じろうごろう さん プロフィール

  •  
じろうごろうさん: 2330回は吐きました
ハンドル名じろうごろう さん
ブログタイトル2330回は吐きました
ブログURLhttps://ameblo.jp/doala0581/
サイト紹介文2330回以上過食嘔吐した自分ですが症状は治まりつつあります。自己否定レベル99です。
自由文10年程の間、過食嘔吐回数を数えていましたが、吐かなくなり中断しました。偏った思考や落ちた感じの表現が多いですが、なんとか上がろうとしてます。でもまだ山を越えてないと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2014/09/01 21:46

じろうごろう さんのブログ記事

  • 知人の腐ったブログ
  • 知人がブログを始めたと言うので覗きに行ってみた。体調が悪いアピールとランチや飲み会。ネイルにスイーツ。ああ…薄っぺらくて、つまらない。いい人ぶってるけど、あちらこちらに人を見下した感じが満載。かまって欲しくてしょうがなくて、そしてなんか気持ち悪いブログだった。もともと好きではなかったけど、なんだかイライラして嫌いになった。今までいろいろな人たちのブログで、読む人に伝えたい!と書かれているものや気持 [続きを読む]
  • 人を嫌って疲れることをやめたい
  • 人を嫌うのは疲れる。嫌いな奴をとことん否定してそいつの失速を期待する。言動ひとつひとつに苛立ってその度に自分の中で不快な塊がぞよぞよと動いて気持ち悪い。でも相手を完全に否定することは出来ない。それをすることは私には出来ない。それが余計に私をしんどくさせる。やめとけばいいのにそいつと自分のルックスやステイタスや仕事や生活ぶりを比べて負けていると思ってしまう。ぞよぞよからドロドロになる。ぞよぞよさせな [続きを読む]
  • 邪魔もの
  • 自己否定は何かをやろうとする私を常に邪魔してくる。お前なんか何やったって無理だし調子乗んなよって言われ続ける。人格が変わる、気力が奪われる、死に至らしめる。情けないって説教とか自分次第って叱咤とか高いカウンセリングとかそういうのでは治らない。 [続きを読む]
  • 結局は生きたいってわかってるけどしんどい
  • 落ちる悩む疲れるなまける逃げる言い訳する愚痴るいじけるねたむ私の大部分はいつもだるいいつも疲れているいつも無気力いつも現実逃避気持ちは過去ばかりに向くたくさんの失ったもの自分の怠慢と無能さネガティブな言葉と感情ばかりを今を生きている自分から大量発生させて生きている熱量を持って気持ち良く生きたいと願い生きようとして生きる人を見ていつだって心を揺さぶられると知っているのに自責癖に甘んじることは同じ怠慢 [続きを読む]
  • バカみたいに泣いた
  • まるで殴られたような衝撃。私の嫌いな彼らの欲望とそれを手にしようと生きる日々に。ああ何て羨ましいことだろう。私には何の欲望もわかない。私は生きている時間を自己否定して無駄に過ごし醜く存在している。涙が出る。 [続きを読む]
  • 終わらせたいけど終わりじゃない
  • あたしを終わらせたい。あたしを終わらせないと、これ以上はきつい。終わりなんだと何度も言い聞かせた。なんだかすっきりした。色々なものにから解放された、そう思えたから。じゃあ何が終わったんだ?何から解放された?…ダメだ、やっぱり終わりはない。死ぬ時まで終わりはこない。 [続きを読む]
  • この世界が嫌い
  • この世界が嫌いか?この世界に生きていたくないか?この世界ではなくてあなたという人間として生きることが耐えられないか?誰もあなたを認めてなどくれないか?それどころかあなたを見下し、馬鹿にして罵ってくるか?そう感じる時はいつも狭い場所でうずくまっている時。外をぶらついて帰ってきたらまた一日を乗り切れるくらいの気分にはなれているものだ。考えないで外にでよう。 [続きを読む]
  • 今を無駄にする
  • 今を生きる、何度もここに行き着いたはず。みんなそう言う。今が大切だって。過去に足を取られて、自己否定ばかりを繰り返す体は重くて今をやり過ごす、今を流す、今を無駄にする、そんなやり方が習慣となり私は逃げ癖のある甘くだらしない人となる。過去はこうだった、こうしてきた→だから今が惨めで情けないんだこれからはこうすべき、こうしなきゃいけない→過去の始末は今ここにいる自分には重荷今までのことや今までのやり方 [続きを読む]
  • うさん臭いわ
  • まともな人間を装っているつもりだった。きちんと働いて、常識的で。そうしようとすると嘘をいっぱいつくことになる。たくさんのことから逃げたいし、常識なんか持ち合わせてないから。嘘でつじつま合わせをする。でも、余りに嘘が多すぎてうさん臭さが出てくる。私の現実を知られないように嘘をつけばつく程に私はうさん臭いやつになる。清々しく生きたいなんて贅沢なこった。うさん臭い現実逃避女からは程遠い。こんな風に生きて [続きを読む]
  • 不快
  • 不快すぎる。自分で生きてることが。生きづらいっていうんだろうけど、様々な理由があって生きづらい自分がこうして生きてるんだけど、とにかくとにかく不快だ!自己否定って言葉も使い果たした。過食嘔吐をしなくなっても何が良くなったかなんてわからない。休みたい。休みたい。今までだって散々休んでさぼって逃げてきたけど、それでも休みたい。夫はしんどそうに朝早くから出勤し、子供はイヤイヤしながらも保育園へ行く。私だ [続きを読む]
  • 食べることに代わるもの
  • 食べることは私の重要な部分だ。寂しい現実、悲しい現実から逃れる手段。もういっそ逃げたいことの全てから逃げる手段。豚のようにほおばって詰め込んで、逃げたい現実などなかったかのように麻痺させる。食欲とは違う、逃避の作業。母がいなくなってその影響で食べ始めたのか当時の私が幼すぎてわからないけど写真で見る限りはそうだと思った。母の影響、不安定な家族、そして繰り返される逃避の作業。物心ついたときには肥満児で [続きを読む]
  • 弱いなぁ
  • 摂食障害を経て自分の育ってきた時間や家族のことを考え直した。いろんな理由があるだろう。きっと仕方ないことだってどうにも出来ないことだって、たくさんあったんだろう。いろんなことが上手くいかない、自分の望みすらわからない。自分を認められないから自分を責め続けるしかない。そんなことひっくるめても全部ひっくるめてもやっぱり自分ってこんなにも弱いのか、と思う。弱い。弱すぎる。それでも自分を認めるために停滞し [続きを読む]
  • 歴史に名を残したいとか
  • 歴史に名を残したいってほざいてやってることは人のパクリばかりな奴がいた。そして、そいつは私のことを歴史に名は残せないけど都会でひっそりと暮らすタイプだと言った。バカか、歴史に名を残そうなどと思ってもないわ。私は自分って存在を認めようとするだけで精一杯。 [続きを読む]
  • 言霊
  • 言霊が存在している。そう思えることが最近たくさん起きる。私はしばしば嘘をつく。その嘘は近い未来に現実のものとなったりする。自己否定を繰り返し摂食障害となり10年以上経ちおそらく生きるために悩み考えてきた。決定的な答えは出ない。答えを見つけた!と思ってもそれはすぐに流れ去ってしまう。長い自己否定からは簡単には逃れられない。自己否定がなくなることなどない。考え続けるしかないのだと思う。生きている限り。言 [続きを読む]
  • 受動的
  • 私は主体性がない人間だと歳をとるにつれて気付きだしていて、とあるルポライターの書いたものを読んでそうか…と思った。私は生きることに「受動的」なのだ。困難や問題に直面した時の思考停止。受け流してしまい、その場を逃げる。逃げると言ってもしんどいまま、さまようだけ。けれども逃げ切れないから受け入れてしてしまう。自分の現実逃避からくる行動はしばしば常識から外れていると感じる。無責任と言われたらそうだし、も [続きを読む]
  • なくなる執着
  • 生きてる時間が長くなるにつれて要らないものがわかってくる、なんてよく聞くけどそれは本当なんだなと思う。もともと物にも人にも執着がぜんぜん無い。あれやこれやと湧き上がる欲望もなく食にも着るものも住む場所も大してこだわりがない。昼休憩が取れない程に仕事は忙しいけれど、つまらない話をしながら職場の人とランチするくらいなら仕事をしてる方がいい。化粧もあまりせず外出しても平気で、女を捨てたとか終わったとかも [続きを読む]
  • 人間なんだから
  • 人間なんだから生きているんだから、何かを生み出せ!創造しろ!と世界は要求してくる。感性を磨け、表現しろ、技を極めろ、本を読め、映画を観ろ、経済を知れ、そうでなければ生きる価値が下がるぞ!と脅してくる。そして金を稼げ、美しくなれ、常識を持って行動しろ、市場価値を高めろ、でなければ卑下されて惨めになるぞ!とあおってくる。ああ、うるさいんだよ。何者かにならなければならないのか?創造しなければ人間として生 [続きを読む]
  • 生き恥
  • 自分ばかりが大変なんだと思っている。育った環境も通ってきた道のりの困難さも摂食障害も背負って生きているのだから自分の生きてきた時間が特殊なんだと勘違いしている。だから自分のことを話したがる。すごいね…大変だったね…そう言って欲しくて話したがる。けど、実際にそれを他人に言われるとすごく虚しい。なぜなら、すごくもないし大変でもないから。何もできないし、何も得てきてないから。生き恥をさらし続ける自分。歳 [続きを読む]
  • 何の抵抗もなく再発
  • 仕事が忙しくて休憩もままならずひたすら働く。朝も夜も保育園への道のりは急いで焦って余裕など全く無い。朝も昼もご飯を食べる時間がない。子供に急かされる中急いで作った夕食が一日のメインな食事になる。子供の好き嫌いにより必ず残る夕飯。残した分を食べてしまう私。空腹の胃に入れた食べ物たちは私の身体を重く鈍くしんどくして不安な気持ちを呼び起こす。出さなきゃ。食べたものも重みも不安も出さないともう動けない。出 [続きを読む]
  • 自由時間
  • 仕事して家事して子供が中心の生活を送っているけど3日くらいひとりになれたら何するかなぁ…って考えた。ひとまず、家中を掃除してでもそれは1日くらいで終わるな、なんて思った時にスーパー行って過食食材買ってテレビ見ながら好きな様に食べて吐いて食べて吐いて食べてお風呂入って寝て好きな時間に起きて…とか勝手に妄想する、根強いネガティブ脳。旅行行って〜とか買い物して〜とか映画観て〜とか友達と出掛けて〜とかそうい [続きを読む]
  • ネガティブスイッチ
  • 我ながら御多分に洩れずこの肉肉しい身体とネガティブスイッチがバカになっててすぐに入ってしまう頭と心を消し去りたい、逃れたいと立ち上がるのがしんどい今日の日。己の欲を理解し向かう先を知り日々、進んでいる人々と肉の塊として横たわる自分とを比べ、余計に消えたら楽になれるかもしれないと気持ちか黒くなっていく。悔しいな、泣けてくるな。消えたら楽になるのは自分だろうけど、だからって誰に影響を与えるわけでもなく [続きを読む]
  • 毎日の選択
  • 生い立ちとか生まれ育った環境とか人生を左右するとは思う。それでも全ては自分の選択の連続で成り立っている。その時間の積み重ねが私になっている。私は私をいつも責めてきたけど、私でなければ私を変えられない。いつもと違う選択をする勇気と選択をした後の責任と継続していく努力が私には必要だ。それをしんどいとか面倒だとか逃げたいとか言ってたら、今日も明日も今までと同じ。 [続きを読む]
  • いつものざわざわ
  • 私の不安定な気持ちから発する言葉や態度を誰よりも敏感に心と体で感じてしまう子供。私の不安定さを生まれてからずっと見てきている。一番近くでずっと感じている。言葉や態度を理解するようになりより強く感じとってしまうのかもしれない。今日はいつものように太った自分の重い身体が落ち着かなくて気持ち悪くて気持ちがざわざわしていた。着替えをなかなかしない子供に一人で留守番してて、お母さんお仕事行くからと言うと、自 [続きを読む]
  • 似た者夫婦
  • イライラする。実にイライラする。旦那へのイライラが積もっていく。いや…あれ?…ああ、そうか。この人も、生きることへの熱量をあまり持つことが出来ずにいて狭いところで窮屈に生きているから私はきっとそういうのを見せられたらイライラするんだな。自分のことが優先で自分の気持ちが優先で自分のことばかり考えて頭が働いてなくて他者への思いやりを持てずいつだって「自分は疲れている」ってそんな態度とオーラで生きてる。 [続きを読む]