garathmet さん プロフィール

  •  
garathmetさん: moon express
ハンドル名garathmet さん
ブログタイトルmoon express
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/garatahmet
サイト紹介文手持ちの鉄道・航空機を画像を中心に公開しております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供633回 / 365日(平均12.1回/週) - 参加 2014/08/31 10:06

garathmet さんのブログ記事

  • 京急800形「羽田空港」行き (2007年/2009年)
  • 昨日は、京急空港線が羽田空港(国内線)ターミナル直下乗入20周年でした。空港線が未だアクセス路線とはほぼ無縁の頃にも運用されていたことがある800形。ターミナル乗入後、2000年代に入ってから800形の空港線運用が復活、横浜方面から同形の「羽田空港」行きが見られました。折り返しは、京急川崎まで快特や特急の運用だった記憶。2010(平成22)年、3ドア専用ホームドアが設置された国際線ターミナル駅開業で同線からは撤退し [続きを読む]
  • 都営浅草線5500形 ”全線開業50年”ステッカー (2018年11月)
  • 都営地下鉄浅草線、新鋭5500形5501Fに「全線開業50年」のステッカーが貼られました。ヘッドマークではなく、さりげなく5500形のイメージに合わせたデザインのステッカーです。京急・京成との3社局直通開始50年に気を取られていましたが、浅草線(当時は1号線)も泉岳寺〜西馬込を最後に全通したのが、50年前の11月15日とのこととは認識がありませんでした。品川 2018年11月5500形もだんだん目にするようになってきました。出来れ [続きを読む]
  • 阪急「2025年万国博誘致」ヘッドマーク (2018年10月)
  • 阪急の一部編成に掲げられている、2025年の万博誘致のヘッドマーク。23日に開催地決定を控えてか、間もなく掲出終了とのことです。大阪で決まった場合、また新たなヘッドマークの出番となるでしょうか。ヘッドマーク装着編成には、側面にもステッカーが。もう半世紀近く前、大阪で開催された万博で阪急を始めとした関西の電車に「EXPO70」のステッカーが貼られていたことを思い出します。賛否つきものの万博誘致、今回はどうなるか [続きを読む]
  • 東急2000系<2103F>大井町線運用開始 (2018年11月)
  • 東急田園都市線〜東京メトロ半蔵門線で運用されていた2000系2103Fが、大井町線仕様に改造されて昨日(16日)夕方より運行開始しました。外見の見た目には、同線のメイン車両(各停)9000系と変わりありませんが・・・大井町線仕様の8500系(8539F)1990年代〜2000年代東横線の主役だった9000系(9115&9105F)旗の台 2018年11月12月からは6020系急行列車で、座席指定サービスも始まる大井町線8500系の去就も含めて、暫し注目とな [続きを読む]
  • 稲沢駅ホームより 留置の機関車群 (2018年10月)
  • 嘗ての稲沢(第一/第二)機関区であった、現在の愛知機関区。DD51撮影で降りた、稲沢駅東京方からの眺め林立する架線柱は仕方ないですね。EF64 1000番台群・・・五稜郭から渡ってきた、DF200を辛うじて・・・一番右、DE10がもう少しずれてくれれば(苦笑)貨物会社のカマ同士、こうして見るとEF210とは兄弟のような姿に見えます。奥には、EF510-500番台も目に入りました。1枚の画に収めることは出来ませんでしたが、津軽海峡に阻ま [続きを読む]
  • 明日で終幕 二代目苗穂駅舎 
  • 函館本線・苗穂駅が明後日17日より、札幌寄りに300m移転する事になり現駅と駅舎は明日限りで、その役割を終えることになります。かつての旧千歳線の起終点でもあり、定山渓鉄道の電車列車も乗入れた数少なくなった昭和の雰囲気を残す駅舎は、1935(昭和10)年に建てられた二代目とのこと。何らかの形で形が残れば・・・と思いましたが、残念ながら来春には解体されるとのことです。無骨な雰囲気の跨線橋・・・背後は苗穂工場現ホー [続きを読む]
  • 奈良線・稲荷駅のランプ小屋<旧東海道本線>
  • 京都・伏見稲荷大社の最寄駅、JR奈良線の稲荷駅は1879(明治12)年東海道本線の駅として開設されました。現在の東海道本線から大きく南へ迂回していたルートは、日本人の手で完成した旧逢坂山トンネルを含む我国初の”山越え”の鉄路でもありました。当時の名残である、ランプ小屋(準鉄道記念物)旧東海道本線とランプ小屋の説明板。嘗て”最急行”列車が、新橋や東京へ向かった方向稲荷駅を発車する、奈良方面(画像は宇治止ま [続きを読む]
  • 40年前と今 阪急→能勢電6000系・6002F (1978年/2018年)
  • 1976(昭和51)年にデビューし、いまも宝塚線を中心に活躍を続ける阪急6000系。↓の画像は、デビューから2年ほど経った頃地上時代の宝塚駅にて今津線の920系電車と並ぶ6000系6002F。当時の最古参と最新鋭の顔合わせ。920系は戦前の神戸線で、省線のモハ43やモハ52とスピード競争を繰り広げた高速電車の嚆矢でもありました。(画像の946号は1948年製造)(再掲画像)920系が発車したあと、改めて編成写真もどきを。乗務員扉後方に「 [続きを読む]
  • メトロ6000系<6102F> そして16000系  (2012年)
  • 東京メトロ6000系、一昨日の最終運行ではメディアの煽りもあったようですが、いろいろあったとのことで残念に思います。現地へ行ったわけではないので、事情も判らず言う立場にはありませんが。最終運行で用いられた「6102F」、6年前の画像より。この時は、651系「スーパーひたち」を撮ろうかとうろうろしていた際に北松戸駅まで乗ってきたようです。特急列車など撮っていたうちに、我孫子から戻ってきた6102FLEDが完全に切れてい [続きを読む]
  • 国鉄大阪の113系より (1979年)
  • 国鉄時代の大阪(東海道・山陽線)113系より二題。先般、新快速電車への指定席導入がニュースとなっていましたが「55・10」ダイヤ改正まで、113系快速電車の一部に組み込まれていたグリーン車。東の横須賀線などと同様、戦前の2等車両連結からの伝統がありました。サロ152格下げのサロ112や、その置換えで一時期横須賀線から来たサロ113それにサロ153-900ステンレス試作車を湘南色に塗ってしまったサロ110-900など、興味深い車両も [続きを読む]
  • 阪急「1111」”2世代” (1982年/2018年)
  • 阪急の「1111」号です。 ”初代”「1111」号。以前にも、一度記事にしておりますが1956(昭和31)年から宝塚線初の高性能車として製造された1100系の一員でした。梅田 1982年そして、昨年登場した”2代目”。阪急の最新形式、2代目1000系の神戸線1011Fの三宮方先頭車「1111」号。なんでも「ポッキー電車」と呼ばれているそうで。梅田 2018年10月 [続きを読む]
  • 小田急LSEにメトロ6000系etc@和泉多摩川 (2016年)
  • 特急ロマンスカー7000形LSEの最終運行からまもなく1ヶ月、同じ日に引退に向けた特別運行が始まった東京メトロ6000系も、いよいよ明日が最後に。両者の”並び”は撮れずで終りましたが、小田急線上でLSE撮影の折にやってきた6000系を収めることは出来ました。一緒に載せておきましょう・・・LSEと世代が近い8000形、最後の塗装車もこれからは注目度があがるでしょうか。常磐線から、千代田線を経てやって来るJRE233系2000番台。小田 [続きを読む]
  • 485系「ひたち」終焉の頃 国鉄特急色復刻 (1998年11月)
  • E653系の1編成が、国鉄特急色となって勝田へ”里帰り”しましたがちょうど20年前のいまごろ、特急「ひたち」の485系の引退が決まり両端ボンネットクハの1編成が、国鉄特急色に戻され、ヘッドマークも文字のみの往時の姿で最後の日々を送っていました。485系「ひたち」には90年代の一時期=平成の初め頃お世話になったこともあったので、最後に一度と思い乗りに行きました。当時の485系は、上野〜勝田間7+7両で運用される列車が [続きを読む]
  • 奈良線の電車たち@稲荷 (2018年10月)
  • 外国人観光客でも賑わう稲荷駅にて・・・奈良線の電車たち。阪和線で運用されていた、205系1000番台。103系を駆逐する立場ですが・・・快速にも運用される、221系。そして”お目当て”103系。 少し前までは、日常的に見られた103系も2編成のみとのこと・・・それで慌てて訪問ともなったのですが(汗画像の編成(クハ103-184/185)は、この約1週間後に運用復帰した別の103系編成と交代して、離脱したとのことです。 [続きを読む]
  • 回送途上 209系訓練車(機械)@逗子  (2018年11月)
  • 横須賀線・久里浜駅構内、JR横浜支社の研修センターで2008年から使用されていた元京浜東北・根岸線用の209系モハユニット改造の訓練車(車籍がないため正確には機械扱い)が郡山へ回送されるとのことで、過日一時的に逗子駅構内(京急神武寺駅へ続く引込線上)に留置されていました。 お役ご免で解体なのか、改修工事でも行うのか不明ですが・・・この翌日、大船を経て嘗ての職場根岸線経由で10年ぶりに横浜の街を眺めつつ、DE10 [続きを読む]