お茶のり さん プロフィール

  •  
お茶のりさん: Puzzle Design
ハンドル名お茶のり さん
ブログタイトルPuzzle Design
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/y13212519
サイト紹介文組み木を中心とした Mechanical Puzzle の考案に関することを楽しく書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2014/09/01 00:17

お茶のり さんのブログ記事

  • 【Triad】
  • 2013年夏頃の作品「T Burr Loop 2」の枠を単純にしたものはできないだろうかと思い、考えてみました。おさめる3ピースそれぞれの両端は、トリキューブ2種(a・b)になっています(^^) [続きを読む]
  • Roll Cake
  • 2010年2月頃に考案した作品です。できるかぎり滑らかな動きになるようにあれこれと考えながら久しぶりに1個制作してみました♪とても楽しい時間でした。制作の見本にした考案当時につくったものです。 [続きを読む]
  • Quartet 22 S
  • 2013年11月頃に考案した作品(Quartet 22)を、制作してみました。外枠は木目調プリントMDFです。強度を保つため外枠に底をつけています。手数は22.3.4.3と変化はありません。この底をつけた方の作品を Quartet 22 S という名前にしました。 [続きを読む]
  • 【Space L】
  • L形ピース5つとその鏡像ピース4つとで色分けすることにしました。木目調のプリント側が表です。ピースの裏返しは不可です。遊び方は、1種類のマークが4つ見えるように9ピースをおさめます。4種類のマークそれぞれに1つずつ解があります。今回のマークの配置で、写真のように4種類が1ずつ見える解も調べてみました。はじめのうちは、なかなか見つからなかったので、ユニーク解だとしたら嬉しいなぁと思いながらでしたが、 [続きを読む]
  • 【Space L】の試作
  • 裏返し不可でテトロミノL9ピースを、5x8の長方形の枠内におさめてL形またはその鏡像のスペースができる解について観察しました。おさめる9ピースにおいて、L形とその鏡像の比率を9:0〜5:4まで変化させてみると、5:4の時に面白いな〜と思うことに出会えました。それを新しい作品にしたいなぁと思い、試作してみました。<遊び方>1種類のマークが4つ見えるように9ピースを枠内におさめます。ピースの裏返しは不可です [続きを読む]
  • 【Straight Lock】の彫刻を数字で。
  • ひらがな版は、娘が長い時間遊んでくれました。枠内の彫刻を「ひらがな」から「数字」に変えてつくってみました。7種類の曜日(日・月・火・水・木・金・土)のように、6種類で循環する一般的なものを探してみましたが、なかなか適当なものが見つけられませんでしたので、1/7=0.142857142857‥の「142857」を使うことにしました。1単位の範囲内にある14や28などの2桁に見える数字も、1と4、2と8などのように分けて1桁の数 [続きを読む]
  • 【Straight Lock】の試作
  • 1単位のスペースに「ひらがな1文字」と「ひらがな2文字」の場合がありますので、「ひらがな2文字」を1つだけ使い、5つのスペースに6種類のひらがなが1つずつ見えるように、5ピースをおさめます。そのとき、おさめた5ピースがどれもスライドしないようにします。下記の写真は、おさめたピースがスライドできるので解ではありません。下記の写真は、「ま」が重複しているので解ではありません。1単位のスペースに「ひらが [続きを読む]
  • 【Straight】の試作
  • 5連続の数字が見えるように5ピースをおさめます。・1,2,3,4,5・2,3,4,5,6・3,4,5,6,7   :・17,18,19,20,21・18,19,20,21,22の18種類に解があります。3,4,5,6,7は鏡像解のそれぞれをカウントすると2解になりますが、その他の17種類はすべてユニーク解です。<遊び方> −初級編− 5連続の数字がが見えるように5ピースを枠内におさめます。(おさめたピースをロックさせる必要はありません) −上級編− 下記(Flying Block [続きを読む]
  • 【Suit Lock 2】 の試作
  • 2種類目の文字配列を考えたので、それを【Suit Lock 2】とすることにしました。【Suit Lock 2】は、東西南北を彫刻することにします。<遊び方>−初級編−1種類の漢字のみが見えるように5ピースを枠内におさめます。その際、5ピースともスライドしないようにします。−上級編−下記(Flying Block Puzzle)のルールでピースを移動させます。・いずれかの漢字が5つ見えるように5ピースをおさめた配置がスタートです。・スタ [続きを読む]
  • 【Suit】の試作
  • 【Same Number Space 5x5】と同じ内容のパズルですが、数字(絵)の配列は異なります。名前を【Same Number Space 5x5 #2】としようとしましたが、長くなってしまいますので、短く【Suit】という名前にしました。さらに見た目で区別するために、こちらは数字ではなくトランプのマークにしました。 [続きを読む]
  • 【Same Number Space 5X5 】の試作
  • 前作(Same Number Space ★)より枠の広さを1単位だけ大きくして5X5で考えました。1種類の数字のみが5つ見えるようにテトロミノ5種をおさめます。1〜4までの4種類ともユニーク解です。単純におさめるパズルとしては、前作より難しくなったのではないかと思っています。逆にFrying Block Puzzleのルールでおさめる場合は、いい感じに易しくなりました(^^) [続きを読む]
  • Same Number Space ★
  • 久々の新しい作品です。1種類の数字のみが4つ見えるようにテトロミノ5種を4x6の枠内におさめます。数字配列は、枠内に彫刻したものと枠底に敷いて使う紙のものの2種類を用意しました。2種類とも1〜5までそれぞれユニーク解です。単純におさめるだけでは易しいパズルのように思えましたので、下記(Frying Block Puzzle)のルールでピースを移動させて遊べるような数字配列にしてあります。・1〜5のいずれかの数字が4 [続きを読む]