zihisyuppann さん プロフィール

  •  
zihisyuppannさん: 日本文学館との契約を巡る法廷闘争顛末記
ハンドル名zihisyuppann さん
ブログタイトル日本文学館との契約を巡る法廷闘争顛末記
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/zihisyuppann
サイト紹介文日本文学館との出版トラブルの全容を紹介します。第1回口頭弁論は2015年6月4日(木)です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供426回 / 365日(平均8.2回/週) - 参加 2014/09/07 14:10

zihisyuppann さんのブログ記事

  • やる気皆無の日本文学館
  • [日本文学館] ブログ村キーワード 日本文学館は、今月になって半月が経過したにも関わらず、相変わらずトップページを更新していません。先月(9月)は新刊がなかったことからトップページの更新は必要ありませんでした。しかし、今月(10月)は、新刊が1冊あります。今月の新刊 → トップページを更新しないことは明らかなミスです。お粗末この上ありません。8月の新刊情報は掲載していますが、10月のそれは掲載していません [続きを読む]
  • 愚かなミス その4
  • [日本文学館] ブログ村キーワード 愚かなミスのその4は、サイトマップの「今月の新刊本」に今月の新刊を掲載していないという点です。日本文学館は今月、新刊があるにもかかわらずそれをトップページでもサイトマップでも掲載していません。これまでも日本文学館は、サイトマップで新刊を掲載していないことが度々ありました。私がそれを指摘したところ、担当者は「トップページに掲載しているからサイトマップで掲載する必要 [続きを読む]
  • 愚かなミス その3
  • [日本文学館] ブログ村キーワード 日本文学館は、今月の新刊をトップページに掲載していません。トップページには掲載していませんが、刊行書籍のページには掲載しています。小説・原稿募集の日本文学館 トップ > 日本文学館の本 > 2017年刊行書籍 > 2017年10月 ↓愚かなミス [続きを読む]
  • 愚かなミス その2
  • [日本文学館] ブログ村キーワード 日本文学館は、今月、1冊の新刊を刊行しています。しかし、トップページにそれ(今月の新刊情報)を掲載していません。 8月の新刊は2冊でしたが、9月はゼロ(刊行なし)でした。そのため、9月の新刊情報を掲載していません。今月の新刊情報を掲載していないということは、先月(9月)に続いて今月も新刊はゼロ(刊行なし)ということになります。 これがトップページの新刊情報欄です。↓ [続きを読む]
  • 10月10日は「萌えの日」 ?
  • [日本文学館] ブログ村キーワード 日本文学館は、今月、1冊の新刊を刊行しています。しかし、トップページにそれ(今月の新刊情報)を掲載していません。 8月の新刊は2冊でしたが、9月はゼロ(刊行なし)でした。そのため、9月の新刊情報を掲載していません。今月の新刊情報を掲載していないということは、先月(9月)に続いて今月も新刊はゼロ(刊行なし)ということになります。 これがトップページの新刊情報欄です。↓ [続きを読む]
  • 列記とした〇〇
  • 「歴とした」の「歴」は、「れっき」と読みます。疑う余地がないほどに確かなことを意味します(→「歴然たる事実」)。 「れっき」を「列記」と書くのは間違いです。   日本語不思議辞典↓ [続きを読む]
  • 一抹の不安がない・・・?
  • 私は、「一抹の不安がない」に違和感を抱きます。教えて!goo に私と同様に違和感を抱くという人が投稿していました。 「一抹の不安がない」と言う人は、「一抹の不安がない」に違和感を抱かないからこそそう言う訳です。そういう人が多くなれば、普通に使われることになります。言葉が時代と共に変わるのはやむを得ないことですが、誤用が広まることでそれが誤用でなくなることを私は愁います。 追記 (2017.10.12 8:40) 不 [続きを読む]
  • おかしなところは、「外来の水草だと知らない」
  • 次の文章のおかしなところをあなたはどう指摘しますか。https://blogs.yahoo.co.jp/zihisyuppann/69695278.htmlhttp://minaminumaebi.blogmimi.com/?p=522  より> ホテイアオイの事を、外来の水草だと知らない人もいらっしゃるのですが、元々は日本の水草ではありません。「外来の水草である」と「元々は日本の水草ではない」は、同じこと(ホテイアオイが外来種である)を重複して説明しています。ここは、次のように書けばい [続きを読む]
  • 次の文章のおかしなところをあなたはどう指摘しますか。
  • 次の文章のおかしなところをあなたはどう指摘しますか。https://blogs.yahoo.co.jp/zihisyuppann/69695278.htmlhttp://minaminumaebi.blogmimi.com/?p=522  より> ホテイアオイの事を、外来の水草だと知らない人もいらっしゃるのですが、元々は日本の水草ではありません。「外来の水草である」と「元々は日本の水草ではない」は、同じこと(ホテイアオイが外来種である)を重複して説明しています。ここは、次のように書けばい [続きを読む]
  • 愚かなミス その1
  • [日本文学館] ブログ村キーワード 日本文学館は、今年1月から9月までの新刊の刊行件数は僅か8冊です。月平均で1冊未満です。9月の新刊がゼロだったことから今月も新刊がゼロであることが予想出来ました。しかし、2日(月)の午後になって新刊が1冊あることが判明しました。それは、トップページからさらにページを開くことによって知ることができます。トップページには今月の新刊情報は掲載されていません。新刊があるのにそれを [続きを読む]
  • 原文は「消耗」
  • 次の〇〇に入る言葉は何が適切でしょうか。 https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9973881.html教えて!goo に投稿した記事に対して7名の方からコメントを頂きました。そのうちで一番多かったのが「憔悴」でした(5名)。他に「疲弊」と「困惑」がありました(各1名)。教えて!goo では9名の方から回答を頂きました。そのうちで一番多かったのは「疲弊」でした(6名)。原文は、「困惑」でした。 原文は、「消耗」でした。 (←フー [続きを読む]
  • 次の〇〇に入る言葉は何が適切でしょうか。
  • 次の〇〇に入る言葉は何が適切でしょうか。 https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9973881.html教えて!goo に投稿した記事に対して7名の方からコメントを頂きました。そのうちで一番多かったのが「憔悴」でした(5名)。他に「疲弊」と「困惑」がありました(各1名)。教えて!goo では9名の方から回答を頂きました。そのうちで一番多かったのは「疲弊」でした(6名)。原文は、「困惑」でした。 原文は、「消耗」でした。 (←フー [続きを読む]
  • 大都市東京における介護人材確保に関する請願
  • 次の〇〇に入る言葉は何が適切でしょうか。 https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9973881.html教えて!goo に投稿した記事に対して7名の方からコメントを頂きました。そのうちで一番多かったのが「憔悴」でした(5名)。他に「疲弊」と「困惑」がありました(各1名)。教えて!goo では9名の方から回答を頂きました。そのうちで一番多かったのは「疲弊」でした(6名)。原文は、「困惑」でした。 原文は、「消耗」でした。 (←フー [続きを読む]
  • またしても愚かなミスの連発
  • [日本文学館] ブログ村キーワード 日本文学館は、今月になってホームページを更新しました。しかし、トップページは先月のままです。何を更新したのか、トップページではわかりません。これは、実に迂闊なミスです。もしかしたら、日本文学館は、そのことに気付いていないのかもしれません。日本文学館がいつそのミスに気付くか、しばらく様子を見ようと思います。もし、気付かないようであれば指摘しようと思います。その場合、日 [続きを読む]
  • デュアルタスクで認知症予防
  • 認知症ねっと がデュアルタスクについてわかりにくい記述をしていました。そこで私は、それを指摘しました。そうしたところ、それはすぐに(その日に)修正されました(先月28日)。それを指摘した時、後日担当者から連絡があるということでした。しかし、連絡は一向にありません。一言何かあってもいいと思うのですが、そうしないのはそうする必要はないということなのでしょうか。悲しい限りです。正確に言えば、私が指摘した箇 [続きを読む]
  • 洗濯をたたむ
  • あるホームページが「洗濯をたたむ」という表記をしていました。これは、「洗濯物をたたむ」の誤りです。「洗濯物」をたたむことはできますが、「洗濯」をたたむことはできません。「洗濯」という言葉を用いるのなら、それは「洗濯をする」です。そのホームページではこう表記していました。↓デュアルタスクというのは、2つの事を同時に行う「ながら動作」の事をいいます。 例えば「洗濯をたたみながらテレビを見る」というのもそ [続きを読む]
  • 脳のアンチエイジング
  • 今日から10月。秋本番となりました。秋と言えば「読書の秋」。本を読むことのメリットの一つは、脳の働きを活性化させることです。それは、まさに「脳のアンチエイジング」とも言えます。https://ameblo.jp/yama-yama-26/theme-10081644191.html より私は、本だけでなくブログを読む時でもそこに書いてあることを理解しようと努力します。読んでいて「あれっ?」と思うところがあると読み返します。そのため、1冊の本を読み終 [続きを読む]
  • 来月の新刊
  • [日本文学館] ブログ村キーワード 9月も今日限りです。日本文学館は、今月、新刊を刊行しませんでした。さて、来月は・・・。日本文学館は、5月から8月までは1冊ないし2冊の新刊を刊行しました。新刊を刊行するということは、日本文学館に原稿を持ち込む著者がいるということです。経営状況が不透明(杜撰)な日本文学館からどうして本を出そうと思うのか、私はとても理解できません。刊行件数の表記のある刊行書籍のページ↓刊 [続きを読む]
  • 第三者の目で見ることで間違いに気付く
  • 客観的に見ることの大切さhttp://syumi101.net/bungei/essay.html より>読者の立場に立って分かりづらい表現はないか、舌足らずの表現はないかをチェック>言わずもがなの分かりきった事柄、重複する表現などを削ります 「わかりにくい」文章に共通するのは、読み手の立場を無視した、書き手の独り善がりです。誰も経験したことがないほどの特異な経験をわかりやすく説明するのには、読み手が理解できるような表現を試みる [続きを読む]
  • とても読みたいとは思えない文章
  • 段落の設定がなく、文字がぎっしり詰まった文章は読みにくいことこの上ありません。そういう文章は、どこまで読んだかわからなくなる(読む行を間違える)こともあります。どうしてそういう読みにくい文章を書くのかと、私は思います。日記ならば読者は自分であるためにどんな書き方をしても構いません。しかし、自分以外の読者を想定して書くのなら読者に配慮した書き方をすべきです。そういう配慮なしに書くことは、素晴らしい内 [続きを読む]