Asuka さん プロフィール

  •  
Asukaさん: 1/144の防衛隊
ハンドル名Asuka さん
ブログタイトル1/144の防衛隊
ブログURLhttp://difenceforce.blogspot.jp/
サイト紹介文1/144スケール限定。自衛隊装備を中心にした完成キット、組み立てキットの紹介。架空装備などもあり。
自由文陸自迷彩のA-10、洋上迷彩のF-22など架空装備をいろいろ掲載しています。所属組織別、兵種別で調べられるようにしていますので気になった項目を閲覧してみてください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供55回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2014/09/13 16:20

Asuka さんのブログ記事

  • テクニカル
  • 中東やアフリカの紛争でおなじみ、日本製のトラックに武装を乗せたテクニカルです。輸入トラックに適当に有り合わせの武装を施した便利兵器です。残り物になっていた旧式トラックに同じく残り物になっていた高射機関砲(元はなんだったかは覚えてません)を設置。やや車体には大きいかなとは思いましたがそういうバランスを考えないのもテクニカルっぽくていいかなと思います。もちろん水平射撃もできるので敵陣地や車両に向けて直 [続きを読む]
  • 局地戦車
  • 自衛隊の海外派遣のために強い戦車、実戦で役に立つ戦車が欲しいという要望によってうまれた戦車です。イスラエルのメルカバと10式を組み合わせた超ガラパゴスな車両になってます。乗員の安全確保、ゲリラ戦に強いということでイスラエルと共同開発と行って作られた連射です。車体はほぼメルカバのを流用して砲塔は10式のものです。戦車砲の上に同軸M2重機関銃を増設、さらに車長用ペリスコープは機銃を兼ねたRWSになっています。 [続きを読む]
  • トレーラーコレクション8
  • 久しぶりに発売されたトレーラーコレクションです。10種+シークレットの内容になっています。単調になり気味だったトラコレですが今回は一味違います。ISOタンクコンテナです。国際規格(ISO)に準じた危険液体貨物を輸送するコンテナです。円形のタンクの周囲に四角フレームが付いているので丈夫で他のコンテナと積み重ねができます。大きさは20ftコンテナと同じです。もう一つの目玉はこの20ftコンテナ車です。20ftコンテナは以 [続きを読む]
  • F/A-18E スーパーホーネット
  • 米海軍で現在唯一の戦闘機、スーパーホーネットです。単座のE型と複座のF型がありますが今回は単座のE型です。キットはボーイングコレクションのものですがハイスペックシリーズと同等品と考えられます。海軍機っぽくできるだけ汚してみました。ウェザリングは毎回なかなか納得がいくような仕上がりになりません。難しい分野だなと思います。気になる装備は対空装備にしてみました。サイドワインダー×4AMRAAM×8という内容です。 [続きを読む]
  • CV-22 特殊作戦用オスプレイ
  • 日本にもオスプレイが配備されることになりますが今回は特殊作戦向けの特別機を作ってみました。公開された日本向けの期待カラーがダサい、そんな思いから別カラーで作りたいというのが発端です。米空軍のCV-22のようなダーク系のカラーで日の丸はロービジにしてみました。特殊戦使用なので強襲できるように武装を施したかったのですがティルトウィングという構造上なかなかミサイルなどの重武装を施すことが難しいという結論に至 [続きを読む]
  • ボーイングコレクション
  • これまでのF-toysの航空機スペシャルというべきボーイングコレクション。旅客機、戦闘機、ヘリコプターさらにはオスプレイとなんでもありなお祭り商品です。今回は狙い撃ちで欲しい物だけを手に入れる予定でしたがなぜか全部コンプリートしてしまいましたので各商品のご報告です。B747(1/500)みんな大好きジャンボジェットです。その初号機と大統領専用機エアフォースワンが入っています。これはおそらくかつて販売された「JALウ [続きを読む]
  • 軍用牽引車
  • ニッポンの働く車キットの化学消防車を改造して軍用トレーラー用の牽引車を作りました。キャビンを短くしてそのキャビンをメインにタイヤを付けて牽引車っぽくしてみました。キャビンのこの感じは軍用に転用できるぞと見た瞬間に確信してこの改造計画ははじまりました。HMETTや重装輪回収車に似てます。ただ、それらへ改造するのは難しいので似ている架空の車両ということで作りました。キャビンの後部はそれっぽく機材や予備タイ [続きを読む]
  • LHD5001 多目的輸送艦きい
  • VTOL機、ヘリコプター、水陸両用艇の全てを収容することができる海の要塞、いや多目的な輸送艦名付けて「きい」です。いずも急にスキージャンプ台を付けた軽空母にした人は多くいるでしょうが今回はワンランク上を狙って強襲揚陸艦(日本国内での名称:多目的輸送艦)にしてみました。ましゅうのキットに付属していたスキージャンプ台を取付、艦首のCIWSが気に入らなかったので撤去、代わりにジャンプ台横左舷に取り付けました。VT [続きを読む]
  • ニッポンの働く車キット
  • 軍用車両ではありませんがNゲージで面白そうなものが出たので買ってみました。内容は多目的消防ポンプ車と化学消防車の二種類のみです。化学消防車はモリタ製MAF-60Aです。最近は海外製のものに多くが置き換えられたので見れる機会が減ってしまいました。運転席上の放水口が上下左右に可動します。ここを再現してくれたのはありがたいですがやや組み立てにくい部分でした。神戸空港、広島空港、青森空港の3パターンが用意されてい [続きを読む]
  • RQ-4 グローバルホーク(空自仕様)
  • 2019年以降に配備される航空自衛隊版のグローバルホークを先取りしてつくってみました。海洋国家である日本の領海を常時監視するにはこういった高高度を長時間飛行できる無人偵察機は大変いい装備だと思います。おそらく機体自体に改良を加えられることはないと考えています。なので製作したキットは米軍仕様のキットそのままです。この背負い型とも呼ぶべき独特のエンジン配置とV字尾翼、これこそ無人機らしい姿で不気味にも思え [続きを読む]
  • UH-60JA改(特戦群仕様)
  • 陸自のUH-60JAを米軍の特殊作戦機MH-60風にしてみました。全体的にはJAとほぼ変わりません。見た目の大きな違いとしては左右の増槽を最初から取っ払ってしまったことです。被弾の可能性もありますし、軽量化して機動性をあげるために外しました。改良した点の細かいところは空自のUH-60の近代化に近いものになってます。空中給油プローブ、赤外線カメラFLIRを装備しました。そして左右にドアガン(ミニガン)を設置して強行着陸な [続きを読む]
  • 機動歩行警戒機
  • 二足歩行偵察車よりモダンなスタイルの逆関節二足歩行兵器を作ってみました。メタルギアに出てきそうな近未来的なSF兵器に仕上がったと思います。原型のAT-STの脚を短くして鉄血のオルフェンスのモビルワーカーを載せました。上部は旋回可能で適正物体を発見すれば即時攻撃可能です。上下への機関砲を振ることもできるので高射砲としても使えます。構成としてはこうなっています。上部の大きな白い筒状の中に全周囲捜索可能なレー [続きを読む]
  • 水陸両用ホバー輸送車
  • 上陸作戦において橋頭保確保後の輸送を行うホバー輸送車をつくってみました。兵員、物資輸送を行うためのオープントップで必要に応じて幌をかけます。左右は念のために防弾壁がついています。車体下部からエアーを排出して浮き上がり、左右の大きな円筒形の物体が前進用のエンジンです。ここをやられたら前後退不可能になるため戦闘が行われている地域での使用は推奨できません。輸送用ですが念のため連装機銃を装備しています。AA [続きを読む]
  • 二足歩行偵察車
  • スターウォーズのAT-STを陸上自衛隊風に仕上げてみました。ほぼそのままでカラーリングを迷彩にしてあります。あとは機能を現代的なものに置き換えてみました。主武装の正面銃は30mmの連装機銃とし、その下には暴徒鎮圧用のLRAD(音響兵器)を取り付けてみました。左側部の機銃は対人用の12.7mm機銃、右側部は多目的ミサイルのランチャーを装備させました。IED対策としてECMアンテナを装備、あとは通信アンテナを増設しました [続きを読む]
  • 輸送艦 おおすみ-2
  • いよいよ上甲板に上がります。ひゅうか級の甲板の広さをしっているとどうしても狭いと感じてしまいます。後部はなんとかヘリが着艦できる程度といった感じです。表面はしっかりと滑り止めが施されていて固定用の穴がいくつも空いています。こんな風に円の中に十字の穴が開いています。こんな感じでポールが固定できるようです。ちなみにエレベータ周囲はこんな感じで上昇してくるポールが備え付けられています。接岸用の緩衝材、大 [続きを読む]
  • 輸送艦 おおすみ-1
  • おおすみの一般公開に行ってきました。おおすみ級輸送艦は海上自衛隊において島嶼奪還や災害派遣の要でありイージス艦並みに重要な存在といっていいでしょう。左右にサイドランプを持っておりどちらからでも車両搬入ができるようになっています。サイドランプから入るとすぐにターンテーブルが備わっておりここで車両の方向を転換させて横向きから縦向きへと回転させます。サイドランプは閉じるとこういう感じになってます。サイド [続きを読む]
  • 防府航空祭2017 その他
  • 防府航空祭報告ラストになります。今まで紹介していなかったその他諸々を紹介していきます。管制塔に上がらせてもらいました。といっても実際の管制室は業務中なので画像の矢印の一段低い部分です。そこから見た風景が最初の画像です。滑走をを一望することができていかに敷地が広いかがわかります。T-4のシュミレーターも見学させていただくことができました。前席が訓練生、後席が教官席です。ほぼ実機と同じ構造になっているそ [続きを読む]
  • 防府航空祭2017 陸自編
  • 防府北基地には陸自13旅団の13飛行隊の分屯地でもあるため陸自の展示も行われています。所属しているのはUH-1とOH-6のみです。UH-1Jは最近この機首部分がなぜかすごくいい形してるなと思って好きになってます。飛行展示ではレスキューを想定した人員のつり上げを行いました。観客側からは遠くかなり地味な展示でしたが昨今の災害派遣の出動などを考えるとこういうことができると知ってもらうことが大事なのかもしれません。誘導員 [続きを読む]
  • 防府航空祭2017 地上展示編
  • 防府北基地の航空祭に行ってきました。ゲートをくぐって最初に出迎えてくれたのが展示のF-1です。防府で運用されたわけではありませんが展示されています。いつ見てもF-1はかっこいいですね。なぜか一番手前に配置されていた消防車。型が古い、まさかのボンネットです。他基地では新型への切り替えが進んでいるというのにまだまだ古い型ばかりです。訓練基地ということで優先順位が低いんだと思われます。各種作業車も展示してあり [続きを読む]
  • パワードスーツ(宇宙の戦士)
  • 不朽の名作SF「宇宙の戦士」に出てくるパワードスーツを自分なりにリメイクしてみました。1/144のガンプラを改造して胴体はマンロディ、足と腕はオリジン版のガンキャノン、その他いろいろくっつけています。特徴的なのはキャノピーです。今までのぬえ版スーツの覗き窓のようだったデザインからもっと視界が良くなる様なおおきなキャノピーにしてみました。宇宙服というところから考えればこれくらいの視界は確保されるのではない [続きを読む]
  • 秋水改
  • 日本がアメリカに勝利した世界。戦中に実用化したロケット戦闘機秋水は高高度高速迎撃機として戦後運用されていた。という設定で秋水に手を加えてみました。ウィングキットコレクションVSシリーズのコメートのシークレットを手に入れたのでそれを改造して作りました。ジェットに比べれば運用効率は悪いでしょうがその高速性を生かして敵国の高高度偵察機や爆撃機に対して即時に迎撃する緊急迎撃部隊用という設定です。機首にはレー [続きを読む]
  • 25式警備機人
  • 中華人民共和国武装警察用の人型警備ロボです。パトレイバーの中華版です。身長は9m、市街地での運用を前提とすればこれくらいの大きさが限界でしょう。街中にこの巨大歩兵が立っていれば心理的効果は絶大と思われます。 パトレイバーを意識して両肩にはパトランプ、パンダカラー、武装警察の徽章が入っています。頭部は元となった紫電のバイザーを生かしつつサイドアンテナを付けて98式イングラム風にしてみました。通常警 [続きを読む]
  • F-22B アドバンスドラプター
  • ラプターの進化型アドバンスドラプターという架空戦闘機です。最強戦闘機の名を欲しいままにしているラプターですが、昨今そして将来の電子技術をはじめとする新技術を導入した機体です。 外見の最大の変化は垂直、水平尾翼を廃止して尾翼一枚にしたことです。ベクタードノズルを装備していますしステルス性を向上させるためにYF-23のようなスタイルにしてみました。機首のレーダーも能力向上した最新モデルに交換、コクピッ [続きを読む]
  • F-22 ストライクラプター
  • コスト高のラプターを防空だけに使うのはもったいない、もっと多目的に使えるようにという議会の要請を受けてマルチロール機にバージョンアップしたという設定です。なんだかんだ言いましたが、ストライクイーグルみたいな武装満載のラプターを作ってみたかっただけです。今のラプターでも誘導爆弾を装備することもできますが数多く搭載することができないのでそれを改善してみました。主翼左右にそれぞれGBU-12を3つずつ、計6装 [続きを読む]
  • F-22 (航空自衛隊)
  • F-22の航空自衛隊仕様のロービジカラーバージョンです。 F-35の日の丸がロービジで決定したのでラプターのロービジ版も作ってみようと思いました。基本的なカラーリングは米空軍と同じで国籍マークだけを書き換えました。サイドの日の丸ももちろんロービジです。機体ナンバーは在庫からとってきてはりつけました。自衛隊機なら増槽は必須と考えてF-15のものを取りつけてみました。ステルス性が犠牲になるのでは?と思うかもし [続きを読む]