佐原 聖二 さん プロフィール

  •  
佐原 聖二さん: 週刊 昔のバックパッカ?
ハンドル名佐原 聖二 さん
ブログタイトル週刊 昔のバックパッカ?
ブログURLhttps://ameblo.jp/sahara1968s/
サイト紹介文週末に更新
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供40回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2014/09/13 08:31

佐原 聖二 さんのブログ記事

  • 104:思いやり 2016年7月
  •  息子をコンビニに誘った。 「これ見て。」 本を見せられる。 「コンビニに行かないの。 「本をみてる。」 じゃ一人で行くよと家を出た。買い物をして家に戻る。息子が玄関で待っていた。 「ねぇコンビニは。」 ぐずられるのも面倒だ。息子を連れてもう一度出かけた。 右くるぶしのかさぶたがはがれる。 靴下でこすれてしまった。傷口が膿んでしまう。足をひきずりトラック乗り場へ行く。 コンゴ共和国のドゥリシにいた [続きを読む]
  • 103:ザイールの旅 2016年7月
  •  息子が妻をなめた。 「汚いなあ、もう。」 息子は人が嫌がると喜ぶ。もっとなめようとする。 「なめるならお父さんにしなさい。」 妻が理不尽なことを言った。 甲板から川に空き缶を投げ入れる。 オナトラにはシャワーがない。 缶につけてあるロープをたぐり寄せ水を汲む。3回繰り返すとバケツが一杯になる。トイレに入って水を浴びる。洗濯も川の水を使う。 川沿いの村に止まった。キンシャサの手前200キロだ。 ガソリ [続きを読む]
  • 102:おばちゃんのニワトリ 2016年6月
  •  息子が熱を出した。 土曜の夕方だ。夜中に何度か起き熱を測る。冷却シートも張り替えてやる。 翌朝熱が下がった。寝不足だが昼寝はできない。本を読めだの肩車をしろだのとうるさい。 オナトラの船内を散歩した。 通路にワニが転がっている。1メートル位のワニだ。手と足、口が縛られている。 ヤギもいるしニワトリもいた。ヤギの隣には干し草が積んである。石けんを売る人、ナベ、カマを売る店、床屋まであった。 ザイー [続きを読む]
  • 101:2人 2016年6月
  •  息子がトイレを覗く。 「何出しているの、うんち。」 口の端が笑っている。 「そうだよ、閉めなさい。」 ドアを閉めて30秒も」しないうちに又開ける。 「ねぇ、うんちしてるの。」 そうだと答えると見せてと言った。3回も4回もドアを開けた。 ニックと2人でオナトラに乗った。 キサンガニで知り合ったオランダ人だ。 オナトラは巨大な船だ。一番後ろの動力船が他の5艘を押して進む。2階建ての客船が4つ、屋根がない鉄 [続きを読む]
  • 100:4か月 2016年6月
  • j 息子が夜中に立ち上がった。 スタスタ歩き始める。 「おい、どうした。」 歩くスピードがいつもより速い。ティッシュと言って箱から1枚取り出す。 鼻をふいたと思ったら寝てしまう。寝ぼけた息子に起こされた。すぐに寝ただけよしとする。 オナトラがキンシャサを出た。 キサンガニに着いて11日目だ。 日々何もすることがない。洗濯をする。市場へ行って昼食をとる。地図を持ってオナトラの事務所へ行く。 「今船はどこ [続きを読む]
  • 99:コーラ 2016年6月
  •  息子は貧乏くさい。 デパートを散歩したときだ。駅ビルで本を買った。少し歩かせようとデパートに入る。何やら言いながら歩いていた。 「今日は見るだけ、何も買わない。」 何度も何度も言っていた。 キサンガニに着いた。 電気と水道がうれしい。ホンボからキサンガニまではなかった。 冷たいコーラを一気に飲みする。シャワーの蛇口ひねると水が出る。暗くなっても日記が書ける。ベッドに寝るのも久しぶりだ。 首都のキ [続きを読む]
  • 98:1週間 2016年5月
  •  息子は沢庵に目がない。 テーブルの上にあると欲しがる。塩分の摂りすぎはよくない。 「ほら3枚あげる。」 うちの沢庵は薄く切ってある。厚い1枚より薄い3枚を息子は喜ぶ。 ザイールの移動は時間がかかる。 バスはない。ルブツまで来た。次の目的地はキサンガニだ。 荷物を積んだトラクターがやってきた。キサンガニまで20ドルだという。240キロの行程だ。何日かかるかわかったものではない。 トラクターが出発して3日後 [続きを読む]
  • 97:旅の記憶 2016年5月
  •  週明けは肩が凝っている。 息子の体重は14キロだ。 「肩車して。」 ソファーに座っていると登ってくる。立ってとか歩いてとか注文が多い。1回や2回では済まない。初めは何で首が痛いのかわからなかった。 ホンボからワリカレまで歩いた。 約100キロを3日かけて歩く。ホンボの村はずれに週に1回市が立つ。ワリカレから自転車を引いてパームオイル売りがやって来る。 山道だ。道が悪くて車は通れない。自転車だって走れない [続きを読む]
  • 96:時間 2016年5月
  •  保育園の遠足があった。 妻が付き添って行く。 土曜日だ。私は仕事がない。車を車検に出しに行く。本屋と靴屋で買い物をした。本を読んで昼寝をする。自分の時間がたっぷりある。 ホンボの宿にはシャワーがなかった。 近くにある小川で体を洗う。翌朝村を出ようとしたときだ。役人に止められ難癖をつけられた。 「通行許可証を見せろ。」 「何それ。」 この辺は鉱脈があるから許可証がないと通れない。ゴマのイミグレーシ [続きを読む]
  • 95:まじめ 2016年4月
  •  息子はロールパンナちゃんが好きだ。 アンパンマンに出てくるキャラクターだ。白いターバンを巻いている。ターバンにはRと書いてある。 息子が顔と頭にタオルを巻いてくれと言う。背中には風呂敷をつける。バンドエイドにRと書いて額に張った。 本人は恰好いいと思っていいる。使い切ったアルミ箔の筒を持った。まじめな顔でポーズを取った。 ザイールにはバスがない。 乗り合いトラックで移動する。ブカブからホンボに向か [続きを読む]