秋海棠 界 さん プロフィール

  •  
秋海棠 界さん: + ゆらゆらゆれる +(備忘録)
ハンドル名秋海棠 界 さん
ブログタイトル+ ゆらゆらゆれる +(備忘録)
ブログURLhttp://yurayure.jugem.jp/
サイト紹介文小説を書くために調べたことなどを書き留めています。 幕末メイン、主に坂本龍馬、お龍さん関係です。
自由文幕末に関することなら雑食です。
土佐だけでなく、薩長、会津、幕府、新選組、なんでも好き。
本も好きですが、現地に赴くのも大好きです。
京都龍馬会在籍。京都に比較的近い場所に住んでいますので、京都には月イチで龍馬さんのお墓参りに行っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供7回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2014/09/04 10:38

秋海棠 界 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • カレーのこだわり、なんかある?
  • カレーのこだわり、なんかある?  う〜ん。  こだわりというか、ちょっと変わったものは入れてるかもですね。  まずは野菜&果物のジュース。長時間煮込んだ感じになるかと思って。  あと、かぼちゃポタージュの粉末。甘みプラスのため。  これでさっと作ったカレーが何となく3日煮込んだ感じに……なってる気がするw  あとは、ドロッとした感じよりさらっとしたルーのほうが好きなので、ちょっと水は多めかも [続きを読む]
  • 龍馬と武中與一郎(その2)
  •  前回のつづき。  前回は與一郎とお龍の関係までしか行き着けませんでした。前置きが長いのは自覚していますが、さすがに1回分使って前置きだけだったのは初めてではなかったでしょうかね。看板に偽りあり過ぎにも程がある。今回がいよいよ本筋。 ……のつもりだったんですが、雲行きが怪しいw  前回のエントリーでは「同一人物に間違いはない」とうっかり書いてしまいましたが、武中與一郎と鳴尾屋與(与)三郎 [続きを読む]
  • 好きな「粉もん料理」なに?
  • 好きな「粉もん料理」なに?  う〜ん、やっぱり「お好み焼き」かなあ。  私が作るお好み焼きはめっちゃシンプルで、キャベツ(みじんではなく千切り!)と天かす(関東では「揚げ玉」っていうんだよね?)と葱(白葱推し)オンリー。豚肉は乗せて焼きます。  これが何故か美味しいらしく、ウチの家族は「外で食べられへん」と言って喜んでくれます。息子氏(寮生活中)は泊まりに来たら「お好み焼きが食べたい」と言ってくれま [続きを読む]
  • 好きな「お茶」の種類、なに?
  • 好きな「お茶」の種類、なに?   一番好きなのはコーヒーなんですけどね。コーヒーはお茶に入らない? う〜ん。  日本茶ではほうじ茶と玄米茶が好きです。ほうじ茶オ・レ、美味しいですね。邪道かもだけどw ほうじ茶でオ・レができるなら玄米茶でもできないかと思って一度砂糖とミルク入れてみましたが、普通に玄米茶を出してもミルクに負けるので工夫が必要かと思いました(実験)。  紅茶では普通にダージリンやウバとか、 [続きを読む]
  • 学生時代の「得意&苦手な科目」なに?
  • 学生時代の「得意&苦手な科目」なに?  いい加減ブログを放置しないように、毎日のお題にでも答えていこうかと思います•?.?•??  学生時代の苦手……実は「国語」と「数学」と「社会(特に歴史)」だったりw  逆に得意なのは「理科」と「体育」でした。  それが今では文章を書き、数学は結構好きで、歴史(特に日本史が大嫌いだったw)は幕末にどっぷりですからね、人生何が起こるか分かったもん [続きを読む]
  • 龍馬と武中與一郎(その1)
  •  お久し振りにございます。  めんどくさいので、もういっそこのブログのタイトルを「お久し振り」にしたほうがいいんじゃないかと思い始めました(開き直り)。  さて、前置きはこれくらいにして(見苦しい言い訳はみっともないのでw)。  そういえばTwitterで呟きはしたものの、ブログにまとめきれていないネタを放置していたことを思い出しました。 「武中與一郎」という人物に関してです。  といっても誰のことやら。明 [続きを読む]
  • 船宿「寺田屋」
  •  またまたお久し振りという挨拶から入らねばならない事態になりました。書かねば、と思いつつ年が明けて既に2月もこんにちはしそうな勢いです。もうこうなったら開き直るしかないですね(笑)。それにそろそろ本題(小説のことですねw)にもかからないといけないのですが、あれこれ調べていると結局そこから先に手を伸ばしてしまってお定まりのエンドレスです。当初の目標は「2017年度中に書き上げる」筈だったのですが(笑)。まだ [続きを読む]
  • 明治期の菅野覚兵衛(その2)
  • (「明治期の菅野覚兵衛(その1)」のつづき)  明治期のお龍に関していろいろと調べていますが、その中でも妹・光枝の再婚相手である「中沢助蔵」に関しては某所で書かれていたあさくらゆう氏が「アジア歴史資料センター」の中に中沢助蔵の資料があることを指摘されていて、非常に参考になりました。海軍に関する史料はこちらで公開されているものが多く、非常に助かります。そういえばお龍の晩年の面倒を見たと言われている「 [続きを読む]
  • 明治期の菅野覚兵衛(その1)
  •  カテゴリーが「幕末」になっていますが、話題は明治。まあ、海援隊士のその後、ということでご勘弁ください(そういやお龍の話もほとんどが明治期ですね。看板に偽りばかりですw)。  なぜ菅野覚兵衛? と言われれば理由は簡単で、お龍と関係してくるからです。お龍の一番下の君江(起美)が菅野覚兵衛と結婚して姻戚関係になっているのが一番ですが、他にもお龍と繋がっています。  菅野覚兵衛、前名は千屋寅之助。父は和食 [続きを読む]
  • 消された文字、残された文字
  •  またまた「お久しぶりです」というご挨拶から始めなければならない愚行を犯しました。お久しぶりにございます。そろそろ忘れられているのではないかと危惧しております。もうすこし更新の頻度を上げたいです(って以前にも何度も言ってますよね、コレw)  書きたいネタはいくつか持ってはいたのですが、タイミングというものはなかなかに厄介なものです。そのタイミングを測っていたら違うネタに「おっ!? コレは!」ってな [続きを読む]
  • 「おやべ」?
  •  先日、本棚を更新しました。それにしても年に1度の更新なんて以ての外ですね。  書きたいネタはあるのですが、もう少し粘りたいところがあるのでそれはまた後日まで練ってからにしたいと思います。  かと言って本棚更新だけで今年が終わってしまったらこの1年何してたんだ? ってことになってしまいますので、ちと軽めですがこのネタで。 「おやべ」  といえば、龍馬さんの手紙の中で何度も何度も [続きを読む]
  • 幕末系本棚(2016.10.28)
  •  本当にお久し振りです。  前回の更新が去年の年末。気づいたら今年の年末もすぐそこです。なんとまあ。  年取ると時間の流れが早くなるとは言いますが、ちょっと他のことに熱中していたら時間なんてあっという間に過ぎ去りますね。  本棚の更新をしないでいたら、買った本をここに書き入れる前にリアルの本棚に入れてしまって大変。どれがどれやら分からなくなってしまいましたw 抜けているものも結構あるか [続きを読む]
  • 過去の記事 …