じろうごろう さん プロフィール

  •  
じろうごろうさん: 2330回は吐きました
ハンドル名じろうごろう さん
ブログタイトル2330回は吐きました
ブログURLhttps://ameblo.jp/doala0581/
サイト紹介文2330回以上過食嘔吐した自分ですが症状は治まりつつあります。自己否定レベル99です。
自由文10年程の間、過食嘔吐回数を数えていましたが、吐かなくなり中断しました。偏った思考や落ちた感じの表現が多いですが、なんとか上がろうとしてます。でもまだ山を越えてないと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2014/09/01 21:46

じろうごろう さんのブログ記事

  • 無意識的人生
  • いつも何もしていないと思ってしまういつも何も出来ていないと思ってしまうただ時間が過ぎて無駄を増やしていると思ってしまう多分、それは意識的に動いていないからそう思うんだろうな今までの大半の時間を意識的に動いてこなかったから無駄ばかり、と思ってしまうのだ意識的に動く練習しなきゃ [続きを読む]
  • 新しい夏の過ごし方
  • 14歳の頃自分をゴミだと思っていて書いて書いて色々と投稿した面白がったある雑誌では読者コーナーに何度も載せてくれた書く作業は自分を吐き出し確認することでもいつしか書かないと落ち着かない書かないと確認できないそんな風になってしまった書き続けてうん十年私は私のなりたい私に全く近づいてない学習能力低いな書いて確認しないで勝手に思うままに動いてこの夏を新しいものにしたい何も確認しないで何も考えないで何も悩ま [続きを読む]
  • ばいばい
  • 終わった、もう終わりなんだよって叩きつけるように自責してバカみたいそもそも何もやらずにそもそも何も始まりもせずに終わりも何もないだろうよ何もせずにここまで生きた人間の結果を絶望的に見せつけられているだけそれは全ては私の選択の結果どんな理由があったとしても全ては私の選択とその結果望んできたことは特別に優れた人間になることのはずがそのどれもを手にすることが出来ず私の存在を否定するような奴らが「特別に優 [続きを読む]
  • 思い込みで生きた時間長すぎ
  • 置かれた環境とか人間関係とか色々なことがあって幼い頃から自己否定し続けて自分は特別な人間にならなければ認めてもらえないと思い込んだその思い込みは強くなり特別な人間にならなければ自分で自分を認めることも許されなくなった特別な人間になれそうなことにいろいろと飛びついてやってはみたけどどれも上手くできなかったそんなこんなで随分と生きていい歳になって何も残せていない自分を特別になれなかった自分をもっともっ [続きを読む]
  • 曖昧な記憶
  • 記憶はだんだん曖昧になる小中学時代の記憶はおぼろげ長く生きているという理由だけではないと思う私の記憶は曖昧になっている母代わりに私を育てた祖母の命日がわからないいままでの友人達の名前や顔なんて一部しかわからない私の頭は私のことしか考えてないそれでいっぱいだから大切なことも薄らいでいく大切なことは今も起こっているのに目に入っては消えていく [続きを読む]
  • 人は自分自身を殺すことができる
  • 自分で自分にお前は終わってる!負けなんだよ!って日々連呼して絶望して笑うことができなくなって全てを跳ね返してしまうくらいに何も感じられなくて唯一わかるのはただただ生きることがこんなにもしんどいのかと眠ることさえできない目をつぶってひたすらこの絶望が薄らいでいかないかと待っている全てを否定してしまったら私は私じゃなくなる、生きられない絶望は死に至るじゃあどうすれば勝ちなのかどうすれば「やった!やって [続きを読む]
  • 自分を痛めつける
  • 何が一番疲れるかってそりゃあ自分で自分を痛めつけることだ寝起きからそれで疲れてる何をしてもそれで疲れてるそんなことで自分の生きる時間を無駄にたくさん消費してるそうだとわかっているのに今日も私は自分を痛めつける [続きを読む]
  • 自己中心
  • こんなことを言ったらきっと責められることになるんだろうが政治に関心がなくて地域活性化に関心がなくてアートに興味がなくて芸能人のブログにも興味がなくて女子力を高めることもしてないいわゆる現代を活発に生きる人間ではないだって自分で自分を生きることに手こずっていてやっかいで面倒なんだからそんなことまでやってられない [続きを読む]
  • 折り返し地点とか、曖昧だって
  • アラフォーあたりになると人生の折り返し地点とか言って人生を見直し生き方を洗練させ大切なものや大切な人を優先し無駄なく生きようというメッセージがよく発信されているなと感じる確かにそう思う確かにねけど、人生の折り返し地点とかまだ40年生きられる約束などないし45歳くらいで死ぬかもしれないし折り返しどころかとっくに折り返されてるし今までの若かった約40年と老化していくこれからの40年じゃやれることが全然違うし身 [続きを読む]
  • いつもこんな日を待っている
  • どうにも理不尽で受け止め難いことがあってもそれを乗り越えていけないならば私の力が無いせいだ、といつも思う他人に振り回されて勘違いしてみっともなくなってる自分をこの上なくボロクソに責めるなのに、所詮、私はこんなもんだと割り切ることが出来ず思うようにできない(ならない)自分が嫌で嫌で吐き気がするそんな風な毎日を長い時間生きていたら否定しなくていい部分も大切かもしれない過去もみんなくすんで落書きみたいにド [続きを読む]
  • どーにでもなりたい
  • 限界だ…何をしていても気持ち悪いもう考えたくない何も70kgに近づく身体と否定で固まった頭ずっと同じ場所をぐるぐるしている開き直ってもーどにでもなれーってなりたい悩むのは自分の人生を素敵に素晴らしくしようなんてバカなこと思ってるからでどーにでもなれー!ってなればどんな人生でもいいわけだから悩む必要がなくなるああ、もうすぐどーにでもなれースイッチが入りそうなくらいに私のネガティブな息苦しさが臨界点に達し [続きを読む]
  • 70kg
  • 70kg目前13年も吐いてるくせに最近は吐き切れていないのだと思う吐けない時の過食ぶりもあいまって70kg台がチラついてきた長年の不摂生からか顔がシミだらけでくすんでおばあちゃんみたいきっと目が覚めた時に私みたいになっていたら自殺してしまう人がたくさんいる、なんてバカなことが頭をよぎる最近は吐いた後の虚脱感と生きることへの無力感が半端ない自由にやりたいことをやればいいよ!ポジティブな思考が生きる素だよ!→や [続きを読む]
  • 違う場所へ行きたいくせに
  • 繰り返し買われる紺や青の服みたいに同じ場所に行き同じ場所に帰る同じようにまた食べて同じ感情を味わって吐いて夜が来て疲れて眠る人が感情をぶつけているものは遠ざけて目をつぶっていたい人が欲望を持ってギラギラしている場所には絶対に近寄らない傷つけられない安全な場所はとても緩くて楽なんだけど同じループは自分で自分を責める理由になる少し違ったことを違う道を選んで行くだけで違うものが見れるってことを知ってるの [続きを読む]
  • 過食嘔吐と老い
  • 若さは絶対的に美しいと思う若さを保とうと頑張っていても本当に若い人と並べばそれが作りものだとすぐにわかるそして若い人は若いという期間限定の優越感で自信を持って生きている自分も若い頃はどんだけ吐いてても苦しんでいる(つもり)でも若いという感覚で生き長らえていたんだと思ういい歳になってきて吐いてフラフラしてイラつきも抑えられなかったりしてふと鏡を見て何やってんだよって思う例えばスーパーにいるようないわゆ [続きを読む]
  • 行動する
  • やはり行動することしか私を変える方法はないのだどう在るかとか行き着く所まで行き着いた思想とかきっとあった方がいいんだろうけど気持ちがすっきりするくらいに自分の中で整理がついて前向きになれた日があっても今までと同じように時間を過ごしてしまうとあっという間に消えて行く小さな行動でも今までと変えて動いてそれを繰り返して私のものにしないとただたくさん考えて思っていてもこのしんどくだるい毎日は変わらない動け [続きを読む]
  • 5回吐いた今日思うこと
  • 今日は5回吐いたいつまでたっても私は私の望む私になれないここ数年身体のある一部を傷つけている治りかけたらまた傷つける治ろうとする身体傷つけたい衝動繰り返される回復とダメージ随分な時間が経過して私はましになったと思う老化してるんだけど中身はましになったと思う私は自由だし私を抑えつけてるものは私以外にはないもっと好きなように動け!そう念じてあきらめずになんとかなんとか生きてくれ私 [続きを読む]
  • やっぱ2500回は吐いたな
  • 最近もよく吐いているそして思うことがある以前はもっと刹那的な毎日だった若い私は過去しか見ていなくて今が苦しいから吐いたっていいしお金を使ってしまっても過食したいんだから仕方ないし今を生きのびるには食べて吐くしかないしなんて思ってた自分のことしか考えてない過食と嘔吐の快楽にぬるぬる浸ってだらだら生きてきた今は子供に悪い影響を与えたくない子供の未来に私も生きていたいだから食べて吐く快楽をやっぱり卒業し [続きを読む]
  • 本当は暇人
  • 本当は暇だから自己否定に頭や気持ちを持ってかれてるだけでいつも持ってかれてる時間が私に戻ってきたら本当は暇だからでも何していいのか自分で本気で考えてないからやっぱり暇なんだな育児とか仕事とか家事とかそういうこと以外の部分で本当は自由に使える時間と体があるって贅沢なことなのにもったいないなぁ [続きを読む]
  • 自己否定しながらも図々しい私
  • いつもいつも自己否定という奴に押さえ付けられ足を引っ張られ時には腹部に激しいパンチを喰らってズタボロに責められ見下され生きてきた私が自己否定という意識に気付いたのは30年くらい前ずいぶんと長い間自己否定に攻撃されながらも生きてきたものだ私はもしかしたらたくましくてめげなくて図々しい強い人間なのかもしれない初めてそんなことが頭をよぎったこれはこれでそう思い込んだら楽だなって思う開き直りのような本当のこ [続きを読む]
  • 私の責任
  • 何かに向かおうとする時何かを始めようとする時やってみようやれば出来るかもしれないやってみなければわからないやってみることが大切だそんな風に考えて本当に行動出来たらいいのに頭ではそうしたいといつも願ってるでも私の気持ちはやれるなんて幻想だやって何の意味がある?あんたなんてしょーもないのにできるわけないいつもそうやってもやをかけてしまうそうして私は自分の生きる時間から逃げてしまう「やってみればいい」そ [続きを読む]
  • わかっちゃいるけど変えられない
  • こんなに自由に動けるのにこの身体でいるのが不快だって?食べものがあって餓死しないってわかっててその上で食べて吐いてるって?住む場所も仕事もある。家族もいる。過去がどうであれ太ってようがもう若くなかろうが吐かなきゃいけない理由って何なんだ。それは自分で自分を見下して関係ない他者と比較して卑下して責めることが日常になってるからだよ!そこを変えない限り吐こうが吐くまいがずっとしんどい。わかりきってても変 [続きを読む]
  • 吐いても吐かなくても
  • 何が嫌でこんなんなってんの?何が私をいつも嫌な気持ちにさせる?なんでこんなに憂鬱なの?どこへ向かって生きているの?しんどくてざわざわして苛ついて途方に暮れて無気力で眠ることすらしたくない。何も何も何もしたくない。…でもそうもいかない。そうもいかないと思いながら過ごす時間がまた無気力を増幅させる。過食嘔吐が10年続いて2年前から一時的に治ってそれでも時々吐いていたけど最近はまた吐くようになってきた。吐 [続きを読む]
  • 私の味方
  • 今までは自分や自分の過去が嫌で仕方なくて自分自身にひたすらダメ出しして否定して否定して自分をひねり潰すように責めて生きていた。自分とその過去を見下し嫌悪しかないそれらを変えるために今からを生きる自分に何もかも上手くやれ!と言わんばかりに強制的な努力を無理強いしてきた。もうそのやり方はやめる。苦しいのはもうやめる。やめてもいいやって感じ。自分とその過去がなければどっちにしろ生きられないし否定してドヨ [続きを読む]
  • 特別ってどんな?
  • 特別な存在になりたいと願ったのは自分で自分を認めるために必要だったからだ。はっきりと確実に他人の手が届かないくらいに、特別に。じゃあ、自分で自分を認めることができたらもう特別でなくても大丈夫なの?気持ち良く生きていける?たくさんの人間が生きている中で特別って何なんだろう。抜きん出て、頭が良く、美しく、感性が素晴らしいこと?お金を稼ぐ能力が高く、物事を処理する能力が高く、人を魅了する力があること?ど [続きを読む]
  • 知人の腐ったブログ
  • 知人がブログを始めたと言うので覗きに行ってみた。体調が悪いアピールとランチや飲み会。ネイルにスイーツ。ああ…薄っぺらくて、つまらない。いい人ぶってるけど、あちらこちらに人を見下した感じが満載。かまって欲しくてしょうがなくて、そしてなんか気持ち悪いブログだった。もともと好きではなかったけど、なんだかイライラして嫌いになった。今までいろいろな人たちのブログで、読む人に伝えたい!と書かれているものや気持 [続きを読む]