ゆきこ さん プロフィール

  •  
ゆきこさん: せっかちママの記
ハンドル名ゆきこ さん
ブログタイトルせっかちママの記
ブログURLhttp://ameblo.jp/cognitive1234/
サイト紹介文2013年に実家の母の異変に気付きました。ピック感があるので前頭側頭型認知症の情報を集めています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2014/08/30 20:07

ゆきこ さんのブログ記事

  • 4月の定例実家訪問
  • 実家に行ってきた。桜が満開だといいなー、と思ったけどまだまだ五分咲き程度だった。ざんねん。 母はとりあえず元気そう。いまだマスクブームが続いているらしく外出時はマスクに帽子(笑)怪しいってばーまあ、ちいちゃいおばあちゃんだからいいか。 父はまだすこしだるそうだったが補中益気湯を量を加減しながら続けてるとのこと。顎関節の不調に葛根湯ものんでるらしい。錠剤のやつを買ってトローチのように直接なめ [続きを読む]
  • ”最強 健康長寿には三石理論+スーパー糖質制限”
  • 個人的な情報クリップ。 健康で長生きするためには高たんぱく低糖質+メガビタミン+抗酸化物質、と。 まずは私自身ができる範囲でメガビタミン(VB、C、E)開始。やっぱり iHerbでがっつり用量がメガなビタミン買わなきゃかしら。。。 実家にもってくサプリも検討中。 いまは母はけっこう元気なので(甘味怪獣だけど活動量も多い)なにかと虚弱で低体温な父の健康を支えたい。 [続きを読む]
  • ”両親の栄養療法とサプリメント”
  • 個人的な情報クリップ。 両親のサプリにビタミン追加したいなあ。あまり種類を増やさずに導入
    できないかすこし考えよう・・・ビタミンB群+C+Eかなあ・・・ぶつぶつ。 ※藤川先生の
    ご両親のサプリhttps://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/712234168892910https://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1
    007874085995582?hc_location=ufi ※メモhttps://www.facebook.com/groups/1727173770929 [続きを読む]
  • 3月の定例実家訪問
  • 実家にいってきた。 母は相変わらずの上機嫌の笑い上戸。娘がやってきたのが可笑しくてたまらない、といったようすでしばらくげらっげら笑っていた。(脱抑制感・・・) まあでも特に進んだかんじはない。前日もひとりでスポーツクラブまで徒歩で行って帰りには私のためにケーキを買ってくれた。ボランティアや合唱サークルも続いているし月末にはバス旅行に申しこんだという。活動的。 お天気がよかったので3人で [続きを読む]
  • 久山町研究のこと
  • 糖質制限関連の本をよむとたいてい記述がある久山町研究。初めて自分でちゃんと検索してみた。 久山町研究とは、福岡県糟屋郡久山町の住民を対象とした日本最大の疫学調査。データの信頼性も高いといわれている。九州大学が中心となって1961年から50年以上に渡って行われ、なんと現在も続いているという。(知らなかった・・・) →久山町研究とは(九州大学久山町研究室) 当初の目的は脳卒中の実態解明と予 [続きを読む]
  • 【紹介】ケトン食が神経難病を消す レビー小体病
  • 藤川医師のブログより。レビー小体型認知症と糖質の過剰摂取について。 長年の糖質過剰摂取(米の過食)+タンパク質不足+鉄不足が認知症に関係しているはず、とのこと。長年、米の食べ過ぎ、タンパク摂取不足が認知症と関係しているはず認知症の種類にかかわらず、”お米が大好き”と公言する人が多い糖質過剰摂取でニューロンタンパクが糖化、これが原因でしょう加えて、鉄不足でミトコンドリア機能低下コウノメソッドはと [続きを読む]
  • 血糖値スパイクが起きる目安
  • 今回は具体的になにをどれくらい食べたら血糖値スパイクが起きる可能性があるのか、というおはなし。 空腹時の血糖値(通常の健康診断で測定するもの)は100(?/dl)未満が正常。で、食事をして1〜2時間後の血糖値が140を超えると血糖値スパイクとされる。 そして、血糖値を急激にあげるのは糖質(炭水化物から食物繊維を引いたもの)だけ。 どれくらいの糖質を食べたら血糖値スパイクが起きるかは正確に [続きを読む]
  • 【紹介】血糖値スパイクによってカラダに起きること
  • 本日2回目の投稿。 NHKスペシャルでは最近明らかになった新事実であるかのように報じられた「血糖値スパイク」だが実はそう目新しい情報というわけではなく糖質制限推進派で有名な江部医師は数年前から「グルコーススパイク」として著書やブログのなかで再三とりあげている。認知症との関連からはすこし離れてしまうが血糖値スパイクの怖さがわかりやすく説明されている江部医師のブログ記事をご紹介。食後の血糖値の急上昇 [続きを読む]
  • 【紹介】血糖値スパイクさせない食事法
  • 前回からの流れで「血糖値スパイク」関連でリブログ。 とりあえずは ・糖質がっつり食べない。(W炭水化物とか危険・・・)・糖質食べるときは順番に気をつける。・糖質食べたら動く。 ・・・がよろしいかと。 個人的には日頃から糖質ひかえめにしとくのがいいかなあと。(栄養不足、パワー不足にならぬように動物性のたんぱく質はがっつりめで^^) [続きを読む]
  • 【紹介】「血糖値スパイク」が突然死や認知症、がんを招くことも
  • 本日3回目の投稿。 昨年秋にNHKスペシャルでもとりあげられた「血糖値スパイク」。食後、急激に血糖値を上げるのは糖質(=炭水化物−食物繊維)だけである。 NEWSポストセブン  より「血糖値スパイク」が突然死や認知症、がんを招くことも昨年の『NHKスペシャル』や『あさイチ』で取り上げられ、大きな反響を呼んだ“血糖値スパイク”。食後、一時的に高血糖へ急上昇し、すぐ正常値に戻るという乱高下を繰り返す現象 [続きを読む]
  • ピックさんにフェルガード100Mプラスは注意が必要
  • フェルガードのラインナップに最近新しく加わった100Mプラス。我が家ではまだ試していませんが、一応情報シェア。フェルガード100Mプラスにはお茶に含まれるガレート型カテキン、エピガロカテキンガレート(EGCG)が含まれるとのこと。EGCGには脳内でβアミロイドが作られるのを抑える作用があるらしいとされています。(なのでアルツハイマー型には効果があるかも)ドクターイワタの認知症ブログ(2017年1月23日)より我々は [続きを読む]
  • 【紹介】認知症に対する糖質制限
  • 精神科医の藤川徳美医師のブログ。糖質の過剰摂取が人体にあたえる影響は想像以上のものがある。糖質の過剰摂取をやめることは認知症予防につながるはず。と思う。(ピックっぽい母はあいかわらず甘味怪獣・・・^^;)実際に認知症を診ておられるドクターからすこしずつ糖質制限のことが語られるようになってきたのはうれしい。※関連記事アルツハイマー患者は”お米が大好き” [続きを読む]
  • 1月の定例実家訪問
  • 年末から書くのだいぶさぼってしまった・・・備忘録としてこれまでの記録。12月、両親といつものクリスマスコンサートへ。お正月、親戚食事会。弟一家の到着がだいぶ遅くなりまだ来ないわねーまだ来ないわねーと母うるさし^^;その際、父が1ヵ月ほど前に風邪をひいてなかなか体調が戻らない、とだるそうだったので数日後に梅醤番茶と漢方薬(補中益気湯)と私が読んでおもしろかった漢方の本をとどける。一週間後におなじ漢方 [続きを読む]
  • 【講演情報】前頭側頭葉変性症ミニ講演会
  • 昨年発足した、前頭側頭葉変性症(FTLD)の介護者会、つくしの会がこのたび初めてミニ講演会を主催されるとのこと。FTLDがテーマの講演会は全国的にも珍しくかなり貴重な機会かと思いますのでご興味のある方はいかがでしょうか。今回講演されるのは前頭側頭型認知症(ピック病)のご主人を介護された経験を「若年認知症になった夫と生きぬいて 8000日の夜と朝」というご著書につづられた新井雅江さんです。若年認知症にな [続きを読む]
  • 両親の終活
  • 母からメールがきた。 おはよう。直接関係ないと思いますがお知らせしておきます。●●墓地に確保してあるお墓を合同墓地に変更しようと思います。今日これから手続きに行ってきます。 ずいぶん以前から両親は着々と終活をしている。 お墓を購入し、リビングウィルを作成し、家のなかのものも随分減らしている。 私も実家に置いてあったアルバムやら子供のころのピアノの楽譜などいろいろ引き取らされた(笑) [続きを読む]
  • 【報道】前頭側頭型認知症なのに万引きで刑務所
  • 昨日なんとなく見ていたワイドショーで万引きを繰り返す62歳について紹介していた。…むむむ、これは。と思ったらやはりピック。10/18 テレビ朝日 【羽鳥慎一モーニングショー】<ショーアップ>密着“理由なく”万引き繰り返す母親・一体なぜ刑務所生活を心配する62歳の母親。万引きを繰り返し懲役1年10カ月の刑で翌日刑務所に収監される。当初、家族も本人も万引きを繰り返す理由がわからなかった。万引きを繰り返すよう [続きを読む]
  • 大人の事情…
  • コウノメソッドの河野和彦医師、医業停止3ヵ月処分。(クリニックは本日から休診らしい)厚労省行政処分 医師と歯科医師 全処分者の氏名毎日新聞(2016/9/30)“自らが開発に関与した健康補助食品の競合品について、インターネットのブログ上で真実に反する内容を提示させ、販売会社の信用を失わせた「信用毀損(きそん)」の罪”とのこと。(日テレNEWS24より)ネットを調べているといろいろ大人の事情がみえてくるが昨 [続きを読む]