ゆきこ さん プロフィール

  •  
ゆきこさん: せっかちママの記
ハンドル名ゆきこ さん
ブログタイトルせっかちママの記
ブログURLhttps://ameblo.jp/cognitive1234/
サイト紹介文2013年に実家の母の異変に気付きました。ピック感があるので前頭側頭型認知症の情報を集めています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2014/08/30 20:07

ゆきこ さんのブログ記事

  • あっけなくミッションクリア
  • (前回のつづき。備忘録とりあえずのラスト) 年明け初の実家訪問日。 とりあえずはレンドルミンを減らす方向にもっていきたいが母がどの程度薬に依存しているかわからないので資料など作ってかなり気合いを入れて向かった。 サプリの新しいラインナップについて説明しいざレンドルミンを減薬する説得、と思ったら あれ、あなたが電話をくれてから1回も飲んでないわ先生も飲まなくていいって と母。 なんだそうなのーーー資料いら [続きを読む]
  • 新ラインナップ
  • (前回のつづき。備忘録) 年が明けて実家訪問の日が近くなり持っていくものを整理した。これまで何をいつ飲むかは両親にまかせていたがこれは朝のほうがいいこれは夜飲んでほしいというものが増えてきたので私が仕分けてしまうことにする。(無印で仕分け用容器を購入) ▼朝NEWフェルガードLAビタミンB群ビタミンCビタミンE ▼昼フェルガード100Mマルチミネラル ▼夜酸棗仁湯ナイアシン(ビタミンB3)アシュワガンダあれもこれも [続きを読む]
  • もうひとつの薬
  • (前回のつづき。備忘録) とりあえず年末年始は実家に行かないことにして考える時間ができたので母に処方されているもうひとつの薬についても検討してみた。 アトルバスタチン。血中のコレステロールを下げるスタチン系の薬剤。(スタチンは世界で一番服用されているお薬だそうだ) スタチンについては糖質制限界隈で記事をときどき目にする。 近年、コレステロールはとにかく悪者、といった考えは変わりつつありコレステロールは [続きを読む]
  • 頭を整理
  • (前回のつづき。備忘録) かかりつけの医師の話もきくことができたし注文していたNEWフェルガードLAも届いたので年内にもう1回実家に行こうかとも思ったがフェルガード100Mを増やして変化があるかどうかも見たいしすこし落ち着いて頭を整理したほうがいいかなと実家へは年明けに行くことにした。 いつもお正月に帰省する弟一家も甥っ子の受験やらなにやらで今年は来ないというので両親もゆっくり静かに年末年始をすごせるだろう [続きを読む]
  • クリニックに電話する
  • (前回のつづき。備忘録) 私からは電話しなくていいといわれたがそう悠長にも待っていられないのでかかりつけのクリニックに電話。 ここ1か月くらいで母にすこし歩行障害が出ていてそちらでレンドルミンが処方されているようなのですが関係しているということはないでしょうかと医師にたずねると ああ、高齢者だとふらついたり転倒することもあって危ないからほんとはほとんど処方しないんだよね と医師。 母は先生から安全な薬 [続きを読む]
  • 母に事情をきく
  • (まだ年末の話のつづき。備忘録) レンドルミンを飲みつづけているとわかりその場で母に電話で状況を確認した。いまでもレンドルミンを飲まないと眠れないの?とたずねると なんとなく習慣で飲んじゃうの安全なお薬だからお守りがわりに飲んでていい、って先生もいってたし と母。 そこで、レンドルミンが足のふらつきに関係しているかもしれないこと長期間飲みつづけるのはよくないこと飲まなくても眠れるときは飲まないほうがい [続きを読む]
  • 原因?
  • **クリニックは母のかかりつけの病院。 直接出向いたことはないが4年前、母に異変が起きた際に一度お電話したことがある。 4年前、確か母にはレンドルミン(睡眠薬)が処方されていた。 ・・・もしや母はいまもレンドルミンを飲んでいるのか。 ちょっといやな予感がして母にメールでいまクリニックでもらっている薬をきく。 レンドルミン 0.25mg アトルバスタチン 5mg  です。 と返信がきた。ああーたぶんこいつっぽいよー [続きを読む]
  • 母を観察
  • 次の日、いつものサプリ配達の定期便ですよーという顔で実家へ行く。さて母のようすはいかに。 玄関から門までの数段の階段は手で壁をさわりながらこわごわ上り下りしているかんじ。 家に入ると普段どおりで特にバランスの悪さはない。しゃがむときもぐらついていない。 3人でスーパーへ出かける。高台にある住宅地なので途中けっこう勾配のきつい坂道もあるがなんとか歩けている。 平らなところでの歩き方は小刻み歩行でもすり足 [続きを読む]
  • 翌日
  • コンサート翌日。 次に実家へ行くのは来月でよかったのだがやはり母が気にかかる。もうすこし母のようすをちゃんと観察したいので次の日に実家に行くことにする。 判断材料が少なすぎてどうしようもないがとりあえずあれこれ調べ認知症の歩行障害といえばフェルガード+グルタチオンかなとNEWフェルガードLAをひとつ注文しておく。グルタチオン前駆体のNAC(N−アセチルシステイン)のサプリもiherbで注文してみる。 なにかあれば [続きを読む]
  • 歩行障害?
  • とりたてて書いておくこともなくてブログもだいぶご無沙汰していたが数日前に母に変化があったので時系列で記録しておく。 いつものクリスマスコンサートに両親と行った帰り、下りのエスカレーターで母がぎこちない。 次に下りの階段でも歩行のバランスが悪くときどき腰が抜けるようにぐらぐらしている。足が痛いの?とたずねると痛くないという。 階段が終わり、平坦な場所までくると歩行は安定した。 駅に着き、改札からホームへ [続きを読む]
  • 4月の定例実家訪問
  • 実家に行ってきた。桜が満開だといいなー、と思ったけどまだまだ五分咲き程度だった。ざんねん。 母はとりあえず元気そう。いまだマスクブームが続いているらしく外出時はマスクに帽子(笑)怪しいってばーまあ、ちいちゃいおばあちゃんだからいいか。 父はまだすこしだるそうだったが補中益気湯を量を加減しながら続けてるとのこと。顎関節の不調に葛根湯ものんでるらしい。錠剤のやつを買ってトローチのように直接なめ [続きを読む]
  • ”最強 健康長寿には三石理論+スーパー糖質制限”
  • 個人的な情報クリップ。 健康で長生きするためには高たんぱく低糖質+メガビタミン+抗酸化物質、と。 まずは私自身ができる範囲でメガビタミン(VB、C、E)開始。やっぱり iHerbでがっつり用量がメガなビタミン買わなきゃかしら。。。 実家にもってくサプリも検討中。 いまは母はけっこう元気なので(甘味怪獣だけど活動量も多い)なにかと虚弱で低体温な父の健康を支えたい。 [続きを読む]
  • ”両親の栄養療法とサプリメント”
  • 個人的な情報クリップ。 両親のサプリにビタミン追加したいなあ。あまり種類を増やさずに導入
    できないかすこし考えよう・・・ビタミンB群+C+Eかなあ・・・ぶつぶつ。 ※藤川先生の
    ご両親のサプリhttps://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/712234168892910https://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1
    007874085995582?hc_location=ufi ※メモhttps://www.facebook.com/groups/1727173770929 [続きを読む]
  • 3月の定例実家訪問
  • 実家にいってきた。 母は相変わらずの上機嫌の笑い上戸。娘がやってきたのが可笑しくてたまらない、といったようすでしばらくげらっげら笑っていた。(脱抑制感・・・) まあでも特に進んだかんじはない。前日もひとりでスポーツクラブまで徒歩で行って帰りには私のためにケーキを買ってくれた。ボランティアや合唱サークルも続いているし月末にはバス旅行に申しこんだという。活動的。 お天気がよかったので3人で [続きを読む]
  • 久山町研究のこと
  • 糖質制限関連の本をよむとたいてい記述がある久山町研究。初めて自分でちゃんと検索してみた。 久山町研究とは、福岡県糟屋郡久山町の住民を対象とした日本最大の疫学調査。データの信頼性も高いといわれている。九州大学が中心となって1961年から50年以上に渡って行われ、なんと現在も続いているという。(知らなかった・・・) →久山町研究とは(九州大学久山町研究室) 当初の目的は脳卒中の実態解明と予 [続きを読む]
  • 【紹介】ケトン食が神経難病を消す レビー小体病
  • 藤川医師のブログより。レビー小体型認知症と糖質の過剰摂取について。 長年の糖質過剰摂取(米の過食)+タンパク質不足+鉄不足が認知症に関係しているはず、とのこと。長年、米の食べ過ぎ、タンパク摂取不足が認知症と関係しているはず認知症の種類にかかわらず、”お米が大好き”と公言する人が多い糖質過剰摂取でニューロンタンパクが糖化、これが原因でしょう加えて、鉄不足でミトコンドリア機能低下コウノメソッドはと [続きを読む]
  • 血糖値スパイクが起きる目安
  • 今回は具体的になにをどれくらい食べたら血糖値スパイクが起きる可能性があるのか、というおはなし。 空腹時の血糖値(通常の健康診断で測定するもの)は100(?/dl)未満が正常。で、食事をして1〜2時間後の血糖値が140を超えると血糖値スパイクとされる。 そして、血糖値を急激にあげるのは糖質(炭水化物から食物繊維を引いたもの)だけ。 どれくらいの糖質を食べたら血糖値スパイクが起きるかは正確に [続きを読む]
  • 【紹介】血糖値スパイクによってカラダに起きること
  • 本日2回目の投稿。 NHKスペシャルでは最近明らかになった新事実であるかのように報じられた「血糖値スパイク」だが実はそう目新しい情報というわけではなく糖質制限推進派で有名な江部医師は数年前から「グルコーススパイク」として著書やブログのなかで再三とりあげている。認知症との関連からはすこし離れてしまうが血糖値スパイクの怖さがわかりやすく説明されている江部医師のブログ記事をご紹介。食後の血糖値の急上昇 [続きを読む]
  • 【紹介】血糖値スパイクさせない食事法
  • 前回からの流れで「血糖値スパイク」関連でリブログ。 とりあえずは ・糖質がっつり食べない。(W炭水化物とか危険・・・)・糖質食べるときは順番に気をつける。・糖質食べたら動く。 ・・・がよろしいかと。 個人的には日頃から糖質ひかえめにしとくのがいいかなあと。(栄養不足、パワー不足にならぬように動物性のたんぱく質はがっつりめで^^) [続きを読む]
  • 【紹介】「血糖値スパイク」が突然死や認知症、がんを招くことも
  • 本日3回目の投稿。 昨年秋にNHKスペシャルでもとりあげられた「血糖値スパイク」。食後、急激に血糖値を上げるのは糖質(=炭水化物−食物繊維)だけである。 NEWSポストセブン  より「血糖値スパイク」が突然死や認知症、がんを招くことも昨年の『NHKスペシャル』や『あさイチ』で取り上げられ、大きな反響を呼んだ“血糖値スパイク”。食後、一時的に高血糖へ急上昇し、すぐ正常値に戻るという乱高下を繰り返す現象 [続きを読む]
  • ピックさんにフェルガード100Mプラスは注意が必要
  • フェルガードのラインナップに最近新しく加わった100Mプラス。我が家ではまだ試していませんが、一応情報シェア。フェルガード100Mプラスにはお茶に含まれるガレート型カテキン、エピガロカテキンガレート(EGCG)が含まれるとのこと。EGCGには脳内でβアミロイドが作られるのを抑える作用があるらしいとされています。(なのでアルツハイマー型には効果があるかも)ドクターイワタの認知症ブログ(2017年1月23日)より我々は [続きを読む]
  • 【紹介】認知症に対する糖質制限
  • 精神科医の藤川徳美医師のブログ。糖質の過剰摂取が人体にあたえる影響は想像以上のものがある。糖質の過剰摂取をやめることは認知症予防につながるはず。と思う。(ピックっぽい母はあいかわらず甘味怪獣・・・^^;)実際に認知症を診ておられるドクターからすこしずつ糖質制限のことが語られるようになってきたのはうれしい。※関連記事アルツハイマー患者は”お米が大好き” [続きを読む]