suika さん プロフィール

  •  
suikaさん: うつ病はマインドフルネスで克服できる!!
ハンドル名suika さん
ブログタイトルうつ病はマインドフルネスで克服できる!!
ブログURLhttps://ameblo.jp/maindofurunesu/
サイト紹介文うつ病や摂食障害などの精神疾患に効果のあるマインドフルネス療法や瞑想をを紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供204回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2014/08/29 23:16

suika さんのブログ記事

  • どれだけ真剣にマインドフルネス瞑想に取り組んでいるか?
  • 教えにいってる専門学校の夏休み前の授業が終わった。夏休み前の授業は二週に渡って実技試験と筆記試験を行った。 実技試験はマインドフルネス瞑想だ。立位でのボディスキャンと正座での呼吸と音の瞑想。評価は出来たか出来ないかではなく、どれだけ真剣に取り組んでいるか?で判断した。 どれだけ真剣に取り組んでいるかどうかは瞑想中にその人から発する雰囲気を感じればかなりわかる。それにマインドフルネス瞑想シートに瞑 [続きを読む]
  • 自分の闇を真正面から見る。
  • 私たちは自分の闇の部分を出来るだけ見ないように生きている。闇は誰にでもあるのだが、それを認めることがなかなか出来ないので自分の良い所ばかりを見ようとする。 「ポジティブシンキング」や「褒められて育つ」といったものが受け入れられやすいのはそういった人間の特性があるからだ。 しかし自分の闇の部分を真正面から見なければ自分の生き方を変えることは出来ない。光と闇は二つで一つである。その片方だけ見続けたと [続きを読む]
  • 被災地の岡山へ
  • 先日の豪雨で被災した岡山へ行ってきた。知人の家が2階付近まで浸水したのでその片付けや掃除を手伝うためだ。 家の被害は聞いていたより想像以上であった。1階は電化製品を含めて全滅。写真やアルバムなどの思い出も水没し絵が原型を留めておらず捨てざるを得なかった。 家の庭や物置に溜まったヘドロをスコップで掻き出す。これがかなり堪えた。スコップを使って作業をするのは生まれて初めての経験で最初は使い方の要領が [続きを読む]
  • 多くの人はマインドフルネスや瞑想を「怪しい」と思っている。
  • 不安の対処法に関してはマインドフルネス瞑想会やセミナー、このブログでもこの数年いろいろと紹介してきた。そのほとんどはマインドフルネスや瞑想を用いた対処法だ。 私はマインドフルネスや瞑想の指導者だから、そのことに関しては当たり前と言えば当たり前なのだが、それだけのアプローチでは伝えることが出来る範囲が狭い。瞑想に関してはまだまだ誤解が多いし、胡散臭いと思ってる人はたくさんいる。 私のところには瞑想 [続きを読む]
  • お金の囚われがストレスの大きな原因
  • 先日のマインドフルネス瞑想会は「お金の囚われ」という内容で行った。 資本主義を採用している日本では「お金」の優先度がどうしても高くなる。それは仕方がないのだが、度を超して「お金が大切」「お金が大事」という思考にがんじがらめになっている人も少なくない。 それが大きな精神的なストレスの原因であることに気づいている人は少ない。 例えば、多くの人は仕事に不満を持っている。そこでの人間関係や待遇などにスト [続きを読む]
  • マインドフルネス瞑想にコツはあるの?
  • マインドフルネス瞑想を始めとする瞑想を上手く行うコツはどれだけ「感覚」を正確に意識することが出来るかどうかが鍵になる。 ここで躓くといくら瞑想に取り組んでも意味がないことになる。 しかし現代人は「感覚」を正確に意識することが難しい。何事も頭で考える癖が必要以上についてしまっているので感覚を意識することが大きな壁になっているのだ。 例えば、足の裏の感覚を意識するボディスキャンに取り組んだとする。感 [続きを読む]
  • 成功体験より失敗や挫折から人は多くを学ぶ。
  • 昨日の夜中のサッカーワールドカップ。日本対ベルギー。初のベスト8進出をかけ最後まで持てる力を振り絞って戦ったが及ばず・・・ 選手は本当によく頑張った。しかし最後に自力の差が出た。ベルギーの世界レベルのカウンターにやられてしまったのだ。 日本がベルギーに1点返された時、「この試合は絶対に負ける」と感じた。そう感じたのは同点にされた直後の日本選手たちの目を見た時だ。 完全にスタジアムやベルギーの作っ [続きを読む]
  • サッカー日本代表のゴールはどこに設定しているのか?
  • またまたサッカーネタ。サッカーに興味のない人には申し訳ない。 昨日は日本対ポーランド戦のモヤモヤについて感じたことを出来るだけわかりやすく書いたつもりである。 昨日から今日にかけていろいろな人とこの試合についての話になった。 いろいろな意見を聞き、改めて人は皆見てるところが違うのだなと感じた。もちろんそれに「良い」「悪い」はない。昨日私が書いたことが絶対に正しいのではないし、誰の意見が正しいとい [続きを読む]
  • サッカーW杯。日本とポーランドの試合を見て感じたこと。
  • 昨日の日本とポーランドの試合は違和感しかなかった。 日本は0−1でポーランドに負けたのだが、同グループのセネガルがコロンビアに敗れたため、イエローカードの枚数の差で辛くも決勝トーナメント進出を決めた。 日本は試合の途中で同時刻で行われているセネガル対コロンビアの試合でコロンビアがリードしているという情報を得た。0−1で負けてはいるがこの点差のままだと決勝トーナメント進出が決まるので、リスクを犯さ [続きを読む]
  • 個人セッションの内容を進化させる。
  • 7月から個人セッションの内容を進化させより抽象度の高いものにします。以前に個人セッションを受けた経験がある方は再度受講することで非常に大きなメリットがあるのでおススメします。 個人セッション大きな特徴は無意識レベル(内部表現)の書き換えにある。無意識が書き換わることで「行動」につながる。 例えば、何をやってもダイエットが上手くいかない人には「どうせ私には痩せることが出来ない」「太ってる自分」とい [続きを読む]
  • お金の不安を取り除く瞑想。
  • 7月のマインドフルネス瞑想会のテーマは「お金に対する不安やストレスをクリアにする瞑想」に変更。 先週の瞑想会でお金の「囚われ」や「洗脳」についての話になりそこを掘り下げることが大事だなと強く感じたからだ。 多くの人は不安やストレスを抱えていると思うのだが、それはお金に対する不安や考え方が大きく影響している。 「お金がなくなったらどうしよう」や「お金がなければ好きなことが出来ない」という思考が強い [続きを読む]
  • 食事内容をいくら整えても不健康になる理由。
  • 栄養バランスや添加物、油や農薬の有無を考えて食べ物をセレクトしているが、不健康な人がいる。 そういう人達と出会ったとき最初は「持病などを持っているから食に拘っているんだな。凄いな。」と思った。しかしその人達と話をする中でそれは誤りだと気づいた。 彼女ら(彼ら)を病弱にしているのは食べ物ではなく、「心」であると。 拘りが強いということは許容範囲が狭いということでもある。許容範囲が狭いということは受 [続きを読む]
  • 不安な気持ちをコントロールして冷静になる方法。
  • 今朝、大阪で大きな地震があった。私のいたところもかなり揺れた。 地震の前に鳴るはずのアラームは地震の最中に鳴った。必ずしもアテにならない。 近所の学校や幼稚園は休校のようだ。ヘリコプターも飛んでいた。テレビをつけると被害状況が映像でリアルタイムで流れてくる。 今回のような大きい地震に遭遇したり、その後テレビで被害状況などを見ると不安な気持ちがどんどん大きくなってくる。関西では阪神大震災を経験して [続きを読む]
  • 先入観は邪魔なだけ。
  • 身近な所で窃盗事件があった。犯人は知っている人であったが最初、犯人の名前を聞いて「えっ」と思った。 盗られた人から経緯などを聞く限りでは犯人は「男性」とばかり思っていた。しかし犯人は「女性」。 「あの人が窃盗??」ということに「えっ」と思ったのではない。自分勝手な先入観がまだまだ強いということにそう思ったのだ。 先入観は目の前の現実を真正面から観ることが出来ない一つの大きな障害だ。 大抵の場合は [続きを読む]
  • 他人に「期待」するな!!
  • ある知人が「スーパーの店員の接客にムカついた。」とそのやりとりや自分がどう感じたのかについてわざわざメールをくれた。 恐らく彼女はこの問題についての解決策や答えを欲しがってるわけではなかったのだと思うが、「いい歳してそれくらいで怒るあなたが悪い」と返信した。 一見、冷たい返信のように思えるがそうではない。彼女を含めて多くの人は他人に「期待」し過ぎである。 この件で言えばいったいスーパーの店員にど [続きを読む]
  • 初心者の間は先生の言うことを素直に聞いた方がいい。
  • マインドフルネスに限らず「初心者」の人が何かを学ぶ時に大切なのは、「つまみ食い」をしないことだ。 例えば、瞑想を「この人から習う」と決めたら、極端に言えば、他の瞑想指導者のブログや書籍、ネットの情報は一切観ないくらいの心構えが必要である。 なぜなら初心者の間はまだ新しく習うことに関してのゲシュタルト(体系化された知識など)が全然構築されていない。そんな状態でいろいろな指導者が発信する情報に触れれ [続きを読む]
  • マインドフルネス瞑想の実際の効果。
  • マインドフルネスを継続すると心と身体に様々な効果がある。それこそ良い効果はたくさんありすぎるので一つ一つ説明すると長すぎるので簡単にまとめてみる。 心への良い影響はまず嫌な感情のコントロールが容易になること。嫌な感情を手放すとも言う。自分の状態に「気づく」練習をすることで感情に振り回されず、それを客観的に観察することが出来るようになるからだ。 もう一つは自分が持っている心のクセが矯正される。これ [続きを読む]
  • 何でも病気にしたいのは得する人がいるから。
  • 「ゲーム依存症という病気」がテーマの番組を観た。 その番組の中で若い女性があるゲームにはまり、これまでそのゲームに70万円ほど課金したという。 ゲームをやめられない、ゲーム依存症という形で紹介されていたが、私は彼女を見て「どこが病気?」と唖然とした。 その彼女は実家暮らしではあるが、週に5日バイトし、自分でゲームのお金を稼いでいる。生活には何の支障もない。アルバイトをしているということは社会との [続きを読む]
  • 自己中な人ほど人生を変えるのが難しい。
  • 今年の専門学校での授業は、いつもと違う教室で行っている。実技の授業だから通常はトレーニングマシン等が置いてある教室で行うのだが、今年は時間割の関係で都合悪くなり、座学を行う教室に変更した。 実技の授業を座学の教室で行うということはこれまでの授業のやり方では成り立たない。いろいろ工夫をし考えて授業の構成を考える。 当初は苦労したが、返ってこの教室の変更が視野が広がりひらめきを生み出した。簡単に言え [続きを読む]
  • 日大アメフト危険タックルの件から学べること。
  • 日大の危険タックル問題の件で、まず日大の選手、それから日大の監督とコーチが記者会見をした。両者の言い分は食い違っているが、何が真実なのかは今後少しづつ明らかになってくるだろう。 スポーツ関連のことで言えば過去に例がないのではないか?と思うくらい今回の件は世間を騒がしている。ヤフーのニュース記事に対するコメントも「荒れて」おり、99%が日大側の対応を批判するものであった。 的を得ている批判もあれば [続きを読む]
  • 身体に合ったものを食べる。
  • 砂糖と小麦は極力取らないようにしている。なぜなら身体に合わないからだ。 特に小麦を使った食品を食べると次の日の身体の状態があまり良くない。身体が浮腫み、気の流れが滞っているように感じる。 先日、小麦を使った食品を食べた次の日に改めてそれを実感した。唐揚げに用いられる程度の小麦量ならそうはならないが、お好み焼きやうどんやパスタなどの麺類ではそういう反応が出る。 あまり身体に良くないとされるポテトチ [続きを読む]
  • 人生を変えるのはノウハウではない。
  • 先日の授業で学生に「どうすれば痩せますか?」と聞かれたので、「なぜ痩せたいの?」と聞き返すと答えられなかった。 10年くらい前にダイエットの指導をメインで行っていたとき、こういったやり取りが毎日のようにあった。 答えを用意している人もいたが、その答えは「自分の内側」から出てきたものではなく、情報に振り回された結果の答えであった。 これはダイエットに限らず、メンタルトレーニングでもよく見受けられる [続きを読む]