白兎 さん プロフィール

  •  
白兎さん: 小学2年生からのスーパー飛び級で難関校合格
ハンドル名白兎 さん
ブログタイトル小学2年生からのスーパー飛び級で難関校合格
ブログURLhttps://ameblo.jp/ookuninushi51/
サイト紹介文小学2年生からのスーパー飛び級学習で、ガリ勉をせずに難関校合格を目指す塾です。
自由文① 小学2年生からのスーパー飛び級学習
② 数学と英語の早期学習型指導
③ 国語読解を論理的に解く方法を指導
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供597回 / 365日(平均11.4回/週) - 参加 2014/09/05 04:46

白兎 さんのブログ記事

  • すっからかん
  • 今、ニュースレター書いてます。 ほとんどはこのブログの流し込みやけど、それだけやったら芸無しなんで、 ブログには書いていないことや言葉足らずのところを修正し新たに加筆したところもあります。 はんこ突いたみたいに全くおんなじやったら、読んでいただく意味も半減しますものね。 ということで、前回の「国語の隙間」と今回のニュースレターのイメージ画像を掲載します。 ニュースレターの完成はもうちょっと先です。 [続きを読む]
  • メロンパンのお店
  • かなり柔らかい話題を・・・ 一昨日、塾舎近くの商店街に久々に新しいお店がオープンしました。 メロンパンのお店。折り込みチラシが入っていたらしい。 「先着100名の方に お一人1個メロンパンを プレゼント」 ところが実際は何か1個買わなきゃプレゼントされなかったそうです。 それに、何個買ってもお一人様1個限りやったそうな・・・ 長蛇の列は、この「プレゼント」やったんか・・・ で、オープン3日目。私の地域は大阪市住吉 [続きを読む]
  • ちょっとシビアになったZOOM授業
  • 今日の国語読解授業(ZOOM)で、R君(中1)は初めて遭遇しました。 私からすれば、どう読んでも違和感のある文。 それに彼が気づけないでいます。 思考レベルの高い生徒なので、おそらく納得するまで引き下がらないだろうから、難航するかもな・・・。 文章の内容は 30年という長い年月をかけて獲得した技術を同じ年月をかけて習得しているようでは新しい技術の開発は出来ない。技術の革新をもたらした人は、そういったスキ [続きを読む]
  • この子も男前
  • サッカー・アスリート三兄弟。私のブログの常連さんです。 その筆頭がR君。 長男のアスリート君との間に小学6年生になったばかりのH君がいます。 まさに「だんご三兄弟」の真ん中。 歌詞の通り、自分がイチバン。 ところが、お母さんいわく、三兄弟の中で最も優しいのもH君。 イチバンお母さんに反抗するのに、お母さんのお手伝いもよくする子です。 長男と三男を行ったり来たり。 それが毎日のことなので、どちらの様子もよ [続きを読む]
  • 偏差値の違いってナンやろ?
  • 世に言う「偏差値」。 おおかたは「偏差値=学力」と思われています。 確かに、偏差値が高いほど学力も高いというのが世間の相場ですが、 では、偏差値55の子と偏差値70の子ではナニが違うねんとなると 意外に正しく理解されていないのでは? そない思わされることに出くわしたのです。 一言で済ませるなら、丁寧さの違い。偏差値55と言えば中堅レベルの私立中学校です。こちらはリアル(通い)の子です。 片や偏差値70の [続きを読む]
  • 久しぶりの優越感?
  • 「せんせ〜、やってて良かったわ」 昨日の授業のことでした。この口調はR君(小4) 現在、先取り学習で(スーパー飛び級ではありません)小学4年生の2学期後半で学習する範囲をちょっとずつ進んでいます。 グラフと図形が苦手。 たとえば、こんな問題ですね。 「ある日の1日の気温の変化」とか「A君の1年間の体重の変化」。 教科書や問題集に出題されることが多い、いわゆる「折れ線グラフあるある」。 この折れ線グラフを [続きを読む]
  • なるほどな〜
  • 先週の真ん中くらいから塾の雰囲気が急に落ち着いてきました。 どうも「私の私の頭の中=塾舎の空気」となっているようです。 というのは、今まではスケジュール帳にはZOOMオンライン遠隔授業のスケジュールを中心に書き込んでいましたが、 授業の記録なんですから別にリアル(通い)の子の記録もあって良いのでは・・・と思ったのです。 いえいえ。リアルの子の記録をエエ加減にしていたのではなくて、別のところに記録していた [続きを読む]
  • 勉強キライは悪いこと?
  • 小学4年生のSさん。お母さんの悩みは、教えても教えても素通りをすること。 特に漢字。 文章の内容もしかり。 今日、学校の計算ドリルと漢字ドリルを塾に持ってきて、ナンかフーフー言いながらしてました。 R君(サッカー少年)と同じ学年。折れ線グラフを書くのが苦手です。2人ともね。 私からしたら、表をみたまんま、定規で線を引けばそれで事足りる作業です。それを苦戦しています。 2人ともお勉強が好きではないのです [続きを読む]
  • お母さん、さかさまですよ!
  • 2年ぶりの復帰。その初授業が今日でした。 中学1年生になったR君。 いきなり30年間使い続けている国語のテキストで読解問題に触れてもらいました。 目的はこの3つです。 ① どこまでこちらの話を聞けるか。② どこまでこちらの解説に ついてこられるか。③ 家で復習が出来るか? これらを試すため。そしてR君と私とであることに挑戦するためです。 今度どれだけ復習してくるかでこの問題集で進めてゆくかどうかを判断し [続きを読む]
  • お母さん、さかさまですよ!
  • 2年ぶりの復帰。その初授業が今日でした。 中学1年生になったR君。 いきなり30年間使い続けている国語のテキストで読解問題に触れてもらいました。 目的はこの3つです。 ① どこまでこちらの話を聞けるか。② どこまでこちらの解説に ついてこられるか。③ 家で復習が出来るか? これらを試すため。そしてR君と私とであることに挑戦するためです。 今度どれだけ復習してくるかでこの問題集で進めてゆくかどうかを判断し [続きを読む]
  • それ、さかさまかもね?
  • 2年ぶりの復帰。その初授業が今日でした。 中学1年生になったR君。 いきなり30年間使い続けている国語のテキストで読解問題に触れてもらいました。 目的はこの3つです。 ① どこまでこちらの話を聞けるか。② どこまでこちらの解説に ついてこられるか。③ 家で復習が出来るか? これらを試すため。そしてR君と私とであることに挑戦するためです。 今度どれだけ復習してくるかでこの問題集で進めてゆくかどうかを判断し [続きを読む]
  • そうやったんか・・・
  • スーパー飛び級のセミナーがありました。 色々な気づきを得た後で、友人の塾長先生からPCについてのアドバイスをいただきました。 同じ音楽分野のあるところで共通の言語を話せる数少ない存在。、 更にはコンピュータにめっぽう詳しいので、よくアドバイスをいただくことも。 例の Core i5 の「爆速ル−キー君」のブログも読んでくださっていました。 「先生、CPU も大事ですけど、 それ、メモリですね。」 そうそう。そうな [続きを読む]
  • ちょっと見栄っ張り?
  • R君。ようやく分度器の使い方が分かってきたね。 180度を超える角度を書くのがなかなか出来ませんでした。 例の「みかんちゃん」大好きのアスリート君です。 分度器の数字を見るとたとえば120のところにはそのすぐ下に60と書かれています。 図を書いているうちにどっちから計ったんかを混乱させるのです。 300度をとってごらんと言うと狭い方の60度のところに平気で「300°」と書く。 やっとこさ、すいすいと解けるようになって [続きを読む]
  • 父よ、あなたは知っていた
  • あまりにもおもしろくて列車を降り損ねるところでした。 乗り損ねるのではなくて降り損ねる・・・。 『思い出トランプ』はちょっと棚に上げて・・・とはいうものの、たやすく手が届く高さなのだけれど・・・ 『寺内貫太郎一家』の方を読み始めました。 同じ題名のドラマは自分が中学生の時代にリアルタイムで見ていたもの。 私は基本的にドラマが好きではありません。 所詮は架空のものという妙なわだかまりがあって見る気がしないからです [続きを読む]
  • 変な趣味やわ・・・
  • シレッとすることがあります。名付けて「本屋ひるがえし」。五ツ木の模擬テストをはじめ塾専用教材でお世話になっているK田書店さん。今は息子さんが中心になってお店を切り盛りされているようです。自転車で長居公園を通り抜ける道のりで行くと20分くらいでたどり着ける距離。時々、この息子さんをビックリさせるのと恐縮させる目的で出向くことがあります。何の予告もなくひょこっと顔を出す。顔の幅だけ引き戸をそっと開け [続きを読む]
  • おかえりなさい
  • ※ 当時のR君 「まんなか」のR君。いちばん上のR君は高校に進学し、3月に卒塾しました。いちばん下のR君は例のサッカー大好きな小学4年生にしてアスリート君。なので、「まんなか」のR君。中学1年生になりました。この子、勉強大キライやったので、小学4年生の終わりを待たずに逃げ出しました。2年間の「脱走生活」を経て今日、復帰しました。背も伸びてちょっとニキビがちらほら・・・年がら年中日焼けをしていた子がその [続きを読む]
  • こんなふうに変わるのか・・・
  • 向田邦子さんの作品をじっくり読んだのは初めてです。中学生や高校生対象の読解問題によく出題されるので、読解の題材としての彼女の文章はこれまでにも結構な割合で触れては来ました。でも、あくまでも仕事としての「読書」。いや、「読書」と括弧付きで書いたけれどそこまでもいかない分量なので、やっぱり「解析」になるのかな・・・でもないな・・・所詮は設問者の誘導によるもので、自力での研究ではないから「解析」とは言えない [続きを読む]
  • PVL・e数学ラボ
  • こんなのがボクが子どもの頃にあったら・・・そう思わされたのがPVL。日本一・・・いや、世界一地味な数学指導の映像教材。先生の姿は一切現れません。声だけで、ひたすら板書を見ているみたい・・・でも、メチャクチャ丁寧。たったひとつ難を言えば、睡魔との闘いになるかもね?「e数学ラボ」という名前です。有名な「○×サプリ」みたいにアッサリしていません。むしろしつこいくらい。そんでもって単元が細分されています。中学の数 [続きを読む]
  • 国語の隙間
  • 昨日、やっと「上」からナンか降りて来て、こんな小冊子(8ページ)を作ってみました。公立小学校に通われているお子さんがいらっしゃるお母さん方のヒントになれば・・・ 中学受験の読解指導に悩まれているお母さん方のヒントになれば・・・題して『国語の隙間』「国語の隙間ってナンなん?」そのように思われた方は、下記の塾バナーを (タップ)ホームページの「教育相談レスキュー!」より、メッセージを下さい。「国語の隙 [続きを読む]
  • ホンマ、上から目線やわ・・・
  • ホンマにね・・・ ZOOM授業の途中で途切れさせる。 ZOOM授業に備えてPC立ち上げたら、PCがナンやエライことになってるし ウチのペンタブレット設定が変になったしWindows 7・ Windows 8 とwindows 10 のお話です。 昨日もZOOMであるお父様とお話をしていて、うかつに Yes を したらエライ目に遭うやん・・・! ホンマ、仕事にならんのです。ナンのことかと言いますと、OSのアップデートとかいうヤツで 勝手 [続きを読む]
  • みんなが応援してくれるのは、どうして?
  • 中学3年生になったM君。本棚から取り出したるは「国語文法」とな?「先生、コピってイイですか?」どうぞどうぞ。ご自由にコピって下さいな。この春休みに入ってからスイッチが入ったようです。スイッチが入った子を見ていると入っていない子とではあることが違うのですね。それは、身体の動かし方。チェーン店の喫茶店とか同じくチェーン店のラーメン店とかでも同じことなんですね。単なるアルバイトと、同じアルバイトでも本 [続きを読む]
  • どんな説教よりも優るかも?
  • ちょっとしたアクシデントで、読み取り指導のテキストが一時的に発展編、つまりレベルの高い方にせなアカンことになりまして・・・昨日、標準レベルの問題で30字で書くところを空白にしていたNさん。今日、見事に発展編の問題を全問正解しました。どういう風の吹き回しやろ?(Nさんには失礼なんですが)尋ねると、昨日の私の解説で、何となくコツがあるのが分かったとのことでした。1枚目は比較的平易?ですが、2枚目はちょい [続きを読む]
  • ホンマ、うかうかしてたら、置いてけぼりやんか
  • ZOOMオンライン授業遠隔授業をして分かったことなのですが・・・読解指導?算数とか数学の指導?いえいえ、物理的なことです。つまり、PCのこと。Windows 7 が初リリースされたのが2009年と「ウィキペディア先生」がおっしゃっているので、ウチのメインPC、いわゆる「親分」は2009年か2010年製のものですね。当時は64ビットで最新鋭。今まで使っていたWindows Visita が32ビットなんてこと、全然知らんかったし・・・で、そも [続きを読む]
  • これを伝えられたら最高ですね
  • 好きな作家さんを挙げてくださいと言われるとこんな感じですね。司馬遼太郎さん大佛次郎さん井上靖さん五木寛之さん童門冬二さん向田邦子さん壺井栄さん(ランク順ではありません)みなさんスゴイ方ばかりなのですが、そのなかでも「スゴイ」と思わされるのは向田邦子さんでしょうか。司馬遼太郎さんの場合は言葉が難しいのですね。でも、その言葉の意味が分かれば読み進められます。向田邦子さんの場合はその言葉の難しさがない [続きを読む]
  • どうも味を占めてしまったようです
  • 理系思考が得意な、俗に言う「理系頭」の子どもさんのうち、8割くらいまでの確率で国語の読解をあまり好まれない傾向が強いように思います。国語の読解は、いわゆる文章の解析を、引いては「解剖」をするわけです。設問者の指示にしたがい与えられた課題の文章を設問者の要求にふさわしくなるように解剖し分析をしながら解答を進めてゆく作業です。「解答」とは、結ばれた紐を「解き答える」こと。本を読むことを「紐解く」とい [続きを読む]