aromaya さん プロフィール

  •  
aromayaさん: aromammaya通信
ハンドル名aromaya さん
ブログタイトルaromammaya通信
ブログURLhttp://aromammaya.blogspot.co.uk/
サイト紹介文ロンドン永住組☆ママからコトリさんへ贈る家庭料理のレシピ綴り☆
自由文良い香り、美味しいごはん、音の響、五感に語りかけるもの、人をしあわせにするもの、について、ロンドンの片隅から発信☆ ごはんはaromammaya 香りはaromaya 音はmomotaroから
http://aromayauk.blogspot.co.uk/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供400回 / 365日(平均7.7回/週) - 参加 2014/08/31 06:34

aromaya さんのブログ記事

  • ラムのラグーパスタとほうれん草のプレート
  • ご近所さんより、有機の採れたて’ほうれん草’のおすそ分け、頂きました。元気いっぱいな葉っぱで、さっと炒め煮してシンプルに頂くことに。まだ、和食モードに戻れないので、あるものでさっとパスタ。冷凍してあった、ラムのひき肉、玉ねぎ、パンチェッタ(ベーコン)トマトの水煮、グリーンピースを解凍して。*ラムのラグーソース玉ねぎラムひき肉ガーリックトマト水煮ローリエ天然塩 胡椒ハーブ塩コリアンダー(パウダー)ウ [続きを読む]
  • Swedish Summer Holiday~シムリスハムンの自然と小粋なガーデンカフェ(3)
  • 04/Aug/2018 (3)シムリスハムンの自然と素敵なガーデンカフェきれいだなあ〜。この眺めを目にした時、まるで’タルコフスキー’の映画のようだと思った。南スウェーデンのスコーネ地方にあるシムリスハムン、かつてはニシン漁が盛んであったという漁村。駅を出て、数分で海岸沿いに着く。透き通るような水。名物屋台のニシンのフライとマッシュドポテトのリンゴンベリー添えを頂いてから、海辺を散策。波止場に腰掛けて、足先を海 [続きを読む]
  • open sandwitches/smorrebrod北欧のサンドイッチ
  • デンマークとスウェーデンの旅の余韻から、まだ冷めやらぬ暮らし(食卓)です。美味しいものいっぱいあったから、買ってきたかったけれど、要冷蔵が多くて、ニシンの酢漬けもソーセージも断念。唯一、持ち帰れたのが、ライ麦パン。これは、1893年から変わらぬレシピで作られているライ麦パンで、どっしりと重厚ながらほんのり甘い。(お砂糖入ってないのに)今回の北欧の旅で、このパンをプレートの付け合わせや、オープンサンドイ [続きを読む]
  • Swedish summer holiday~シムリスハムン~スコーネ地方の海沿いの街(1)
  • 「たくさんのアクティビティがあるスウェーデンの夏、人々は家を飛び出し、美しい太陽に照らされる長い一日を思い思い大切に過ごします。夏の間、大自然、大好きな太陽と喜びに満たされる、エネルギーに満ち溢れた季節」(在日スウェーデン大使館のHPより)コトリさんの通う大学の街、ルンドから、この’夏のスウェーデン’を満喫できるところを訪ねてみようと話してた。南スウェーデンのスコーネ地方(Skåne)、海沿いの街、シムリ [続きを読む]
  • Swedish Summer holiday~最終章~
  • 7月30日から約1週間、スウェーデンに留学中のコトリさんに会いに行く、初の北欧旅行。マヤ暦において’家族’や’絆’がキーワードとなる’白い犬’の13日間の4日目から、志を持っ幕開けした’夏休み’の始まりだった。しかし、出発寸前まで、慌ただしく、スーツケースのパッキングに取り掛かかれたのも前日の夜だったし、アクシデント続きで、フライト当日旅行代理店とのやりとりに問題発生して、飛行機の搭乗もあわや間に合わな [続きを読む]
  • ガスパチョとパスタラミのトースト
  • 暑いロンドン。照り返す日差しの中、てくてく歩いていた。そうして、偶然見つけた小さなお店。窓辺とエントランスが、緑のプラントに囲まれていて、plant, coffe, potteryとサインがあった。’緑’と’コーヒー’と’陶器’ ですって!?!通りにに出された黒板サインには、本日のスープ ’ガスパチョ’ とあった。熱にあてられて、フラフラしてたのだけど、このなんだか素敵な感じに、惹きこまれて、どうしても入ってみたくな [続きを読む]
  • コールラビとレモンのピクルス
  • *コールラビとレモンのピクルスコールラビって、こんな感じのキャベツの芯みたいな野菜。イギリスでは、普通のスーパーでは見かけないけど、オーガニック野菜のマーケットや、中近東のグローサリーショップに行くと、年中見かける野菜のひとつ。どう使うかなんて、考えたこともなかった。はじめて食べたのは、和みキッチンでのぬか漬けだったと思います。サクサクした食感に驚きの食材発見でした。それから、我が家でもリピートし [続きを読む]
  • 野菜の惣菜ジュレと冷やかけ蕎麦
  • Hottest day London 33℃ cold noodle and chilled nibbles 朝から30℃超えのロンドン、今年最高気温となった日。夕方5時過ぎて、ようやく少し涼んできたから、冷蔵庫で冷やしておいたお惣菜を出して、朝昼晩兼用ごはん。冷やかけ蕎麦焼き豆腐と野菜の惣菜ジュレブロッコリーとクレソンの胡麻おひたし冷やし茶碗蒸しの海老あんかけ冷やし茶碗蒸しの海老あんかけ茶碗蒸しは前日に作りおき。いつもの卵1個で小さい茶碗蒸し3個を作 [続きを読む]
  • ツナ醤漬けステーキと焼き茄子赤だしの食卓
  • いつものごはんながら、大切なゲストと特別なごはんの記録ツナ醤漬けステーキの薬味ポン酢がけ 焼き茄子赤だし 蛇腹きゅうり甘酢漬け いんげんと生姜の田舎風煮付けこんにゃくともやしのピリ辛 焼き豆腐と野菜の惣菜ジュレとっても美味しいデザート、ありがとう?ごちそうさまでした☆レシピブログ おうちごはん 野菜料理 ☆☆海外ブログ ☆イギリス情報☆☆ここちよい暮らし☆ [続きを読む]
  • 焼き豆腐と野菜の惣菜ジュレ
  • 日本も猛暑の様子、ロンドンも異例の暑い夏日が続いています。とはいえ、家中の窓を開け放していれば、うちの場合は何とか、早朝と、夕方には涼しい風が取り抜けるので、その涼の風が流れる時に、お惣菜をこしらえて、冷蔵庫にいれて冷やしておきます。これは大好きなお料理研究家のカノウユミコさんの「野菜が美味しい!一生ものレシピ」の中から、’焼き豆腐と野菜の寒天よせポン酢添え’を参考に、アレンジして作ったもの。ロン [続きを読む]
  • 鶏レバーときゅうりの甘辛丼と焼きなすの赤だし
  • *鶏レバーの甘辛煮ときゅうりの丼鶏レバー 3〜4個酒 大さじ1醤油 大さじ1みりん 大さじ1きび砂糖 ふたつまみ位鶏レバーは冷凍してあったもの。水に漬けて解凍して、血抜きして、水気をふいて、ニンニクのみじん切りと一緒に炒めて蒲焼き風の甘辛に味付け。きゅうりは角切りにして、塩もみしておく。レバーの甘辛煮が出来上がったら、一緒に合わせて、ごはんの上に乗っける。*焼きなすのお味噌汁(赤だし)網焼きしたな [続きを読む]
  • ツナたたき風醤ステーキと玉子丼
  • ツナたたき風醤ステーキ+薬味ポン酢 玉子丼 冷たいお豆腐のお味噌汁 胡瓜キムチ ラディッシュおひたし*ツナたたき風醤ステーキのプレートツナステーキの時は、マグロ漬け焼きで使ったように、冷凍ものを使っています。表面だけ半解凍した状態で醤に漬け込み(醤なければ、海塩だけでも、または生姜醤油漬けでも)10〜20分置いてから、フライパンにオイルを入れて、表面を色よく焼き上げます。粗熱がとれたら、適当な厚みに切っ [続きを読む]
  • 炙りサーモンの山葵醤油和えと雲丹醤の冷麺サラダ
  • 炙りサーモンの山葵醤油和えと雲丹醤の冷麺サラダ Half grilled salmon and Cold noodle salad with wasabi sauce 旧ジャパンセンターに寄ったおり、半額になっていたのを持ち帰り、お皿に盛り直して、頂いた。なんだか、とても贅沢な気持ちになった:)チリトマトケチャップ炒飯の目玉焼き乗せ+きゅうりとトマトとディルのサラダのっけて☆レシピブログ おうちごはん 野菜料理 ☆☆海外ブログ ☆イギリス情報☆☆ここちよい [続きを読む]
  • 雲丹醤たまごかけごはんと納豆の回復ごはん
  • 作りおきを並べてブランチごはん午前中は胃腸を休めて、おひるの回復ごはん黄身たまごかけごはん+雲丹醤をかけてオクラ納豆とあおさわさび冷やかけ蕎麦人参とブロッコリーの茎のきんぴら、おしんこ、クレソンおひたし、きゅうりと出汁昆布の胡麻和え☆レシピブログ おうちごはん 野菜料理 ☆☆海外ブログ ☆イギリス情報☆☆ここちよい暮らし☆ [続きを読む]
  • 蒸し豚の献立
  • 大きめのブロックを買ってきたから、まとめて’蒸し豚’を作った。海塩(イギリスのマルドンを使用)をたっぷり目に擦り込んで、30分程おいて、蒸し器でじっくり45分位蒸す。以前、’中華ちまき’を作るのに、チャイナタウンで買った笹の葉がまだまだたっくさん残っているので、これを水につけて戻してから、さっくり、豚肉を包んで、蒸しました〜。(ほんのり、笹の香り)*ポークと胡瓜と網焼きペッパーの七味醤油和え蒸し豚 [続きを読む]
  • 雲丹醤クリームパスタとツナの醤漬けステーキ
  • 雲丹醤クリームパスタのプレートツナの醤漬けステーキ  トマトとディルの胡麻サルサ 三升漬け アスパラポン酢和え醤に漬け込んでステーキにしたツナに、トマトとディルをオリーブオイルとレモン、チリ、海塩で味付けしたサルサと一緒に。ピリッと三升漬けと。*雲丹醤を使ったクリームパスタ 今回はワイルドマッシュルームと玉ねぎのソテーにシングルクリームを混ぜたもの+雲丹醤で、出来上がり。シンプルグリーンサラダに、ト [続きを読む]
  • ベーコンと目玉焼きと野菜とプレートMODE'18
  • ベーコンと目玉焼き ファイン・アスパラガスと一緒に 今日は和風にして、お醤油をちょっと垂らした。マッシュルームの粒マスタード焼き 茹で空豆のピリ辛 (七味醤油和え)の小鉢紫蘇ごはん+カブと空豆とリークのお味噌汁小鉢をごはんにのっけて、丼にして頂きます:)この日は、MODE'18ラストイベント、サウンドアートの先駆者的存在、鈴木明男さんと、磁力、重力、光など目に見えず触れられない力をセンシングするアーティス [続きを読む]
  • レッドスナッパーのペルー風創作プレート
  • 引き続き、ペルー風創作プレートペッパーの炒めし レッドスナッパーの醤漬け焼きのセビーチェ目玉焼き 紫キャベツのマリネキュウリのタヒニ和えペルー風魚介スープ ライスペーパーのふわふわ揚げペルー風創作プレート*レッドスナッパー(真鯛)の醤漬け焼きのセビーチェセビーチェはお刺身か軽くボイルしたお魚にフルーツソースを合わせるペルー料理なのだけれど、今回は、フライパンでグリルしたお魚と一緒に合わせてみた。レッ [続きを読む]
  • ペルー風魚介スープ
  • ペルー風のスープってどんなのかなぁ、と検索してたら、見つけたレシピ具材に、海老、白味魚、など、魚介類+ポテトスパイスに、コリアンダー、クミンフィッシュスープとっても、シンプルなスープ。前日に作ったら、とても美味しくて、すぐなくなってしまったから、今回は、多めに。具材はあるものでアレンジして作った。ジャガイモ 中位の一個生姜 ひとかけ すりおろしガーリック 小さいの一個 みじん切り海老 6個チェリー [続きを読む]
  • ペルー風創作おうちごはん
  • 和みキッチンのNikkei Peruvianの会の翌日の食卓持ち帰り分の雑穀サラダ+教えてもらったお刺身サラダの再現。アレンジ雑穀ごはん+ペルー風の魚介スープをこさえた。*たたきツナのティラディート ツナは半解凍の状態で、オイル、ガーリックと生姜のみじん切りと一緒にフライパンで表面に焼き色をつけて、海塩を降って、冷やして薄切りとした。サビーチェ風のフルーツソースは、友人がインドからもってきてくださった、パパイヤ [続きを読む]
  • 和みキッチンのNikkei Peruvianの会
  • 久〜しぶりに和みキッチンに行きました。お米の研ぎ方から、お味噌の作り方、そして’命の食べ方’を教えてくれた、お料理教室。この数年、ロンドンでもグルメさんの間で評価が高い’ペルー料理’のお店が増えて、新鮮な魚介類/お刺身やらとフルーツソースを合わせたサビーチェとか、味わえるようになりました。これがお家でできたら素敵だなあと、思っていたところに、敦子先生のペルー探訪の旅。そして、本場の待望の’ペルー料 [続きを読む]
  • まぐろの醤フレークと胡瓜ワカメ胡麻だれの冷やかけ蕎麦
  • 夏日の続くロンドン お蕎麦を茹でたら、作りおきおかずを乗っけて、即席で完了の特製冷やかけ蕎麦まぐろの醤漬け焼き ざっくりほぐして和風ツナフレーク風トッピングにきゅうりとワカメの胡麻だれスベリヒユとアスパラを茹でた時の茹で汁(冷蔵庫で冷やしてあった)つゆの素すりおろした生姜ねぎサラダクレスすり胡麻野菜の茹で汁には、水溶性の成分が溶け出しているだろうから、味をみて風味が気に入ったら、とっておいて、スー [続きを読む]
  • まぐろ醤漬けのまごわやさしいごはん
  • お弁当のおかずの取り置き分から、しっかり、あさごはん。緑豆と蕎麦の実入りごはんほうれん草の卵とじお味噌汁きゅうりとワカメの胡麻だれジャガイモのきんぴら、人参とブロッコリー茎のきんぴら蓮根とベーコンのきんぴらアスパラガスおひたし紅生姜とネギの厚焼き玉子マグロの醤漬け焼き大根とラディッシュのおろし和え緑豆と蕎麦の実入りごはん 玄米、雑穀(ミレット、キヌア)緑豆(mung beans) 蕎麦の実ほうれん草の卵とじお [続きを読む]