ひささん さん プロフィール

  •  
ひささんさん: 毎日が一口馬主
ハンドル名ひささん さん
ブログタイトル毎日が一口馬主
ブログURLhttps://ameblo.jp/umaumawahaha/
サイト紹介文一口馬主の楽しみを365日満喫してもらうためのブログです。
自由文シルク、東サラ、キャロット、ロード、ユニオン、ローレル、サンデー、ノルマンディに参加しています。
一口馬主に関する馬体、クラブ、血統、厩舎など幅広い考察を行っているので、是非お立ち寄りください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供481回 / 365日(平均9.2回/週) - 参加 2014/09/06 18:07

ひささん さんのブログ記事

  • シルク追加 出資確定
  • シルクホースクラブの追加募集馬は、5頭のうち2頭が満口となった。 (HPより)500口を超えるお申込みをいただき抽選となりました募集馬で、実績枠(300口)でご出資いただくために必要でした過去3世代の出資実績(ボーダーライン)は以下のとおりです。69.メジロルバートの17 3,588,000円 (総お申し込み口数:2,796口)70.ミステリアスオーラの17 1,814,000円 (総お申し込み口数:1,225口)※上記以外の募集馬は募集口数を超 [続きを読む]
  • 阪神JFと週末の結果
  • まず、阪神JFから。 戦前の予想では、クロノジェネシスに◎をしていたが、同馬はスタートで出遅れて、直線の入口でも大きく外に膨れる競馬。内隣のダノンファンタジーに外に振られてしまい、惜しくも2着に終わった。勝てる力も十分にあっただけに、北村友騎手の騎乗には、ややガッカリである。 勝ったのは、Cデムーロ騎乗のダノンファンタジー。三連勝で、見事に戴冠を果たした。 3着ピーチサンバ、4着シェーングランツ。後方か [続きを読む]
  • シュペルミエール 復活V
  • 今日の阪神9R。準オープンのオリオンS。 キャロットクラブのシュペルミエールが、復活のVを飾った。 (写真は、Ko-Meiさん) 8枠から先行して、2番手で道中を追走し、直線で先頭に。トップハンデながら、アルメリアブルームの猛追を、最後まで抜かせなかった。 菊花賞の時の鞍上だった、北村宏騎手も嬉しそう。筆者も嬉しい(涙)。脚元の不安がありながら、これで5勝目。立派な馬だと思う。 ありがとう、北村宏騎手。ありがとう、 [続きを読む]
  • あれから5年か 阪神JF予想
  • ふと、「そういえば」と過去のブログを見てみると、今日でちょうど、レッドリヴェールが勝った阪神JFから、5年目だった。 いまだに写真を見ても、本当に勝ったのかという際どさ。ハープスターと、僅かの5cmだった。月日が経つのは、本当に早いなとシミジミである。 明日の阪神JFのメンバーを見ると、スローペースを逃げ・先行して勝った馬が多い。展開面が一つのポイントだろう。 ラップがそれほど速くならないと読めば、切れ味 [続きを読む]
  • クレッシェンドラヴ 霞ヶ浦特別 快勝
  • 広尾馬、躍動。 中山9Rで、広尾サラブレッド倶楽部のクレッシェンドラヴが、2馬身1/2差の快勝を飾った。 クレッシェンドラヴ 牡4歳 父ステイゴールド、母ハイヤーラヴ、林厩舎 スタート後にごちゃついて、一旦後方からになった本日。 5F 1:01:0のスロー判定ペースを、向こう正面から徐々に進出。 いつものように、4コーナーで先団に。ここのコーナリングが非常に得意な馬。 持ったままで並びかけ、内田騎手のゴーサインが出 [続きを読む]
  • シュペルミエール他 出走馬
  • (特別戦出走馬)12/8中山9R霞ヶ浦特別 2,000m クレッシェンドラヴ (内田騎手、林厩舎、広尾) 広尾のクレッシェンドラヴが3ヶ月振りに出走する。前走9月の九十九里特別では、勝ったプライムセラーなどに力負けの4着。ややガッカリのここ2戦だが、冬場に成績が上がる馬。習志野特別2着のフリージングレインが強敵だが、1月にクレッシェンドもオリエンタル賞勝ちのサトノキングダムを中山で豪快に差しきっており、力は足りるだろう [続きを読む]
  • 24戦目 ブライトクォーツ 障害挑戦
  • 週末には、JRAにて23戦未勝利中のブライトクォーツが久々に登場する。 12/8中京4R 障害芝3,000mブライトクォーツ 牡4歳 (父ワークフォース、母レースドール、荒川厩舎、熊沢騎手、シルク) 通算戦績 0-4-2-17 (芝0-2-2-10、ダート0-2-0-7、2,400m以上のレース 0-4-2-5) 未勝利のまま、勝てそうで中々勝てない個性派のキャラクターである。 同じようなキャラに、ロードのロードマドリード号がいたのだが、同馬は未勝利戦の最 [続きを読む]
  • シルク追加募集申込状況
  • 第1回追加募集馬への出資をご検討いただきましてありがとうございます。12月5日(水)午後5時時点の会員様インターネット先行期間におけるお申し込み状況(250口以上の募集馬)は以下の通りです。 ◆2,200口以上69.メジロルバートの17 ◆900口以上70.ミステリアスオーラの17 ◆350口以上68.ミオリチャンの17 ◆250口以上67.エリモアクアポリスの17 いやいや、忘年会終わって、帰ってきてHPをみたら結構衝撃だった。 メジロルバート1 [続きを読む]
  • 師走にデビュー予定
  • 年の瀬も慌しくなってきた。各クラブでも、各馬の年内のデビューを鋭意準備している(以下予定)。 シルク 12/16日曜日 阪神芝2,000mルデュック (ルメール騎手、池江泰厩舎)パラーディスト(Mデムーロ騎手、石坂正厩舎)ハーツクライ産駒の対決。騎手もガップリ四つの予定。同じ新馬戦で当たるのが、やや勿体ない感。 キャロット 12/15土曜日 中山芝1,800mシャルマント(三浦騎手、鹿戸厩舎)ラヴィアンレーヴ(ビュイック騎手、田村 [続きを読む]
  • 観戦記 レッドフレイ
  • 土曜日の中山競馬6R。人気の一角、グロンフォールを5馬身差で破ったレッドフレイが、巷で話題になっている。 共に持ってはいないのだが、観戦者としてまずグロンフォール(シルク)は、冬場の馬場だと特に相当に強いのでは、と前々から思っていた。 冬場のダートは、凍結防止剤を使っているため、非常に重くなる時期がある。この馬の1月の新馬戦では、脚の回転はダイナミックでゆっくり目だが、ノーザンFが巨漢ながらに凄く鍛えてい [続きを読む]
  • 週末の結果とエリモピクシー17近況
  • まず、愛馬につき淡々と。 12/1中山9R 葉牡丹賞 芝2,000m ウレキサイト (田辺騎手、松永幹厩舎、シルク) 12着 ボロ負けしてしまった↓。まず、ウレキサイトの前走の新馬勝ちのレースラップは、5F 1:03:5から8F 1:40:8。今回は5F 1:00:1から、8F 1:36:2。8Fの地点はおおよそ4コーナー手前だが、この地点までで4.6秒違っていて、1秒が約7馬身と仮置きすると、約32馬身差はあるラップの違い。突然の激流ラップに、直線でモレイラ [続きを読む]
  • レッドヴァール 感動の初勝利
  • 感動しました(^^)。中京の8R、芝の2200M。 東京サラブレッドクラブのレッドヴァールが、1年3ヶ月ぶりのレースで劇的な初勝利を飾った。 レッドヴァール♀ (父ディープインパクト、母レッドヴァージン、鹿戸厩舎、生産 社台ファーム ) 未勝利の身で、18頭フルゲート牡馬混合の格上戦となった、今回のレッドヴァール。骨折の長期休養明け。ゲートに入れるかどうかも分からない厳しい臨戦過程で、ようやく辿り着いた2戦目だった。 [続きを読む]
  • シルク追加募集馬
  • シルク追加募集馬につき、5頭の動画を見てみた。 ラッドルチェンド17は、馬体が軽く、後ろ脚の動かし方など見ていると、筋トレにも時間を要しそう。血統表には書かれていないが、姉のリベラメンテが全然ダメだったのはシルク会員なら知っての通り。母馬の素質がまだ疑問な中で、この馬体の感じなら、様子見が無難な所である。 エリモアクアポリス17は、これも小さめの馬体で、動画では腰が少しだけフラツキ気味。血統的にも父ノヴ [続きを読む]
  • ロード申し込み結果
  • 月末の仕事を終えて、帰ってきたらロードから申し込み結果が来ていた。 結果・スピニングワイルドキャット17  ◎・ワイルドココ17           ◎ スピニングワイルドキャット17が抽選を突破した。2頭、ご一緒の方は、よろしくお願いします(^^)。 実際の所はどうなのだろう。ロードさんは郵送申し込みなので、最終発表以降の票がそれほど伸びず、山猫さんの抽選倍率は思っていたほど高くなかったのでは、と推測してい [続きを読む]
  • 週末の出走馬
  • (特別戦出走馬)12/1中山9R 葉牡丹賞 芝2,000m ウレキサイト (田辺騎手、松永幹厩舎、シルク) 昨年はジェネラーネウーノが制した出世レースに、ウレキサイトが出走する。新馬戦は、ポルトラーノを先行して押し切る競馬で、1馬身1/4先着。奥のありそうな勝ち方だった。相手は当然に強化。ラストグルーヴの仔のランフォザローゼス(モレイラ)、キタサンバルカン(北村)、サトノラディウス(三浦)、サンデーRのカイザースクルーン(ビ [続きを読む]
  • レッドヴァール 復帰へ
  • デビューで1戦をした後、色々あって骨折をしてしまい、未勝利戦のあるうちにレースを使えなかった東サラのレッドヴァールが、日曜日の8Rでレースに復帰することになった。 この馬については、何度か書いているように、●田国厩舎の対応が中々に酷かったと思う。 (ご興味のある方は、シリーズを遡ってみてください) そのため、東サラでは有力厩舎にあたる鹿戸先生に転厩になり、ようやく怪我から回復。抽選突破で、未勝利馬のまま [続きを読む]
  • カラレイア快勝
  • 本日、シルクホースクラブのカラレイア(3歳♀)が、名古屋競馬の8Rで2勝を無事に決めた。 HP 2018/11/29 <レース結果>11/29(木)名古屋8R C8組〔D1,400m・10頭〕優勝[1人気] 大外枠から馬なりで内に進路を取りながら先頭に立ちます。そのままのポジションで進め4コーナーで気合いをつけられると、直線では後続との差を広げて2連勝を飾りました。 角田輝也調教師「前走から中1週での競馬でしたが、精神的に苦しくなるこ [続きを読む]
  • シルク追加募集 徒然
  • 恒例行事で、シルクホースクラブの追加募集が発表されている。愛馬の故障続きでモチベーションは下がっているが、個別の馬についての動画を待っている時である。 今週の葉牡丹賞では、昨年の2回目の追加募集馬である、ウレキサイトが出走する。 「アーモンドアイが勝った直後で、また首尾よく追加募集が始まったな」と感じているが、昨年の秋には、ルメールを手配して2歳戦で、勝利の方程式を組んで勝ち捲ったシルクである。 外 [続きを読む]
  • この世界の片隅に
  • 一口馬主の世界の片隅で、今日も悲報は続いている。 先週は、各クラブの近況報告が、結構きつかった↓。 シュペルミエール (キャロット) 18/11/21  木村厩舎前走直後の様子では古傷の状態にさほど変化は見られなかったのですが、牧場で疲れを取ったうえで調整を進めていくとちょっとモヤモヤしているということでした。ただ、ここの箇所はちょっと時間をかけたからと言って大きく変わるものではありません。むしろ、下手に [続きを読む]
  • 諦観とポイント
  • アーモンドアイの圧勝を見て、凄いなと思う反面、一口馬主としてはもう、「あれほどの馬は中々持てないだろうな・・・」と諦観モードである。 先週末にはレッドベルディエスとロードグラディオが勝って、2歳馬の勝ちあがりはまずまず順調。ウェルカムSに出走したイストワールファムも、牡馬相手に4着に善戦してくれた。各馬ともよく頑張ってくれたと思うが、アーモンドアイのあのパフォーマンスを見せつけられると、心はやはりブ [続きを読む]
  • とんでもない馬だった
  • いやいや、ジャパンC。 2:20:6のレースレコードで、2番手から圧勝したアーモンドアイには、脱帽ですよ(^^)。 今日は、揉まれるとどうかなと思って見ていた所、ルメール騎手も意識して早めに2番手。前にキセキが逃げ、後ろにスワーヴリチャードがアーモンドをマークする展開。 キセキのテンの5Fが59.9秒で、ペース判定はここまではスロー。しかし、ここから11.8-11.7-11.4-11.4-11.0-11.4-12.0の激流ラップ。後ろの馬がついてこれ [続きを読む]
  • ロードグラディオ初勝利 シグナライズ善戦
  • 京都3R。芝1,600m。ロードサラブレッドオーナーズのロードグラディオが、先行して抜け出し初勝利を飾った。 ロードグラディオ ♂ (父キングカメハメハ、母シンメイフジ、西浦厩舎) 初戦は2着だったが、今日はMデムーロ騎手を迎えて、鞍上強化。スタート後から、先行してイン1頭分を開けての、2番手を追走。 坂の下りで、外からG1サラの馬にぶつけられたが、体幹がしっかりしていて持ち直した。最後は、逃げ馬を上手く交わして [続きを読む]
  • レッドベルディエス 完勝
  • 東京2R。芝の1,600m、フルゲートの18頭立て。東京サラブレッドクラブのレッドベルディエスが、2馬身1/2差で嬉しい初勝利を飾った。 本日の人気は、単勝1.1倍 !?。18頭立てである。 余りに被り過ぎて、一般的にはプレッシャー以外の何物でもなかったが、ルメール騎手には関係なかった。 道中ずっと外目の中団を追走し、直線に入ってから、一気に抜け出した。 ありがとう、ルメール騎手。ありがとう、鹿戸先生(^^)。 姉のレッド [続きを読む]
  • 週末の出走と先生の一言
  • 週末は、日曜日のウェルカムSのイストワールファムと、土曜の東京最終レースのシグナライズ、そして、2戦目で初勝利を狙う馬達に注目している。 東サラ・・・レッドベルディエス(新馬2着)ロード・・・ロードグラディオ(同2着)と、ロードゼウス(同3着)。 このうち、ロード馬については、現募集中の兄姉たちが走るため、注目である。 シグナライズは、母ワイルドココ、父フランケル。 近走は物足りないが、藤原英厩舎が良く回数を使 [続きを読む]
  • イストワールファムとJC
  • いよいよ三連休。日曜日は、古馬の最高峰、ジャパンカップ(G1)である。 今週の個人的なメインレースは、JCの1つ前のレース。ウェルカムSに出走する、イストワールファム(シルク)を応援する。 募集総額18Mのローエングリン産駒。ハープスターの姪っ子にあたる。ローエングリン産駒は、東京の芝1,800mコースが得意であり、このイストワールもこの舞台で3勝。鞍上も、過去2勝と好相性の戸崎騎手。楽しみな挑戦となった。 他にも有力 [続きを読む]