Norikoalabear さん プロフィール

  •  
Norikoalabearさん: Alien's view 異邦人の目- travel diary 旅人日記
ハンドル名Norikoalabear さん
ブログタイトルAlien's view 異邦人の目- travel diary 旅人日記
ブログURLhttp://globalleaner.blogspot.com/
サイト紹介文フィリピン、オランダ、コスタリカ、シンガポールの文化、政治、フィリピン人夫との生活の様子を綴ります。
自由文フィリピンの片田舎の生活から、一変し現在はオランダの行政の中心地ハーグと都市での生活がはじまりました。しかし、今までと同様にフィリピンネタ、加えてオランダネタを充実させていきますので、よろしくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供206回 / 365日(平均4.0回/週) - 参加 2014/08/30 14:16

Norikoalabear さんのブログ記事

  • [ジョージア] 図書館(National Parliamentary Library)利用のススメ
  • 異国で生活し、必ずやることの一つは、その国の図書カードを作ること。ここジョージアでも早速作成しました。貸し出された本には、自分所有の本を持つほどの高揚感はないのですが、様々なよい点があります。National Parliamentary Library Building III各国で図書カードを作る理由図書館の場合は、借りもの故の不便さ(書きこめない、折れない、期日がきたら返さないといけない、借りる冊数が限られている、図書館が遠いなど)が [続きを読む]
  • [ジョージア] ズグディディ(Zugdidi)- ナポレオンのデス・マスク
  • 2013年6月19日ロンドンで、フランス皇帝ナポレオンが幽閉地、南大西洋の孤島、セントヘレナ島で1821年に亡くなった2日後につくられたデスマスクが、競売に掛けられ、約17万ポンド(約2500万円)で落札されました。落札予想価格は4万〜6万ポンドだったため、予想を大幅に上回っての落札。ナポレオンのデスマスクは世界にいくつか存在していると言われていますが、世界には4つのオリジナルのデスマスクが存在していると言われてい [続きを読む]
  • ジョージアのポテチの食べ比べーFrixx (Caucasus chips)
  • ジャンクフードの定番、ポテチ。ポテトと油、塩分の相性がよく、美味。身体に悪いと分かっていても、つい手が出てしまいます。ここジョージアでも、ジョージアで生産されたポテチがあります。Frixx (Caucasus chips)のシリーズです。クラシック、パプリカ、タラゴン、バーベキュー、チーズ味があります。残念なことに、著者はまだ一度もチーズ味に出合ったことがありません!このブログでは、クラシック、パプリカ、タラゴン、バー [続きを読む]
  • 栃の心大関昇進・凱旋帰国!その波及効果は如何に
  • 一昨日、ジョージアで珍しく震度4レベルの地震がありました。「栃の心が稽古をしているから地震が起こった」と人々のジョークのネタになりました。栃の心、大関に昇進しました。ヨーロッパ人力士では、3人目です。5月30日に昇進伝達式が行われ、その後ジョージアに凱旋帰国を果たしました。先月26日にジョージアは建国100年を祝い大きな祝典行われたばかりで、おめでたいことが続いております。栃の心が大関に昇進の影響がいろいろ [続きを読む]
  • プロポーズから○年目ー婚約記念日回想
  • ○月○日は婚約記念日です。もう結婚しているから、婚約した日など思い出す必要があるのかという感じでしょうが、著者にとってはむしろ、結婚した日以上のインパクトがあったりします。プロポーズってもっと厳かでかつロマンチックなものだと思っていましたが・・・いろんな意味で裏切られました。元彼(現旦那)との距離当時は著者はシンガポール、彼はオランダにいました。時差6時間(付き合ってから、遠距離)。飛行機で飛ぶと12〜 [続きを読む]
  • ジョージア人の恋愛模様
  • 古今東西盛り上がる話題の一つが恋バナ。著者がとりわけ、興味を持つのがその国ならでは男女の関係や恋愛模様に関係する風習など。しかし、グローバル化が進んで、都市部の男女関係は均一化が進んでいるように思えてしまいます。それゆえに、著者と同じぐらいの世代の話を聞いてもとりわけ大きな違いはないようです。それならもうひと世代前の話はどうでしょうか。ジョージア人の話してくれた、(ひと世代前の)ジョージア人の恋愛 [続きを読む]
  • [ジョージア] ピロスマニに触れる旅のススメ
  • 「私の絵をグルジア(現在のジョージア)に飾る必要はない、なぜならピロスマニがいるからだ」パブロ・ピカソ放浪の画家と言われたピロスマニ、彼の描いた絵は一世紀たった今も色あせることがなく、人々を魅了します。世界的に有名なピカソもピロスマニの存在を知り、上記のような賛辞をおくり、そして彼を題材にして絵を描いております。ピロスマニが描く作品は、黒いキャンバスに描かれたために、コントラストが鮮明な印象を与え [続きを読む]
  • フィリピン、バランガイ選挙2018-フィリピンの選挙前の風景
  • 5月14日(月)本日は、フィリピンではバランガイ選挙が実施されます。バランガイとは、フィリピンにおける行政の最小単位。日本で言うところの町内会に近い規模、人口が集中している地域では5,000人、それ以外の地域では2,000人の人口を有する規模です。そのバランガイ議長と役員たちは、選挙で選ばれます。また、今回の選挙では、数年間実施されていなかった、サングニアン・カバタアン(通称:SK)の選挙*も行われるため、注目 [続きを読む]
  • 母の日によせてーフィリピン人の義母と私の関係
  • フィリピン人男子は総じて、(日本人の基準から言うならば)マザコン/母親想い、です。そんな「ママ大好き」を表現することを恥じない文化圏(笑)、そして例にもれず母親想いのフィリピン人旦那。結婚当初、多少心配であったのが、その義母との関係でした。義母の初対面の印象は、弱冠厳しそう。話してみると、厳しいのではなく、実は結構シャイであることがわかりました。これまで付き合ってきたフィリピン人の友人やフィリピン [続きを読む]
  • [ジョージア] トビリシ日本人慰霊碑ー祖国への帰還を望んだ人々
  • ジョージアと日本、相撲、ワインの他一体なんの関係があるのか?地理的に遠い両国の直接的つながりは、おそらく皆無に近いのですが、嬉しいつながりではありませんが僅かなつながりの一つとして、シベリア抑留が挙げられます。シベリア抑留と聞くと、ロシア連邦領内のおよそウラル山脈分水嶺以東の北アジア地域辺りで起こったことと考えがちなのですが、捕虜となった日本人は当時ソ連邦であったこのジョージアが位置するコーカサス [続きを読む]
  • [ジョージア] トビリシ(Tbilisi)庶民の足ー地下鉄利用のススメ
  • 5月3日、ストライキ中のトビリシの地下鉄。トビリシの広範囲を結ぶ地下鉄がストに入ったことで影響される利用者はかなりの数になることが予想されます。年間の利用者は約9626万人、利用者の数は都市の人口の集中によって年々増加傾向です。そんな庶民の足である地下鉄でストとは利用者にっては痛い話ですが、今回が初めてというわけではないようで、労働者の労働環境の改善や賃金の値上げを巡ってたびたびストが行われてきました。 [続きを読む]
  • ジョージア人の友人たちと飲み会
  • 職場の同僚に誘われて飲み会に参加しました。ジョージアの飲み会にはいくつかの特徴があるようです。ちょっとした飲みの文化を体験することができました。強いアルコールの存在ジョージアはワイン発祥の地。ちょっとした集まりに行くと、ソフトドリンクなどの類はなく、ワイン(赤か白か)というもの。蒸留酒チャチャしかし、今回の飲み会で出された飲みものは蒸留酒チャチャ。チャチャとはワインを生成する過程でできた、ワインウ [続きを読む]