mods さん プロフィール

  •  
modsさん: 不妊&妊活のブログサイト「不妊治療ガイド」
ハンドル名mods さん
ブログタイトル不妊&妊活のブログサイト「不妊治療ガイド」
ブログURLhttp://xn--eckp2gt04lf9lif1a26n.jp/
サイト紹介文不妊の原因や治療法、病院費用や助成金、妊活情報を中心にブログ形式でお伝えする総合サイトです
自由文不妊&妊活の総合サイト「不妊治療ガイド.jp」 | 不妊の原因や治療法、病院費用や助成金、妊活情報を中心にブログ形式でお伝えする総合サイトです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供159回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2014/09/12 16:04

mods さんのブログ記事

  • 泰葉の不妊原因と治療法【不妊治療した芸能人】
  • 還暦前の婚約会見において「妊活子作り宣言」をした泰葉さん泰葉さんは、初代林家三平さんの娘で、春風亭小朝さんの元妻であり、タレント、プロデューサー、シンガーソングライターでもあります。そんな泰葉さんは還暦が近づいていますが、婚約会見において「妊活子作り宣言」をしています。>>不妊治療・妊活をした芸能人・有名人一覧はこちら泰葉さんは1961年1月17日に東京都台東区で生まれました。泰葉さんは、台東区立根岸小 [続きを読む]
  • 仲間由紀恵の不妊原因と治療法【不妊治療した芸能人】
  • 不妊治療を行っていたといわれている仲間由紀恵さん仲間由紀恵さんは、プロダクション尾木に所属する日本の女優・タレントであり、夫は俳優である田中哲司さんです。そんな仲間由紀恵さんは、2018年3月1日に第1子妊娠を発表していますが、この妊娠時に不妊治療を行っていたといわれています。>>不妊治療・妊活をした芸能人・有名人一覧はこちら仲間由紀恵さんは、1979年10月30日に沖縄県浦添市で生まれました。仲間由紀恵さんは [続きを読む]
  • 東国原英夫の不妊原因と治療法【不妊治療した芸能人】
  • 東国原英夫さんは、不妊治療によって子供を授かったことを公表しています。東国原英夫さんは、元衆議院議員で、第17代宮崎県知事を務めたこともある、日本の政治評論家でタレントでもあります。そんな東国原英夫さんは、不妊治療によって子供を授かったことを公表しています。>>不妊治療・妊活をした芸能人・有名人一覧はこちら東国原英夫さんは、1957年9月16日に宮崎県都城市で生まれました。1976年3月、東国原英夫さんは宮崎県 [続きを読む]
  • 不妊治療をした芸能人・有名人一覧【2018年最新】
  • 不妊症の芸能人有名人 不妊治療体験記一覧【まとめ】(2018年4月現在62名掲載中)最近増えてきた芸能人・有名人の不妊症・不妊治療・妊活の告白や出産・妊娠体験ブログをまとめて公開中です。最近は不妊症を抱えている芸能人・有名人やタレント、女優の方々も自ら不妊治療をした事をブログで公開し、同じように不妊に悩むカップルを応援する場合が増えてきましたね。このような芸能人・有名人の方々の活動を通して、不妊治療が広がっ [続きを読む]
  • バランスの良い食生活で妊娠成功!【私の妊娠成功談】
  • バランスの良い食生活、自分の体を大切にしてあげることが重要妊娠を望む女性にとっては、妊娠の可能性は奇跡的なものであっても、その確率を少しでも上げたいものです。偏った食事ばかりをしていたり、過度に重労働をするなど自分の体を大切にしていなければ、妊娠の可能性は低くなってしまうでしょう。妊娠に近づくには、女性ホルモンを整えるためにも、規則正しい生活と、バランスの良い食生活、自分の体を大切にしてあげること [続きを読む]
  • 38歳。子宮筋腫を運動で克服!【私の妊娠成功談】
  • 38歳で結婚をしてすぐに不妊治療を始めました。もともと子宮筋腫持ちで冷え性のうえ、高齢ということもあり、妊娠しづらい身体だろうと、自分で思っていたためです。治療を始めるや否や、主人とウォーキングを始めました。冷え性は万病の元。冷え性を治すことで、子宮が温まり、妊娠しやすい身体になると聞いていたからです。妊娠するためには、適度な運動が必要とは知っていましたが、妊娠する人全員が適度に運動をしているとは思 [続きを読む]
  • ベイビーサポートとは?効果や使い方は?
  • 産み分けに効果的な日本製の潤滑ゼリー「ベイビーサポート」ベイビーサポートとは、日本製の潤滑ゼリーであり、国産の天然成分を最良の比率で配合していて、産み分けに効果的とされています。ベイビーサポートは、タイミング法で自然妊娠を希望している場合に妊娠率を上げて、確実に妊娠したい方のためのゼリーです。ベイビーサポートは、PH、粘度、浸透圧という精子を卵子に確実に届けて、受精させるために重要な3つの条件を満た [続きを読む]
  • ピンクゼリーとは?効果や使い方は?
  • 女の子の赤ちゃんを希望する方のためのピンクゼリーピンクゼリーとは、産み分けゼリーの中でも、女の子の赤ちゃんを希望する方のためのゼリーのことをいいます。ピンクゼリーを使用すると女の子が生まれるという理由には、精子と卵子の染色体が関係しています。もともと卵子の性染色体はX染色体だけとなっています。妊活サポート専門会社が開発したピンクゼリーしかし、精子の性染色体には、X染色体とY染色体があります。このY染色 [続きを読む]
  • エッグサポートとは?効果や使い方は?
  • 妊活サポート潤滑ゼリーの中でも人気のエッグサポートエッグサポートとは妊活サポート潤滑ゼリーであり、精子が膣内において、活動的な状態のまま女性まで到達できることを目的としています。そもそも妊活サポート潤滑ゼリーとは、妊活のための潤滑ゼリーであり、膣内の分泌液・酸性値を最適にすることで精子運動を高めるという効果があります。また、潤滑ゼリーであることから、性行為の際に発生する性交痛を和らげるという効果も [続きを読む]
  • 私のおすすめする子宝ジンクスを2つ紹介します。【体験ブログ】
  • まず始めに私自身、現在不妊治療中です。不妊治療はお金もかかるし、体力と労力も失います。ですがみんな気持ちは一緒です。大好きなパートナーとの子供が欲しいだけなのです。辛いことや悲しいことばかりではありません。これから妊活を始めようと思っておられる方、そして現在不妊治療をされている方に、少しでも参考にして頂けると幸いです。私がおすすめする子宝ジンクスは「コウノトリキティちゃん」と「子宝草」です。私も実 [続きを読む]
  • 3人の子宝に恵まれた私の妊活を紹介します。【体験ブログ】
  • 私の場合、結婚してからすぐ妊活を始めました。赤ちゃんがほしくて結婚したようなものですし、当時32歳という年齢もあり、少し焦っていたからです。妊活といっても、「体を温めること」と「リラックスして、ゆったりとした気持ちになること」を心がけるだけの、ゆる〜い活動です。何しろ、冷え性な上に、仕事をしていたのもあっていつも時間に追われ、心と体が緊張していましたから。「女性(しいていえば子宮)に冷えは大敵」と、 [続きを読む]
  • 妻が抗精子抗体が陽性。顕微授精にて成功しました。【体験ブログ】
  • 私達が結婚したのは27歳の時で同級生です。お互い子供が欲しくて2人の目標として30歳までに1人目は作ろうと決めていました。最初は、周期とか気にせず夫婦の営みをしておりましたが、なかなかできずにいたので、周りから妊活について聞いた事を参考に、周期に連続して夫婦の営みをしました。それでもできません。それでも神様からの授かり物だと思い、深く考えていませんでした。そうこうしている内に2人で目標を立てた30歳が近い [続きを読む]
  • 漢方薬で多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)を治療!【体験ブログ】
  • 私は多嚢胞性卵巣症候群のため、生理不順なのであろうと診断されました。私は中学校で生理が始まってから、結婚をし、子供が欲しいと思った27歳まで、順調に生理が来たことがありませんでした。2ヵ月に1回、ひどいときは3ヵ月に1回のペースでした。昔から、たぶん自分は子供が出来にくいんだろうなぁと思っていましたが、なぜ生理不順なのかは調べもせず、結婚後やっと、不妊治療も行っている産婦人科に足を運びました。色々調 [続きを読む]
  • 葉酸不足がが赤ちゃんに与える悪影響とは?【必読】
  • 【超重要!】妊活中の葉酸不足は絶対ダメな理由。妊娠を望む方にとって重要なのが日々の食事から摂取する栄養です。自身の身体の健康維持はもちろんの事、未来の赤ちゃんの元になるのですから過不足あってはいけません。そう、妊活中からしっかりと未来の赤ちゃんの為にしっかりとした栄養補給を行うことは、全ての妊活ママがしなければならない必須事項なのです。そんな妊活中の方が摂取しなければならない最重要栄養素が「葉酸」 [続きを読む]
  • 二人目子作りのタイミングはとっても難しかったです。【体験ブログ】
  • 現在二人の子供を持つ母親です。一人目は結婚してすぐ子供を授かれました。二人目は流産もあり、とても落ち込みましたが、結果的にに二人目を授かり今年無事に出産しました。私がしていたことは、妊活中から葉酸を摂るように心がけました。一人目の時は葉酸も取らず、どちらかといえば偏食で貧血になり、鉄剤を処方されていました。二人目の妊活中から葉酸を飲み始め、鉄分も入ってるサプリメントのタイプでしたが、一度も貧血にな [続きを読む]
  • 水天宮にお参りしながらタイミングを取って妊娠成功!【体験ブログ】
  • 不妊外来の先生からは、特に問題はないと言われ・・・結婚して一年間普通に夫婦生活もあったのですが、なぜか妊娠することができなく、最近では一年で「不妊」と言われているらしいのですぐに不妊で有名な病院に行きました。まだ、私の中では「いいかなー」という気持ちもあったのですが、31歳でしたし、とりあえず私だけ行くことにしました。先生からは、特に問題はないということでした。三ケ月間の基礎体温も問題ないし、高温 [続きを読む]
  • 朝の6時に起きて10時就寝&葉酸で妊娠成功!【体験ブログ】
  • 私の仕事は助産師だったので子どもは小さい時から好きでした。しかし仕事場にもほとんどが女性だったためあまり出会いもなかったし、仕事が忙し過ぎてあまり恋愛をした経験がありませんでした。年齢的にも30歳になったためさすがに私の両親も仕事ばかりしないで結婚をしたらと心配されたので、仲良しの友人にお願いをして合コンをセッティングしてもらいました。 その中で隣に座っていた男性ととても仲良くなり、お付き合いを重ね [続きを読む]
  • 食事改善で妊娠成功。特に私たちがおすすめの食材は?【体験ブログ】
  • 私が結婚した年齢が25歳。あまり自分が子どもを好きではなかったのですが、旦那が子どもが好きで3人くらい子どもを産んで欲しいと言われていました。結婚してから1年くらいは2人での時間を大切にしたいと考えていたため子どもはすぐには作りませんでした。しばらくは旅行に行ったり、温泉に行ったり、車でドライブにいったりプリクラを撮影したりしていました。そろそろ子どもが欲しいねと2人で話しあって子作りをしたのですが1年 [続きを読む]
  • 妊娠成功の為にした私の妊活7選!【体験ブログ】
  • 基礎体温、福さん式、冷え性対策、規則正しい生活、子宝神社参拝、子宝ジンクス、子宝絵馬を書くの7点私が妊活時に行ったことは、基礎体温、福さん式、冷え性対策、規則正しい生活、子宝神社参拝、子宝ジンクス、子宝絵馬を書くの7点です。基礎体温は排卵日が予測できるだけでなく体の不調も教えてくれる為、基礎体温は測り続けていました。あとは福さん式と呼ばれることを実践していました。最初の頃は子宮口毎日開き気味?柔らか [続きを読む]
  • 子宝ジンクス14選!【まとめ一覧】
  • 知ってる?先輩ママがおススメする子宝ジンクス14選妊活中にやる事と言えば、不妊治療はもちろんの事、食事改善、生活改善など多種多様なものがあります。そんな中、忘れてはいけないのが俗にいう「子宝ジンクス」です。おまじないとして、ゲン担ぎとも言いますが、〇〇をすると妊娠できる!〇〇を飾って妊娠成功!〇〇を持ち歩いて赤ちゃんができました!というような子宝ジンクスです。この子宝ジンクスですが、はっきり言って科 [続きを読む]
  • 妊婦さんが握った「おにぎり」で妊娠♪【子宝ジンクス】
  • 超有名な妊娠ジンクス。効果は?妊婦さんや女性ならきっと聞いたことがあるであろう、とっても有名な妊娠・子宝ジンクスが今回紹介する「妊婦さんが握った「おむすび」で妊娠」というジンクスでしょう。かなり有名なので、すでにおにぎりを食べた・・・なんて人もいるかもしれませんね。この妊婦さんが握った「おにぎり」を食べて妊娠というジンクスですが、知り合いの妊婦さんがいれば簡単に?出来る子宝ジンクスというのも有名に [続きを読む]
  • ココペリ人形とは?お守り効果で妊娠♪【子宝ジンクス】
  • 幸せを運んでくれる精霊「ココペリ」の人形いま巷で大人気のお守りが今回紹介する「ココペリ人形」です。口コミや評判でじわじわと人気が出ているようです。そもそも「ココペリ」とはアメリカの先住民であるネイティブアメリカン達が信仰していた精霊の一種で、発芽と豊穣を体現している精霊とされていました。「ココペリが笛を吹くと、地面から緑が吹き出し、花が咲き乱れ、木々は生い繁り、 花粉は風に舞い飛び、動物たちは次々 [続きを読む]
  • オレンジ色の「さるぼぼ」で妊娠♪【子宝ジンクス】
  • 岐阜県飛騨地方で有名な子宝アイテム「さるぼぼ」岐阜県飛騨地方に住んでいる方はもちろんの事、いまや全国的に有名になった子宝・妊娠ジンクスアイテムといえば「さるぼぼ」でしょう。さるぼぼの意味は、「さる=猿」、「ぼぼ=赤ちゃん」という事で、簡単に言えば「猿の赤ちゃん」という意味なのです。昔から岐阜県飛騨地方では、元気な赤ちゃんが安産で生まれるようにとお母さんやおばちゃんたちが願いを込めながらこの「さるぼ [続きを読む]
  • マトリョーシカに子授け祈願♪【子宝ジンクス】
  • マトリョーシカ人形に妊娠のお願いをしよう♪ロシアの民芸品である「マトリョーシカ」人形。かなり有名な民芸品ですので、皆さんも一度は目にしたことがあるはずです。実はこのマトリョーシカ人形は人形さんの中から次々とお人形さんが出てくる事から、子宝・子授け&安産&子孫繁栄などのご利益があると言われています。見た目にも可愛いですし、小物のインテリアとしても使われることから妊活中の方の子宝ジンクスとして有名です [続きを読む]
  • 多嚢胞性卵巣を体外受精で乗り越えました。【体験ブログ】
  • 私達夫婦の不妊が発覚したのは、私の腹痛が始まりでした。晩ご飯の準備中に下腹部の鈍痛が酷くなっていき、立っているのも辛くなったことで翌日婦人科を受診しました。結果は多嚢胞性卵巣。通常は排卵期に1つずつ大きくなり、1つずつ排卵するはずの卵胞が複数大きくなることで腹部を圧迫していたことが原因での腹痛でした。その時の私の卵胞の数は11個。その時の私たちは結婚式を終え、本格的に妊活を始めようとしていた時でした。 [続きを読む]