Osann さん プロフィール

  •  
Osannさん: 意識の進化、次元上昇をアシストする聖書リサーチ
ハンドル名Osann さん
ブログタイトル意識の進化、次元上昇をアシストする聖書リサーチ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/gooid1888
サイト紹介文イエスの単純明快な教えに基づいて、意識の進化を促し、次元上昇に繋げていくイエス道−Jesus, the Way−
自由文聖書のベールを剥がして、イエスの単純明快な教えの中に、人生を生きるコツを学び、さらに意識の進化と次元上昇に繋げていくことを目的とした聖書リサーチ公開講座です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2014/08/31 15:54

Osann さんのブログ記事

  • 1月14日(日)更新 家入レオの『Shine』とヨブ記の関係
  • 家入レオの『Shine』とヨブ記の関係今回のブログでは、家入レオの『Shine』というナンバーの歌詞について、『イエス-道』という視点から少し解説してみたいと想います。私がこのナンバーを初めて聴いた時に、この歌詞の内容に私の心がグイグイと惹き付けられたことを今でも覚えています。家入レオの『Shine』について、まずYOUTUBE等で聴いてみて下さい。この歌詞の中にある「一人じゃないよ_君のそばにいるよ」「変わらないものは [続きを読む]
  • 1月7日(日)更新 『ヒーロー』とは?
  • 『ヒーロー』とは?NHKの紅白歌合戦の安室奈美恵が歌ったナンバーは、『Hero』でした。今回のブログでは、『Hero(ヒーロー) 』について、想いを巡らせていきたいと想います。安室奈美恵の『Hero』の歌詞をみていくと、 I'll be your hero I'll be your hero. ?????今までの君のままで進めばいいから ?????君だけのためのheroどんな日もそばにいるよというフレーズがあります。さて、このように『どん [続きを読む]
  • 1月1日(月)更新 『十人のおとめの譬』を再考する(その2)
  • *** このブログは、『十人のおとめの譬』を再考する(その1)からの続きです ****ここで、いわゆる『ラオデキヤ教会へのメッセージ』の中身を観て参りましょう。黙示録3章17節には、「あなたは、自分は富んでいる。豊かになった、なんの不自由もないと言っているが、実は、あなた自身がみじめな者、あわれむべき者、貧しい者、目の見えない者、裸な者であることに気がついていない。」とあります。イエス自身は、信じると公言 [続きを読む]
  • 11月27日(月)更新 『十人のおとめの譬』を再考する(その1)
  • 『十人のおとめの譬』を再考する(その1)2013年11月5日に更新した『十人のおとめの譬』という私が書いたブログがあります。最近でも、この『十人のおとめの譬』がしばしば閲覧されているようです。ありがとうございます。今になって、その時に書いたブログを読み返してみると、一部ですが捉え方が違ってきていることに気がついたので、今回のブログでは、その点を改訂したいと想います。イエスの山上の説教における核心的教えの一つ [続きを読む]
  • 11月11日(土)更新『放蕩息子の譬』(その2) ー "イエスー道"から読み解く
  • 『放蕩息子の譬』(その2)−"イエスー道"から読み解くところで、使徒パウロは、『信仰が律法を確立する』と言いました(ローマ人への手紙3章31節を参照)。でも、敢えて私は補足して言いたいのです、『信仰が律法を確立する。そして、その信仰を確立するのが、“さばくな”というイエスの教えである。』 と。真の信仰とは、"さばかない"ということが大前提となって初めて成立するものなのです。さばいていない状態にいる時に、その人 [続きを読む]
  • 11/4(土)更新 『放蕩息子の譬』(その1) − “イエス‐道”から読み解く
  • 『放蕩息子の譬』− “イエス‐道”から読み解く今回のブログでは、イエスが語った有名な『放蕩息子の譬』を“イエス-道”というスタンスから捉えていくと、どのようなことが浮き彫りになってくるのか?????そういう点を観ていきたいと想います。『放蕩息子の譬』は、ルカによる福音書15章11節〜32節にあります。この譬を通してイエスが本当は何を伝えたかったかについて知ることは、とても重要なことである・・・・と [続きを読む]
  • 1月10日(日) 23:00 更新  『イエスの山上の説教の真髄』 その1
  • イエスの山上の説教の真髄これまで、何度も申し上げてきましたが、当ブログは いわゆる『キリスト教という宗教』を皆さんに紹介するブログではありません。イエスは、純粋に何を言いたかったのか? 本当は、何を一番、イエスは教えたかったのか?イエスの真意は、一体全体、どこにあるのか? イエスの教えの真髄は、何か?聖書を紐解く“鍵”というのは、何か?人類が意識進化や霊的な成長を遂げていく上で、イエスがどの [続きを読む]
  • 10月9日(日) 8:49 更新  歌詞ブログ 『花になれ』 (パート2)
  • 『花になれ』 (パート2)「勇気は今、光になる」これは、一体、どういうことでしょうか?観かたを変えると、どのような勇気を持つ時に、人は光になることができるのか・・・・・ということ。私が想うに、それは“さばくことをやめるという勇気”です。 言い換えると、自分の“マインドにおける『さばく』というプロセスを停止するという勇気”です。自分の内に蓄積されている過去の記憶情報に根ざした固定観念、価値基準などで [続きを読む]
  • 9月3日(土) 22:16 更新 『イエスが説く救いの道』(その2)
  • 『イエスが説く救いの道』(その2)「主よ、主よ・・・」と主の名を呼びながら、神の御旨に沿ったわざを行ってきたはずのいわゆる『キリスト教信者』の多くが、「あなたがたを全く知らない。出て行け」と主に言われて、天国から閉め出されてしまうことになることを、山上の説教の中でイエスが言及されました。でもそれは、天の父なる神や主イエスにその人たちが知られていないというのではなく、むしろ、"多くの『キリスト教信者』の [続きを読む]
  • 7月18日(月) 21:44 更新 『イエスが説く救いの道』(その1)
  • イエスが説く救いの道とは?今回のブログは、これまで当ブログで書いてきた内容の復習、まとめ、総括のような内容になるのかも知れません。これまで聖書の中でイエスが語ってきたメッセージを読んできて断片的だったもの、繋がりがあるとは想えなかったもの、別々のメッセージのようにみえていたもの、そういうものが、実は、一貫性のある内容のメッセージだったことに気づくことになるかと想います。「どんな良いことをしたら永遠 [続きを読む]
  • 6月19日〈日〉7:17 更新 『イエスが説いた道』
  • イエスが説いた道久しぶりのブログの更新となります。長年にわたって聖書を読み、研究・探究してきてみて、聖書の教え、あるいは、イエスの教えの中で最も重要なものは、「さばかない」ということの実践にある・・・・これこそが、私が最終的に辿り着いた結論でした。これこそが聖書を解く鍵ではないか・・・と、私は観ています。この鍵を使うと、聖書の中にある罪の本質はどこにあるのかということも、また、救いに関する真理も [続きを読む]
  • 5月21日(土)23:11に更新 “信じること” と “信じないこと”
  • “信じること” と “信じないこと”今回のブログでは、“信仰”というものにメスを入れてみたいと想っています。“信じる”とは、どういうことなのでしょうか? 逆に、“信じない”とは、どういうことなのでしょうか?聖書という経典の上に成り立っている『キリスト教』においては、イエスを神の子、キリストであることを“信じる”ということが重要なことであるとみなされています。もちろん、私は、そのような伝統的な捉え方を [続きを読む]
  • 3月6日(日)6:03更新 "最高の自分を引き出すー『意志力』(その1)"
  • 最高の自分を引き出す−『意志力』今回のブログでは、“スタンフォードの奇跡の教室”で有名なケリー・マクゴニガル(心理学者)が教えている“意志力”について、想いを巡らせてみたいと想います。ケリー・マクゴニガルの『最高の自分を引き出す法[DVDブック]』を参考にしながら、“イエス−道”の視点からも人の“意志力”というものを今回は観ていきたいと考えているわけです。彼女の科学的な分析も加えての心理学的アプ [続きを読む]