natsukonatsu さん プロフィール

  •  
natsukonatsuさん: 普段、着物で家事・育児しています。☆彡
ハンドル名natsukonatsu さん
ブログタイトル普段、着物で家事・育児しています。☆彡
ブログURLhttps://ameblo.jp/hariasobi/
サイト紹介文家事・育児・仕事、ほとんど毎日着物で暮らしています。普段着着物記録ブログ。週末に腐女子な記事更新。
自由文ほとんど同じ着物を繰り回す普段着の着物のブログがこちら。素敵な着物コーデでどこそこへお出かけ、とか滅多にありません(涙)ちんけなお小遣いで続ける着物生活です。趣味で小説を書いています。たまに腐っています。週末に腐女子記事を更新するので10%ほど腐女子日記で参加しています。方々へ正直(;´・ω・`)ゞごめんなさい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供254回 / 365日(平均4.9回/週) - 参加 2014/09/03 10:50

natsukonatsu さんのブログ記事

  • "子育て着物”の思い出
  • 【閲覧注意】 ブログ記事の表現に食事時には特にふさわしくない表現が出てきます。お食事時の方には申し訳ありませんが大丈夫、と言う方は読み進めて頂いて、不安のある方は是非またの機会に。お食事中でなくても、苦手な人はまたの機会に。ご理解・ご協力ありがとうございます。 探し物をしていたら、懐かしい写真を見つけた。娘が2歳とかかなぁ。子育てって、その時はこの時間が永遠に続くのではないかと思うほど長く感じて、 [続きを読む]
  • 夏のお出かけ小千谷
  • 秋の前の、とはいえ残暑も猛暑のこの夏のウスモノ、白い小千谷さんをまだまだ着る。爽やかさよりは秋に近づいていく方を狙うと、数少ないなかからやはり黒っぽい帯、一本しか持っていないのでこの帯を。帯揚げは秋らしい柄の絽の帯揚げを初めて下ろしました。柄がぜんぜん見えないけど(笑) ご訪問ありがとうございます。「いいね」やコメント、とても励まされています。いつもありがとうございます。そこで、帯締めは辛子色の [続きを読む]
  • 単衣の前のちぢみ
  • 白い小千谷は、真夏にしか着られないなあと思うので、小千谷を作ってからはピンク色の近江縮みは合着のように単衣の後、単衣の前に着ることが多くなったように思います。でも、夏の着物は数が少ないのでやっぱり出番は多いのだけどもね…(汗) ご訪問ありがとうございます。「いいね」やコメント、とても励まされています。いつもありがとうございます。 35度を超える予報だった日、肌着も省略して麻の長じゅばんを直に、風が強 [続きを読む]
  • 秋の絽の帯揚げ
  • 絽の秋の柄の帯揚げ、義母からお誕生日プレゼントでもらいました。自分ではなかなか頑張れない衿秀さんの帯揚げ。ススキに蜻蛉の柄が秋らしい雰囲気。絽の帯揚げってついつい夏っぽいものを選んでしまうので実はこういう色持ってなかったなぁ。 ご訪問ありがとうございます。「いいね」やコメント、とても励まされています。いつもありがとうございます。 薄物の着物とか帯は着る時期が短いですが季節の先取りが関係しているのか夏 [続きを読む]
  • 夏の終わり
  • 今年も祭りが終わった・・・。お祭りが終わると、夏休みが終わるんだなあと思う。 私が育った地域は、夏休みが始まってすぐに夏祭りだった。新興住宅地にしてはそれなりに大きなお祭りだったように思う。昔からある地域の人たちが山車を引いて歩く。お祭りの日は、夕方になってから神社へ向かう参道に屋台が出るから、私は父に連れられてプラスチックの指輪セットを買ってもらったり、綿菓子を買ってもらったりした。綿菓子以外の [続きを読む]
  • お数珠の話(数珠供養に行きたい)
  • 期せずしてやおいの日が終わってた。そしてまた、ヲタクの祭典すら終わっていた。「設営完了!」って、夫にライン送ってみた。どうしても言ってみたかったんだもん。反応は、なかった。(珍しくww)どうしてだか知ってる。愚弟からオタプレもらったゼルダで徹夜してたからだ。真面目に仕事をしてたからからだ。(←噛んでる!) ご訪問ありがとうございます。「いいね」やコメント、とても励まされています。いつもありがとうご [続きを読む]
  • ゆかた@夏の家事
  • 【閲覧注意】 家事をした後のだらしない着姿の写真が入りますのでご気分を害される方もいらっしゃると思います。あまり気持ちよくないかなと思う方はこのままタブを閉じてくださいね〜。 少しは恥の概念もありますので(多分w)、全体的にモザイクを掛けたいところですが、それでは意味がないですもんね。朝起きて、着替えて、午前中の家事を大体終えるとこんな感じです@浴衣@夏の家事和服。そうよ、リアルなきもの生活。 ご訪 [続きを読む]
  • お惣菜ネタ
  • 娘がお気に入りのお惣菜。トマトとコーンのバター炒め。NHKの料理番組で、家呑みのオツマミとして紹介されていたんだけど、血筋だから(断言) ご訪問ありがとうございます。「いいね」やコメント、とても励まされています。いつもありがとうございます。 胡椒を濃ゆめにしたり、バター醤油にしたり。娘はどちらも好き。多分ツナを入れても美味しいと思うんだけど、娘に「後生だから入れないでください」と言われるので入れない [続きを読む]
  • 作り帯の紐を替えたい
  • 【閲覧注意】作り帯(軽装帯)の胴部分の改造について書いた記事ですが、喪帯を使用しております。ご気分を害される方はブラウザーを閉じて、よければまた別の機会にお役に立てることがあれば嬉しく思います。真意をおくみ頂き読み進めてくださる皆様、今日も今日とてのブログですがお付き合い頂き嬉しく存じます。いつもありがとうございます。二部式帯のね、胴の部分の紐を替えたらどうかなって思ってたんですわ。そらもうね、出 [続きを読む]
  • 喪服の話、ふたたび
  • どうしよう、喪服は、和服の喪服しか持っていない。義伯母が亡くなった昨年の夏、洋服の喪服が着られなくてありあわせの黒い紗の着物に夏の絽の喪帯を急いで揃えた。それから忌日法要までの一ヶ月に揃えようと思えば洋服の喪服を揃えることもできたけれど、結局私は絽の色無地で喪服を調達して、七七忌(四十九日)も、義祖母の回忌も今年の夏もひとつ紋の色喪服で参列した。 五つ紋の黒い喪服は、身内のよほど近い間柄で着る方が [続きを読む]
  • 夏着物だって数えればあと一ヶ月か二ヶ月
  • 家にいるばかりでは、身体によくない。公園とか、せめて児童館とか図書館に行くとか、一緒に行こうよ!って誘ったけどフラレタ。娘はいま、らんまに夢中。マインクラフターなのとどっちが良いんだろう?長さが足りないお太鼓帯を結んで小千谷。(帯は締めると表現したいけど、この場合は締めてない)(→ お太鼓柄の長さが足りない帯を結ぶ) ご訪問ありがとうございます。「いいね」やコメント、とても励まされています。いつも [続きを読む]
  • 小道具柄の手ぬぐい
  • 可愛い…。 可愛い、可愛い、可愛い。大事なことなので三回言いました。 ん?四回かww → てぬぐいいろいろ アジサイ とか、富士山 とか、真夏の法要に持っていってしまう蓮の柄 とか。 ご訪問ありがとうございます。「いいね」やコメント、とても励まされています。いつもありがとうございます。 道具って何で可愛いんだろうねぇ。道具の柄ってとても好き。こちらは↑歌舞伎座のお土産だそうです、小道具をあしらった梨園 [続きを読む]
  • 相も変わらずのこと
  • どうみてもスターバックスのロゴなんですよ…。いえね、お太鼓に、グリーンの丸い柄が。近づいて確認したんだけどやっぱりスタバのロゴだったと思うんです、あの、セイレーンのやつ。白の、献上っぽい地柄があったと思うなぁ、お太鼓の右上にほんの少し隠れるような感じでグリーンのロゴが入っててね。面白いね。手作りだよね。シルクスクリーンとかでロゴをプリントしたのかなぁ。 そしてこちらは相も変わらず面白いとこのない [続きを読む]
  • 浴衣にお太鼓
  • そしてまた浴衣。なんとなくヨソイキ感がないので本当にその辺にしか着られない気がしているんだけど、でもヨソイキっぽく着てる。仕事には着て行かないようにしてるし、どこだっけ。(脅威の忘却力・・・・) ご訪問ありがとうございます。「いいね」やコメント、とても励まされています。いつもありがとうございます。籠のような柄の浴衣は綿のしっかりした浴衣。浴衣はくつろぎ着だからお太鼓はおかしいとバス停でおばちゃまに [続きを読む]
  • 浴衣初めと浴衣考、または浴衣の帯結び考
  • 猛暑の日々が続いております。先日友人と会うのに浴衣で参りました。バスと電車乗り継ぎですが、ま、いっか。両面染めの浴衣に絽の夏帯。帯の周りも爽やか色で無難に、無難に。 ご訪問ありがとうございます。「いいね」やコメント、とても励まされています。いつもありがとうございます。 この日だったと思うのですが同じバスに浴衣を着たお嬢さんがいらして、紺色の兎の柄の浴衣だったのね。二十代だったかなぁ。別に決まりなん [続きを読む]
  • 夏の着物の話
  • 夏の着物って、着ていて二通りの反応があって、「暑いでしょう?」という方と「涼しそうに見えますが本当のところどうなんですか?」という反応で「涼しそう」という人の8割は年齢的に上の方が多い。そして若い人ほど「暑そう…」「暑くない?」という反応になる気がする。物の本でも昔の本(人)はやはり夏の着物を「涼しそう」と表現していることが多いように思う。夏の着物の、襦袢が透けている様子がいかにも涼しそうに見える [続きを読む]
  • 使いやすい地味目の麻の帯
  • 私 「ほんと、アンポンタンだね。」娘 「やめて、マーボードウフみたいに言わないで」私 「それを言うならマーボーナスでオタンコナス、ってやつじゃなくて?」娘 「え・・・・(混乱)」私 「(・・・・!!!!)あ、杏仁豆腐って言いたかった?」娘 「あ、それそれ」私 「どっこもあってなくない?」娘 「と・・・トーフはあってた、豆腐は。」私 「(・・・・そっちなのか?)」 っていう娘を持つ母親のブログがこち [続きを読む]
  • 夏の足袋
  • 夏の足袋を頂きました。お姫様印の楽屋足袋〜。 麻混と、夏用の爽快足袋とかいう足袋。安物買いした麻の足袋、買わなければよかった…(涙)どちらも自分が買うときに迷うサイズなんだけど、麻が23.0で爽快足袋が23.5なのね、って何か理由があって、爽快は綿100だから伸びないから念のため、麻混はポリ入りだからなんとなくぴったりサイズの方が良いのではないかと思った、という。すごいプロいチョイス。そういう選び方もあるね [続きを読む]
  • ざっくり夏ふだん着物
  • 暑いし、なんだか面倒くさくて半幅帯。羽織を着て行った記憶がない。そだ、夫の車で送ってもらい仕事して帰る、みたいな日だった記憶。 ご訪問ありがとうございます。「いいね」やコメント、とても励まされています。いつもありがとうございます。 長尺なのでパタパタ折って、文庫というには少し雑なリボン結び。 毎日暑いね。 小奈津 読んで頂いてありがとうございます。このブログは、にほんブログ村 に参加しております。 応 [続きを読む]
  • ふりふり塩昆布続報
  • ふじっこさんのふりふり塩こんぶの記事が思いのほか好評だったので続報。 先の記事でも書いたのですが、ふじっこさんのふりふり塩昆布はつまり、塩だとか胡椒だとかみたいにサカサカ、っと振って調味料的に使えるところがナイスです。それで炭水化物大好きな私が一番気に入っているのは、ふりふり塩昆布焼きそばなんですが、もうね、具はなんでもいいやって感じです。自棄になっているのか?はたまた挑戦者なのか。まず、焼きそば [続きを読む]
  • 【タイムマシン】まだ若い近江ちぢみと甚平姿の娘
  • その頃の写真がどこかにあるのではないかと思って、過去の記事を漁った。義母の帯を借りている。まだしゃりっとしているであろう、ちぢみの着物。 ご訪問ありがとうございます。「いいね」やコメント、とても励まされています。いつもありがとうございます。 娘の小さな手が。この頃はよく義母の手直しが入ったので、娘も真似して直そうとしているのか(笑) しゃぼん玉液の入れ物を握り締めるまるまるとした手。吹くのに夢中に [続きを読む]
  • 「ちょっとしたパーティ」
  • 「ちょっとしたパーティでも着られますし」って"ちょっとした"呉服屋さんのセールなんかでは常套句なんでしょ、どうなんですか。そんで、「ちょっとしたパーティ」ってどんなときなのよぅ?っていうボヤキもよく聞きますが、これがその「ちょっとしたパーティ」での拙者でございます。 ご訪問ありがとうございます。「いいね」やコメント、とても励まされています。いつもありがとうございます。「ちょっとしたパーティ」っていう [続きを読む]
  • すもも飴色ってことで
  • すもも飴だ!この帯が私のもとへ来てもう四年位は経っているんだと思うんだけど、この帯の色をどうしてもぴったり言い当てることができなかったんだけど、スモモ飴じゃないかとピンと来た。夏祭の屋台の、ほら、あの。 ご訪問ありがとうございます。「いいね」やコメント、とても励まされています。いつもありがとうございます。 帯締めは象色、って感じのグレーとオレンジ色っぽい朱色のレースの帯締め。夏のレースの帯締めって [続きを読む]
  • 【トメ着物】若かりし義母と今も変わらぬ帯
  • ご訪問ありがとうございます。「いいね」やコメント、とても励まされています。いつもありがとうございます。 若かりし頃の義母の写真。今は私が締めている、三越の綿の西陣織の帯をしている。 緑色の帯揚げなんて面白いね、と言ったら、着物の柄が緑色だったんだそうだ。写真が褪せてしまっていて、着物は白とグレーに見えるし、なんだか想像が難しい。この部分が緑色で・・・そんな着物おかあさん持ってたっけ? 義母のお太鼓は [続きを読む]
  • 黄八風大島の反物
  • ご訪問ありがとうございます。「いいね」やコメント、とても励まされています。いつもありがとうございます。 私が着なくても娘にどうかなあと思いながら買ったんだけど、大人っぽいし、自分で着ちゃうか!?したら単衣にするかな、袷にするかな、すごい迷う。単衣の方が(時期的に)長く着そうな気がするんだけど、義母は袷の方が長く着られるという。暦どおりに着るならもちろんそうだが…。う〜ん、袷にしておいた方が着物自体 [続きを読む]