Sym さん プロフィール

  •  
Symさん: 塾の先生から見た子どもたち
ハンドル名Sym さん
ブログタイトル塾の先生から見た子どもたち
ブログURLhttp://blog.study-astraea.jp/
サイト紹介文日能研の公開模試やカリテの攻略法、子供のやる気やテクニック、教材の使い方を解説します
自由文日能研・夏期講習テキストによる違い(発展・応用・標準)
http://blog.study-astraea.jp/nichinoken_summer_textbook/
現代文(国語)ができない人がチェックすべきポイント
http://blog.study-astraea.jp/post-220/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供45回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2014/09/02 16:21

Sym さんのブログ記事

  • 志望校選びと勉強の作戦〜秋は作戦の季節〜
  • さて、国語の話の途中ですが、そろそろ秋なので志望校の話をしておきたいと思います。志望校選びは子供のやる気に関わるので、中学受験の方はそろそろ早めに第一志望と第二志望までは決めておきましょう。参考記事はこちらです。志望校選び>>偏差値30台からの八雲合格の例 「学校見学は、授業中じゃなくて、休み時間こそ見るべきなんだよ。知ってた?」この少女は本当にすごいです。中学生になってからも学力低下して塾戻りした [続きを読む]
  • 指示語を上手に使うために日頃からできること
  • 前回の記事では、読解力の核となるのは「指示語」を理解する力だと書きました。では、指示語を上手に使うためには、どういった練習をすればよいのでしょうか?日頃からできること一度人に言った言葉については、意識して「それは」とか「これは」と言うようにします。そして、それやこれを使っている時は、自分では元の言葉を意識するようにしてください。「このお皿どこにおく?」「それはここに置いて」という場合をイメージして [続きを読む]
  • 読解力=指示語の理解力を高めよう!
  • 前回、国語力とは?を考えた時、たくさんの力に分けて考えることができると書きました。例えば、語彙力読解力論理力共感力推測力という風にです。今回は、前回に続いて、読解力について書いていきたいと思います。客観的に測る「読解力」=指示語先生たちから見て、客観的に「読解力」を測ることは簡単です。国語の読解問題、文章問題の点数を見ればよいのです。さらに、その中でもこれができていない子はわかってないなとわかるも [続きを読む]
  • 漢字の書きと語彙力
  • 国語の勉強って、難しいですよね。今回は、国語の勉強方法について掘り下げる前段階として、どうやって自然と国語ができるようになっていくのかについて話していきたいと思います。まず、その第一回目として、今回は語彙力と漢字についてお話したいと思います。国語力とは?国語の力はいくつかの細かい力に分けることができると思います。語彙力読解力論理力共感力推測力こういったものに分けられると私は考えています。語彙力語彙 [続きを読む]
  • 中学受験を諦めて高校受験は危険?シリーズまとめ読み
  • 先週は、安易に中学受験を諦めて高校受験をすると決めるのは危険が伴うという話を連載してきました。このシリーズのまとめをしていきたいと思います。中学受験を諦めて高校受験は危険?シリーズ>>中学受験を諦めて高校受験にするのもいいかなと思っている親御さんへまず最初の記事はこちら。諦めることでどういうことがあるのか、軽い導入の記事となっています。>>高校受験への安易な切り替えは危険!?公立中学は定期テストが [続きを読む]
  • 中学受験したけど高校受験もした例
  • 連日、中学受験から高校受験に切り替えてカオスなことになった例をご紹介してきましたが、今回は中学受験したけど高校受験もした例についてご紹介したいと思います。お金のことはさておき、中学受験と高校受験のどっちかしかできないっていう思い込みを取っ払えば良いのです。それではいってみましょう。例1:都立中高一貫から私立高校へ彼は中学受験をして、有名な難関都立中高一貫校である桜修館に入学しました。都立桜修館中等 [続きを読む]
  • 中学受験を諦めて高校受験…からの高校中退した例
  • 今回は、中学受験を6年生で諦めて、第一志望の高校に推薦で受かったのに、高1の1学期で中退した例をお話しようと思います。私が知っている色んなケースのなかでもかなりびっくりなケースです。とても子供に甘い両親他人の目から見てもとてもかわいい女の子でした。一人っ子で、美少女です。甘えん坊で、甘え上手。両親はなんだかんだとても娘に甘かった。あんなかわいい娘がいて、あんなに甘え上手で甘えん坊じゃあ、甘やかすのも [続きを読む]
  • 中学受験・頑張らせてみてダメだったら諦めようは危険!!
  • 連日のように中学受験から高校受験に切り替えると危険という話をしてきました。まず、過去の記事はこちらからどうぞ。>>中学受験を諦めて高校受験にするのもいいかなと思っている親御さんへ>>高校受験への安易な切り替えは危険!?公立中学は定期テストが少ないでは今日の本題。実際に中学受験を諦めて高校受験を選択すると起きるかもしれない危険について話していきたいと思います。 子供が自信を失ってグレる(高)中学受験 [続きを読む]
  • 高校受験への安易な切り替えは危険!?公立中学は定期テストが少ない
  • 高校受験に切り替えようかなって思うのはちょっと待った!っていうお話をしたと思います。今回はその続きで、都心部の公立中学校の定期テストについてお話したいと思います。公立中学(都心部)の学力低下問題三年前にすでにこの内容の記事を書いていました。記事からのまとめになりますが、こいつはやばいなと思ったのがまずテストの回数の少なさです。私立と公立では定期試験の回数から違う!今回は聞き取りした生徒が教えてくれ [続きを読む]
  • 中学受験を諦めて高校受験にするのもいいかなと思っている親御さんへ
  • 中学受験と高校受験で必要なものの差や準備などについてご紹介します。指導経験を踏まえて東京都と神奈川県中心にお話しますが、多分東京都周辺の事情はそこまで大きく変わらないとは思います。地元の中学の評判は大丈夫ですか?地方ではなく、大都市の場合、地元の公立中学の評判を確認することが大切です。特に神奈川県の都市部は公立中学が荒れていることで有名です。覚えてらっしゃいますか?中1殺害事件を。あのエリアは地元 [続きを読む]
  • 「必ず一回手を上げて質問をしろ」の真の効果とは?
  • 9月になりましたね。夏休みの学習の成果が思うように出ていなくて悩んでいる方もいるのではないでしょうか?今回は、学習したことを成果として数字にかえるにはどうしたらよいのかを解説していきたいと思います。学習するだけでは点数にはならない?当然ですが、学習するだけで点数になるのでしたらみんな満点です。では、点数が取れる人と取れない人とではどう差が出るのでしょうか?単純に2つの現象を並べてみると…勉強する → [続きを読む]
  • 中学受験に乗り気でなかった子供の話
  • 中学に入ってみると、受験に乗り気でなかった子もいました。もちろん、学校に入ってからもあまりやる気がありません。なぜなのか、彼女は後からこう言っていました。「小学校に仲の良い友達がいて、とてもいい環境で、離れたくなかった」ああ…幸せなことですね。でも、親の立場だと受験して私立に入って欲しい。彼女は嫌々ながら適当な勉強しかしなかったそうですがでも受かってしまった。私は逆の立場で、地元の中学が荒れに荒れ [続きを読む]
  • まだ読んでいないテクニックはありませんか?2017年8月まとめ
  • 夏休みも終わりに近づいてきました。今月は結構記事を書きましたので、ご存じない話が書いてあるかもしれませんよ。是非興味のあるものをチェックしてみてくださいね。 やる気についての記事子「うちの親は私の成績なんてどうでもいいと思ってるから」将来の夢を持たない子供たちが考えていることとは?子供のやる気はいつの時代も問題ですけれど、某個別指導塾のCMみたいにやる気スイッチがあってポチっといれてあげられるわけじ [続きを読む]
  • 計算スペースと筆算について絶対に覚えておくべきこと
  • 昨日の算数の記事でも触れたとおり、今回は計算スペースについての話です。「計算スペースを作る」とは、日能研ノートの1頁分の右側4マスくらいに縦の線を引いて計算スペースを作ることを言います。でもこれってどうなの本当のところ。実用的なの?私個人の直感では計算スペースなんていらないです。余ったスペースに堂々と大きく書けば良いのです。幅の狭い計算スペースは、むしろ計算ミスを誘発します。以下理由です。なんで先生 [続きを読む]
  • 【算数】中学受験に役立つ市販教材
  • 今回は、市販教材で中学受験の勉強に役立つ「算数の参考書」の紹介をしていきたいと思います。日能研ブックスが中心になりますが、小学生にも使える一般の参考書も紹介したいと思います。日能研ブックスのおすすめ参考書私がひとつだけおすすめの本を選ぶとしたら、ダントツで算数ベストチェックです!!ベストチェックがお気に入りすぎて既にたくさんの記事を書いています(笑)ベストチェックは素晴らしい教材!算数ベストチェッ [続きを読む]
  • 子供の才能がわかった時とその具体例・その2
  • 家族から見ると普通のことでも、先生から見ると「おっこれはすごいのがきたぞ!」と思うことがあります。そして、平凡そうなのに実は原石だったなんてこともあります。そういう例を引き続きいくつか紹介していきますね。今回のポイント今回の解説ポイントとしては、普段どういう姿や態度を見せているか周りからどう言われているかどういうときに才能に気付いてあげることができたか才能に合った勉強法こんなところでしょうか。それ [続きを読む]
  • 子供の持つ才能の見つけ方と才能の例
  • 前の記事で才能×努力±運というお話をしました(→まだ読んでない方はこちらからどうぞ)。今回は軽くですが、才能とはどんなものか、そして才能を伸ばすにはどうしたらいいかを考えていきたいと思います。今回の記事で言う「才能」とは前提となる式が「才能×努力±運(+コネ)」だとします。では、努力と運とコネでない部分が才能なのではないでしょうか?努力にあたるものは?勉強時間復習回数予習教科書を読み込んだ量模試を [続きを読む]
  • 将来の夢を持たない子供たちが考えていることとは?
  • やる気のない子供にやってはいけないこととは?という記事を3年位前に書きました。その時、夢がない子供が増えているということについても触れましたが、塾講師を長くやっていて、特に最近は夢を持たない子供が増えているなと感じています。なぜ彼らは夢をもたないのでしょうか?家の経済状況を口にする子供が増えている高校生に「部活なにしてるの?」と聞くのと同じくらい、小学生に会うと「将来の夢は?」なんて聞く人もいまし [続きを読む]
  • 子「うちの親は私の成績なんてどうでもいいと思ってるから」
  • 前回は勉強ができる・できないについての話を書きました。今回はやる気がない子供と放任親についての話を書きます。まず、管理しすぎる親の話をすこしだけして、次に、無関心なふりをしている親の話を書きたいと思います。管理しすぎる親親は子供に期待をしてしまい、ついついあれもこれもと言いがちです。特に、宿題を終えた子に、じゃあ明日の分もやりなさいと言ったりするのはよくあることですね。でもそれはダメです。親からし [続きを読む]
  • 「勉強ができる人」と夏休みの宿題のやり方
  • そもそも「勉強ができる」とは?これは、私の後輩で、青稜→理科大→一流メガバンクに行った人が言っていたことなのですが、点数のような結果みたいなものはこのような計算式だと思う、と。才能×努力±運そもそも素養がある人間は最初の基数の時点で違う。そして、努力は元が良いだけ伸びも得られる。つまり、足すではなくて掛けるなのだろう。そして、最後は大きくプラスマイナスで運、とくる。これは、どんなに才能や努力が足り [続きを読む]
  • 公開模試や中学受験に役立つ関連記事まとめ
  • 6月の公開模試の前に参考になればと思って、役に立ちそうな過去の記事を拾ってまとめてみました。子供の成績が伸びない系まじめにやるのになぜか成績が平均前後の子には「努力」ではなく「能力」を伸ばす教育を勉強時間をとっているのに成績が伸びない。なぜ?天才と才能と努力の違い成績が伸びない―問題を解いてノートもとっているのになぜ?「やればできる」と「やってもできない」子供の「勉強に対する無気力感」(前編)子供 [続きを読む]
  • 日能研生が模試で算数の偏差値50を目指すための最速テクニック
  • 今回は算数の偏差値50を狙うために日能研生がどうすればいいかを紹介します。前、同じ内容の記事を投稿していたのですが、現在、本科教室は「例題・演習」ではなく「考えよう」という名称を使っており、「発展」も「深めよう」になっているので、それに対応して修正しました。親御さんと話していて、そして小学生本人とも話していて良く感じることは、「テキストの使い方を分かっていない」である。実の所、日能研は「予習禁止」を [続きを読む]
  • 赤シート暗記ノートの作り方
  • 古文の暗記ノートの作り方を紹介します。高校生から特に質問が多いので、自分が昔作っていたらしい高1のときのノートが残っていたので、写真をとってみました。赤シートノートの基本の鉄則赤シートをかぶせると「ノーヒントの素の文章」と同じになるようにする→テストではヒントのない教科書にのっている文章と同じ状態で出てくることを意識!どこを答えればよいかを色ペンでわかりやすくする→回転効率を上げるため枕草子の例オ [続きを読む]
  • 小テストでいい点をとる方法(復習編)
  • 以前、点数を取るために行う最もシンプルな方法という記事を書いたことがあります。実は、これって知らない人が多くて、小テストで点数をとれないので自信がつかず、もちろん大きなテストでもとれないという連鎖になってしまうのです。なので、数年ぶりに取り上げてみようと思いました。小テストのための暗記練習のポイント小テスト訓練法で書いたとおり、練習するときのポイントは下記の通り。「短時間でまるっと覚える」を基本に [続きを読む]
  • 日能研・公開模試対策!実力を発揮するための戦略
  • 公開模試では、①範囲が決まっていないテスト用の戦略と、②カリテ同様の中学受験テスト用の戦略の2つを意識することが大切です。具体的にどんな順番で何に気をつければ良いのかを見ていきましょう。昨日の記事では、日能研の夏期講習のクラス分けは6月の公開模試の結果が重視されるとお伝えしました。今から対策すればまだ間に合います。努力ももちろん必要ですが、何よりも「効率よく」「賢く」頑張っていきましょう。カリテと公 [続きを読む]