Musasppqueen さん プロフィール

  •  
Musasppqueenさん: L'Écume des jour
ハンドル名Musasppqueen さん
ブログタイトルL'Écume des jour
ブログURLhttps://ameblo.jp/musasppqueen/
サイト紹介文音楽、アート、文学、映画… 雑多な雑文集。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供476回 / 365日(平均9.1回/週) - 参加 2014/09/13 14:21

Musasppqueen さんのブログ記事

  • As Time Goes By
  • 今回はドーリー・ウィルソン1946年リリース『As Time Goes By』映画『カサブランカ』の挿入歌として有名だけど元々はブロードウェイ・ショー『Everybody's Welcome』の為の曲だDooley Wilson ? As Time Goes By別ブログ『Izakayahopping』も新たに更新!↓ボガードに見られながら過ごす宮崎「蚤の市」 [続きを読む]
  • 風の歌を聴け〜Mercedes Benz
  • -28-街について話す。僕が生まれ、育ち、そして初めて女の子と寝た街である。前は海、後ろは山、隣には巨大な港街がある。ほんの小さな街だ。港からの帰り、国道を車で飛ばす時には煙草は吸わないことにしている。マッチをすり終わるころには車はもう街を通りすぎているからだ。人口は7万と少し。この数字は5年後にも殆ど変わることはあるまい。その大抵は庭の付いた二階建ての家に住み、自動車を所有し、少なからざる家は自動車を [続きを読む]
  • 風の歌を聴け〜The Feeling Begins
  • -27-時計が12時を指し、僕は外の暑さを想ってうんざりしながらネクタイを結び、上着を着込んだ。 時間はたっぷりあったし、するべきことは何もない。僕は街の中をゆっくりと車で回ってみた。海から山に向かって伸びた惨めなほど細長い街だ。川とテニス・コート、ゴルフ・コース、ずらりと並んだ広い屋敷、壁そして壁、いくつかの小綺麗なレストラン、ブティック、古い図書館、月見草の繁った野原、猿の檻のある公園、街はいつもと [続きを読む]
  • 風の歌を聴け〜Old Brown Shoe
  • -27僕は嫌な夢を見ていた。僕は黒い大きな鳥で、ジャングル上を西に向かって飛んでいた。僕は深い傷を負い、羽には血の痕が黒くこびりついている。西の空には不吉な黒い雲が一面に広がり始め、あたりには微かな雨の香りがした。夢を見たのは久し振りだった。あまりに久し振りだったので、それが夢ときづくまでにしばらく時間がかかった。僕はベッドから起き上がり、シャワーで体中の嫌な汗を流してからトーストとリンゴ・ジュース [続きを読む]
  • 風の歌を聴け〜Bonjour Tristesse
  • -26-僕が寝た三番目の女の子について話す。死んだ人間について語ることはひどくむずかしいことだが、若くして死んだ女について語ることはもっとむずかしい。死んでしまったことによって、彼女たちは永遠に若いからだ。それに反して生き残った僕たちは一年ごと、一月ごと、一日ごとに齢を取っていく。時々僕は自分が一時間ごとに歳を取っていくような気さえする。そして恐ろしいことに、それは真実なのだ。☆彼女は決して美人ではな [続きを読む]
  • 風の歌を聴け〜Banana Pancakes
  • -25-鼠の好物は焼きたてのホット・ケーキである。彼はそれを深い皿に何枚か重ね、ナイフできちんと4つに切り、その上にコカ・コーラを1瓶注ぎかける。僕が初めて鼠の家を訪れた時、彼は5月のやわらかな日ざしの下にテーブルを持ち出して、その不気味な食物を胃の中に流し込んでいる最中だった。「この食い物の優れた点は、」と鼠は僕に言った。「食事と飲み物が一体化していることだ。」木々の生い茂った広い庭には様々な色と形の [続きを読む]
  • 風の歌を聴け〜Run For Your Life
  • -24-「頼みがあるんだ。」鼠が言った。「どんな?」「人に会ってほしいんだ。」「……女?」少し迷ってから鼠は肯いた。「何故僕に頼む?」「他に誰が居る?」鼠は早口でそう言うと6杯目のウィスキーの最初の一口を飲んだ。「スーツとネクタイは持ってるかい?」「持っているさ。 でも……」「明日の2時。」鼠が言った。「ねえ、 女って一体何を食ってき生ているんだと思う?」「靴の底。」「まさか」と鼠が言った。『靴の底』っ [続きを読む]
  • Ring-A-Ding Orangoutang
  • 今回はジョン・ザッカラル1960年リリースの『Ring-A-Ding Orangoutang』彼はアメリカで1950〜60 年代に大人気だったTV&ラジオ番組ホスト/声優だZacherely - Ring-A-Ding Orangoutang別ブログ『Izakayahopping』も新たに更新!↓金沢で失敗しないおひとりさま「酒房 猩猩」 [続きを読む]
  • 風の歌を聴け〜Pinball Wizard
  • -24-その夜、鼠はビールを一滴も飲まなかった。これは決して良い徴候ではない。そのかわりに、ジム・ビームのロックをたてつづけに5杯飲んだ。僕たちは店の奥にある薄暗いコーナーでピンボールを相手に時間を潰した。幾ばくかの小銭の代償に死んだ時間を提供してくれるただのガラクタだ。しかし鼠はどんなものに対しても真剣だった。だから僕がその夜の6回のゲームのうちの2回を勝てたのは殆ど奇跡に近いことだった。「ねえ、 ど [続きを読む]
  • 風の歌を聴け〜Born For A Purpose (Reason For Living)
  • -23-僕が三番目に寝た女の子は、僕のペニスのことを「あなたのレーゾン・デートゥル」と呼んだ。☆僕は以前、人間の存在理由(レーゾン・デートゥル)をテーマにした短い小説を書こうとしたことがある。結局小説は完成しなかったのだけれど、その間じゅう僕は人間のレーゾン・デートゥルについて考え続け、おかげで奇妙な性癖にとりつかれることになった。全ての物事を数値に置き換えずにはいられないという癖である。約8ヵ月、僕 [続きを読む]
  • Candy - O
  • 今回はザ・カーズ1979年リリースのアルバム『Candy-O』からアルバム・タイトル曲をThe Cars - Candy - Oこのアルバムのカバー・アートはアルベルト・バルガスだねこれを描いた時は既に84歳だったらしい別ブログ『Izakayahopping』も新たに更新!↓熊本で失敗しないおひとりさま「あめや」 [続きを読む]
  • 風の歌を聴け〜Return To Sender
  • -22-帰り道、僕は車の中で突然、初めてデートした女の子のことを思い出した。七年前の話だ。僕はデートしている間、始めから終りまで、「ねえ、 退屈じゃない?」と訊ね続けていたような気がする。僕たちはエルヴィス・プレスリーの主演映画を観た。主題歌はこんな唄だった。「僕は彼女と喧嘩した。   だから彼女に手紙を書いた。 ごめんね、 僕が悪かった、 ってさ。 でも手紙は返ってきた。 宛先不明、 受取人不明。」 [続きを読む]
  • 風の歌を聴け〜That's the Way Love Is
  • -22-彼女は笑って、レコードをマービン・ゲイに替えた。 時計は8時に近くを指している。「今日は靴を磨かなくてもいいの?」「夜中に磨くさ。 歯と一緒にね。」彼女はテーブルに細い肘をつき、その上に気持ち良さそうに顎を載せたまま僕の目をのぞきこむようにしてしゃべった。そしてそれは僕をひどくどぎまぎさせた。僕は煙草に火を点けたり窓の外を眺める振りをして何度か目をそらせようとしたが、その度に彼女は余計におかし [続きを読む]
  • Comfort Me
  • 今回はカーラ・トーマス1966年リリースのアルバム『Comfort Me』からオープニングを飾るアルバム・タイトル曲Carla Thomas / Comfort Me別ブログ『Izakayahopping』も新たに更新!↓長崎で失敗しないおひとりさま「安楽子」 [続きを読む]