世界遺産love さん プロフィール

  •  
世界遺産loveさん: おすすめ世界遺産まとめ
ハンドル名世界遺産love さん
ブログタイトルおすすめ世界遺産まとめ
ブログURLhttp://worldheritagesite.xyz/
サイト紹介文おすすめの世界遺産をまとめています。各国の世界遺産一覧も掲載しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2014/09/10 13:41

世界遺産love さんのブログ記事

  • アフロディシアス
  • 2017年ポーランド・クラクフで開催された第41回世界遺産委員会においてアフロディシアスが、トルコの世界文化遺産として登録されました。トルコにとって、17番目の世界遺産です。アフロディシアスアフロディシアスは、トルコ西部カラジャスにあります。ゼウスの娘であり、愛と美を司る女神アフロディーテに由来する都市で、紀元前2世紀から6世紀まで栄えた古代ギリシャ・ローマ時代において最も壮大な都市のひとつといわれています [続きを読む]
  • タプタプアテア
  • タプタプアテアは、2017年ポーランド・クラクフで開催された第41回世界遺産委員会において、フランスの世界文化遺産として新規登録されました。タプタプアテアは、南太平洋に浮かぶフランス領ポリネシア(タヒチ)のライアテア島(ポリネシア人が最初に居住したといわれる島)にあります。ポリネシアには、数多くの祭祀遺跡が残っていますが、中でもタプタプアテアは最も重要な祭祀遺跡であり、現世と神の世界をつなぐ聖域でもあり [続きを読む]
  • シュヴァーベン・ジュラにおける洞窟群と氷河時代の芸術
  • 2017年ポーランド・クラクフで開催された第41回世界遺産委員会において、「シュヴァーベン・ジュラにおける洞窟群と氷河時代の芸術」が、ドイツの世界文化遺産として新規登録されました。本遺産は、ドイツ南部バーデン・ヴュルテンベルク州にあります。「シュヴァーベン・ジュラ」は低い山脈の名前。登録された6つの洞窟には、約33,000〜43,000年前の人類がつくった芸術作品が残されています。象牙や骨を加工して造った装飾品や楽 [続きを読む]
  • 古都アフマダーバード
  • 古都アフマダーバード(アフマダーバードの歴史都市)は、2017年ポーランド・クラクフで開催された第41回世界遺産委員会において、インドの世界文化遺産として新規登録されました。古都アフマダーバードアフマダーバードは、インドの西部グジャラート州にある都市です。また、インド独立の父であるマハトマ・ガンディーの出身地であり、イギリスからの独立を勝ち取る大きな要因となった「塩の行進」の出発地点でもあります。イギリ [続きを読む]
  • イングランドの湖水地方
  • イングランドの湖水地方は、2017年ポーランド・クラクフで開催された第41回世界遺産委員会において、イギリスの世界文化遺産として登録されました。世界遺産登録までの経緯湖水地方は、過去2回世界遺産への登録が審議された物件です。1987年の第11回世界遺産委員会では、複合遺産として審議されましたが、結果は見送られ、3年後の第14回世界遺産委員会では審議が纏まらず、またもや見送りという結果となりました。そして、3回目の [続きを読む]
  • 「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群
  • 2017年ポーランド・クラクフで開催された第41回世界遺産委員会において、「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群が世界文化遺産として登録されました。日本としては21番目の世界遺産の誕生です。「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群福岡県の宗像市(むなかたし)、福津市にある「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群は、全8件の資産で構成されています。イコモスの事前審査では、沖ノ島並びに小屋島、御門柱、天狗岩の4件での登録 [続きを読む]
  • 連邦最高裁判所|ブラジリア
  • 連邦最高裁判所は、1987年ブラジルの世界文化遺産として登録された「ブラジリア」にあります。連邦最高裁判所とはphoto credit: Eurritimia DSC08697 via photopin (license)連邦最高裁判所は、1808年ポルトガルの植民地時代に、当時のポルトガル・ブラガンサ王朝がリオデジャネイロに設置(当時の名称:ブラジル上訴院)しました。その後、1822年にブラジル独立宣言、1824年には帝国憲法採択が行われ、1829年に最高司法裁判所がつ [続きを読む]
  • 三権広場|ブラジリア
  • ブラジルの首都ブラジリアは、1987年に世界文化遺産として登録されました。新都ブラジリア計画ブラジリアは、1956年に経済発展を託して計画された巨大プロジェクトで、当時の大統領ジュセリーノ・クビチェク・デ・オリヴェイラの「新都ブラジリア計画」のもと建設されました。設計の中心となったのは、ブラジル人建築家オスカー・ニーマイヤーで、彼の発案で行われたコンペの結果、建築家ルシオ・コスタの「パイロット・プラン」が [続きを読む]
  • テレビ塔|ブラジリア
  • 1987年、ブラジルの世界文化遺産となった「ブラジリア」に、テレビ塔はあります。ブラジリアのテレビ塔とはphoto credit: Fred Schinke Brasília ? Torre de TV (panorama 01) via photopin (license)テレビ塔は、ブラジリア・三権広場西側にあり、ブラジリアの都市構造を知る上で、最適の場所です。高さ224mのテレビ塔は、建築家ルシオ・コスタが設計しました。テレビ塔の75mの地点には、展望台が設置されており、飛行機の形を [続きを読む]
  • 国会議事堂(連邦議会)|ブラジリア
  • 国会議事堂(連邦議会)は、1987年ブラジルの世界文化遺産として登録された「ブラジリア」のランドマークのような存在です。ブラジリアの特徴的な国会議事堂photo credit: Senado Federal Congresso Nacional via photopin (license)飛行機のような形をしたブラジリアの操縦席の位置にあるのが国会議事堂です。建物正面にから見ると中央に28階建ての二つのビル(ツインタワー)があり、このビルには議会事務局が入っています。ビル [続きを読む]