MUZVIT さん プロフィール

  •  
MUZVITさん: ポルトガルの野の花
ハンドル名MUZVIT さん
ブログタイトルポルトガルの野の花
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/takemotohana
サイト紹介文ポルトガルの野の花約300種の写真、説明。
自由文画家の夫と1990年よりポルトガルに住み、ポルトガル全国をスケッチ旅行のかたわら野の花をデジカメに収めています。その野の花を同定し、紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供271回 / 365日(平均5.2回/週) - 参加 2014/09/08 18:09

MUZVIT さんのブログ記事

  • デルフィニウム・ペンタギヌム Delphinium pentagynum
  • キンポウゲ科、Ranunculaceae、デルフィニウム属、南ヨーロッパ、スペイン、ポルトガル原産、学名:Delphinium pentagynum、和名:ヒエンソウ(飛燕草)、コンソリダ・ペンタギヌム、英名:Wild Larksrur、2014年7月21日、2016年6月2日、2018年5月23日、ポルトガル、コスタ・アズール地方で、2017年5月23日、2018年6月20日、ベイラ地方で撮影、デルフィニウム・ペンタギヌム Delphinium pentagynum の花。6月、7月に花を咲か [続きを読む]
  • ポルゴヌム・マリティムム Polygonum maritimum
  • タデ科、Polygonaceae、ミチヤナギ属、地中海沿岸地域原産、多年草、学名:Polygonum maritimum、和名:ウミミチヤナギ(海道柳)、英名:Sea Knotgrass、葡名:Poligono-maritimo、2013年5月31日、2018年1月24日、25日、ポルトガル、コスタ・アズール地方で、2018年1月15日、アルガルベ地方で撮影、ポルゴヌム・マリティムム Polygonum maritimum の花。高さ 10〜50cm の多年草。ビーチの片隅で確認。開花期は 2月から 6 [続きを読む]
  • トラゴポゴン・ポリフォリウス Tragopogon porrifolius
  • キク科、Asteraceae、バラモンジン属、地中海沿岸地域原産、2年草、または多年草、学名:Tragopogon porrifolius、和名:バラモンジン(婆羅門参)、セイヨウゴボウ(西洋牛蒡)、ムギナデシコ(麦撫子)、カキナ(牡蠣菜)、英名:Purple Salsify、Oyster Plant、Vegetable Oyster、Jerusalem Star、Goatsbeard、Salsify、仏名:salsifis cultivé、葡名:Barba-de-bode、2013年4月29日、2015年5月5日、2018年5月1日、3日、23日 [続きを読む]
  • シレネ・ニセエンシス Silene niceensis
  • ナデシコ科、Caryophyllaceae、マンテマ(シレネ)属、地中海沿岸地域原産の多年草学名:Silene niceensis、英名:Pink Piroutte、2018年1月25日、ポルトガル、コスタ・アズール地方で撮影、シレネ・ニセエンシス Silene niceensis の花。砂浜に繁茂。花弁の外側は僅かに濃色で萼筒には条線が入る。夏には海水浴客で賑わうビーチもこの時期には人影がない。葉や萼筒は毛深い。貝殻の破片のある砂浜に生育。花弁は午 [続きを読む]
  • ラシラス・シッロサス Lathyrus cirrhosus
  • マメ科、Fabaceae、レンリソウ(ラシラス)属、 南ヨーロッパ原産の蔓性多年草、学名:Lathyrus cirrhosus、英名:Cirrhose Vetch、Pyreneen Pea、葡名:Lathyrus cirrhosus、2014年5月31日、7月17日、2016年6月1日、2017年6月26日、2018年5月23日、25日、28日、6月6日、ポルトガル、コスタ・アズール地方で、2018年6月20日、ベイラ地方で撮影、ラシラス・シッロサス Lathyrus cirrhosus の花。花の直径は 2cm ほど。5 [続きを読む]
  • ラヌンクルス・ニグレケンス Ranunculus nigrescens
  • キンポウゲ科、Ranunculaceae、キンポウゲ属、イベリア半島の固有種、学名:Ranunculus nigrescens2017年5月23日、2018年6月20日、ポルトガル、ベイラ地方で撮影ラヌンクルス・ニグレケンス Ranunculus nigrescens の花。ポルトガルは標高の高い所、または北部地域に自生。根元に広がる手のひら型の葉。花は直径3センチほど。高原の岩陰で自生する。ラヌンクルス・ニグレケンス Ranunculus nigrescens で [続きを読む]
  • ドリクノプシス・ゲラルディ Dorycnopsis gerardi
  • マメ科、Fabaceae、アンティリス属、地中海沿岸地域原産学名:Dorycnopsis gerardi、和名:ドリクノプシス・ゲラルディ、別名:アンティリス・ゲラルディ葡名:Albaida、2012年6月3日、4日、2015年5月7日、2018年6月20日、ポルトガル、アレンテージョ地方で撮影ドリクノプシス・ゲラルディ Dorycnopsis gerardi の花。草丈は 20〜60センチほど。花の直径は1ミリほどで、たくさん固まって1センチほどの花房となる。沿道な [続きを読む]
  • ソンクス・オレラケウス Sonchus oleraceus
  • キク科、Asteraceae、ノゲシ属、ヨーロッパ原産、学名:Sonchus oleraceus、和名:ノゲシ(野芥子)、別名:ハルノゲシ(春野芥子)、ケシアザミ(芥子薊)、古名:ツバヒラクサ(都波比良久佐)、英名:Common Sow Thistlle、Sow Thistle、Smooth Sow Thistle、Annual Sow Thistle、Hare's Colwort、Hare's Thistle、Milky Tassel、Milk Thistle、Soft Thistle、Swinies、葡名:Serralha、Serralha-branca、Serralha-macia、Leita [続きを読む]
  • イポモエア・プルプレア Ipomoea purpurea
  • ヒルガオ科、Convolvulaceae、サツマイモ属、メキシコから中央アメリカ原産のつる性多年草、1629年、フランスに移入、広くヨーロッパに分布学名: Ipomoea purpurea、和名:マルバアサガオ(丸葉朝顔)、英名: Blue Morning Glory、Purple Morning Glory、Tall Morning Glory、Common Morning Glory葡名:Bons-dia、Campainhas、Glória da manha、Corda-de-viola、2008年7月、2014年7月17日、21日、2015年12月4日、2018年1月 [続きを読む]
  • ファグナロン・サクサチレ Phagnalon saxatile
  • キク科、Asteraceae、ファグナロン属、地中海沿岸地域〜北アフリカ原産、学名:Phagnalon saxatile、英名:Mediterranean Phagnalon、西名:Manzanilla yesquera、葡名:Alecrim-das-paredes、Alecrim-dos-muros、Erva-de-espanta-diabos、Fagnàlãd-das-pedras、Muçanela、2016年9月25日、ポルトガル、ベイラ地方で、2018年5月10日、25日、コスタ・アズール地方で、2018年5月15日、アレンテージョ地方で撮影、ファグナロン・ [続きを読む]
  • トリフォリウム・ヴェシクロスム Trifolium vesiculosum
  • マメ科、Fabaceae、シャジクソウ属、フランス・スペイン・ポルトガル・イタリア原産、越年草、学名:Trifolium vesiculosum、和名:トリフォリウム・ヴェシクロスム、アロー・リーフ・クローバー、英名:Arrowleaf Clover、2010年4月15日、2018年5月15日、ポルトガル、アレンテージョ地方で、2016年6月1日、コスタ・アズール地方で、2017年5月23日、ベイラ地方で撮影、トリフォリウム・ヴェシクロスム Trifolium vesiculosum の [続きを読む]
  • フォエニクルム・ヴルガレ Foeniculum vulgare
  • セリ科、Apiaceae、ウイキョウ属、地中海沿岸地域原産、多年草、学名:Foeniculum vulgare、和名:フェンネル、ウイキョウ(茴香)、ショウウイキョウ(小茴香)、フォイシャン、イタリア・ウイキョウ、イチョーバー(沖縄)、英名:Fennel、Caraway、仏名:Fenouil、葡名:Funcho、Erva-doce、2014年7月28日、9月7日、11月2日、2015年7月20日、8月19日、2016年8月28日、9月17日、2017年9月7日、ポルトガル、コスタ・アズール地方 [続きを読む]
  • オルニソプス・ペルプシルス Ornithopus perpusillus
  • マメ科、Fabaceae、ツノウマゴヤシ(オルニソプス)属、アイルランド・イギリス・イタリア・オランダ・スイス・スウェーデン・スペイン・デンマーク・ドイツ・フランス・ベルギー・ポルトガル・ルーマニア原産、学名:Ornithopus perpusillus、和名:ヒメツノウマゴヤシ、英名:Little White Bird's-foot、葡名:Senradela-brava、Serradela-brava、Serradela-miúda2016年6月16日、2017年5月23日、2018年6月20日、ポルトガル、ベ [続きを読む]
  • クレピス・ビエンニス Crepis biennis
  • キク科、Asteraceae、フタマタタンポポ(クレピス)属、多年草、学名:Crepis biennis、英名:Rough Hawksbeard、2015年6月13日、ポルトガル、ベイラ地方で撮影、クレピス・ビエンニス Crepis biennis の花。茎の先端に単花。茎は分岐する。葉は羽状浅〜中裂の披針形。英名の Rough Hawksbeard は「ざらざらした鷹の髭」クレピス・ビエンニス Crepis biennis でした。©2018 MUZVITポルトガルの野の花 [続きを読む]
  • ケノポディウム・ムラレ Chenopodium murale
  • ヒユ科、Amaranthaceae、アカザ属、1年草、ヨーロッパ、北アフリカ、西アジア原産、学名:Chenopodium murale、 和名:ミナトアカザ、別名:ノコギリアカザ、英名:Nettleleaf Goosefoot、Saltgreen、Sowbane、2014年7月30日、9月2日、2015年1月28日、2月12日、2018年1月24日、25日、ポルトガル、コスタ・アズール地方で撮影、ケノポディウム・ムラレ Chenopodium murale の花。表示名は学名の音読み。花期は6月から10月。 [続きを読む]
  • エピロビウム・オブスクルム Epilobium obscurum
  • アカバナ科、Onagraceae、アカバナ(エピロビウム)属、学名:Epilobium obscurum、和名:エピロビウム・オブスクルム、英名:Dwarf Willowherb、Short-fruited Willowherb、葡名:Epilóbio-serrihad、Erba-bonita、2009年6月21日、2016年7月17日、9月25日、2017年5月23日、2018年6月20日、ポルトガル、ベイラ地方で、9月25日、バイラーダ地方で、2016年10月27日、コスタ・アズール地方で撮影、エピロビウム・オブスクルム Epil [続きを読む]
  • ダクティロリザ・マクラタ Dactylorhiza maclata
  • ラン科、アオチドリ(ダクティロリザ)属、西アジア〜ヨーロッパ原産、多年草、学名:Dactylorhiza maclata、和名:ダクティロリザ・マクラタ、ウズラバハクサンチドリ(鶉葉白山千鳥)、英名:Heath-spotted Orchid、Moorland spotted orchid葡名:Orquidea-piramidal2016年7月16日、2017年7月12日、2018年6月20日、ポルトガル、ベイラ地方で撮影、ダクティロリザ・マクラタ Dactylorhiza maclata の花。花期は6月から8月ご [続きを読む]
  • エキウム・ルジタニクム Echium_lusitanicum
  • ムラサキ科、シャゼンムラサキ属、西アジア〜ヨーロッパ原産、1〜2年草、学名:Echium lusitanicum、和名:シベナガムラサキ(蕊長紫)、英名:Blue Devil、Bkue Echium、Blue Thistle、Blue Weed、Common Viper's Bugloss、Violet-vein Viper's Bugloss、葡名:Soajos、Suajos、Viperina、」2009年6月21日、2016年6月15日、2018年6月20日、ポルトガル、ベイラ地方で撮影、エキウム・ルジタニクム Echium lusitani [続きを読む]
  • ロサ・ポウジニイー Rosa_pouzinii
  • バラ科、バラ属、地中海沿岸地域原産、チベット周辺、中国の雲南省からミャンマー原産、北半球の温帯域に広く分布、学名:Rosa pouzinii、和名:ロサ・ポウジニイー、葡名:Rosieira-de-pés-glandulosos2016年6月15日、7月17日、2018年6月20日、(花)、2016年9月25日(実)、ポルトガル、ベイラ地方で、2018 年5 月 23日、コスタ・アズール地方で撮影、ロサ・ポウジニイー Rosa pouzinii の花。花の直径は [続きを読む]
  • アリウム・スブヴィロスム Allium subvillosum
  • ユリ科、Liliaceae、ネギ属、subvillosum、地中海沿岸地域原産、多年草、学名:Allium subvillosum、英名:Spring Garlic、2009年6月21日、2016年6月13日、2017年5月23日、2018年6月20日、ポルトガル、ベイラ地方で撮影、アリウム・スブヴィロスム Allium subvillosum の花。花の直径は 2cm ほど。6弁花で雄蕊は6本。花弁の外側に緑色の筋が入る。草丈は 20〜40cm ほど。5 輪から 10 輪ほどの花を下から順に咲かせる。 [続きを読む]
  • シレネ・アクチフォリア Silene acutifolia
  • ナデシコ科、Caryophyllaceae、マンテマ(シレネ)属、イベリア半島固有種、多年草、学名:Silene acutifolia、2016年6月15日、7月16日、2017年5月23日、2018年6月20日、ポルトガル、ベイラ地方で撮影、シレネ・アクチフォリア Silene acutifolia の花。花の直径は 2cm ほど。草丈は 2〜30cm ほど。垂直に切り立った岩壁に。標高 1500メートル ほどの山岳地帯で発見。シレネ・アクチフォリア Silene acuti [続きを読む]