土地・土壌の法律問題:液状化、土壌汚染、地下埋設物 さん プロフィール

  •  
土地・土壌の法律問題:液状化、土壌汚染、地下埋設物さん: 土地・土壌の法律問題:液状化、土壌汚染、地下埋設物
ハンドル名土地・土壌の法律問題:液状化、土壌汚染、地下埋設物 さん
ブログタイトル土地・土壌の法律問題:液状化、土壌汚染、地下埋設物
ブログURLhttps://ameblo.jp/soil-contamination/
サイト紹介文土地・土壌の法律問題 不動産の法務 (液状化、土壌汚染、放射能、地下埋設物)
自由文土地・土壌の法律問題 不動産の法務 (液状化、土壌汚染、放射能、地下埋設物)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供46回 / 162日(平均2.0回/週) - 参加 2014/09/03 00:15

土地・土壌の法律問題:液状化、土壌汚染、地下埋設物 さんのブログ記事

  • Kenji Sarukura on amendment of hte Civil Code
  • Kenji Sarukura delivered a lecture on the latest practical operations of real estate transactions that are affected by the amendme
    nt of the Civil Code (Law of Obligations), at a seminar hosted by Financial Management Forums, Inc. (Kinyu Zaimu Kenkyukai). http:
    //www.ushijima-law.gr.jp/en/topics/kenji-sarukura-delivered-a-lecture-on-the-latest-practical-operations-of-real-estate-transactio
    ns-that-ar [続きを読む]
  • 民法改正で変わる不動産売買・建築請負契約の最新実務対応 
  • セミナー 『民法改正で変わる不動産売買・建築請負契約の最新実務対応』〜不動産売買契約書・建築請負契約書の条項例パターン解説〜 講師: 弁護士 猿倉健司 (牛島総合法律事務所) 日時: 平成29年12月19日(火)午後1時〜午後4時会場: 金融財務研究会本社 グリンヒルビル セミナールーム http://www.kinyu.co.jp/pdf/292393.pdf 1.不動産取引・建築請負に関連する重要な民法改正のポイント a. 契約不適合責任 [続きを読む]
  • 民法改正で改訂すべき不動産取引の契約条項例
  • 『民法改正で改訂すべき不動産取引の契約条項例』〜民法改正・紛争実例(土壌汚染・廃棄物、地盤等)を踏まえた売買契約書条項のチェックポイント〜 http://www.kinyu.co.jp/pdf/292003.pdfhttp://www.kinyu.co.jp/cgi/seminar/292003.html 弁護士 猿倉健司 (牛島総合法律事務所)平成29年10月23日(月)午後1時00分金融財務研究会本社 グリンヒルビル セミナールーム 1. 民法改正を踏まえた不動産売買契約条項の改 [続きを読む]
  • 不動産売買契約の留意点(表明保証責任)
  • 弁護士ドットコム Business Lawyers 民法改正(債権法改正)と不動産取引への影響第3回 不動産売買契約の留意点(表明保証責任) 牛島総合法律事務所 弁護士 井上 治 弁護士 猿倉健司 1. 不動産売買契約における表明保証責任に関する留意点  (1) 表明保証責任の要件に関して留意すべきポイント  (2) 表明保証責任違反の効果に関して留意すべきポイント  (3) 表明保証責任と契約不適合責任の適用関係に関して留意す [続きを読む]
  • 不動産売買契約の留意点(契約不適合責任)
  • 2017.7.31 | 著作・論文・記事等 弁護士ドットコムのポータルサイト「BUSINESS LAWYERS」において、井上治弁護士・猿倉健司弁護士が執筆した「【連載】民法改正(債権法改正)と不動産取引への影響: 第2回 不動産売買契約の留意点(契約不適合責任)」と題する記事が掲載されました。 1  民法(債権法)の改正に伴う不動産売買契約の注意点2  不動産売買契約における契約不適合責任に関する留意点 2-1  契約不適合責任 [続きを読む]
  • 売買契約に関連する民法改正のポイント - BUSINESS LAWYERS
  • 民法改正(債権法改正)と不動産取引への影響第1回 売買契約に関連する民法改正のポイント取引・契約・債権回収 2017年06月16日 10:45 井上 治弁護士 猿倉 健司弁護士 https://business.bengo4.com/category2/article207 本年5月26日に、民法(債権法)の改正法案(以下「改正民法」といいます)が成立し、6月2日に公布されました。公布から3年以内(平成32年)に施行されることになります。この改正は、民法制定以来約120年 [続きを読む]
  • REAL ESTATE: USHIJIMA & PARTNERS
  • Publications, etc. “Pursuing Liability of the Seller of the Land Contaminated with Asbestos” (“BUSINESS LAWYERS,” April 2017) “Legal Regulations on Asbestos Discovered in Estates” (“BUSINESS LAWYERS,” April 2017) “Responses required to be made when PCB (polychlorinated biphenyl) waste exists in property” (“BUSINESS LAWYERS,” March 28, 2017) “Is there any case where the validity of spe [続きを読む]