初一念 さん プロフィール

  •  
初一念さん: 自然に生きて、免疫力を向上!!!
ハンドル名初一念 さん
ブログタイトル自然に生きて、免疫力を向上!!!
ブログURLhttp://shizenkenko.blog.fc2.com/
サイト紹介文すべての病は免疫力の低下が原因。免疫力を向上させることで病気予防・治癒を目指しましょう。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供107回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2014/09/02 23:11

初一念 さんのブログ記事

  • 便秘は全ての病気の原因
  • 便秘は大腸のせんどう運動不足で起きる場合と、ストレスなど緊張状態で麻痺する場合があります。主に運動不足で起こる原因は、白砂糖の摂り過ぎです。加工された炭水化物なども原因となります。白砂糖は習慣性があり、麻薬に近いものであり、危険極まりないものなのです。肉食を続けていると便秘になります。肉のタンパク質は、腸内で腐敗すると強烈な発ガン物質となります。腸内は40℃近くありますので、肉は早く腐りだします。 [続きを読む]
  • おにぎりと発酵
  • おにぎりは日本人の代表的な携帯食です。標準的なものは、塩・梅を使います。塩梅(あんばい)が良いと言います。調子・加減が良く、体の具合、健康状態が良い事を表します。おにぎりを作る場合、塩で味付けし中に梅を入れると防腐の役目をします。又、自然塩で握ると、加工塩(Nacl 99.5%)のように辛いだけでなくミネラルたっぷりなので、美味しく感じられます。コンビニ・スーパーのおにぎりは、どうして不味くて危険なの [続きを読む]
  • 母乳の大切さ
  • 当たり前の事ですが、哺乳類は赤ちゃんを乳で育てます。母乳で育てるのが自然なのです。人間が赤ちゃんを粉ミルク(主に牛の乳)で育てるのは不自然で、いろいろな病気を誘発します。特にミルクの中のタンパク質が、人体に異物・異常反応を起こし、アレルギー・アトピーの原因となります。そして生まれた赤ちゃんは母体から受けた毒を母乳(特に初乳)でデトックスします。この時にミルクを与えていると、毒が体に残ります。そして [続きを読む]
  • 陰陽と心の持ち方
  • 自然治癒力と免疫力を高めて健康に生きる為には、食物と腸管力も大切な要素ですが、心の持ち方(ストレス)も大きな比重を占めます。それには、中庸を保つ考え方が重要です。この世の中全てには陰陽があります。対立する事もありますが、共存・補完している物でもあります。太陽に対して月があり、天に対して地があり、夏に対して冬があり、男に対して女があります。昼は活動し、夜は寝ます。全て陰陽です。食べる物でも、夏は暑い [続きを読む]
  • 人間の健康は腸の健康
  • 腸の健康のバロメータは便に表れます。風邪をひいたりストレスが溜まると、便秘になったり軟便になったりします。腸の状態が良い時は、心身共に体調が良い時です。腸が体の免疫力の70%以上を司ります。便の状態が悪いのは、食べ物が良くなく腸内が腐敗している。そしてストレスなど気持ちの問題などを含めて、腸管力が低下している。 などが考えられます。これらを治すには、食事では、食物繊維の多い野菜や腸内細菌のエサとな [続きを読む]
  • 腐敗と発酵
  • 全ての物は微生物により腐敗して土に返ります。微生物が増殖する事を腐敗と言いますが、その内人間にとって役に立つ事を発酵と言います。人体も腸を中心に、善玉菌で腸内フローラが発酵状態となると、健康になります。結果、便の状態も良く、臭いも悪臭がしません。体の表面も常在菌が適度に住みついていると、汗の悪臭がありません。人が住む生活環境も植物性乳酸菌で発酵環境となると、嫌な臭いがしません。現代は消毒・殺菌・滅 [続きを読む]
  • 微生物と発酵 ③
  • 広島・長崎の、原爆から立ち直りが早かったのは、放射能を無害化する微生物菌(光合成菌)が日本の発酵文化の中にあった事が、注目されています。原子力発電に代表される核反応や核融合は、大きなエネルギーを発生します。設備も巨大化されますが、自然界では微生物が簡単にそれを行います。それは、地球誕生のはじめ、過酷な環境で生き延びた微生物菌だからこそなのです。植物でも動物でもこの発酵によって核反応が自然に行われて [続きを読む]
  • 微生物と発酵 ②
  • 今迄、健康を議論するのに栄養学が中心でした。これは片手落ちで微生物の活躍を無視して健康の論議する事の無意味な事が最近注目され、腸内フローラの事がマスコミで取り上げられるようになってきました。腸内フローラを高める為には、発酵食品を摂る事が栄養学的(物質的)作用だけでなく、          エネルギー力・生命力=免疫力   を与えてくれています。これは行き着くところは発酵食品の中の微生物なのです。人 [続きを読む]
  • 微生物と発酵 ①
  • 微生物で発酵させた土で育てられた植物・野菜は、生命力が強いし、スーパーで売られている物に比べ、美味しく日持ちします。この事は化学肥料(窒素・リン酸・カリ)でも云われる土の栄養だけでなく、微生物による発酵活動が大きな役割を担っています。発酵がエネルギーとなり(発酵土は手を入れると温かい)、土に生命力を与え、その力がいい野菜を作る大切な要素なのです。つまり、微生物の活動が、成長や活動の大きなエネルギー [続きを読む]
  • 免疫システムとアレルギー
  • 人の免疫システムは、腸内環境に大きく影響されます。腸内環境は、生まれて一歳位までに確立されます。この時に人としての適度な腸内環境が確立していないと、アレルギー・喘息・アトピー系の病気にかかりやすい体質(腸内環境)となります。赤ちゃんは腸内環境を正しく作る為、善玉菌・悪玉菌・中立菌を摂り入れる為、何でも口に入れます。それを大人の感覚で汚いと口に入れさせないと、アレルギー系を抑える微生物菌が腸内に入ら [続きを読む]
  • 食生活と腸内環境
  • 腸内環境の良し悪しと免疫力は密接な関係があります。免疫力の70%以上が腸で造られます。腸内環境が良いと健康で長生きできます。腸内環境は便の状態で判断出来ます。肉食が過ぎると体臭がきつくなり、脂ぎり、便は黒くなってきます。又、腐敗で大変臭くなります。腸内も悪玉菌が増え、環境が悪くなります。この様な腐敗状態が血液となり、体中を回り続けますと、病気の遠因となります。トイレの臭いがひどくなるのは、大腸内が [続きを読む]
  • 食べるを自然に考えると
  • 食という字は人を良くすると書きます。自然に考えると、食欲が出た時に適度に食べるのが一番良いのです。世の常識では、三食食べなければいけないとか、朝食を抜いてはダメだとか、栄養不足にならないように食べなければならないとか、自然な食欲とはかけ離れた義務感にさいなまれています。誤った常識や医療・食品業界の儲け主義から、食が不自然な状況で毎日行われています。病気になると食欲が落ちます。 なぜでしょうか。物を [続きを読む]
  • 現代医学の危険性
  • 人間の体はそんなに柔で弱くない。自然に治るように出来ています。殆どの病気は放っておけば治ります。古代ギリシアのヒポクラテスもその様に云っています。現代医学(主に西洋医学)は、外傷性と緊急性(救急医療)においては意味があり、価値があります。その他の大半の病気は、対処療法で病院にかかると危険性が高まります。例えば、年寄りの人が、あちらが痛いこちらが痛い、という事で数か所の違った病院で薬を処方してもらっ [続きを読む]
  • 免疫力とガン
  • ガンの原因は生活習慣と云われています。三大治療(手術・放射線・抗ガン剤)を施しても治る事はありません。一時的に良くなったとしても、時間と共に転移します。人の細胞は、正常細胞とガン細胞が共生しています。共生しているガン細胞を、無理矢理三大治療で殺そうとしますと、ガンも死にたくないので抵抗力が付くように遺伝子転換を行い、生き残りを図ります。そして、転移という形で遺伝子転換を行ったガンが、より強力な形で [続きを読む]
  • 食生活と生活習慣
  • 現在体調が良くないと感じている人は、医者にかかり、薬を飲んだりサプリを摂ったりして、一時的に体調が良くなっても食生活や生活習慣を変えなければ、又、同じ状態に戻ってしまいます。健康になる為には、免疫力を高める事が重要ですが、一番大切なのが食生活と生活習慣を改める事なのです。今迄、知識がなかったり食物に対する欲などの生活習慣で、体調が悪くなったのですから一番最初にしなければならないのは、食生活や生活習 [続きを読む]
  • 食用鶏肉
  • 焼き鳥はスーパーの店頭で、何故あんなに安く売られているのでしょうか。食料に対する商業資本主義の危険がここにも潜んでいます。タイ国産の鶏肉は、どの様にして製造されているのでしょうか。短期間で出荷して、死亡が少なければ製造会社は儲かります。自然のニワトリは、成鶏になるには約半年ですが、会社が飼っているニワトリは、1〜2ヶ月で成鶏になります。狭い所に入れて、24時間明るくし、抗生物質・成長ホルモンなど薬 [続きを読む]
  • 腐るという事
  • 地球上の全ての物は、土になったり海になったりして、時間と共に消えてなくなります。そして地球誕生の原点、鉱物が溶けた状態から岩石・土になります。又、生命の基、海となります。中でも動植物は、死んだり枯れたりして、土に返ります。その時に腐敗を経過して土となります。そして、土に返る時に微生物が活躍し手助けします。人が作った言葉で、人に有益な腐敗の一部が発酵です。発酵した物を食べたり、土を発酵状態にすると、 [続きを読む]
  • 活性酸素の功罪
  • 免疫システムの中で活性酸素は、外部からの細菌・ウィルスやストレスに対して、体を守る為、白血球の中で造られます。普通であれば問題はないのですが、免疫システムに異常があり、活性酸素が多く造られれば、逆に自分自身の体を傷つける事になります。その結果、生活三大習慣病をはじめとして、アトピー・喘息・うつ病・アルツハイマーなど、老化に伴う病気など、活性酸素による害として表面化します。体を守るべき活性酸素が、健 [続きを読む]
  • 免疫力とは腸管力 ②
  • 人体は腸から血液を通して、栄養や細菌・ウィルスなど全てを、体の各部位に運びます。その為に免疫機能が、腸に集まり体の免疫力の70%以上となっています。その中でも、小腸はたくさんの消化管ホルモンを出し、免疫力の低下を防ぎ、老化を防いでいます。食道・胃・腸など消化器系の丈夫な人は、元気で長生きの人が多いのはその為です。へその下にある丹田は、内臓のツボであり、そこを刺激すると元気になると言われています。免 [続きを読む]
  • 免疫とは腸管力 ①
  • 人体の活動のエネルギー源(命の源)は、腸から吸収した栄養を分解しエネルギーに変換し、生命活動に利用していることなのです。つまり命の源は腸から取り込まれています。腸内環境を整えて腸管力を高める事が大切です。腸内環境を整えるには、乳酸菌やビフィズス菌を外から摂る事も重要ですが、もともと体内に住みついている善玉菌のエサとなる食事をする事が、大切なのです。納豆・漬物など従来の日本食の発酵食品や、オクラ・山 [続きを読む]
  • 免疫とは
  • 人体は生活環境の中でいろいろな危険にさらされています。免疫とは、人体に侵入してくる細菌やウィルス等から体を守るシステムの事です。私達の体は、生まれた時からこの優れた仕組みで、守られています。風邪にかかりやすい人、かかりにくい人は、この免疫の力が大きく影響しています。免疫力は血液中の白血球が役割を担っています。白血球は顆粒球・リンパ球・マクロファージなどで構成されています。それぞれが侵入してきた細菌 [続きを読む]
  • 植物性乳酸菌
  • 免疫力が落ちると種々の病気にかかります。ヘルペスなどは体の免疫力低下の象徴となるもので、加齢や生活習慣による免疫力の低下は、ガンなどの発症をもたらします。今、あまり話題になりませんが、福島原発の影響による被曝などは、免疫不全を起こす遠因となります。殆どの病気を自衛するには、免疫力・自然治癒力を上げて行くしかありません。免疫力とは、一言でいえば、腸内細菌の力なのです。人体の免疫力の70%以上が腸に存 [続きを読む]
  • 加工食肉製品の危険
  • 肉・野菜などを含め自然の食物は空中に放置しておくと色が変色します。市販されているハム・ウィンナー・ベーコンなど、食肉加工製品の色はピンク色で黒ずんではいません。色が変色した加工食肉は、見た目が悪く売れないので、食品メーカーは発色剤として、亜硝酸塩を使用しています。この食品添加物は毒性が強く、肉などに含まれるアミンと胃の中で結合し、発ガン物質のニトロアミンに変化します。日本人に胃ガンが多いのは、この [続きを読む]
  • 市販飲料の危険
  • 市販飲料は特に糖分が多いのが一番の問題です。例えば、スポーツドリンクはイメージで健康的に思えますが、表示を見てみますと、砂糖・液糖・果糖が多く、もちろんミネラルやアミノ酸も含まれていますが微量で、圧倒的に砂糖が多いので、運動して痩せるどころか砂糖の摂り過ぎで、逆に太ってしまいます。100%ジュースも砂糖が入ってなくて他に添加物もないので良いように思いますが、一杯のジュースの中に一度に食べきれない程 [続きを読む]
  • 加工食品の危険 ②
  • 日本の加工食品産業は、中国などとの競争の結果、成り立たなくなってしまった。しかし、安いのには問題があり、例えば、使用されている肉などは期限切れや変色したもの、表示と内容が違うものを(加工したらわからなくなる)食べさせられています。マックのハンバーガーなどは、ピンクスライムが使われている、と言われています。ピンクスライムとはペットや家畜用のエサとなる肉を洗剤で洗い、アンモニア消毒したものをミンチにし [続きを読む]