夫婦仲良く さん プロフィール

  •  
夫婦仲良くさん: 最新ニュースをイチ速くキャッチ!
ハンドル名夫婦仲良く さん
ブログタイトル最新ニュースをイチ速くキャッチ!
ブログURLhttp://vewoa.seesaa.net/
サイト紹介文日々の気になったニュースを取り上げてまいります。あらゆるジャンルの記事を書いています。
自由文夫婦で運営しております。主に芸能記事が中心です。時には個人的な思いを書きすぎて、
長文になってしまいますが、あたたかい目で見ていただけると助かります。
駄文ですが、少しでも皆様の関心の種になるようなブログになるようやっていきたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供238回 / 365日(平均4.6回/週) - 参加 2014/08/31 21:22

夫婦仲良く さんのブログ記事

  • 耳を塞いでしまう自分..
  • 朝起きて、窓を開けると肩に何かが飛んで来た。一瞬、カブト虫?と思ったが逃げて飛んでいくのを見て、それがツバメだとわかった。私はツバメが好きだ。ツバメって鳥のなかでも高度な進化をしていると思う。空を飛ぶことにおいて高度な進化をしてると思う。速く鋭敏な飛行を支えるツバメの骨格や体つきは無駄がない。ぶつかってきたという出来事ではあるが、そんなツバメと触れる機会があったのは本当に嬉しい。◆触れることで伝わ [続きを読む]
  • Alexandr MiskoのWith Or Without Youを聴きながら..
  • U2 - With Or Without You (Alexandr Misko - Solo Guitar)君がいてもいなくても私はどこかにいるよ。君がいてもいなくても私は君を探しているよ。君を探すことが生き甲斐なのさ。切なさが強過ぎて胸のなかが切れるほど、恋してる、君に。君に会える日、会えない日、君がいる日、君がいない日、君を探し続ける意志に雨が降り、風が吹き、太陽が降りそそぐ。♪(音符)は音は光。君が抱えている闇のなかで光る♪が見当たらない。君が [続きを読む]
  • 轢くなら確信を持って..
  • いつものスーパーに行くとカタツムリ、大きめのカタツムリが駐車場のアスファルトの上にヘバりついていた。昨晩の雨のなかで表に出てきて、出てきたはいいものの、そこがカタツムリにとって、なんの得もない場所だなんて、気付いたところで、カタツムリは帰る道も覚えていないだろう..買い物を終えて、袋をバイクに積み、エンジンをかけようと思ったが、1つ思い立った。カタツムリを安全な場所へ移動してやろう。◆駐車場ではどう [続きを読む]
  • ヒマワリの花と小さなハチ
  • 息詰まった炭鉱夫のような状態になった。イヤ、炭鉱の仕事はもっとキツイと思うが。とにかく、息詰まった。1度、外に出よう。太陽の声を聴き、風を浴びよう。◆バイクを走らせる。風を浴びる。途中でヒマワリが咲いていた。日当たりのせいだろうか、背の低いヒマワリが密集していた。これは珍しいと思い、バイクを止めて見た。◆ヒマワリの花。花の細かい部分まで見ると、なんとも言えない感じに感動する。まるで女性器のようだ。1 [続きを読む]
  • 犬の吠え声の美しさ。
  • 先日、親戚の叔母さんの葬式に出席した。結婚式や葬式では久しぶりに会う顔が多い。前はあった時はまだ子供だったのに、久しぶりに会ったら、もう大人の体格をしていて、驚くことも多い。今回の親戚の叔母さんの葬式ではまだ小さかった姉妹の娘さんたちが大人の女性になり、しかもとても美しくなっていたので驚いた。ハっと目を見張るような美しさだった。姉妹の娘さん..お姉さんは目に力のある強い意志を感じさせる美しさ。妹さん [続きを読む]
  • オッサンの一言に救われた
  • むせて鼻血が出るような状態になった。とりあえずココから出ようと思った。バイクに乗ってどこか知らないとこまで。コンビニが見える。アイスでも買おう。甘い冷たさはむせるほどドン詰まった状態をどうにかしてくれるキッカケになるかもしれない。種類多くのアイスが並べてあるなかで、1番売れていなかったガリガリ君の洋ナシ味を手に取って、レジに並ぶ。「次の方どうぞ..」呼ばれたレジに私が行くと、店員の女性がこれ以上ない [続きを読む]
  • 登りたい山がある。
  • やるべきことは見えている。登りたい山がある。険しい山だ。頂上がどこら辺にあるかも頭では理解している。しかし体が追いつかない。頂上の位置を把握してるのに、一生かけても登りきれないような予感がするほど残酷な山だが、なぜだか強く登りたいという気持ちがたくさんある。むしろ、登りたいという気持ちになる山があるだけ幸せだと思う。◆険しくて嫌いになる山と険しいけど登りたくなる山。◆意識を高めつづける、積み重ねる [続きを読む]
  • 忘れないように書いておこう。
  • 忘れないように書いておこう。鳥の声に何回も救われていることを。◆ちょっと前のことだが、朝起きて、寝起きが悪く、体が強張っていた。腰が痛いような、肩がギチギチで、膝も曲がるのを恐れてるような強張り。「調子悪いなー」と自分の状態を確認したその時、鳥の声が外から聴こえてきた。たぶんスズメだったと思うけど、ピヨ♪ ピヨ♪ ピヨ♪と鳴くたびに、体の強張りが溶けていくような感覚を受けた。スズメが1つ鳴くたびに強 [続きを読む]
  • 大谷翔平の二刀流について
  • こんなこと書いたらとても窮屈になってしまうかもしれないが、自由とは完璧に限りなく近い自分が生み出す弊害を表現できてこそ、生まれる隙間にあると思う。誰でも1つはこれだ!というものがあると思う。それは突き詰めると存在と同じ意味のもの。何をもって尊厳を表現するか?そんなとこだろう。でも自由とは尊厳を表現する方法が生み出す弊害を表現できてこそ、生まれるものだと思う。宮本武蔵が二刀流に行き着いたように、武蔵 [続きを読む]
  • 私は私の理想だと思う鯉のエサを選ぶから。
  • 部屋での作業が息詰まったので、バイクで10分ぐらいのところにある池の鯉を見に行こうと外に出た。鯉にエサをあげようとお店に入る。池が汚れるので、ほんの少量でいい、油は少ないものがいい、どれにしようか、スナック菓子コーナーを見ていた。その時!「近づきたいよ♪君の理想に♪」の歌詞で始まるウタダヒカルさんの曲が流れてきた。ウタダさんの歌は好きだけど、なぜか今日は彼女の声の出し方がとても気持ち悪く感じた。その [続きを読む]
  • どこまで行っても天才な猫さん。
  • このブログをPCで見ると小さな猫の画像が貼ってある。それは私が猫を好きだからだ。いや、好き嫌いの感情はないと書いたほうが正確だ。とても興味がある相手、とても観察したい相手、気づかされる、考えさせられる相手と書いたほうがしっくりくる。猫が何気なくいる場所、何気なくとっているポーズに何回打ちのめされたことか!その場、その時の状況にあったそれしかないというポーズをとっていると思う。こんなことがあった..近く [続きを読む]
  • いと悲詩
  • 悲しい気分だ。悲しいことがあった。だから悲しいことを書こう。でも食欲は普通にあるので、前向きな悲しさなのかもしれない、これから書くものは。今日は空に雲が1つもない。どこを見渡してもなかった、何も。川原に行ってみた。遠くのほうで小学生ぐらいの子供たちが水遊びをしていた。私はタバコを吸うので子供たちとは反対の方向に歩いていった。すると途中で黒いバケツがあった。しかもパッカリ割れている。大きさは中ぐらい [続きを読む]
  • 韓国と北朝鮮の会談について。
  • 南北会談が行われた。動画で両国の代表が板門店の境界線を越えるシーンを見た。少なくともプラスな出来事だと思うのだが..「期待していない、どうせ変わらない」「逆に世界戦争が始まる予感がする」..などマイナスに捉えてる人がいるようだ。私はどっちの国にも個人的な体験がある。韓国から板門店の境界線を視察するツアーに行ったことがある。観光地化してるという感は少しあるものの、やはり緊張状態を感じた。境界線を越えると [続きを読む]
  • 剛力彩芽が7歳年上の超大金持ち社長と車中デート。
  • 【剛力とZOZO前澤氏がデート】女優の剛力彩芽とZOZOTOWNを運営するスタートトゥデイの前澤友作氏のデートを、「NEWS ポストセブン」が報じた。前澤氏は、昨年8月に紗栄子と破局したと報じられた。 https://t.co/HyPnZ14nfe— Yahoo!ニュース (@YahooNewsTopics) 2018年4月25日↑のように剛力彩芽さんが7歳年上の超大金持ち社長とのデートを撮られたようです。剛力彩芽さんって恋の噂はいくつかあったけど、これは付き合っ.. [続きを読む]
  • 霊が乗り移った話を書いてみる
  • 霊が乗り移った話を書いてみる。さきほど、霊が乗り移った実感した。体が異様にキッレキレだからだ。家の廊下を歩いていると、勝手に体が走り出しそうな感じ。体が軽過ぎるような、でも軽いから快適なような。でも何事も過ぎるのは良くない。体がキレ過ぎることはいつか重大なマイナスを引き起こす。気をつけようと思うと同時にあることを思い出した。それは3年ほど前に家のなかで見た、霊のこと。3年ほど前に家のなかで霊を見た。 [続きを読む]
  • 変な日
  • 食料を買いにスーパーに行った。入り口のところで小さな女の子が泣きじゃくっている..女の子の腕には人形が抱かれいる。それを見た母親が困った顔をしている。グズっている女の子に母親は一喝!「持つなら持つ、持たない持たない、ハッキリしろよ!」激しい口調だったので、私は少しビックリした。あ〜あ〜叱られた..と思いながら、買い物を済ませていく。ニンジンの位置、好きなパンの位置、好きなオニギリの位置、好きなコーヒー [続きを読む]
  • 目を閉じる、手を合わせる。
  • 愛犬が亡くなった。去年の冬頃から調子を落とすようになり、獣医に見てもらったら、「そんなに長くはないので、お大事に接してあげてください..」と言われていた。それが3日前に亡くなったのだ。一緒にいる時間が長く、人と人の関係のような感じだった。愛犬は本当にどこまでも〜な奴だった。「〜」を言葉にしたいけど、ふさわしい言葉が見つからない。愛犬が逝ったのは夜中の2時ぐらいだったみたい..みたい..というのは、私はその [続きを読む]
  • されど雑談。
  • 親戚の家にお邪魔をする。お茶を頂きながら、しばし雑談。雑談を楽しんだ後、親戚のオバさんは「これオイシイから持っていって..」と手の平サイズの和菓子、羊かんの箱を2つ手渡した。しっかりお値段のする高級和菓子なのだろう。箱の色味やデザインも凝っている。箱の表面に和菓子のタイトルがそれぞれ刻まれている。「新緑」抹茶風味「夜の梅」小倉風味2つという数の意味。それぞれの言葉の意味。それぞれの言葉は、その日の雑談 [続きを読む]
  • 美しいものに人は心を奪われやすい
  • 上流の川沿いを歩いていた。天気は良く、暖かくなってきたし、水も濁りはなくキレイだった。歩いていると、50代ぐらいの夫婦とスレ違った。聴くつもりはないが会話が入ってくる。奥さん「ねー、あれキレイじゃない?」旦那さん「そうかー、オレはキレイだとは思わないな」私はスレ違いながら、その会話を聴き、見事な意見の合わなさに考えるものがあった。美しい、きれい..などはごくごく個人的な感性に基づくものだと思う。なので [続きを読む]
  • ドン臭い言葉だけど。
  • ドン臭い言葉だけど、永久のスコールのような悲しみと怒りのなかで。永久のスコールのような悲しみと怒りのなかで、私は好きでもなかったニンジンを食べ、味を美味しいと感じるだろう。永久のスコールのような悲しみと怒りのなかで、私は悲しみと怒りのバランスを保つように努力し続けるだろう。永久のスコールのような悲しみと怒りのなかで、私は生きてるだろう。永久のスコールのような悲しみと怒りのなかで、私は目を閉じるだろ [続きを読む]
  • 大人も違った火遊びが好きだけどね..
  • バイクに跨って道を走っていた。タバコ吸うための場所が目についた。灰皿があって、ベンチがあって、自動販売機があって..一服しようとバイクを止めた。タバコを取ろうとポケットに手を入れる。タバコがない、ライターもない..やってしまったようだ、忘れたみたい。自動販売機を設置しているお店が開いていた。なかでタバコが買えそうだ。なかに入ると「ハイ、いらっしゃい..」と元気な齢60ぐらいの店主らしき男性が奥から出てきた [続きを読む]
  • 燃えるような真っ赤な花
  • 友人の言葉がきっかけで歴史に興味がなくなっていた。「過去の歴史は本当かどうか実際のところわからない」「過去の歴史を確かめようもない」確かに..と感化された私は過去に興味がなくなっていた。しかし、やはり過去の歴史はとても貴重なものだと感じる今日、今である。過去の歴史を見たり、聞いたり、触ったり、感じたりすることで、確実に影響するものがある。過去の歴史が今の自分に与える影響がたしかにある。「歴史は尊い」 [続きを読む]
  • わからないもの。
  • わからないものだ。家のワンコが数ヶ月前に大怪我をし、体調を崩した。動物病院に行くと、獣医の先生は「心臓も弱っているし、歯も溶けてきている..」「先は長くないので、お大事に接してあげてください..」と言われた。そうか..と思い、家のワンコと数ヶ月過ごしてきた。この冬を越せば、大丈夫だろう。春が来て暖かくなったら、大丈夫だろう。この冬を越せるか、どうか..そんな思いで家のワンコと過ごしてきた。階段をのぼる時も [続きを読む]