オレ さん プロフィール

  •  
オレさん: 楽しい介護 明るい介護
ハンドル名オレ さん
ブログタイトル楽しい介護 明るい介護
ブログURLhttp://tanoshiikaigo.seesaa.net/
サイト紹介文辛い介護なんてなんのその!認知症の親父とヘタレなオレの明るく楽しい介護ライフを綴っています。
自由文認知症の親の介護はものすごく大変です。どうせやるなら明るく楽しくしたいものです。同じように介護生活を送ってる人へ少しでも元気が出ますように。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2014/08/27 21:37

オレ さんのブログ記事

  • 伯母さん、ご家族の皆さん、お疲れ様でした
  •  こんにちは。オレです。 先日、伯母が亡くなりました。オレの死んだお袋の姉。91歳の大往生でした。10数年前より体調が思わしくなく、家族の介護が必要だという話は聞いていました。 オレも仕事が忙しかったり親父の介護があったりとかで、疎遠になっており、ここ15年位は会っていませんでした。そういう事もあり、伯母さんが亡くなったとの連絡が入った時、正直「悲しい」という実感が湧きませんでした。それより寧ろ、91歳の [続きを読む]
  • まさかの面会謝絶
  •  こんにちは。オレです。 今年は雪が多い冬です。東北や北陸は考えられないくらいの量の積雪を記録し、市民の生活にも大きく影響しているようです。 ここ長崎も量は多くはないですが、いつもより多い回数の積雪を記録しています。オレが住む地域は山の方なので、ちょっと降っただけでも道路は真っ白。公共交通機関のバスも運行休止になって、正に隔離状態となってしまいます。 そんな毎日が続く中、施設に入所している親父はど [続きを読む]
  • 家族間のコミュニケーション② 〜小室哲哉引退について〜
  •  こんにちは。オレです。 前回書いたように、今の親父は会話のキャッチボールはおろか、普通の大人同士のコミュニケーションが取れません。何を話しかけてもつれない調子。ただご機嫌にニコニコしているのが救いです。 その対大人の家族間コミュニケーションについて考えさせられた出来事。世間を騒がせた小室哲哉氏の引退騒動です。小室哲哉引退 介護地獄に陥らない5カ条「何でも自分でやろうと思わない」  希代のヒットメ [続きを読む]
  • 家族間のコミュニケーション①
  •  こんにちは。オレです。 遅くなりましたが新年明けて一発目の更新です。年末年始、オレはずっと仕事だった事もあり、親父は自宅に帰る事もなく施設で年を越しました。仕事がひと段落ついて家族みんなで親父を訪ねると、いつものようにニコニコと笑顔で迎えてくれました。 正月といっても、経管胃ろうの親父はお屠蘇を飲むわけでもなく、おせち料理を食べるわけでもなく、いつもとなにひとつ変わらない時間を過ごしたようです。 [続きを読む]
  • もう一人のお父さん。そしてお母さん
  •  こんにちは。オレです。 オレの嫁は、車で約4時間走ったところにある県の出身でです。女ばかりの姉妹で、全員離れたところに嫁いでいるので、実家にはお義父さんとお義母さんが二人だけで住んでいます。 先日、そのお義父さんが亡くなりました。長く肝臓を患い、ここ2年は入院して、週一回の透析を受けていました。オレと嫁は親父の介護の中で時間を見つけては、3ヶ月に1度くらいの割合でお見舞いに通いました。 お義父さ [続きを読む]
  • 5ヶ月が経過しました②
  •  こんにちは。オレです。 前回は施設入所後の親父について書きました。今回は現在のオレについて触れたいと思います。 親父が入所してすぐに以前勤めていた会社から「復職して欲しい」と連絡がありました。オレ自身は、またいちから仕事探しをしなきゃいけないと考えていたので非常にありがたくお話をお受けしました。 ただ、離職前のオレの仕事はほぼほぼ夜勤が中心。夜に家を空けている為に親父の異変に気づかずに認知症の症 [続きを読む]
  • 5ヶ月が経過しました①
  •  ご無沙汰しています。オレです。 親父が養護施設に入所してから約5ヶ月が経ちました。今は嫁と交代で2週間に一度程面会に行っています。 オレらが行くと親父は笑顔で迎えてくれます。そして使うのは敬語。オレらの事を家族だという認識は無いようです。入所前からそうだったのですが、言ってる事も支離滅裂。内容の半分以上は何と言ってるのか聞き取れません。 たとえ意思疎通が出来なくても、オレらの事を家族と思っていなく [続きを読む]
  • 3年間ありがとうございました。
  •  こんにちは。オレです。 昨日、5月22日。親父は無事養護施設へ入所しました。朝から嫁と3人で出向き、出迎えてくれたスタッフさんに案内され、親父の為に用意された部屋へ。設置されたクローゼットに荷物を入れている間、親父はスタッフさんとにこやかに談笑。 そしてオレは入所の手続きの為に別室へ。管理者の方と話をしていると、嫁に手を引かれて親父もやって来ました。多分、落ち着かずにソワソワしていたのでしょう。嫁 [続きを読む]
  • 離れていった人、手を差し伸べてくれた人
  •  こんにちは。オレです。 来週の親父の養護施設入所の為の準備。役所へ行って必要な書類を集めたり、かかりつけ医院に紹介状を依頼したり、これまでお世話になっていた小規模多機能施設からの引き継ぎ書をお願いしたり等々、慌ただしく過ごしています。 いざ役所へ行って住所変更の手続きをすると、親父の居住地は自宅ではなくなるんだなぁとしみじみ感じます。何とも言えない複雑な気持ちになりますが、現住所が変わっても自宅 [続きを読む]
  • ゴールが見えて来ました。
  •  こんにちは。オレです。 約1ヶ月ぶりです。ご無沙汰していました。この間ずっとオレは短期のアルバイトに行き、親父は平日は小規模多機能施設のロングステイ、土日は自宅で過ごすという生活を送っていました。 3月末までの入院生活で体力が落ちていた親父も、ここ1ヶ月半でかなり回復。介助無しでもなんとか歩行出来るようにまでなりました。ただ、体力が回復すると別の問題も。徘徊の恐れが出てきたので目は離せなくなって来 [続きを読む]
  • 人生の逆回転
  •  こんにちは。オレです。 4月に入ってからオレは平日の昼、ほぼ毎日仕事に行っています。それもあって月曜から金曜まで親父は施設のロングステイを利用中です。そして週末は自宅へ。先週の土日も家で過ごしました。 5日ぶりに見た親父は、また一段と元気になっていました。気分が乗れば介助無しで自分で立ち上げる事も出来き、そのまま家の中をトコトコ歩きます。しかし2、3歩進むと自分が何が目的で歩いているのかを忘れて [続きを読む]
  • 秘密兵器・バイトブロック!
  •  こんにちは。オレです。 親父が退院してから10日が過ぎました。あれだけヨレヨレだったのが、しっかりと自分で立ち上がる事が出来るまでになりました。栄養補給の量は入院中と全く変わっていません。それなのにこの回復は、やはり寝たきり生活じゃなくなった為だと思います。 昼間は基本、施設でソファに座ってゆったりと過ごしています。スタッフの方や他の利用者さんからも声を掛けられ、脳にも刺激が与えられています。思え [続きを読む]
  • お風呂では暴れん坊
  •  こんにちは。オレです。 親父が退院してから6日目。最初の2日は自宅に宿泊し、3日目から施設のショートステイを利用しています。 2日間の自宅宿泊で感じた事…胃ろうと吸引に関しては、それ程抵抗する事も無く、ほぼスムーズにこなせました。 夜間もほとんど咳き込む事もなく、朝まで大人しく就寝。ただ以前はオレらが就寝する前にトイレへ誘導していましたが、かなり足腰が弱って危険なので、それは中止しました。その代 [続きを読む]
  • おかえりなさい
  •  こんにちは。オレです。 一昨日、親父が退院しました。2ヶ月ぶりの我が家です。かなり足腰が弱くなっており、フラフラするのを嫁と二人で両方から支えて、なんとかソファーに座らせました。でも、徐々に体がずり落ちてきます。座っているだけの体力も無いみたいです。 すぐにベッドを用意して横にさせるとイビキをかいて寝てしまいました。その間に持って帰ってきた荷物の片付けを済ませ、ひと休みさせたところで風呂へ。入浴 [続きを読む]
  • 手際よくなってきた感じがします
  •  こんにちは。オレです。 先日病室に届けられた吸引器。看護師さんに色々と指導を受けながら、なんとか扱えるようになりました。親父の口からチューブを入れて吸引するわけですが、これが結構な長さを入れなくてはいけません。 看護師さんから教わった長さが約12cm。喉の奥、首の根元ぐらいまでグィっと差し込みます。最初は見てるこっちが「オエッ!オエッ!」となっていました。 一番ネックになるのは親父が口を開けてくれな [続きを読む]
  • 吸引器登場!
  •  こんにちは。オレです。 親父の栄養補給作業。約1週間が経ち、なんとか手順通りにやれるようになってきました。それでも気を抜くと、チューブに挿入している栄養食がスポンと抜けて、親父のお腹の上にドバドバしてしまう事も。 この栄養食はヤクルトのような甘い香りがします。なんだか子供が好きそうな香りです。とはいっても、直接胃に送り込むものだから、親父には味が分かるはずもありませんが(笑) そして、自宅での痰 [続きを読む]
  • 点滴現場に出くわしました
  •  こんにちは。オレです。 数日前の発熱以来、また点滴を再開した親父。普通の人は腕にするものですが、何せ状況を把握できていない暴れん坊。少しでも違和感があるものは体から引き抜いてしまいます。という事で、足からの点滴で薬を注入中です。 ちょうどオレが行った時に新たな点滴の針を刺そうとしているところでした。看護師さんが数名で、ああでもないこうでもないと試行錯誤しながら親父の足の血管の位置を探ってました。 [続きを読む]
  • 何だかもどかしいです
  •  こんにちは。オレです。 退院間近になり、また発熱した親父。2日程38度台が続き、3日目にようやく37度台に。4日目にして何とか平熱に下がった模様です。 ちょうど土日プラス祝日の3連休で医師はお休み。休み明けの診察でまた誤嚥した為の発熱だろうという事。つまり肺炎が再発したという事だと思います。 高熱とまではいかなかったのでプチ再発というところでしょうか。これから先こんな事が続くんだろうなぁ。さき程、ご [続きを読む]
  • 中々、スムーズにはいきません
  •  こんにちは。オレです。 親父の退院準備でアレコレ忙しくしている中、病院から電話がありました。また親父が熱を出したと。 念の為、インフルエンザの検査をして、結果がハッキリするまで隔離状態だそうです。「そういう理由で、本日は病院には来ないでください」と言われました。 正直、これがインフルエンザだった方がオレとしては安心です。また肺炎再発となるとやっかいです。 現在、口からは食べ物も飲み物も一切入れて [続きを読む]
  • やる事がいっぱいです
  •  こんにちは。オレです。 親父の栄養補給、なんとかスムーズにこなせるようになってきました。それにしても退院に向けてのやる事がいっぱいです。 自宅用と施設用に栄養食と水の確保。当初これらは薬と同じように医療費として保険が効くと思っていました。数人の看護師さんに質問しても返事はマチマチ。最終的に専門の栄養士の人に確認すると、「食事扱いなので保険適用外です」との返事。 確かに言われてみればそうです。とな [続きを読む]
  • お父ちゃんのエネルギーチャージ手順
  •  こんにちは。オレです。 親父の胃ろう栄養注入の指導を何度か受けました。頭では分かってるのですが、中々これが身につきません。ということで、ちょっと整理する意味で、個人的な備忘録代わりにこちらに記載しておきたいと思います。お父ちゃんのエネルギーチャージ手順 (事前準備)薬を20mlの水で溶かしておく(水10、お湯10が理想的) ①チューブの弁とフタを開け、シリンジ(注射器のでかいやつ)で空気を抜く。 ②水の [続きを読む]
  • 栄養補給講習へ行ってきました
  •  こんにちは。オレです。 嫁と二人、親父の胃ろう栄養補給のやり方の講習に行ってきました。実際の時間に合わせて病院に赴き、看護師さんにひとつひとつレクチャーを受け実践したのですが、率直な気持ち…ちょっと疲れました。 作業工程は順序があって、最初にお腹から出ているチューブの空気抜き。そこから水の注入。これがまたゼリー状の水なので中々スムーズに入りません。ちょうど使い終わりの歯磨き粉を絞り出すような感じ [続きを読む]
  • 着実に元気になっています
  •  こんにちは。オレです。 親父が胃ろうで栄養補給を始めて5日。昨日から機械での注入ではなく、自然に入れるようになりました。 入れるのは水と栄養食の2種類。ちょうど『10秒チャージ飯』のウィダーinゼリーのようなチューブ状の形状です。 まだオレは実際の注入場面は見ていません。後日時間を作って、注入方法の指導を受けるようにしています。 それにしても、親父は栄養補給をしだしてから顔色も良く、動きも滑らかにな [続きを読む]
  • エネルギーチャージ開始〜♪
  •  こんにちは。オレです。 昨日、親父の病室へ行くと、ベッドの脇にパーキングメーターみたいな機械が置いてあり、そこからチューブが伸びて親父と繋がれていました。 看護師さんに訊ねると、今日から胃ろうの栄養補給開始で、この機械はチャージする時間を調節するやつらしいです。 多分、いきなり栄養を注入するのは問題があるでしょうから、まずは時間を掛けて少しずつチャージするのでしょう。その間親父は大イビキで寝てい [続きを読む]
  • バイク移動が便利です
  •  こんにちは。オレです。 昨年末からの親父の入院生活。一旦退院したものの、1週間で再入院して延べ2ヶ月が過ぎました。この間、ほぼ毎日病院へ顔を出していますが、1人の時はバイクを利用しています。オレの愛車は125ccのスクーターです。(詳しい内容はこちら) 病院の駐車場が有料で、毎日通うとなると金額がバカになりません。バイクなら無料の駐輪場にヒョイと停められて便利なのです。おまけに通勤・通学の時間帯にぶつ [続きを読む]