>先日、Fusionに出図(その時の記事)してから、待つことしばし、ようやく基板が届きました。今回は、工場で製作ミスがあったりとか、台風21号の関空絡みの影響で中国からのクーリエ(DHL)がセントレア経由となり、更に通関が混んでいたりとかで、出図から到着まで3週間かかりました。出来栄えの第一印象は、基板の赤色がイメー [続きを読む]
  • 【備忘録】CP2102を使ったUSB CI-Vインターフェース
  • アイコムの無線機の外部制御する端子(リモートジャック)と、パソコンのUSBをつなぐインターフェース回路と構成を備忘として記しておきます。なお、USB-シリアル変換器はAitendoで購入したUSB-UART変換モジュール [U2U-CP2102-5P] を使用し、無線機はID-51+で動作確認をしています。回路図自作したインターフェース基板使用したUSB-UART変換モジュール [U2U-CP2102-5P]結線の様子左から:パソコンのUSB端子へ(USB延長ケーブル)U [続きを読む]
  • ORANGE pico
  • いつもお世話になっている電子工作の大先輩からOrangePicoを譲り受けました。Dual CPUのUSB制御もできるType D互換です。ORANGE picoのことは、まだよくわかっていないのですが、搭載されているORANGE BASICが、数値の範囲(32ビットの整数、単精度実数)や文字列処理に秀でていて、また、USBも使えたりするので、IchigoJamとは違った分野で試せそうです。IchigoJamでとことん組んでみて、もし、もの足らなかったらOrangePico に移 [続きを読む]
  • 新基板を出図!
  • 構想から1年かかりましたが、プチ自作のユニバーサル基板に組込みに便利なIchigoJam互換の新しい基板をFusionに出図しました。部品実装後の3Dイメージです。前回の基板よりも1ピッチ分サイズが大きくなりましたが、今回は標準サイズの水晶を採用。(前回は表面実装水晶で半田付に難がありました。)また、Video出力のチップ抵抗も実装したので、変換基板を工夫して作れば、奥側の8ピンからIchioIgaiに繋いでプログラミングがで [続きを読む]
  • 為替とアマチュア無線の不思議な関係? Part 5
  • 年に一度のこの話題です。2014年に、ひょんな事から立ててしまった仮設;・アマチュア無線家が増えれば円安になる?? ・円安になればアマチュア無線家が増える??その時の記事はこちらアマチュア無線のニューカマー資格である第4級アマチュア無線技士(四アマ)の新規取得者数と米ドルの為替レートに相関関係がある・・・!?以降、2013年 2014年 2015年 2016年 と無線従事者数のデーターが更新されるたびにグラフで検証をして [続きを読む]
  • オレ流和文モールス合調語
  • 私が和文モールスを覚えたのは、確か1968年の小学校5年生の頃、ボーイスカウトでホイッスルを使ってのモールス信号でした。その頃から50年に渡り、私の記憶にこびりついている和文モールスの語呂合わせ:「オレ流和文モールス合調語」をご紹介します。ア― ― ‐ ― ―あーゆーとこーゆー(ああ言うとこう言う)イ‐ ―いとー(伊藤)ウ‐ ‐ ―うれしー(嬉しい)エ― ‐ ― ― ―えーごえーびーしー(英語ABC)オ‐ ― ‐ ‐ ‐ [続きを読む]
  • トイレの標識
  • 先日、テレビでトイレの標識で、男性を青色、女性を赤色の色分けは、1964年の東京オリンピックの時に採用されたというお話をされていた。そんな後、トイレの標識を気にしていたら、色分けされていない標識が目に留まった。異国でですが。さらに国内で、ちょっと気になった標識が、ん、この配色は、いろいろと考えられた結果こうなったのかな? 普段、何気なく見ている標識だが、奥が深いのですね。 [続きを読む]
  • このブログの人気記事ランキング(2018年4月〜6月)
  • 7月になりました。三ヵ月に一度の恒例の「このブログのアクセスが多かった人気記事のランキング」を公開します。(2018年4月から6月の三ヵ月間における単独ページ記事のページビュー数順位です)No.記 事投稿日1【備忘録】エクセルでグラフを矢印キーで動かす方法2014/11/092100円ショップのイヤフォンマイクでハンディー機のイヤフォンマイクを作ってみました。 (製作編) 2014/12/283ハムログに入力しやすい紙ログ!「LOGBOOK f [続きを読む]
  • FRISKケースの無接点キーヤー(by IchigoJam)の回路図とプログラム
  • 先月に作ったFRISKケースの無接点キーヤー(IchigoJamで制御)の回路図を描き起こしました。IchigoJamのプログラムと併せてご紹介します。その前に、先の製作記事はこちらです。→ 無接点式パドルとIchigoJamエレキーをFRISKケースで作ってみました また、キーヤーの試し打ち動画は、こちらですのでご覧ください。先ずは回路図です。↑画像を したら拡大版が開きます現物合わせで回路図も書かずに作ったので、忘れ [続きを読む]