自由人 さん プロフィール

  •  
自由人さん: FX所感
ハンドル名自由人 さん
ブログタイトルFX所感
ブログURLhttp://fanblogs.jp/hardworker/
サイト紹介文リストラされても投資の準備があれば大丈夫。株、FX、資産運用で生きていけるのです。
自由文FXの市場感、動向などメモ程度に更新しています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2014/09/04 18:10

自由人 さんのブログ記事

  • 2018年6月 雇用統計発表後
  • 発表後 ドル円の上値が109.70付近発表の内容からして110.00に迫らず失速!土日はトランプ大統領の目だったツイートはなさそう。しかしG7財務相会議で米国の輸入規制を他国すべてが避難!月曜日、反応がでるか?北との会談も12日に実施へと進んでいるような報道ですが、そのままうまくいくとも覆えず。今度は本当のドタキャンが発生し市場に影響が。。なんてことも想定。来週の15日まではかなりの警戒が必要です。 [続きを読む]
  • 2018年5月 中旬
  • 雇用統計発表後、今までの指標発表での上下に動くというよりは地政学的な関連で動くほうが多いように感じています。直近、インドネシア、パリなどの事件よりも北と米国の行方で反応しているように見てます。今はいいことを言っていますが、どうでしょう。6月12日前まで上昇相場につながるのか!?噂で買って事実で売る!になるのか?もうなっているのか???とりあえず今週もポジティブにとらえていきます! [続きを読む]
  • 2018年4月23日以降 リスクオン!?
  • 米国 ナス、ダウ、S&Pの下落はもはや為替への影響は低く米国金利上昇に反応しドル円上昇!108円台へ向けて動き出したか!?地政学的リスクに最近は左右されているようですが、米国vs北朝鮮の動向トランプ大統領のツイートにて影響を受けている個人投資家は?逆に利用して一儲けしている人は?米国と北朝鮮の会談が実施されるかはまた未確定な要素ですが、今週はまだリスクオン!?シリア問題はどうも影響が薄いと見えます。 [続きを読む]
  • 米英仏、シリア攻撃!相場への影響
  • ついにシリア攻撃を実行したようですが、週明けへの影響が気になるところ。週末まで下げた分の上昇基調が一変するでしょうか?実は織り込み済みで平穏な市場の動きになるでしょうか?月曜日からリスク回避の動きになると思いますが、NZ、AUSあたりの動きからすぐにわかりますね。日経平均はもろ反映するのでわかりやすいです。株、為替は特に上下の幅が大きく動きそうな展開なので安易なエントリーは控えます。。。 [続きを読む]
  • 2018年4月 雇用統計発表後
  • 発表後の円買いの動きNY ダウ、ナス、S&P500の下落VIX指数も21.49と上昇地政学的リスクとして北の融和政策に楽観論、しかし米国の先制攻撃の体制を強化トランプタワー火災の影響あり?(テロ?)不穏な要素が多い状況なので今週は素直に円買いのドル売りへで勝負! [続きを読む]
  • 2018年3月の今後は?
  • 先週はトランプ発言、黒田発言で円高が加速しましたが、今週はどうなるでしょう。☆今週の主な発表に注目しています。3月6日(火) 0:00 USD ISM非製造指数3月7日(水)21:30 GBP 年予算発表        22:15 USD ADP非農業部門雇用者数増減3月8日(木) 0:30 USD 原油在庫量        8:50 JPY 国内総生産       21:45 EUR 貯金ファシリティ率       2 [続きを読む]
  • 2018年2月2日 雇用統計発表後 2月5日〜9日警戒!
  • 非農業部門雇用者数20K前回も16Kの上方修正前回の平均時給も0.4%上方修正ドル高円安へ米国の更なる利上げ観測でダウ、ナス、S&P暴落為替も一旦落ち着き終了5日の月曜日の日経平均は下落スタート確実為替も警戒9日の平昌オリンピック開催前の8日に北朝鮮がミサイルを発射する観測もあり、毎回、発射報道で為替が円高になることを考えると月曜から警戒模様、115円に向かう勢いは一旦休憩するのでは? [続きを読む]
  • 2018年1月5日 雇用統計前後
  • 2017年最終日のNYは各指数 下落で終了!年を跨いでの危機回避の動きでしょうか。。本日のビットコインは上昇基調堅持。大発会はどうなるでしょうか。地政学的リスクへの危機感が強まっています。・平昌オリンピック前、中、後また、1月5日(金)の雇用統計発表ですが、4日の相場は日本を含めて上昇中!しばらくは落ち着いているようなので好調な世界経済を反映したドル高、株高方向が有力。しばらくは波乱はないように思います [続きを読む]
  • 地政学的リスクは起こるのか!?
  • 12月18日のXデーはとりあえずなかったようです。トランプ大統領の”力”による抑制は本気のようですが。先制攻撃というのはありえない時期に実施しないと効果は薄いとのことで、クリスマス前後、大晦日、元旦など世界中が年中行事に目を向けているところで、というシナリオも構想にあるでしょう。次の1発のミサイル発射か核実験でも先制攻撃のきっかけにするような発言も。変化が起きれば、市場が急速に反応するのですぐに分 [続きを読む]
  • 2017年12月8日雇用統計、Xデーに向けて!
  • ほぼ織り込み済みの相場感。予想の数字は低めですが、今回の発表を起点に株価も含めトレンドの転換はありえるでしょうか?・Xデーの噂1、12月18日に先制攻撃開始2、平昌五輪の前に攻撃開始3、平昌五輪の後に攻撃開始4、何も起きない。地政学的リスクとしてイスラエルの首都をエルサレムとして承認!反米感情増大!なども追加され、混沌としてきました。米国国内でもテロの危険性も増大!!相場が荒れる要素が増えてきまし [続きを読む]
  • 市場は影響なし?
  • 北のミサイル発射としては日本時間の午前3時付近とは。米国市場も一時的に反応していましたがすぐにもどし最高値へ。世界市場は北の動向は織り込み済みのようで、うまく北と妥協を図れると見ているとのことですが。。個人的にはそうは考えてません。とりあえず、次の米国雇用統計発表まではこのままで安定した取引できそうと見ます。平昌オリンピックまで地政学的リスクが発生しなければ、その後の3月までは特に注意! [続きを読む]
  • 2017年11月 雇用統計発表後
  • 発表後のドル円の反応は方向感がでずらくなった。と見ましたが。発表後の円安 114.40をタッチしたあとの下落をどうみるか。トランプ大統領の訪問を控えどたばた劇による市場のざわつきを回避する動きかと。6日からの取引は警戒が取引をにぶらせるような動きになるのでしょうか? [続きを読む]
  • 2017年10月は
  • 米国雇用統計はハリケーンの影響来月にどう数字が変わるか。本日 日本時間AM3:00 FOMC議事録の反応も微妙。米国の12月の利上げが頓挫することになればまた円高、株安へ。北への攻撃は少なくともトランプ氏のアジア歴訪が終わるまでは実施は無い。10月22日の衆議院選挙は自民党が予想を上回る議席を確保できそうと一報。為替への影響としては、地政学的リスク外部要因の影響は一時的には小さくいつもながら企業決算、各 [続きを読む]
  • 衆議院解散特需終了
  • 2017年9月28日衆議院が解散。選挙のときは期待から株高、円安だとか。。このところ北のロケットが発射されるたびに短期円高への繰り返しでしたが、このところの円安方向は日本の政局のせい?織り込み済みの流れから円安特需は尾張をつげ、北への警戒、地政学的リスクへまた、希望の党への期待が小池都知事の衆議院出馬がなくなったことで、野党はぐだぐだ。自民の議席は減るものの政権は継続。消費税10%による日本経済の [続きを読む]
  • 2017年8月4日(金)雇用統計
  • 最近のNYダウの連日の更新、米国経済は好調を維持。トランプ政権の不安定、北朝鮮との緊張。日本は意味の無いもりかけ問題からの安倍政権の低迷。しかし、日本はTVの偏向報道による印象操作によって一般人が洗脳されているという状態。リスクを意識した取引のように感じます。ドル円も日足から見ても114.00をピークに円高がどこまで進むか。4月からのトレンドラインを切ってくると下限を探しに。米国強しと雇用統計が判 [続きを読む]
  • 2017年7月7日(金)雇用統計
  • 最近の米国指標の発表する数字はよくありません。本日の雇用統計の発表は?先月が138Kと予想より悪く今月の予想は 179Kこの数字だけで市場の反応は決まりませんが平均時給、失業率なども加味地政学的リスクも増大してくると円高有利に働くことになるのか?!北朝鮮への中国に与えた猶予期間の100日はそろそろ切れるのでは?攻撃が始まれば今週の北の発表時瞬間の円高になりましたが、一気にドル円100円から105円ぐ [続きを読む]
  • 雇用統計発表2017年6月2日(後)
  • 雇用者数の予想値18.5万に対し結果 13.8万とさらに3月、4月分の下方修正。賃金上昇率も前月同月比2.5%程度、勢いが感じられず。そうそうに円高方向へ動き出す。NY3指数はプラスで引けVIX指数も9.75と落ち着いた状態しかし米国の利上げペースが遅くなる懸念。NYも下落してくれれば月曜の日本の動きも分かり易いところでしたが、開けてみないと。5月に売れ!が6月に売れ!にずれただけ? [続きを読む]
  • 雇用統計発表2017年6月2日(前)
  • 前日のNY3指数が好調!原油価格が下落気味も関係なし!!本日の日経平均2万円台回復。アジア株もほぼ上昇。ドル円も上昇。現在ヨーロッパ株も上昇中。雇用統計の予想数字も控えめなのか無難な数字を挙げていますが、今回は112.00をとりあえず目指し112.20あたりまで行けばいいかという感じでしょうか。投機筋が結果関係なくドル買いに走りそうなので発表前後で大きくブレそうな本日。2日間あげつづけていたので、 [続きを読む]
  • 本当に地政学的リスクは去ったのか
  • 5月7日(日)のフランス大統領選挙5月9日(火)の韓国大統領選挙を終えて、予想されていた展開に落ち着き市場も結果を見越しての各国株高。恐怖指数が10を下回っていました。市場は安心しきっているのでしょうか???そろそろババを引いた人が悲鳴を上げる時期に来ているはずです。”上げたものは下げる”為替も円安から円高に転換へ向けて動き出す気配。直近のドル円 115円付近まで戻すも(114.5)をレジスタンス [続きを読む]
  • 緊迫した情勢?
  • 北の脅威が騒がれている日本北朝鮮の挑戦的なミサイル発射米国の朝鮮半島への海軍の集結中国が調整役として機能するのか?市場としてもすでに米国は数ヶ月の間は北には攻撃はないとの見方が優勢のようです。核実験を強行した場合でも様子見。長距離ミサイルの実験をした場合はどうなるか不明。また、フランスの選挙動向によるEUの分裂問題も市場に影響が大きいと思われます。がルペン氏の支持が低下しているようなのでフランス国 [続きを読む]
  • 2017年4月24日(月)以降 地政学的リスク大
  • 4月25日(火)前後、明日から注意が必要になってきました。北朝鮮で韓国系米国人が2人逮捕で拘束者 計3人人質の感も。地政学的リスク大!奪還作戦という名目で勃発も。最近は有事の円高のようですが、米国主導だと昔の有事のドル高になるか?!5月9日の韓国大統領選挙まで油断が出来ない状況にはかわりないでしょう。フランスの選挙はルペンさんの指示があやしくなってきました。EU離脱の勢いもどうなのでしょうか。今後 [続きを読む]
  • 2017年4月の相場
  • 4月がはじまりました。今週は4月5日(水) FOMC議事要旨4月7日(金) 米国雇用統計が注目でしょう。5日は追加利上げへの内容が盛り込まれていれば利上げが確実視され7日は先月の発表が良すぎたので予想数字は低いものの、平均時給などのほうに注意が必要地政学的リスクは米中会談後でないと起こりえないと思われます。 [続きを読む]
  • 地政学的リスクと底値
  • 米国が米韓軍事演習のどさくさで北朝鮮に先制攻撃するシナリオで地政学的リスクが大きくなってきた昨今。韓国大統領選挙前にいっきに進行するとなると5月9日前が有力。実施した場合、ドル円は3−5円ぐらい円高方向に動くのでしょうか? パルス波としてすぐにもどるパターンか。すべての損切り設定を巻き込み大きく落ち込むのでしょうが。フランスの選挙では極右の勢いがなくなってきているようで。トランプ大統領の現状を見る [続きを読む]