shige さん プロフィール

  •  
shigeさん: 競馬番組表の変化から推理する競馬予想
ハンドル名shige さん
ブログタイトル競馬番組表の変化から推理する競馬予想
ブログURLhttps://ameblo.jp/racingrule/
サイト紹介文競馬番組表というルールの変化を読み絶対の競馬を目指して取り組んでいきたい。
自由文競馬番組表・・・鉄の掟(有料版)
上記の有料ブログを行っております。 現在は4週間に付き5000円です。 主にメインのグレードレースについて見解を行います。週4〜5回ほど更新します。
競馬番組表・・・鉄の掟(有料版) http://racingrule.blog.fc2.com/  
興味のある方は racingrule○hotmail.co.jp ○を@(アットマーク)に置き換えてメールでご連絡下さい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2014/08/27 16:39

shige さんのブログ記事

  • AJCC2018年 No.3
  • 2016年にセントライト記念は賞金増額された。 セントライト記念 2着ゼーヴィント→AJCC2着神戸新聞杯 2着ミッキーロケット→日経新春杯1着ローズステークス 2着クロコスミア→府中牝馬S1着 秋のGⅡの2着馬達は同距離のGⅡで連対席に座っている。 セントライト記念 1着ミッキースワロー→AJCC???神戸新聞杯 1着レイデオロ→ジャパンカップ2着(ぞろ目)ローズステークス 1着ラビットラン レイデオロが同距 [続きを読む]
  • AJCC2018年 No.2
  • 7日目施行のAJCCをもう少し詳しく見てみる。 2007年 2着 インテレット 4歳 *1着 マツリダゴッホ 4歳 2012年 2着 ナカヤマナイト 4歳2013年 4歳馬出走せず2017年 2着 ゼーヴィント 4歳 4歳馬が出走しなかった2013年以外は4歳馬が連対席を確保。 インテレット GⅡセントライト記念9着ナカヤマナイト GⅡニエル賞6着 ドラール賞10着ゼーヴィント GⅡセントライト記念2着 *マツリダゴッホ GⅡセントライト [続きを読む]
  • AJCC2018年
  • 京成杯はまたもや縦目・・・ デルタバローズの同枠馬が4着でもう一頭の新馬勝ち馬が3着。 戸崎のコズミックフォースが勝つと思ったんだけど2着まで。 また練り直しましょう。 さて今週はAJCCです。 日経新春杯が4歳馬を排除して施行されたのに対しこちらは5歳馬の登録さえなし。 タンビュライトミッキースワローレジェンドセラー 3頭の4歳馬。 馬齢変更を受けた2001年以降4歳馬で勝ち上がった馬はマツリダゴッホだけ [続きを読む]
  • 京成杯2018年
  • GⅠホープフルS出走のマイハートビートだけが出走せず・・・ ということは初めからGⅠ出走馬や登録馬の起用はなかったのかもしれない。 さて暮れのGⅠ3レースとの関連を見ると・・・ 阪神JF 1着 GⅢアルテミスS 1600M牝馬朝日杯FS1着 GⅢサウジアラビアロイヤルカップ 1600MホープフルS2着 GⅡデイリー杯 1600M フェアリーS1着 未勝利 1600Mシンザン記念1着 未勝利 1600M牝馬京成杯2着  ? [続きを読む]
  • シンザン記念2018年結果
  • 残念ながら縦目で決着。 アーモンドアイが1着でツヅミモンが2着。 軸として考えたファストアプローチは4着で迷ったカシアスは3着となった。 アーモンドアイとツヅミモンは1600Mの距離で1番人気を外していない馬で同じ種類の馬。 そしてファーストアプローチとカシアスはGⅠ朝日杯出走という点で同じ種類の馬。 同じ群から1・2着と3・4着・・・ これはエアアルマスの枠順発表後の取消が影響したのか? 次の京成杯ではど [続きを読む]
  • シンザン記念2018年
  • 2017年にホープフルステークスがGⅡからGⅠへと昇格した。 これにより・・・ GⅠ阪神JF1600M→GⅢフェアリーS1600MGⅠ朝日杯FS1600M→GⅢシンザン記念1600MGⅠホープフルS2000M→GⅢ京成杯2000M となったわけだ。 なぜフェアリーステークスを日曜日に施行しシンザン記念を月曜日に施行するのかといえば昨年のGⅠを施行した順にGⅢを行いたいからなのではないか? だとすれば昨年のGⅠの影響を強く受けるは [続きを読む]
  • 2017年 GⅠホープフルS
  • ステップレースの勝ち馬が不在となった昇格1年目のホープフルS。 来年の変更と合わせて考えてみる。 大きな変更はチューリップ賞とアーリントンカップであろう。 2018年はチューリップ賞がGⅡへ昇格する。それにより牝馬の(指)1600M戦はアルテミスSだけとなった。2番目から1番目へ・・・アルテミスS1着→阪神JF1着 一方、アーリントンカップが(指)戦となるGⅢ(特指)戦はシンザン記念とサウジアラビアロイヤル [続きを読む]
  • 東京新聞杯 きさらぎ賞 結果
  • 東京新聞杯はまったくいいとこ無し。 ブラックスピネルか・・・ きさらぎ賞はブログで書いたようにサトノアーサーから。 相手はサトノアーサーの反転した戦歴である8頭立て以下のレースを勝ったアメリカズカップとタガノアシュラ。 それと2歳グレード戦収得賞金を加算したタンビュライトへ。 馬連では本線きっちりでしたので東京を補ってプラス計上。 スズカメジャーの落馬が影響したのかどうか?&n [続きを読む]
  • きさらぎ賞2017年
  • 東京新聞杯はアメンバー限定で記事を書いたのでこちらはきさらぎ賞を。 8頭立てとなった事からサトノアーサーが人気であるが良く見える。 新馬戦を1着同着。 これにより単勝と馬単と3連単が2通りになった。 8頭立ては枠連の発売がないわけだからいつもの決着より少ない馬券種となる。 新馬戦1着同着→馬券決着構造が増えた8頭立て→馬券決着構造が減った ◎サトノアーサー ここを勝って [続きを読む]
  • AJCC 2017年
  • ここのところ私用で競馬を研究する時間が取れない状況。 思いつくところだけ書いてみる。 大阪杯がGⅠへ昇格する事に伴いそのステップレースに中山記念と金鯱賞が設定された。 そしてそれにより地方馬が出走できる(指)レースとなった。 6200万のGⅡはAJCC、京都記念、ステイヤーズSの(特指)と中山記念、金鯱賞の(指)に分類されることになった。 気になるのがリアファルの金鯱賞出走歴。 [続きを読む]
  • 京成杯2017年
  • シンザン記念からの継承を考慮しつつ推理してみたい。 シンザン記念には同距離の500万特別連対馬が3頭出走。 キョウヘイ 千両賞1600M2着(2番目入線枠)→1着ペルシアンナイト こうやまきS1600M1着→3着アルアイン 千両賞1600M1着(1番目入線枠)→敗退 京成杯でも同距離500万特別連対馬が2頭と3着馬が1頭出走。 その葉牡丹賞はぞろ目であった・・・つまり・・・ アサギリジョー 葉 [続きを読む]
  • フェアリーステークス2017年
  • 昨年は秋に有料ブログにお付き合いくださった会員の皆様、本当にありがとうございました。 最後の有馬記念は1番人気の馬が勝つ競馬が用意されていた。 あれだけ離れた断然1番人気のキタサンブラックが最後は2番人気へ・・・ まぁそういうことです。 さてフェアリーステークス。 本年はシンザン記念と同日開催。 つまり4日目から3日目へ変更されている。 コーラルプリンセス 赤松賞1着  [続きを読む]
  • ホープフルステークス2016年
  • 昨日は阪神カップをイスラボニータから入り的中できたのでもう一度。 来年GⅠへ昇格する予定のホープフルS。 ここまでの2歳戦で重要な役割を果たしてきたオープン勝ち馬やグレード戦連対馬は皆無。 このレースの特徴は牡牝戦。 2歳戦では朝日杯FSとホープフルSだけが持つ条件。 その朝日杯FSを振り返ってみる。 1着サトノアレス 未勝利1着→500万ベゴニア賞1600M1着 他の500万特別 [続きを読む]
  • 阪神カップ2016年
  • 阪神カップは本年ぞろ目回数開催。 古馬のレースを見てみると・・・ 33回 東海ステークス 2同グランドシチー 66回 東京新聞杯 2着エキストラエンド66回 ダイヤモンドS 2着フェイムゲーム33回 フェブラリーS 3同コパノリッキー11回 オーシャンS 2着ハクサンムーン11回 ヴィクトリアマイル 1着ストレイトガール66回 安田記念 2着モーリス33回 エプソムカップ なし ぞろ目11回 [続きを読む]
  • 朝日杯FS 2016年
  • 2017年よりホープフルステークスがGⅠへ昇格されるようだ。 つまり2歳戦では今年の朝日杯FSは最後のとりを飾るGⅠである。 1996年にエリザベス女王杯が古馬GⅠとなり秋華賞やNHKマイルCが創設された。 その前年の1995年の3歳戦の最後のGⅠは旧エリザベス女王杯(3歳限定)であった。 1着 サクラキャンドル2着 ブライトサンデー ぞろ目と言う決着。 またジャパンカップダート [続きを読む]
  • 阪神JF 2016年
  • 本年は牝馬路線ではないルートを通った馬を狙ってみたい。 ステップレースが賞金増額で本番のGⅠが賞金維持戦。 まぁそのような馬はたくさんいるけれど・・・ 賞金維持GⅠ阪神JF朝日杯FS 賞金維持GⅠ天皇賞春天皇賞秋 ステップ戦を持つGⅠで賞金を維持されたレースは上記4レースのみ。 キタサンブラックと同じあの馬に期待してみたい。 さてどうなる? [続きを読む]
  • チャンピオンズカップ2016年
  • 秋のジャパン・オータムインターナショナルの第5戦目であるチャンピオンズカップ。 天皇賞秋      2着 リアルスティールエリザベス女王杯 2着 シングウィズジョイマイルCS      2着 イスラボニータジャパンカップ   2着 サウンズオブアース 同じ馬達が2着席に着いている。 一番わかりやすいのがサウンズオブアース。 GⅠGⅡを問わず2着までの馬。 少しだけ見方を変えると [続きを読む]
  • ジャパンカップ 2016年
  • いよいよジャパンカップ。 このレースは何とか的中したいレースのひとつ。 海外馬券も発売となり初めて迎えるジャパンカップ。 ダービー馬やオークス馬などが海外のレースに出走する時代が来るとは時代の流れを感じますね。 2012年には地方競馬の馬券もJRAで発売するようになっている。 地方から海外までを含めたグローバルな時代に選ばれる馬は? 私が考えるジャパンカップにおける重要事項は [続きを読む]
  • 東京スポーツ杯結果
  • う〜ん・・・8枠でしたか。 有料ブログでの掲載内容・・・ >>>>>>>>主催者から発表される変更事項。なぜそのようなことをするのか?を絶えず考えて行かなくてはならない。たとえば夏季番組で行われた最終WIN5(名前は確かではないが)。7月31日から9月4日までの期間で最終12Rまでを含めたWIN5が施行された。なぜか?は分からないがこの期間だけを別のグループにしたいと主催者は考えているはず。ではそれが秋番 [続きを読む]
  • 東京スポーツ杯2歳S 2016年
  • 2012年の東京スポーツ杯の2着馬はレッドレイヴン。 彼は出走馬中唯一の(外)馬であった。 昔は(外)馬が強くそこから買えば大概的中できた時代があった。 しかし今はその姿はほとんど見られなくなった。 まぁそんな話はどうでもいいのだけれど・・・ 2012年の10月はJRAで初めて地方競馬の馬券が発売となった。 2016年の10月はJRAで初めて海外競馬の馬券が発売となった。 ( [続きを読む]
  • エリザベス女王杯 結果
  • 週中に書いたがなぜエリザベス女王杯は15立てにするのか? 当然天皇賞秋と頭数を合わせたはず。 モーリス 安田記念1着 マイルCS1着ルージュバック オークス2着 毎日王冠1着 マリアライト エリザベス女王杯1着 宝塚記念1着クイーンズリング 秋華賞2着 府中牝馬S1着 天皇賞秋のステップレース勝ち馬を1頭だけ出走させたことも合わせて全く同じ枠を作ってきた。 同じ距離のJRAのGⅠのタ [続きを読む]
  • エリザベス女王杯
  • 本年のエリザベス女王杯はフルゲート18頭に対し取消等がなければ15頭の出走になった。 また当年の3歳GⅠの覇者は1頭も出走せず。 秋華賞2着のパールコードが3歳の代表でしょうか? もう少し頭数を集まめられそうな気もするんですが。 まぁ15頭立てでやりたい・・・と解釈しています。 それならばあの馬に注目ですね。 唯一の条件を持ったあの馬に・・・ 着順は1着期待しているので [続きを読む]
  • ファンタジーS 京王杯2歳S 結果
  • ファンタジーS ◎ミスエルテ 秋番組の1勝馬が勝ちましたね! ファンタジーSは有料ブログでは記事を書きませんでしたが京王杯2歳Sの方は記事どおりばっちりでした。 ポイントはレーヌミノルが京王杯2歳Sに出走した事で京王杯2歳Sでは2着席に座ると・・・ 勝つのは4頭のうちどれか。 ◎モンドキャンノ  レーヌミノルが2着絶対軸だったので後の4頭を1着と3着へ・・・ 12点で 3連 [続きを読む]