リヨン さん プロフィール

  •  
リヨンさん: フード リヨン 〜fou de Lyon〜
ハンドル名リヨン さん
ブログタイトルフード リヨン 〜fou de Lyon〜
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/france_lyon/
サイト紹介文横浜・馬車道にあるリヨン郷土料理のレストラン“リパイユ”のブログ
自由文『食の都』と言われているフランス・リヨンの郷土料理をスペシャリテとするフランス料理"リパイユ"は、横浜・馬車道にレストランを展開。
レストランの裏側やフランス料理、そしてリヨンのことを綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2014/09/14 03:46

リヨン さんのブログ記事

  • チキンのガランティーヌ
  • 日曜日の「おもてなし料理教室」のテーマは、ガランティーヌ。ガランティーヌの語源は、ラテン語gelo「固まる、凍る」から派生した中世ラテン語gelatina,galatina(フランス食の事典より) 通常、冷製オードヴルとして供しますが、今回は作った物をその場で食べるので、メインディッシュとしました。時間短縮のため、前日にフォンfondの仕込み。今回はガラではなくももみじを使用。ガランティーヌを煮込むときに使います。通常、鶏 [続きを読む]
  • 明日から新メニューがスタート
  • 2018年もスタートして、あっという間に10日が過ぎてしまいました。当店も明日12日から新しいメニューがスタートします。上の写真はオードヴルの「サーモンのタルタルと百合根」。毎回、楽しみにしている方の多いポタージュには旬の牡蠣を使用。都内のフレンチで行ったリパイユ新年会に参加した女性スタッフが試食会の料理を食べて「石澤シェフの料理の方が美味しい!」と太鼓判を押した品々です。皆様ぜひお召し上がりください。今 [続きを読む]
  • 今年もお世話になりました
  • 2017年最終営業日。 おかげさまで、ランチ、ディナーとも満席となり、 最高の年末を迎えることができました。 また、一昨年のフランス研修から始まったパリの「Cepage」との大人気コラボイベントも 無事10回目を迎えることができました。 横浜とパリの距離をあっという間に縮めてくれるみほさん、 そして参加者の皆様、本当にありがとうございます。 今年は、例年に比べ、何度も足を運ん [続きを読む]
  • 年末年始の営業日のお知らせ
  • 無事に4日間限定の「クリスマス特別ディナー」が終わりました。リパイユではこのクリスマス期間に、約140名様お客様をお迎えしたにも関わらず、無断キャンセル等もなく、忙しくても充実感と達成感のある4日間でした。ご来店頂いたお客様、本当にありがとうございました。 さて、本日は今年最後の定休日。年内は31日(日)まで通常営業いたします。まだお席に余裕のある日もございますので、皆様のご予約おまちしておりま [続きを読む]
  • 今日から4日間は『クリスマス特別ディナー』
  • 今日から、いよいよ「クリスマス特別ディナー」がスタートします。今回のメニューはこちら。【クリスマス特別コース】トリュフのクロケット&グラス・シャンパーニュ蕪と百合根のブラン・マンジェウフ・ブルイエ ずわい蟹のソースオマール海老と帆立のムース キャベツ包み 甲殻類のソースグラニテ白糠産蝦夷鹿肉のロースト ソース・グラン・ヴヌールビューシュ・ド・ノエル 赤いフルーツのソース小菓子&コーヒー本日22日と25 [続きを読む]
  • とろとろモンドール
  • 10回目を迎えた今年最後のチーズクラブ。毎回満席でありがたい限りです。12月のテーマは「とろけるモンドールとクリスマスチーズプレート」。クリスマス気分を味わってもらうために、先生がプーリニィ・サン・ピエールで作ってくれたクリスマスツリー&コンテのチーズプレート。続いて、8/15〜3/15の期間しか製造されないモン・ドール。7週間程度の熟成が必要なウォッシュタイプのこのチーズは、今が食べ頃。こちらもクリスマス仕 [続きを読む]
  • 手作りワインレポート? 〜2番絞り〜
  • 仕込んでから3日目。見た目には醗酵しているかどうかはわかりませんが、ペットボトルの口に耳をつけると「シュワシュワ」という音がしっかりと聞こえ、わずかにアルコール臭がしてきた気がします。さて、下の写真は何かというと、ワインを仕込んだ当日にたくさん余った皮をざるにのせ、たまったジュース。翌日仕込もうと思ったのですが時間がなく、きょうになってしまったところ、なんとこんなかびが生えていました・・・捨てよう [続きを読む]
  • 9/7〜9/22は15周年特別メニュー
  • 9月6日は、リパイユの誕生日。今年で15歳になります。最近、リパイユでは今時の料理をご提供していますが、今回はちょっと懐かしい感じのメニューをご用意することにしました。15周年なので、「15」にこだわったコースを、との意見も出たのですが、「今こそ基本に立ち戻ろう!」という全員の決意を料理にも込めることにしました。【15周年特別コース】ーアミューズ・ブーシューブラン・マンジェ デュバリー風ースープ・ド・ポワソ [続きを読む]
  • リヨン近郊のチーズ
  • 先週の日曜日は「チーズクラブ」。今回は、「サロン・ド・リヨン」という名にふさわしく、リヨン近郊のチーズがテーマです。横浜の姉妹都市であり、「食の都」と言われているリヨンの周辺には美味しいチーズも。今回は、ーサン・フェリシアン(ドフィネ地方の牛乳チーズ/ソフトタイプ)ーシャロレ(ブルゴーニュ地方の山羊乳チーズ)ーブルー・ドヴェルニュ(オヴェルニュ地方の牛乳チーズ/青カビ)ーエポワス(ブルゴーニュ地方の [続きを読む]
  • フランス周遊 夏のロゼ祭り
  • 8月最初の営業日である2日は、パリの人気教室Cepageとのコラボイベント。フランス研修をきっかけにスタートしたこの会もおかげさまで4回目を迎えることができました。今回のテーマは、講師のみほさんも当店のソムリエ岡野も大好きな「ロゼワイン」。なじみのあるプロヴァンスは除いた6種のワインで3時間のフランス周遊旅行です。石澤シェフもワインに合わせたフルコールを用意。amuse牛舌のテリーヌをはさんたミニハンバーガーhors [続きを読む]
  • こんなに変わります!!
  • 毎月メニューが変わるごとに、スタッフ全員で行っている試食会。今回は試食のメニューとお客様に出しているメニューの比較をしてみます。上が試食会で食べた料理で、?の下がご提供している料理です。せっかく「和」をテーマにしたので、口だけではなく、なるべく目でも楽しめるよう、スタッフで意見を交換しながらシェフが改良しました。オードヴル:いわしのコンフィと夏野菜のマリネ       ?付け合わせを大きく変更。梅 [続きを読む]
  • すっきり!!
  • 最近来ていただいたお客様、店の前がすっきりとしたことにお気づきでしょうか?実は、当店の入っているマンションで、一階部分全体の緑の手入れをしていただけました。風が強いことが多いので、以前はよく木が倒れたりしていたのですが、今回は、葉の密度が低い木に、倒れにくい四角い鉢を選択していただけたとのこと。細かいところまでご配慮いただき、マンションの皆様には本当に感謝しています。また、飲食店前ということで、当 [続きを読む]
  • 今日から放映スタート「横濱ツウ」
  • 5/16に撮影のあったJ:COMの「横濱ツウ」が本日より放映開始。6/15〜7/15まで横浜市内で行われている「横浜フランス月間2017」の美食部門としてリパイユを紹介していただいています。今日から2週間、毎日2回程度放映されますので、ぜひご覧ください。さて、撮影当日の様子を少し。ランチとディナーの間の空き時間を使って、あまり時間がない中での撮影。店内の撮影がおわったら、ナビゲーターの石田紗英子さんにリヨン料理を召し上 [続きを読む]
  • 着物でリパイユ&関内フード&ハイカラフェスタ
  • 一ヶ月前のことになりますが、アップできていなかった「第五回関内フード&ハイカラフェスタ」と「着物でリパイユ」レポートです。5/28(日)第五回目となる「関内フード&ハイカラフェスタ」が行われました。関内を活性化するために始まったこのイベントも、徐々に浸透していき、毎回来客数が増えているとのこと。リパイユも以前から参加させてもらっていますが、ハイカラフェスタの常連様も出てきて嬉しい限りです。さて、このイ [続きを読む]
  • 7月は「和」フレンチ
  • じめじめとした梅雨。例年7/20ごろに明けるようですが、今年はいつになるのでしょう。さて、食欲が減退する夏。今年は、元気をつけてもらうために、7/12〜31まで、あっさりとした「和」風のメニューをご用意することにしました。アミューズ・ブーシュいわしのコンフィと夏野菜のマリネ和牛の炙り サマートリュフを添えて辻トマトのガスパチョ 和風仕立て魚のフリットとそば粉のヌイユグラニテ丹波黒どりのブロシェット季節のデザ [続きを読む]
  • 着物でリパイユ
  • 1859年に開港してから、西洋文化と日本文化の出会いの街として栄えた「横浜」。「横浜絵にあるような開港当時の雰囲気を馬車道から発信できたら…」と思っていたところ、着物の仕事をしている高校の同級生から素敵な提案をいただきました。 「着物でリパイユ」 ここ何年かでリパイユにも着物でいらしてくれるお客様を見るようになり、「着物でレストランが華やかになるのだから、きっと街も同じだろうなあ」と思っていたので、定期 [続きを読む]
  • オマール海老をさばく
  • オマールhomardは、えび類で最大種のアカザエビ科の甲殻類。加熱すると赤くなることから、フランス語で「海の枢機卿cardinal de mer」とも言います。(英語はロブスターlobster)4月のおもてなし料理教室では、そんなオマール海老をさばくことから挑戦。はさみを切り落とし、身を半分に割って、はさみの殻はむく。はさみはサラダに、身はテルミドールという料理に。テルミドールthermidorという料理は、1894年1月24日、パリの有名 [続きを読む]
  • 花の溢れる横浜でフラワーランチを
  • 3/25から始まった「全国都市緑化よこはまフェア」。港の見える丘公園からみなとみらいまで、ベイサイドエリアで季節の花を存分にお楽しみいただけます。 そんなフェアを盛り上げるため、 当店も「花味絵図」という協力イベントに参加。 「フラワーコース」を全日お出ししています。 アミューズ2品 横浜開港野菜のジャルダン風 春人参のヴィネグレット 辻さん [続きを読む]
  • 日本のチーズ
  • 昨日は、第6回目のチーズクラブ@サロン・ド・リヨン。テーマは「日本の銘チーズVS欧州の伝統チーズ」。まずは日本のチーズの歴史や状況の解説。桜満開のこの日、「さくら」という名前のチーズとワインでスタート。続いて、ブラインドテイスティング。見た目はもちろん、食べてもヨーロッパのチーズに全くひけを取らない味。プロセスチーズを食べて育ち、20年前に初めてナチュラルチーズを食べたときの驚きと同じくらいの衝撃でした [続きを読む]
  • ノルマンディーと言えば・・・
  • 「カマンベール」。 日本でもほとんどのスーパーでおいてある、この名前のチーズを知らない人はほとんどいないはず。このカマンベールチーズは、イギリス海峡を臨むフランスの北西部ノルマンディ地方で作られ、世界中に広められました。2月のチーズクラブでは、そんなカマンベールチーズの故郷、ノルマンディー地方のチーズをシードル2種類とともに堪能。カマンベール、ヌシャテル、ポン・レヴェック、リヴァロ、そしてカマンベー [続きを読む]
  • クリスマスレッスン終了!
  • サロン・ド・リヨンのクリスマスレッスンが終了。「ワインに合う簡単料理教室」ではビュッフェ用の料理をアミューズ中心に6種類を作成。どれもあっという間にできるけれど、盛り付けを少し気をつけるだけで、クリスマスっぽくなります。そして、おもてなし料理教室では丸鶏のロースト。一人一羽使ってつくるので、フランス語でプーサンpoussinという少し小さめのひな鶏を使用。中には、フォワ・グラ風味のライスを詰めて。 オード [続きを読む]
  • スプーンで食べるとろとろチーズ
  • あっという間に今年も師走。サロンでもクリスマスイベントが続いています。最初に行ったのが、「チーズクラブ」。今が旬の「モン・ドール」を中心に、ジュラ地方のチーズを堪能。普段は、一人一人にお皿に盛ってお出しするのですが、クリスマスということで、先生がプラトー盛りに。コンテ、ブルー・ド・ジェクス、モルビエを楽しみ、続いては主役の登場です。一つはそのまま、もう一つは白ワインを加えて焼きモンドールに。どちら [続きを読む]
  • 工作もします!
  • 昨日までのきのこフェアに、たくさんのお客様にご来店いただき、誠にありがとうございました。〜あなたはなにきのこ?〜と副題をつけたように、ご自身のNo.1きのこが見つかったら、幸いです。 さて、こちらの不思議なものは、何だかわかるでしょうか? ある日、お店に行くと賄いが終わったシェフが何かしています。「何しているの?」と聞くと、「きのこを作ろうと思っ [続きを読む]