スポック さん プロフィール

  •  
スポックさん: 自己愛性人格障害者と不当解雇
ハンドル名スポック さん
ブログタイトル自己愛性人格障害者と不当解雇
ブログURLhttp://ogyk.net/column/
サイト紹介文自己愛性人格障害者からの攻撃を、ヒョイとかわす、ウッシッシと反撃する、起上がりこぼしのように蘇る作戦
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供66回 / 328日(平均1.4回/週) - 参加 2014/09/06 18:17

スポック さんのブログ記事

  • 対自己愛性人格障害者の最強対策②
  • 血だらけになりながら戦う(え〜、今日は有休とって休んでます。)昨年末に、久々に自己愛ハンニャ(自己愛般若からこっちに変更)にムカッ腹たったのと、立てつづけに事件が起こったのとで、書くことが増えた。自己愛性人格障害者から攻撃をうけている方のいろんなサイトを観ていたら、Yahoo知恵袋の回答に面白いものがあった。ここ一部引用すると、会話の全てを録音録画記録する笑顔を向けない ・ ・ ・他の人とは楽しく会話 [続きを読む]
  • 対自己愛性人格障害者の最強対策
  • 実は対応策はない一本勝ちの判定がほしいところだが、現段階では(有効かな?)・無視・キレ返す・おうむ返し(あとは、同じ症状を持つ人格障害者になる)くらいしかない。(ちょっぴり愚痴です)サバンナの真ん中に、武器も持たずに置き去りにされたら、私たち人間はどうなるか?遅かれ早かれケダモノたちのエサとなってしまう。不安と恐怖の中を逃げまどい、あるいは、深手を負いながらも逃げ続けるが、ついにはその毒牙にかかっ [続きを読む]
  • 他人が賞賛された―自己愛性人格障害者の反応は?
  • やっぱりケダモノ自己愛性人格障害者である(管理人は専門家ではありませんが断定して書いています)自己愛般若は、通常は画像そのままのオーラの持主だ。不気味の一言。それは、「キャー」と騒がれて、イヤがられて駆除されてしまう存在だ。自己愛はSFの世界を繰り出し、私たち人間を別世界へ招待する。(招待されて入っていってしまうんですよねえ。)まず、たとえばヘビのようなハチュウ類が、人型の肉ジュバンを装着する。次 [続きを読む]
  • 自己愛性人格障害者への対応は「無視が一番」―その理由
  • 究極のカマってちゃんなんだ!(じょうず!じょうず!)無理かもしれないが、自己愛性人格障害者はイラストのような赤ちゃんなんだ!と認識しよう!そうすると、全部つじつまが合うから。。。最近の事件?をご紹介しよう。その前に、うちにいる自己愛性人格障害者2匹(失礼!もはや人間だとは思っていないので)について少し書く必要があるかなと思う。自己愛般若のスペック:役職は営業部長兼総務部長50代後半高卒(偏差値40代) [続きを読む]
  • はじめての自己愛性人格障害者との遭遇
  • ゼニ亀との出会いに(え〜、画像は、不当解雇裁判を闘った会社、ピンハネ商事の総務兼代表取締役・金つぼねの娘、アッポちゃん。)今しみじみ思いを巡らせることがある。それは、ピンハネ商事のゼニ亀社長が、(独裁会社社長ならあたり前かもしれない)重篤な症状をもっている自己愛性人格障害者だった!!ということ。ピンハネ商事に勤務していたころは、世の中に自己愛性人格障害者などというバケモノが存在しているなど知る由も [続きを読む]
  • 自己愛性人各障害者の手クセ
  • 息子の赤ちゃん時代自己愛性人格障害者の想像を絶するメンドクサさは、ちょうど、赤ちゃんを育てている時の母親が遭遇する体験と全く同じだ(と断定できる)。肛門期と口唇期における(あっ、フロイト曰くですが)、本能から出てくる生存戦略―命を維持するための欲望を満たすためだけに泣き叫ぶ行為について。お腹がすいた↓不快感を感じる↓「不快感を取れ」と呼びつける(赤ちゃんなので泣いて伝達する)母親が具合が悪くて寝て [続きを読む]
  • 自己愛性人格障害者の手クセ
  • 息子の赤ちゃん時代自己愛性人格障害者の想像を絶するメンドクサさは、ちょうど、赤ちゃんを育てている時の母親が遭遇する体験と全く同じだ(と断定できる)。肛門期と口唇期における(あっ、フロイト曰くですが)、本能から出てくる生存戦略―命を維持するための欲望を満たすためだけに泣き叫ぶ行為について。お腹がすいた↓不快感を感じる↓「不快感を取れ」と呼びつける(赤ちゃんなので泣いて伝達する)母親が具合が悪くて寝て [続きを読む]
  • 自己愛性人格障害者にオウム返しが有効だった話
  • 頭の良い人(今ごろ、「あけましておめでとうございます」、そして半年振りの投稿です)さて、前回(2017年8月ごろ)”自己愛性人格障害者・自己愛般若の悔しがり方“などを書こうとしていたら、パソコンがパシュンと音を立てて画面が真っ暗になった事を書いた。あれから仕事が超忙しかったのと、パソコンが動かないのとで更新が今になってしまった。さて、今回の事件。ウテバヒビキ君に「オウム返しをされて(私のパソコンのよう [続きを読む]
  • ジコアイ虫は人間に非ず
  • 自己愛性人格障害者の症状はどこでも同じ前回、”自己愛性人格障害者・自己愛般若の悔しがり方“などを書こうとしていたら、パソコンがパシュンと音を立てて画面が真っ暗になった。それで、しばらく更新できなかったが、書こうとしていたものより強烈な事件が起きたから、そっちを書こうと思う。(ネタには困らん)そして最近では地道な”ジコアイ流布活動”が実ってきているかして、社内からポツポツ相談のようなものがくるように [続きを読む]
  • 自己愛性人格障害者に楽々勝てる方法−朗報③
  • MADE IN ITALYを武器に使った日−我がほうの勝利!あれれ?気にならない。自己愛性人格障害者・自己愛般若から、あのオゾマシイ負のオーラを感じない。かと言って、勿論、正のオーラを感じるというのではない。存在感ゼロやん。不思議。自己愛般若が殺処分を待っている可哀想な小動物に見える。一時、自己愛般若に無理な偽善を施していたが、ドラえもんから借りている“真実めがねぇ”をかけているせいか、自己愛般若がケモノにし [続きを読む]
  • 自己愛性人格障害者・クラッシャー上司に勝てる人
  • デカイ声で言葉の暴力をふるう仕事ができて言葉の暴力をふるうヤツ。これ、厄介。いっそ、本当に暴力をふるってきたなら、即効、告訴することが可能だから対抗手段ができるというもの。だが、現実は厳しい。一般企業なら、暴力がまかり通ることなどあり得ないが、世の中には独裁社長率いる同族会社、親分子分組織会社も多く存在していて、社員がどこかに訴えるなど簡単にできない状況があるようだ。そういう暴力会社に勤めていて、 [続きを読む]
  • 自己愛性人格障害者に楽々勝てる方法−朗報②
  • 嫌な女の典型になってみるおほほほほ、これ、MADE IN ITALYざます。ほんの寝巻きざます。前回の続き。おそらく、自己愛般若には、本物とニセモノを見分ける目など付いていないから、出来れば、ブランドロゴ入りの服や靴が必要だろう。あるいは、仮装パーティにでも行くのか?と思うような派手なデザインか色目のものを着る必要があるかもしれない。キララちゃん:自己愛般若さんて、服や持ち物にお金かけてますね〜。と、彼女に言 [続きを読む]
  • 自己愛性人格障害者に楽々勝てる方法−朗報
  • MADE IN ITALYえ”ッ?!そんなことで?今回、勝ち負けの人生しかない自己愛性人格障害者がの場合、着ている服の値段で勝ったの負けたのを決める!ということがよく分かることが起きた。服の値段なんて、買うときに支払ってしまえば、その後は意識することはないだろう。いや、別の意識はあると思う。ン万するジャケットを着て焼肉は食べにいかないし、チョー満員電車に乗ったときは人との距離が気になるだろうし、洗濯機で洗った [続きを読む]
  • 自己愛性人格障害者は飼育するしかない−名ブリーダーになる
  • チュコクからの贈り物だった!by Tambako the Jaguar(画像は、こちらからお借りしました http://free-photos.gatag.net/)例えば、日本政府が、友好の印としてチュコクから動物を贈られたとする。そして、その動物は、飼育係に噛み付くような凶暴な飼いならせない種類。その上、特殊な飼育設備と莫大なエサ代がかかる種類。もしかして、チュコクは、嫌がらせで出来損ないを贈ってきたかもしれない。だが、将来的にチュコクと良好 [続きを読む]
  • クラッシャー上司の慢性病−自己愛性人格障害もち②
  • ケモノ病クラッシャー上司の慢性病−自己愛性人格障害もちの続き。人格障害者・白黒ブッチーは、その威圧感で人を恐怖に落としいれ、恐怖で人を縛るやくざなヤツ。なぜかこのところ彼と関わりがあり、その気質・言動に不快な気分にさせられている。マッスグセイギ君の告白−“白黒ブッチーの威圧感に押し潰されそうです”に胸を痛めるようになったためだろうか、白黒ブッチーの存在感を身近に感じるようになった。(目に付いてしゃ [続きを読む]
  • 自己愛性人格障害者とその取巻きの予備軍
  • 嫁いびりするタイプ昔、むか〜しのOL時代に、ある重役からこんな事を聞いた。日本人には、血液型でその性格が違うと巷間言われているように、日本独特の根本の教え(宗教というか哲学というか)の違いで気質・性格が異なる、と。その中でも顕著に分かる3つの気質・性格があると。その3つとは。。シチュエーション①の場合↓・大事なひとり息子の彼女が家に遊びに来て、挨拶もそこそこに2人で息子の部屋へ入っていった。・若い2人 [続きを読む]
  • 自己愛性人格障害者の正体を探る
  • 根っこがない自己愛性人格障害者には、人格がない。あるいは、〜幼稚園児の人格しか持っていない。目に見えない部分での障害を抱えているが、それをパーソナリティ障害とか心の病とか精神病などと人は言う。目に見えない部分というのは、人は、その人の肉体の成長に誤魔化されてしまって、精神・人格も成長していると自然に思ってしまうため、その障害が最初は見えない、分からない。あるいは、ほとんどの人が分からない。画像のよ [続きを読む]
  • クラッシャー上司の狼藉②−自己愛性人格障害者の威圧
  • 組事務所かと見間違うマッスグセイギ君は危なかった。彼は、2年もの間、自己愛性人格障害者・白黒ブッチーから威圧によってガンジガラメの刑に処せられていたのだ。(神戸や京都は除くかもしれないが)関西では、素人なのに、やることが○クザのような玄人のことを”ブチ”と言う。○クザより性質が悪い、と言われている。ブチというのは、犬や猫の体の模様のことで、”白黒のブチの犬”というふうに使う時の言葉。“玄人の黒”と [続きを読む]
  • クラッシャー上司の狼藉−自己愛性人格障害者♂版
  • 部下の苦悩前回登場のマッスグセイギ君の直属の上司は、サイバーおしんで、私の上司でもある。と言っても、わが社は、上司・部下の関係は建前だけのもの。長期間、専制君主制が敷かれていた会社組織だったため、実質は派閥の中での親分・子分の関係が今尚生きていて、命令系統が複数ある状態。ここで再び、会社組織図をご紹介。(青字は、昔、白黒ブッチー・父の子分だった人)●社長→→→●マッスグセイギ・父(大株主)↓    [続きを読む]
  • クラッシャー上司の慢性病−自己愛性人格障害もち
  • 著しく低い社会性人格障害者だと思われたマッカーウソーは、社会性がほぼ欠落している。いや、反社会性ですらあった。以前不当解雇裁判を闘っていた相手の代理人である弁護士・マッカーウソーは、、裁判官の前でこう言った。(裁判官から(※)産地偽装について聞かれて)ニセシール貼りのようなことは、どこでもやっていることですから、うふふと。(※)産地偽装:裁判の相手会社・ピンハネ商事は、Suzukiのシールをソックリまねて、 [続きを読む]
  • 自己愛性人格障害者撲滅の強力な武器②
  • 客観的証拠やっぱり、(大げさだけど)客観的証拠を示して、道理を説明できる人−理路整然と説明できる人がいると、会議を自己愛性人格障害者なんぞに乗っ取られることはないのだ!昨日は、うームマンダム氏が自己愛般若に、メールという客観的証拠を示して※責任を追及した事をここに書いた。※責任:自己愛般若には総務部長という肩書きがあるが、社のプロジェクト・行事があると、顧客先への招待状などを作成・送付する業務を担 [続きを読む]