女郎蜘蛛 さん プロフィール

  •  
女郎蜘蛛さん: Scent of Exoticism 女郎蜘蛛のスパイシーdays
ハンドル名女郎蜘蛛 さん
ブログタイトルScent of Exoticism 女郎蜘蛛のスパイシーdays
ブログURLhttps://ameblo.jp/jyorogumo/
サイト紹介文トルコ、ペルシャ、アラブ、インド、中央アジアの言語と食と文化、旅行記&エキゾ色溢れる日々を綴ります
自由文中央アジアトルクメニスタン暮らし・インド旅行・ウイグル旅行記・ウズベキスタン旅行・エスニックなお部屋の作り方・都内のエスニックなスポット情報レストラン・イスラームについて・トルコ留学について・オヤなど中東の手芸について
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2014/08/29 14:37

女郎蜘蛛 さんのブログ記事

  • 娘1歳のバースデー@トルクメニスタン
  • 7月に娘は一歳の誕生日をトルクメニスタンで迎えました。 最初は、「別に本人は覚えてもいないし、ケーキやご馳走を食べられるワケでもないし、じいじやばあばとかが集まれる訳でもないし、この国でオモチャやパーティーグッズが揃えられるわけでもないし、特に何もしなくてもいいのでは?」 な〜んて思っていたクールな母だったのですが、普段あんまりイベントに興味ないはずのオットが 「ねぇ、誕生日どうするの?何するの? [続きを読む]
  • 孫見せトルコ帰省④〜義実家での日々〜
  • イスタンブルや村でしばらく過ごしてから、やっとB県にある義実家に落ち着きました。 それまでは家の中にたくさんの親戚がいて、いつも誰かが娘と遊んでくれたり抱っこで散歩に連れ出してくれたり、すごく楽させてもらった部分もあったんですが、やっぱり沢山の人の中にいると疲れたのかなーー。 義実家の家で家族だけになると、かなりホッとしました。自然豊かなB県なので、お花畑を散歩したり、 バザールに買い物に行った [続きを読む]
  • 孫見せトルコ帰省③〜もう一つのトルコの家族へ〜
  • さて、私にはオットと結婚して義理の実家ができる前から、トルコに「もう一つの私の家族」と思っているファミリーがあって、私にとっては義実家に勝るとも劣らずかけがえのないトルコの「アンネ(お母さん)」や「ババ(お父さん)」なのです。 ブログでも何回か登場していますが(↓)、私が高校生の時に1年間ホームステイをしていた家族で、もう17年来の付き合いになるB家です。 クックパッドのブログにも、こんな記事( [続きを読む]
  • オリンピックがトルクメニスタンにやってくる!?
  • ・・・って、正式にはオリンピックじゃなく、アジア・インドア&マーシャルアーツゲームズAIMAGという、オリンピックの下部組織による大会なのですが、この第5回大会がこの9月にアシガバートで開催され、なぜかトルクメ国内では「オリンピック」扱いされています。 公式サイトはこちら?https://ashgabat2017.com 「aziada(アジアーダ)」という、直訳すると「アジアで」という意味の、よくわからない通称もあって、トルクメ [続きを読む]
  • 孫見せトルコ帰省②〜村でのラマダーン明け〜
  • バブリー叔父とイスタンブルで1週間ほど過ごした後は、今度は義実家一族の出身地であるY村へ移動しました。 村にたくさんいる親戚に娘をお披露目するのと、ラマダーン明けのお祭り(シェケル・バイラム=砂糖祭り)を親戚一同で過ごすため。 トルコ人にとっての「村」の精神的立ち位置と、うちの村の様子については去年の帰省の時(↓)に詳しく書きました。 さてこの季節、村では白い桑の実がたわわに実っていて、あちこちで [続きを読む]
  • 孫見せトルコ帰省①〜バブリー叔父と過ごすイスタンブル編〜
  • 娘が生まれてからはや10ヶ月。やっとトルコの義実家に孫を見せに行くことができました。 私は日本での出産後トルクメニスタンに戻って(生後6ヶ月)すぐ行くつもりでいたんだけど、なんとなくオットも行けと言い出さないので私もノンビリしていたら、そのうち私の日本への長期帰国が決まってしまい、さすがに行かないと!と、急遽6月に行ってきました。 オットは前回のスペイン旅行で休みを長く取ってしまったので、私と娘だけ [続きを読む]
  • イスラミック・スペイン旅行記⑭〜セヴィーリャ〜
  • アンダルシア旅行の最後の目的地はセヴィーリャ。 「クリスチャンの王が建てたイスラム風のお城」こと、アルカサルを昔から見てみたかったのです。 さっそくやってきました。敷地内には後の時代に建てられた別の様式の建物もあるんですが、迷わず、ペドロ1世宮殿へ。 ムスリムの服装を身につけたりとイスラム好きだった(?)と言われるペドロ1世が、スペイン中のムスリム技術者を集めて、アルハンブラに似せて作らせた宮殿 [続きを読む]
  • ベビ連れでトルクメニスタンの結婚式に参加すると…↓↓↓
  • アシガバードに戻って来て数ヶ月、「最近パーティーに行ってない!」という不満がモワモワと沸き上がって来ました。 おめかしして、美味しい料理食べて、ダンスタイムに踊りたいぞ!そろそろ誰かの結婚式か誕生日パーティーか、出産祝いか快気祝いのフダイヨル(振る舞い食事会)に呼ばれないかな〜〜〜?! だってですよ、こちらの生活って週末に大型スーパーかバザールに食料の買い出しに行くくらいしか娯楽が無いので、パーテ [続きを読む]
  • トルクメニスタンなドレスを作る
  • 去年、トルクメニスタンの民族衣装コイネクを作ってみたのですが、その時のことは以前の記事「トルクメ民族衣装を作る」に詳しく書きました。   あの頃はいくらでも色んな生地、色んな形のコイネクを作ってみたい!と思っていたので、すぐにまた別のコイネクを作ろうと思っていたんですが、トルクメ生活も3年目になる今ちょっと食傷気味になってきて、道ゆくトルクメ女性のコイネクを見ても「ステキ!」と思う回数がガクっと減 [続きを読む]
  • 砂漠の夏の悲喜こもごも
  • しばらく旅行の記事ばかりでトルクメニスタンについて書いていませんでした。 今トルクメニスタンは猛暑&激乾燥の真っ盛り。毎日40℃近い気温で、21時近くまでピーカンです。 日中は日差しが強すぎるので、娘は陽が傾いて弱まってきた19時以降にレジデンスのプールに入っています。   でもこれはトルクメニスタンにしては、冷夏と言ってもいい方。去年のこの時期などは毎日45℃越えが当たり前で、50℃前後が続いたそうです。 [続きを読む]
  • イスラミック・スペイン旅行記⑫〜コルドバ街歩き〜
  • メスキータの後ろにざーっと続くのは、かつてのユダヤ人街などのあった旧市街。 アンダルシアにしろオスマン帝国にしろ、ムスリムの統治下ではユダヤ人など異教徒も、信仰の自由や財産の安全を保証されて自由に暮らしていました。一定の税金を納めるという条件が課されていたものの、これはクリスチャンであってもキリスト教の教義に反すると思われただけで異端者や魔女よばわりされて火刑にされた中世のヨーロッパから見たら、 [続きを読む]
  • イスラミック・スペイン旅行⑪〜憧れのメスキータ〜
  • コルドバにやってきました。イスラム支配(後ウマイヤ朝)時代、首都だった都市です。10世紀当時はヨーロッパで最大の都市で、高い文化を花咲かせていました。 そんなコルドバの中心にあったのが、メスキータこと大モスク(現 聖マリア大聖堂)。 コルドバでは、このメスキータに小道をひとつ隔てた、すぐ真向かいにあるホテルに4連泊しました。ホテルの入り口を出ると、もう目の前がメスキータの外壁。 外壁からしてシンボ [続きを読む]
  • イスラミック・スペイン旅行⑧〜グラナダ街歩き〜
  • ついにアルハンブラ宮殿のあるグラナダにやって来ました! ホテルは宮殿のすぐ隣にある「アルハンブラ・パレス・ホテル」に4連泊。このホテル、内装がどこもかしこもアルハンブラ風に装飾されていて、イスラム美術好きにはテンション上がります。    高台にあるので、窓からの景色もアルバイシン地区やグラナダの街を一望できます。   到着した日は天気がイマイチだったのでアルハンブラに行くのはやめて(絶対にキレイな [続きを読む]
  • イスラミック・スペイン旅行⑥〜モロッコ・タンジェに渡る
  • いよいよ今日はモロッコに渡ります。 モロッコには4年前にマラケシュに旅行したんですが(その記事はこちらから)、船でスペインから渡るとなると、また違うロマンを感じるってぇもんです。 マラガから、アフリカ大陸行きの船が出るタリファまで車で2時間半くらい。タリファでは時間が無かったけど、これまたイスラム時代っぽい史跡が残っているのが港からでも見えます。 タリファの港。簡素な港といえど国境を越えるので、出 [続きを読む]
  • イスラミック・スペイン旅行記⑤〜ミハス&ロンダ〜
  • 日曜日はほとんどのお店が閉まってしまうので、マラガで暇になった日曜日。レンタカーで近郊の街、ミハスとロンダに行くことにしました。どちらとも、美しい街並が観光客に人気。 行く途中は、車道の両サイドにひたすらオリーブの植えられた丘が続きます。 さすがは世界最大のオリーブ生産量を誇るスペイン、アンダルシア。儀実家のトルコ、イタリア、イスラエル、イラン、キプロスなどオリーブの生産地は色々行ったけど、ここ [続きを読む]
  • イスラミック・スペイン旅行記②〜マラガの市場〜
  • アシガバードからルフトハンザに乗った私たちは、フランクフルト経由でアンダルシアの玄関口(?)マラガに到着しました。 空港でレンタカーを借りて、一週間お世話になるアパートメント・ハウスへ。アパートメントは、チェントロ(街の中心地)のド真ん中。ランドマークのカテドラルも徒歩3分だし、周りはぎっしりと飲食店だし、メインストリートにもビーチにも徒歩圏内です。    アパートメント宿泊を [続きを読む]
  • イスラミック・スペイン旅行記〜プロローグ〜
  • 5/4〜/21の17日間、スペインはアンダルシアに旅行して来ました! アンダルシアはかなり前からず〜っと行きたかった場所。なぜって、ムスリムの王朝が800年も支配し、そこから生み出されたイスラム哲学や文学や建築は、イスラム史の中でも最高峰に輝くものばかり。数多くの建築物だけでなくその精神や伝統がいまなお根強く残り、それがスペインの文化に多大な影響を与えたアル・アンダルス(=当時のアンダ [続きを読む]
  • 満開の野生のポピーを見に行く
  • 満開のポピーを見て来ました! 4月、5月はトルクメニスタンで一番良い季節です。温度は25〜30℃くらい、乾燥も適度で。 それ以降は灼熱&極乾の夏が待っていて、日中は誰も外を歩かなくなるわ、肌はバリバリになるわな過酷な季節がやってきます。 そんな春の風物詩と言えば!トルクメニスタンでは野生のポピーです。 去年も、トルクメの春の風景を見たくて日本への出産帰国のギリギリまで一面のポピー畑 [続きを読む]