宮藤 さん プロフィール

  •  
宮藤さん: 自動車保険ビギナー
ハンドル名宮藤 さん
ブログタイトル自動車保険ビギナー
ブログURLhttp://jidosha-insurance.com/
サイト紹介文賢く自動車保険を選ぶための情報サイト
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供29回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2014/09/11 21:47

宮藤 さんのブログ記事

  • 面倒な自動車保険の代理店変更をスムーズに!その方法とは
  • 代理店型の自動車保険に加入していたけれども、事故を起こしたときの代理店の担当者の対応に不満で、代理店を変更したいということもあるでしょう。では、代理店を変更すると、どのようなデメリットがあるのでしょうか。また、代理店をスムーズに変更するには、どうすればよいのでしょうか。代理店を変えたいと思う時はどんな時か保険会社の代理店を変更することは、基本的には、自由にできます。自動車保険の代理店を変更しようと [続きを読む]
  • 車両保険は地震による損害を補償しない!愛車を地震から守るためには?
  • 普通に車両保険に加入しているだけでは地震による大津波で自動車を沖合に流されて、自動車を失ってしまった場合等に車両保険から保険金の支払いを受けることはできません。地震による自動車の被害を車両保険で補償してもらうためには、地震等による危険車両全損一時金特約という特約を車両保険に付ける必要があります。普通の車両保険では、地震による車両被害は補償されない車両保険に入っていると地震などで契約車両が被害を受け [続きを読む]
  • 走行距離の申告で嘘をつくと損!その理由とは?
  • 通販型の自動車保険の多くは1年間の自動車の走行距離の区分にしたがって、保険料に差を設けています。この区分をうまく利用すれば保険料をより安くすることができます。ただし、保険会社への走行距離の申告をごまかしたりすると、保険金の支払いが拒否されたりするので注意が必要です。走行距離で変わってくる自動車保険料1年間の自動車の走行距離が長くなるだけ事故を起こす可能性が高くなります。それを反映して1年間の走行距離 [続きを読む]
  • 要注意!自動車保険を月払いにする際のポイント
  • 自動車保険料は契約時に前払いで1年分を一括して支払うケースが多いのですが、分割払いも利用することができます。分割払いを利用すると保険料は若干高くなるのですが、一定の場合には一括払いよりも分割払いの方が、メリットが大きくなることもあります。自動車保険料を月払いにするデメリットについて自動車保険は契約の時に1年分の保険料を前払いで一括して支払することが一般的ですが、月払いにすることも可能です。自動車保険 [続きを読む]
  • 満期日が近づいたら注意しよう!等級の引継ぎ期間とは?
  • ノンフリート等級を活用した自動車保険料を安くする方法は、保険内容を削ることなく保険料を安くすることができるので、保険料を安くするためのもっとも効果的な方法です。このノンフリート等級を活用した自動車保険料の割引の方法には、さまざまな特徴があります。保険会社を変えても等級は引き継げる保険会社を変えても無事故を重ねることでコツコツと上げてきたノンフリート等級は、新しい保険会社の保険に引き継ぐことができま [続きを読む]
  • 等級によって保険料の割引率はこんなに違う!最大割引率は?
  • 保険料を安くするもっとも確実な方法は、長期間無事故で自動車を運転しノンフリート等級が上げる方法です。自動車保険料を安くする方法の多くは保険内容を薄くして保険料を下がるという方法ですが、ノンフリート等級を使えば保険内容を充実させた状態で保険料を安くすることができます。ノンフリート契約とはどういう意味かフリートとは本来は「船団」を意味する言葉ですが、自動車保険では10台以上の自動車をまとめて1つの保険契 [続きを読む]
  • 当て逃げ事故で車両保険を使用する際の注意点
  • 駐車場を利用する機会が多い方であれば当て逃げ事故に遭う機会も多くなります。当て逃げ事故で自動車を破損した場合、一般型の自動車保険に加入していれば、原則として、受けた損失について保険金を受け取ることができます。エコノミー型の車両保険からは、保険金が出ないので注意が必要です。一般型の車両保険に入っていないと、当て逃げ事故は補償されない当て逃げ事故で一番多いのは、駐車場に自動車を止めてレジャーや仕事のた [続きを読む]
  • 【ケース別】車両保険の設定金額の目安を徹底比較
  • 初めて自動車保険に車両保険を付帯させてみようという方の中には、正直なところ何をどのようにすればよいのかがまったく分からないという方もいらっしゃると思われます。車両保険を付帯させると保険料は高くなりますが、ドライバーの条件によっては結構役立つ保険となります。車両保険の補償上限額はどうやって決めるか自動車保険に車両保険を付帯させた場合車両保険の補償限度額を設定できます。より正確に言うと補償限度額は契約 [続きを読む]
  • ダイレクト型自動車保険はなぜ安い?代理店型との違いは
  • ダイレクト型自動車保険が普及し始めたのは1998年の保険業法改正からですが、現在では、保険料が安いということもあって、非常に多くのユーザーの方が通販型の自動車保険を利用しています。通販型は、ユーザーと保険会社が直接やり取りするので、中間業者への仲介手数料の支払いが不要で、その分、保険料が割り引かれます。ダイレクト型(通販)の自動車保険は何故安いかダイレクト型(通販)の自動車保険は、ユーザーが直接、保険 [続きを読む]
  • ついに20級到達!どれだけ保険料が割引されるか
  • ノンフリート等級の最上級は20級でその割引率は63%です。ノンフリート等級を20級に上げるには新規加入時点から最速で14年は必要になりますが、級数を20級まで上げると本来の金額の4割以下の金額で自動車保険が利用できるので大変お得です。ノンフリート等級20級の割引率は63%ノンフリート等級の最上級である20級の割引率は63%です。たとえば、自動車保険料の本来の金額を100,000万円とすると、ノンフリート等級が20級の場合には [続きを読む]
  • 軽自動車の保険料をグッと安くする5つの方法
  • 軽自動車の保険料は普通自動車の保険料と比較した場合割安になることが多いのですが、それでも免許を取り立ての若い方が新車の軽自動車に保険をかける場合等には、結構高い金額になります。そのような場合に、自動車保険料を適切に引き下げる方法を知っておけば大変助かります。軽自動車の保険料の相場はどのくらいか以下の基本条件で、軽自動車の保険料の相場を表示すると以下のようになります。保険車両はホンダ・N-BOX(平成26 [続きを読む]
  • 車種別に保険料を比較、安いのはどの車種?
  • 保険車両が軽自動車だと保険料はなんとなく安くなるような気がしますし、反対にベンツやBMWといった高級車が保険車両だと保険料はなんとなく高くなるような気がします。では実際には、車種によって自動車の保険料はどの程度異なるのでしょうか。車種によって変わってくる自動車保険料自動車保険料はさまざまな要因に基づいて定まりますが、その要因の1つに自動車の車種があります。自動車保険を安くする方法の1つに保険料が安く設 [続きを読む]
  • 自動車保険の契約者を変更する方法とその条件
  • 自動車保険のノンフリート等級を配偶者や同居の家族に引き継ぐためには、自動車保険の契約者や記名被保険者を変更する必要があります。ノンフリート等級の引き継ぎを利用して保険料の節約を考えるのならば、その方法や条件を覚える必要があります。自動車保険の契約者を変更することで保険料を安くできる自動車保険の契約者を変更することで自動車保険は安くできます。契約者を変更するケースで多いのは、もう自動車を運転すること [続きを読む]
  • 自転車の事故にも備えよう!自転車損害特約のメリット
  • 最近はスマホを見ながら自転車を運転中に歩行者をはねて、死亡させたり重大なケガを負わせたりする事件の話をよく聞きます。自転車事故は自動車事故に比べて重大事故が起こる確率は低いですが、それでも気を付けなくてはなりません。自転車損害特約とは自転車は自動車よりもスピードが出ないので、事故が起きても大事に至らないという考えもあります。しかし、過去に日本で自転車による事故について、加害者に9,500万円の損害賠償 [続きを読む]
  • 等級をスムーズに引き継ぐために知っておくべき引き継ぎ条件
  • ノンフリート等級を使って自動車保険料を安くする方法は、保険内容を削ることなく保険料を安くできるので非常に優れた方法です。割引率についても最上級の20級で、保険料が63%も割引かれるので、割引率も非常に大きくなっています。しかも、このノンフリート等級は一定の要件を満たし場合には他人に譲ることができます。自動車保険の等級を引き継げる条件ノンフリート等級は一定の条件を満たした場合に記名被保険者以外の者に引き [続きを読む]
  • 搭乗者傷害保険VS人身傷害保険!お得なのはどっち?
  • 自動車保険のプランを考えるとき、似たような補償に人身傷害保険と搭乗者傷害保険の2つがあり、2つとも加入した方が良いのか、あるいはどちらか一方に加入した方が良いのかはよく迷います。この2つの保険はどこがどうちがうのでしょうか。人身傷害も搭乗者傷害も契約車両に乗っている人が補償の対象人身傷害補償も搭乗者傷害補償も自動車に乗っている人が補償の対象となる点では共通です。イメージとしては人身傷害補償と搭乗者傷 [続きを読む]
  • 携行品損害担保特約とはどんな特約か?特徴と補償範囲を解説
  • 高価なサーフボードをキャリアに付けて全国各地に自動車で出かける方は、加入している自動車保険に携行品損害担保特約を付けた方が良い場合があります。この特約を付けておくと、交通事故でサーフボードが壊れた場合、その修理代又は買替費用の補償金を保険から受け取ることができます。携行品損害担保特約とはどんな特約か携行品損害担保特約とは、偶然の事故によって記名被保険者又はその家族(配偶者、記名被保険者又は配偶者の [続きを読む]
  • 全損時には車両保険はどれだけ支払われるか
  • 車両保険からの保険金がもっとも必要になるのは大きな交通事故で車両が修理不能になるくらい大破し、自動車の買い替えが必要になる場合でしょう。そんな時車両保険がどのくらい支給されるのかというと、その金額は契約時に定めた補償上限額の全額になります。全損認定が行われれば、車両保険の補償上限額の全額が支給される交通事故で自動車が大破し修理しても乗れそうにないので廃車にして、新しい自動車を買い替える必要があるケ [続きを読む]
  • 友人に車を貸す場合、自動車保険はどうする?
  • 友人から自動車を借りて運転する場合や、反対に友人に自動車を貸して運転させる場合は結構あります。そのようなケースで自動車を借りている自分又は自動車を貸している友人が交通事故を起こしてしまった場合、その保険関係は一体どうなるのでしょうか。友人に自動車を貸す場合、運転者限定条件の内容を確認する自動車保険は契約車両を誰が運転しようともきちんと補償するのがベストですが、それだと保険料が割高になります。そこで [続きを読む]
  • 初めての自動車保険の相場を車種別・年齢別にご紹介!
  • 初めて自動車保険に加入する方におススメのプラン初めて自動車保険に加入する方におススメのプランは、対物・対人無制限で自動車保険の保険料が7万円程度となるものです。初めて自動車保険に加入する場合には、ノンフリート等級6級が適用されますので19%の割引が付きます。したがって、割引後の保険料が約7万円と言うことは割引前の料金が約86,000円程度ということになります。対物・対人補償で無制限を付けておけば重大な交通事 [続きを読む]
  • 一般型とエコノミー型で違う?車両保険の補償範囲について
  • 車両保険に入る場合に本当に車両保険が必要な場合のみにしっかりとした補償を受けることができれば、それ以外の補償内容は多少削ってもよいという方はエコノミ―タイプがオススメです。幅広い範囲の補償を受けたいという場合は一般型がおススメです。車両保険の一般型とエコノミー型について自動車保険に車両保険を付帯させると保険料が急に上がります。そのため、車両保険は付けたいけれども保険料が急に高くなるので、少し迷って [続きを読む]
  • 5等級以下の方必見!等級をリセットする方法
  • ノンフリート等級が4級以下になると保険料が割り引かれるどころか反対に割増しになります。ノンフリート等級が低い場合、何とかして新規加入時に適用される6級にリセットする方法がないものかと考える方もいらっしゃると思います。果たしてそのような方法はあるのでしょうか。自動車保険のノンフリート等級制度について新規加入時のノンフリート等級は6級で割引率は19%となります。ノンフリート等級が5級又は4級になると割引率は [続きを読む]
  • 事故車の処理でお困りの方へ!「タウ」は事故車も高価買取りします
  • 事故車の処理でお困りではありませんか?「他社で買取りを断られた…」「修理に出したら想定外の額が提示された」「廃棄するにも手続きが面倒」そんな不安を抱えた方に朗報です!事故車買取り専門店タウではそのような事故車でも高く買い取ります!タウは事故車買取りを専門に扱っている業界最大級の買取り専門店です。事故車はもちろんのこと、故障車、水没車の買取りも行っています。年間50,000台以上の事故車買取実績を持ち、平 [続きを読む]
  • 交通事故のトラブルは「弁護士法人ステラ」にお任せください!
  • ある日、予期せず交通事故に逢ってしまった…。そんな時、何をするべきか分からなくて不安になる方が多いかと思います。私もつい先日交通事故に逢ってしまったのですが、対応しなければならない事が数多く出てきます。「警察への連絡」「通院」「相手方の保険会社への連絡」「事故者の処理」「保険会社から送られてくる書類の処理」などなど…。特に示談交渉は専門知識が必要ですが、多くの方は相手方の保険会社に任せているのが実 [続きを読む]
  • 50代で安く加入できる自動車保険ランキング!
  • 50代となると、多くの方は、子供が成人し、自動車を運転するようになるので、運転者条件を家族限定として、補償範囲を広げる必要が生じます。50代は運転技術が蓄積されてくるうえに、年齢的な体力の低下も少なく、40代とともに、もっとも事故を引き起こす可能性が低い年代と言えましょう。50代で年間保険料が安い自動車保険ランキング(車両保険無しの場合)順位会社名保険料額1位セゾン自動車保険34,970円2位イーデザイン損保40,080 [続きを読む]