Osann さん プロフィール

  •  
Osannさん: 意識の進化、次元上昇をアシストする聖書リサーチ
ハンドル名Osann さん
ブログタイトル意識の進化、次元上昇をアシストする聖書リサーチ
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/gooid1888
サイト紹介文イエスの単純明快な教えに基づいて、意識の進化を促し、次元上昇に繋げていくイエス道−Jesus, the Way−
自由文聖書のベールを剥がして、イエスの単純明快な教えの中に、人生を生きるコツを学び、さらに意識の進化と次元上昇に繋げていくことを目的とした聖書リサーチ公開講座です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2014/08/31 15:54

Osann さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 映画『君の膵臓をたべたい』の深読み④:“究極の真実”
  • 究極の真実Osann:   「ところで、映画『君の膵臓をたべたい』の中で、      桜良が語っていた真実に 2種類あったことに      気づいたかな?」ハジメ: 「学校の屋上で、春樹が桜良に『君はさ、本当に      死ぬの?』と聞いた時、     『死ぬよ。あと1年、持つかどうかって言われてる』      と答えた桜良。さらに、『お医者さんは、真実だけ      しか与えてくれない』とも。ここで [続きを読む]
  • 映画『君の膵臓をたべたい』の深読み③:“真実と挑戦”
  • 真実と挑戦Osann :  「この映画は、桜良と春樹が『真実と挑戦』ゲームをやりながら、      ストーリーが展開していっているのが、特徴的だよね。」ハジメ:  「確かに、そうだね。」Osann : 「さて、『真実と挑戦』ゲームというのは、トランプを     それぞれが1枚引いて、数字の大きい方が勝ちで、勝った人が     負けた人に“真実”か“挑戦”を聞く権利を得るというもの。     もし、“真実”を選 [続きを読む]
  • 映画『君の膵臓をたべたい』の深読み②:“天国への階段”
  • 天国への階段Osann:  「ここで、この映画を観る視点をちょっと変えてみようか。      桜良が春樹とスイートパラダイスに行ったことが、      クラスメートに知れ渡ってしまい、桜良の親友の      恭子に春樹が問い詰めらる場面があったよね。」ハジメ:  「うん。」Osann:   「その時、桜良は恭子に、『だから、そういうんじゃ       ないって、恭子。』と、       さらに、恭子は、桜 [続きを読む]
  • 映画『君の膵臓をたべたい』の深読み①:“お門違い”
  • 久しぶりの再会となる今回のブログで取り扱うテーマは、昨年、公開された映画『君の膵臓をたべたい』です。日本において、かなり多くの人たちがこの映画を観て、感動を覚えたようです。今回のブログは、“Osann”と“ハジメ”という二人の間でかわされる会話の形式で、進めていきたいと思う。*   *   *   *   *   *   *ハジメ: 「浜辺美波と北村匠海のダブル主演で、     住野よるのベストセ [続きを読む]
  • 2月4日(日)更新 家入レオの『Shine』とヨブ記の謎解き
  • 家入レオの『Shine』とヨブ記の謎解き今回のブログでは、家入レオの『Shine』というナンバーの歌詞についても、『イエス-道』という視点から少し解説してみたいと想います。私がこのナンバーを初めて聴いた時に、この歌詞の内容に私の心がグイグイと惹き付けられたことを今でも覚えています。家入レオの『Shine』について、まずYOUTUBE等で聴いてみて下さい。この歌詞の中にある「一人じゃないよ_君のそばにいるよ」「変わらないも [続きを読む]
  • 1月7日(日)更新 『ヒーロー』とは?
  • 『ヒーロー』とは?NHKの紅白歌合戦の安室奈美恵が歌ったナンバーは、『Hero』でした。今回のブログでは、『Hero(ヒーロー) 』について、想いを巡らせていきたいと想います。安室奈美恵の『Hero』の歌詞をみていくと、 I'll be your hero I'll be your hero. ?????今までの君のままで進めばいいから ?????君だけのためのheroどんな日もそばにいるよというフレーズがあります。さて、このように『どん [続きを読む]
  • 1月1日(月)更新 『十人のおとめの譬』を再考する(その2)
  • *** このブログは、『十人のおとめの譬』を再考する(その1)からの続きです ****ここで、いわゆる『ラオデキヤ教会へのメッセージ』の中身を観て参りましょう。黙示録3章17節には、「あなたは、自分は富んでいる。豊かになった、なんの不自由もないと言っているが、実は、あなた自身がみじめな者、あわれむべき者、貧しい者、目の見えない者、裸な者であることに気がついていない。」とあります。イエス自身は、信じると公言 [続きを読む]
  • 11月27日(月)更新 『十人のおとめの譬』を再考する(その1)
  • 『十人のおとめの譬』を再考する(その1)2013年11月5日に更新した『十人のおとめの譬』という私が書いたブログがあります。最近でも、この『十人のおとめの譬』がしばしば閲覧されているようです。ありがとうございます。今になって、その時に書いたブログを読み返してみると、一部ですが捉え方が違ってきていることに気がついたので、今回のブログでは、その点を改訂したいと想います。イエスの山上の説教における核心的教えの一つ [続きを読む]
  • 11月11日(土)更新『放蕩息子の譬』(その2) ー "イエスー道"から読み解く
  • 『放蕩息子の譬』(その2)−"イエスー道"から読み解くところで、使徒パウロは、『信仰が律法を確立する』と言いました(ローマ人への手紙3章31節を参照)。でも、敢えて私は補足して言いたいのです、『信仰が律法を確立する。そして、その信仰を確立するのが、“さばくな”というイエスの教えである。』 と。真の信仰とは、"さばかない"ということが大前提となって初めて成立するものなのです。さばいていない状態にいる時に、その人 [続きを読む]
  • 11/4(土)更新 『放蕩息子の譬』(その1) − “イエス‐道”から読み解く
  • 『放蕩息子の譬』− “イエス‐道”から読み解く今回のブログでは、イエスが語った有名な『放蕩息子の譬』を“イエス-道”というスタンスから捉えていくと、どのようなことが浮き彫りになってくるのか?????そういう点を観ていきたいと想います。『放蕩息子の譬』は、ルカによる福音書15章11節〜32節にあります。この譬を通してイエスが本当は何を伝えたかったかについて知ることは、とても重要なことである・・・・と [続きを読む]
  • 過去の記事 …