Runrun_k2 さん プロフィール

  •  
Runrun_k2さん: Runrun日記
ハンドル名Runrun_k2 さん
ブログタイトルRunrun日記
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/run43034
サイト紹介文団塊の世代の男性です。2014年に脳出血を起こしてしまいました。再起奮闘中!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供93回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2014/09/08 10:03

Runrun_k2 さんのブログ記事

  • かゆいのかゆいの、飛んでいけ〜
  • 蕁麻疹のその後。先週追加された飲み薬で、蕁麻疹、かゆみは解消されていました。それで昨日は、これで治ったかと思って病院に出かけました。皮膚科の綺麗な女医さんは、私の皮膚をタブレットパソコンで使う、タッチペンのような物で突っついて、「薬で抑えられているだけですね。 薬を止めれば、また蕁麻疹が出ますよ!」ガックリ!!!もう一週間、そのまま薬を飲む事になりました。それで、解消されれば飲み薬を減らしていくと [続きを読む]
  • あ〜ぁ、かゆい!
  • 小雨 のち 今朝は、降っているのか、いないのか、の小雨でした。蕁麻疹が治らず、今日も皮膚科に行ってきました。バスに乗って、地下鉄に乗って出かけます。「かゆい所が、毎日移動していきますけど・・」「近頃、少し便秘気味ですけど・・・」「血圧が少し高めです・・」「内臓にどこか悪い所が無いか、心配です。」私は、心配事を並べたて、美人の女医さんに訴えますが・・お医者さんは。「疲れていませんか?」「蕁麻疹の原 [続きを読む]
  • 今日はヨガ
  • 今日はスポーツクラブへ。ヨガのクラスに参加しました。膝を痛めたのは、ヨガのクラスでの無理なポーズが原因だったのでは、なかろうか?今日は、サポートタイツを穿いて参加しました。サポートタイツは、膝や腰の無理な動きを妨げる? 素人の私は、疑心暗鬼!今日のヨガは、ストレッチ程度のヨガ、変に力技のポーズが無く良かった!! 私のタイツは、ランニング用に買った物。そういえば、買った時に店に人に、”ストレッチ機能 [続きを読む]
  • 最近読んだ本ー恋歌
  • 最近は、直木賞受賞作を選んで読んでいます。2013年下期の受賞作!!!朝井まかて 著作 「恋歌(れんか)」 講談社明治36年。師・中島歌子の病のお見舞いに出向いた三宅花圃が、歌子の家の整理を頼まれ、そこで歌子の手記を読むといった設定になっている。花圃と一緒に整理する人は、歌子の元女中の澄。中島歌子や三宅花圃の事は、私は知らんかった!二人とも明治の著名な歌人で、歌子は、樋口一葉の師でもあったらしい。 [続きを読む]
  • 天使のいる構図
  • 昨日は、友人に誘われて、混声合唱団の演奏会に行ってきました。合唱の演奏会は初めてです。会場は、昔の名古屋高等裁判所の前のビル。 50年程(?)昔に、仕事で度々名古屋高等裁判所には行ったことがありますが、今は名古屋市市政資料館となっているらしい。レンガ作り?の古い建物で、ほんとに久し振りでなつかしい場所でした。演奏会は、その前の新しい建物でしたが・・・◇◇◇◇◇演奏会の演目で、感動したのは『天使のい [続きを読む]
  • お帰りなさい〜
  • 土曜日は、私のお気に入りのインストラクターの、初級エアロの日。ここ一月ほど、膝が痛くって参加できなかった。元々、悪い右膝だが、突然ひどくなったのだ。原因は、思い当たらない???ヨガのクラスに参加した後だったので、ヨガで捻った??階段を下りるのも、つらかったけれど、少しづつ回復してきた。今日は、初級エアロのクラスに参加してみました。スタジオに入ったら、インストラクターさんが、すぐ私の所に来てくれて「 [続きを読む]
  • メタセコイアの紅葉
  • 平和公園に、『メタセコイア広場』という所がありました。其処に植わっている樹が、『メタセコイア』という樹らしい。それならば、私がいつも散歩する公園にも・・・今朝、散歩したら紅くなっていました。街路樹となっている所もあって、暫くするとそこの園路は、メタセコイアの落ち葉で、赤く染まります。 [続きを読む]
  • 猫の額ほどの庭に、秋が来ました!
  • 一時 極小の庭のことを、なぜ、”猫の額”なんて言うのだろうか?それはさておき、我が家の猫の額ほど庭に、”秋”が来ました!ノムラモミジと、ドウダンの葉が紅くなってサザンカおとめのピンク、椿の赤い花!”猫の額”でも嬉しくなるのだ(笑)少し遠方の植木屋さんに、この庭を作ってもらいました。しばらく剪定にきて、お世話してくれたけれども、いつの頃からか、お年を召したのか、こんな遠方で猫の額ほどの庭では採算が取れ [続きを読む]
  • かかりつけ医が有りません
  • 最近、膝痛がひどくなったり、便秘気味になったり、肌に湿疹・かゆみが出てたりして、不調です無意識に、かゆい所を掻いてしまうと、余計ひどくなって悲惨です。皮膚科に行こうと思いましたが、何処へ?ひょっとしたら、何か大きな病気が隠れていないかい?私は、信頼できる「かかりつけ医」を持っていません。昔は、務めていた会社関連の病院の内科医がかかりつけ医でした。健康検診のデータやら、私が病気でかかった時のデータを [続きを読む]
  • レモンのある静物
  •  のち 『ランス美術館展』へ行ってきました。絵画は、私の趣味じゃないので、美術館なんて、昔『北斎展』を観に行って以来だ。北斎の絵は、ほんとに綺麗だった。なぜ、ランス美術館展を観に行ったかというと・・私は、最近フランスの歴史小説?を読んでいる。ランスは、シャルル7世がジャンヌ・ダルクに導かれて戴冠式に臨んだ街。戴冠式を行った場所は、ノートルダム大聖堂。デュマの『三銃士』や、ユゴーの『ジャン・ヴァルジ [続きを読む]
  • 最近読んだ本ー蜩の記
  • 『蜜蜂と遠雷』を読んだら面白かった!やっぱり、直木賞を受賞するような作品は、面白いのか?そう思って、この本を読み始めました。2011年下期の受賞作で、役所広司主演で映画化されていたらしい・・葉室麟 著 「蜩の記」 祥伝社文庫時代は、1800年頃? 場所は豊後国羽根藩。架空の藩だろうけど、大分県あたりでしょうか?戸田秋谷は、かって郡奉行として善政を行い農民に慕われていた。しかし江戸で用人だった時に、 [続きを読む]
  • 私の好きな曲
  • 私は、音感が悪く、音痴で歌えない!でも、音楽を聴くのが好きで、やっぱ、世の中は、音があふれている、音楽が溢れていると思う。朝、目を覚ますと、道路を走る車のタイヤのきしむ音♪鳥のさえずり♪に、トタンの庇を打つ雨の音♪何処へ行っても、人のおしゃべり(^^♪ や BGM♪テレビドラマの『陸王』を見ていると、クライマックスの画面で流れる曲、ホルストの『惑星』の中からジュピターの一節のメロディーが流れる!!なぜか [続きを読む]
  • 『蜜蜂と遠雷』その後のその後
  • 友人に貰った小説『蜜蜂と遠雷』。貰ってくれる人がいて、その人に送った。本を買うことをせず、図書館で借りてばかりの私が言うのはなんだけど・・・本にとっては、個人の蔵書とされているよりも、色々な人に渡って読まれた方が、幸せなのではないかい!?『蜜蜂と遠雷』は、コンサートに行った時に友人が呉れた。コンサートの演目は、チャイコフスキーのピアノコンチェルトだった。ピアノの初音がオーケストラに負けていたような [続きを読む]
  • 最近読んだ本ーレ・ミゼラブル5
  • ユゴー 著作 西永良成 訳 「レ・ミゼラブル5」 ちくま文庫第五部 ジャン・ヴァルジャン非常に読みづらい小説だった!同じような事を、言い回しを変え何度も何度も書いている。くどい!!まどろっこしい!! これが、こんなに有名な小説でなければ、決して最後まで読む事はなかっただろう!!この小説の魅力はなんだろう。世界中の人たちが愛し、ミュージカルにもなっている。話が劇場的で、感動場面が幾度も出てくる。18 [続きを読む]
  • さくらもみじの季節になりました
  • ここ十日ほど、膝が痛くって・・・(トホホ)なんでか、よくわからん!!すこし良くなってきたので、今朝、やっと散歩に出かけました。さくらもみじって、すぐ、しなびた色になってしまうのだ。でも、緑をバックにした桜紅葉は、朝日を浴びて綺麗でした!『蜜蜂と遠雷』ピアノ全集[完全盤] を iTunesでダウンロードして聴いています。しまった! 私はピアノ曲より、ヴァイオリンの曲の方が好きなのに。小説『蜜蜂と遠雷』の主要 [続きを読む]
  • 『蜜蜂と遠雷』のその後の話
  • 恩田陸さんの小説『蜜蜂と遠雷』を、友人に貰った。読み終えたら、ほかの友人に貰ってもらおうと思っていたけれど。。。先日、その目当ての友人がやって来た。その話をしたら、「すでに、買って読んだよ!」って本を買わずに、図書館で借りて読むのは私だけ?この本、どうするの?読書と音楽(クラシック)に興味のない人は読まないだろうに。この小説に出てくる曲を聴きながら、この小説を読むと、場面と音楽がリンクして興味深い [続きを読む]
  • 最近読んだ本ー蜜蜂と遠雷
  • 一日 台風がやってくる恩田 陸 著作 「蜜蜂と遠雷」 幻冬舎先日、コンサートに行った時に、友人から貰った。「返さなくってもいいの?」って聞いたら、「読み終わったら、ほかの人にあげればいい!」と言われた(笑)私は知らなかった。今年の直木賞&本屋大賞受賞作らしい!!!本は図書館で借りて読むようにしているが、もしこの本を図書館に借りる予約をしていたら、どれぐらい待たされるだろう・・・? 図書館で検索してみ [続きを読む]
  • 最近読んでいる本ーレ・ミゼラブル4
  • まだ、我慢して読んでいますが、なかなか先には進みません。(トホホ)この本の裏表紙を読むと、ヴィクトール・ユゴーは、この巻を、この小説の核心部としていたらしい。ユゴー 著作 西永良成 訳 「レ・ミゼラブル4」 ちくま文庫第四部 プリュメ通りの牧歌とサン・ドニ通りの叙事詩「歴史の数頁」という篇から始まります。フランスや、ヨーロッパの歴史に理解の足りない私には、よく判りません。この巻では、1832年の6月暴 [続きを読む]
  • 文庫本の貸し出し
  • 今朝の朝刊を見ると、文藝春秋の社長が、「文庫本の図書館での貸し出しは止めて欲しい・・」と云っているらしい私は、定年退職して以後、本は図書館で借りる事にしています。現役の頃は、図書館に出かけて本を借りる暇もなく、本は会社の帰りに本屋に行って買っていました。一度読めば、二度と読まない本も多く、退職後で暇もあるように成れば、本は図書館で借りて読む方が経済的でしょう!!借りる本は、出来るならば文庫本、カバ [続きを読む]
  • 3年後
  • 脳出血発症後、3年が経ちました。今日は、病院へ。夏の間、血圧は低めで推移していましたが、涼しくなって、少し高めになってきました。今日は、また暑いけど(笑)「朝の血圧が110未満だったら、血圧の薬は飲まなくてもいい」と云われていましたが、前回の通院から今日までの84日間、34日しか薬を飲まなかった。時々ふらつく事があると云ったら、ふらつきのひどい時は、神経性疼痛の薬リリカを飲まないようにして見ても良 [続きを読む]
  • なんとか出来た!
  • 五時半頃に目が覚めた。まだ五時半かと思って窓の外を見ると、朝焼け! また、布団を被って寝ました。今日はスポーツクラブ。今日もまた「初級ステップ」に挑戦!インストラクターさんには、「先週は浮気で来たかと思ったけど、本気になったのね!」と云われた。一回だけの参加では、良し悪しは判らない。私の場合、脳出血を発症して以来、時々ふらふらして体幹がぐらぐらなので・・・。これは、もう、言い訳だよね。エアロビクス [続きを読む]
  • イート・イン
  • 昨日は、午後からダンスサークルで社交ダンスのレッスンを受けた。今朝は、スポーツクラブへ行って、60分のヨガと筋トレ、マシンでバイクを20分ほど。私にとっての適度の運動は、これぐらい?バイクのマシンは、漕ぎながらテレビが見えたり、ゲームが出来たりするので、最近は数独をしながら漕いでみる!! かんたんな数独を、20分で2画面程クリアできれば良し!足が止まらないように、60rpmぐらいで漕げれば良し(笑)スポ [続きを読む]
  • 散歩
  • テレビで、健康に関する番組など見ていると適度の運動が大事です。。。なんて言いますよね。適度の運動って、どれぐらい???ストレッチなどの強度はイタ気持ちいいぐらいで。。。なんて、言いません?イタ気持ちいいってどんな感じや???今朝は、気持ち良く晴れました。散歩したり、運動したりするには、良い季節になりました。公園を散歩しました。最近、また、散歩の量を減らしています。五キロ歩いていたのを、四キロに減ら [続きを読む]
  • 最近読んでいる本ーレ・ミゼラブル3
  • ”パリには子供がいて、森には鳥がいる。鳥は雀といい、子供は浮浪児(ギヤマン)という。”なんとも詩的な文章から、この物語は始まります。19世紀初頭のパリには、ストリートチルドレンがいっぱいいたのだろうか?この小説は、私にとっては難解すぎてさっぱりわからないのです フランスの歴史とか、当時のフランス人の思想とか生活とかが理解できなくって、さっぱりチンプンカンプンなのです。判らない所は、斜め読み、飛ばし [続きを読む]
  • コケタ!
  • 毎週土曜日は、スポーツクラブの日。私の大好きなインストラクターさんの、初級エアロのレッスンを受けています。いつもは、その後、社交ダンス。最近、社交ダンスのクラスがマンネリで・・(トホホ)今日は、社交ダンスをパスして、初級ステップなるクラスに入ってみました。大好きなインストラクターさんが、引き続いてやるクラスなのでインストラクターさんは、突然の私の参加に吃驚! 歓迎してくれました。ステップ台に、上が [続きを読む]