LK さん プロフィール

  •  
LKさん: パタヤsoiでの休暇
ハンドル名LK さん
ブログタイトルパタヤsoiでの休暇
ブログURLhttp://soilkgogo.blog.fc2.com/
サイト紹介文ソイブアカオ・ソイLKのナイトライフを自分の経験と独善的な見方で、楽しんでいこうと思います。
自由文タイで遊びだして10年は過ぎました。いまではすっかりパタヤにはまってます。年中祭りなのがたまりません! いろいろな出会いを大事にしていきたいですね。https://twitter.com/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供221回 / 365日(平均4.2回/週) - 参加 2014/08/26 23:05

LK さんのブログ記事

  • ソイLKメトロ唯一のコーヒーCAFE『CRAFT COTTAGE』
  • SOI LK LETRO ソイLKメトロ入り口パタヤの朝カフェあらためてコーヒーCAFEとはおかしなタイトルだがCAFEと名のつくバーやレストランが多々あるので「ここはコーヒー処」と言いたかったのであえてこんな造語を捻り出してみた。コーヒーショップ、コーヒー屋、珈琲屋。カフェラテなんかをゆっくり味わうあそこです。クリーンエアな朝のソイダイアナで、憩うのに少しばかり腰をおろしてみた。SPONSOR LINK [続きを読む]
  • 「スターマックス」で朝はトロピカルにカレー風味で【パタヤの朝食】
  • スターマックス at ソイブアカオ朝の米どころStar Maxコメが食べたい朝はすっかりここスターマックスに落ち着いてます。以前はアジアンバックパーズが安くてよかったんだが、あそこ遅いし一回オーダー通ってなかったりでメッキリ信用落としました(私めのですが)そこで巡り合ったのがスターマックス。れっきとしたファラン系の店だけど、そこへコメが食いたくなると来るってのも不思議な話。だが「それがタイでしょ」と言われ [続きを読む]
  • 「ハリーズ」のちょっとお高い朝食メニュー【パタヤの朝食】
  • 今年4月のこと 「Harrys」ソイダイアナの朝さていつものようにソイLKメトロで一日の最後を向かえた翌日、珍しく10時に目覚め朝めしを食べにソイに一歩踏み出した。目的のところはあらかた回った滞在中日、ふと思いついたのが『ハリィーズ』「あそこまだ朝に行ったことがなかったなぁ。」ソイレンキーから交差点を渡りすぐの店に向かうことにした。(これは4月のソンクラーンのことである)SPONSOR LINK [続きを読む]
  • ビーチロード「soi5」歓楽の狭間の静かなソイ-【パタヤのソイ】
  • ビーチロードのsoi5 パタヤ夜は歓楽街と化すセカンドロード側ソイ4を抜け出てふと周囲を見回わすとデジャブな感覚におちいった。これまでの流れだと次に左に進みソイ3だ。歩き出したら妙に気力が湧いてきた。このままソイを一気に制覇できるんじゃないか、なんてね?その前にちょっと気になる看板が目につく。ソイ4とソイ5のあいだだ。優柔不断と臨機応変の自分の性格で、ここで現れたのは<気まぐれ>だった。そのまま気を引 [続きを読む]
  • ビーチロード「soi4」景色が変わる-【パタヤのソイを歩く】
  • ソイ4 ビーチロード パタヤSoi4再びビーチロードから入るこのソイ歩きは<ソイ2⇒ソイ1⇒そしてソイ4>とビーチロード側から偶数ソイを通っている。セカンドロードに出たらターンするのでソイ4は再びビーチロードからとなる。(ソイ3はここまで通ってない)それぞれに特色があることをここまで感じた。このソイは1・2と比べ短いような気がする。いや多分同じくらいの距離だろう。なにか短く感じさせる雰囲気があるということ [続きを読む]
  • ビーチロード「soi1」に入るー【パタヤのソイを歩く】
  • Soi1 BEACH ROADセカンドロードからUターンソイと言ってもその大きさはまちまちだ。それでも一口にソイで表すのがタイだ。かの下川祐治さんの本にこのようなことが書いてあり、そんなところからソイ歩きの形のようなものが出来ていった。うん、それだったらパタヤで出来るなと。バンコクでやるには広大過ぎる。まぁかっこよくいえばインスパイアされた、いやただ真似っこしただけだが。(因みにパタヤビーチロードはタノン・パ [続きを読む]
  • ビーチロード「soi 2」から歩く-【パタヤのソイを歩く】
  • Soi2 BEACH ROADビーチロード・ソイ2とは気になるパタヤのホテルチェックも済み、今回はぽっかり開いた昼の時間にソイ歩きをしてみた。このソイ歩きが実は7月のもう一つのテーマであった。その一つがブアカオ・ソイ15であり、もう一つがこのビーチロードを1から歩いていくことだ。ブアカオ籠もりの自分にとってはここいら辺は未知の領域でもある。興味津々、普段とは違うパタヤを垣間見ることができるだろうか。SPONSOR LINK [続きを読む]
  • 揉んでもまれてソイ13/2の特別マッサージルーム【パタヤ】
  • 部屋の灯りって大事だよなぁさてどうやら次期訪パタヤも具体的になってきて、つらつらとアゴダのサイトなんか見る日々が増えてきた。そしたらマッサージに行きたくなってきた。今日のところは近所の小姐の垢すりアロマに行くとして、でもここの店あるわけじゃないのにメッシュの超紐T履かされて思いきり妖しい。(けど最後ふつうにありがとござました〜)・・・気分だけでもパタヤのマッサージに行くか・・SPONSOR LINK [続きを読む]
  • ソイダイアナのもう一つのタイカレースタンド【パタヤのタイ飯】
  • ソンクラーン当日の夜(もう一つ4月のはなし)疲労困憊でたどり着いたカレー屋精も根も尽き果てて昼から食べてないことこもあり空腹の極致。そしてなぜか米、ライスが食いたかった。そうなると途端に困るのがソイブアカオ。洋食・ハンバーガー・ピザとより取り見取りなれど、夜半にタイ飯系が食いたくなると呆然と立ち尽くす。不思議な街だ。ふと数日前(カレー食べた夜)、ソイLKメトロからの帰りにタイオムレツなどが看板に [続きを読む]
  • 飛び込んだ先で辛さマシマシのラープムー【パタヤのタイ飯】
  • ソンクラーン間近(4月のこと)喧騒のソイダイアナでひとりディナー日本なら野菜マシマシにんにくマシマシだろうが、ここパタヤじゃさしずめ<辛さマシマシ>だろう。いやそんなバカはまずいないだろう、ただでさえ辛いっつーのにそれを増すなんて。(without タイ人。彼らにはノーマルなんで)なぜマシマシかと言えばぼーっとしてると例えばパッガパオなどは外国人だからって配慮で、勝手に無難な辛さ<タマダー>になるから [続きを読む]
  • パタヤシティホスピタル帰りにチャーリープレイスで昼飲み
  • to PATTAYA CITY HOSPITALおそれ多くも病院に付き添いパタヤカンのマッサージ嬢に「パタヤ来たぞぉ」と連絡を入れた刹那、「なら会いにきてよ」と返信がきた。そこでソンテウでパタヤカンまで行き、しばし歩き店に行くと奥から出てきた。「どうしたのその足?」ごにょごにょタイ語で言うもんで分からなかったが虫にでも刺されたみたいだ。包帯巻いてた。「毎日病院で取り替えてるんで付き合って」場所はパタヤホスピタル。「ち [続きを読む]
  • ソイブアカオのソイ15を歩く-【パタヤのソイ】
  • Buakhaow 15 パタヤパタヤ最長?のソイ15とはソイブアカオから来ればパタヤアベニューに向かうソイがここ15にあたる。パタヤを訪れた当初はパタヤアベニューまでしか頭になかったが、ここから大きく湾曲してさらに続くことは気付いていた。けど見るからに地味、長い、おそらく何もないとの判断から見て見ぬ振りをしてきたソイ15だが、いつまでも無視は出来なかろうと<ソイ歩き>に軸足を移した7月訪タイでは、とうとう歩くこ [続きを読む]
  • チャーリープレイスホテルからの景色はー【パタヤのホテル】
  • Soi DiannaとSoi Buakhao交差点ソイブアカオの真ん中で(Charlie Place)歩くには少々長いソイブアカオであるが、賑やかさで言えばひとつはタラートブアカオがあるソイ19の辺り、そしてもう一つがこの<交差点>ではないかと思う。夕方に向かって交通量が激しくいつ事故にあってもおかしくない箇所だ。一度車の隙を抜けた先にバイクが吹っ飛んできて引かれそうになったこともある。そんな一角にあるのがチャーリープレイスホテ [続きを読む]
  • 【パタヤマッサージ案内2018】
  • BODY MASSAGE(パタヤのマッサージ) 快適にパタヤのマッサージを パタヤに来る目的、一言で言えばストレスから逃れるためではないだろうか。 ただしその手段は宇宙のように際限がなくまた海のように深い。 「どこに行きどの手段を取るか?」 この<案内>が外からはうかがい知れないソイの先を知る手掛かりになれば幸いと思ってる。 以下は<現時点では>の注釈がつくことは2017年版と同じである。(次回のパタヤ訪問 [続きを読む]
  • 「セイラーレストラン」で始まる6月のパタヤの朝
  • Soi 8 ビーチロードへセイラー流で行こうビーチロードのそれもソイ10のホテルに泊まったその朝はここってなってしまう、セイラーレストラン。ソイで数えても10から8なので考えてみれば近いし。ソイ10からだとセカンドロード渡ってソイハニーって手もあるけど、最初の朝はここだろうね。ここのたるい流れが一気に日本TimeからタイTimeに引きずり込んでくれるんで。たる〜んじゃない、たる〜い雰囲気の空気で始まる最初の朝SPON [続きを読む]
  • モチットバスステーションのフードコートで腹ごしらえ
  • Mo Chit BUS TERMINAL BANGKOKLCCで腹空かしててもここで食べれる大方の諸兄の食のパターンは知らないが、成田空港など日本で出発前に食べてもフライトが6時間はあるので機内で食べない限り空腹なのではないかと思う。自分はそうだ。と言って先を急ぎたいのでのんびりドンムアンでは食べてられない。けどここモチットにはおあつらえ向きの食堂がある。モチットついでに食堂もSPONSOR LINK [続きを読む]