tomoasa さん プロフィール

  •  
tomoasaさん: 多重がん(白血病 口腔がん)闘病記
ハンドル名tomoasa さん
ブログタイトル多重がん(白血病 口腔がん)闘病記
ブログURLhttp://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/
サイト紹介文多重がん患者の闘病記。 急性リンパ性白血病PH+。 口腔がんの中の歯肉がん発症
自由文2010年9月急性リンパ性白血病フィラデルフィア染色体陽性。その後骨髄バンクからの移植を実施。2014年8月口腔がんの中の歯肉がんとなり治療中。
という多重がん患者になった男の闘病記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供283回 / 365日(平均5.4回/週) - 参加 2014/09/14 13:09

tomoasa さんのブログ記事

  • 「インフォームド・コンセント」から「インフォームド・チョイス」へ
  • ・インフォームドコンセント説明と同意・インフォームドチョイス説明と選択インフォームド・コンセント(informedconsent)は「説明を受け納得した上での同意」インフォームド・チョイス(informed choice)は「説明を受けて納得した上での選択」。さらに、その選択した方法で実際に医療を受けるか否かを自己決定することを、インフォー ムド・ ディシ ジョン(informed decision)と言うこともある。例えば手術と化学療法の予後 [続きを読む]
  • UDF(ユニバーサルデザインフード)
  • UDF:(ユニバーサルデザインフード)対象者は健常者から要介護者さらに高齢者に対象者を幅広く設定した食品。高齢者がメインターゲットであるが口腔内を手術された方、健常であるがいわゆる「歯が浮いた」状態で固いものが食べられない時など、幅広い場面での使用が考えられる。口腔がんで歯を失った自分のような人間には術後固いものが食べにくいというか避けるざろうえなくなった。先生からも固いものは避けた方が賢明と言われ [続きを読む]
  • 「同事」 VRの先にはこれがありそう
  • 「同時」ではなく「同事」最近この言葉を知る。「事を同じくする」道元禅師は『正法眼蔵』の中で、同事の「事」について、事とは、礼儀作法・立ち居振舞い」とある。たとえば、小さなお子さんと接する時どんな態度で接するか。 膝をついて、子供の目の高さに視線を合わせ、出来るだけ子供でも分かるような言葉使いで話をする。このように、相手の姿や立場に自分を合わせる行いを同事という。個人的に今後のAIやセンサーに期待する [続きを読む]
  • 「印鑑を持ってきてください」 意味は通じるけれど本来とは違うと知る
  • 最近色々な所で署名捺印が必要な場合がある。印鑑持参となるが印鑑持参という言い方は正式には違うと気づく。印鑑とは正式には市区町村等の役所や銀行などの金融機関に届け出て登録されたもの。その印影および印章の所有者が明確で真偽を確認することができる印影が「印鑑」。・印章印材の平らな面(印面)に名前を彫刻した本体部分。いわゆる判子(はんこ)。・印影印面に朱肉を付けて紙に押して残る文字。正式には印鑑は印章(ハ [続きを読む]
  • 「知足」は「欲望の断捨離」「究極のSatisficerの勧め」である
  • 知足「足るを知る者は富む」から自らの分をわきまえそれ以上のものを求めないこと。分相応のところで満足すること。人間は、満足するということを知らず、充分な金や物を得ても、さらに欲張って、『より多く、もっと欲しい』と、自分に快楽をもたらすものを際限なく追い求める。この世に生きるほぼすべての人間がものに飽かされるということを知らず、『もっと、もっと』と、金や物、名誉や名声、地位、権力などの現世的な功利を求 [続きを読む]
  • 障害年金打ち切り報道に思うこと
  • 私自身厚生障害年金3級の受給者である。毎年更新申請が必要ということは打ち切りとなる事もあるということなのである程度の覚悟はしているつもり。最近障害年金の打ち切りが話題になっている。確かに既に貰っている人には打ち切りは大きな影響があるとは思う。しかし・・・毎日新聞記事障害年金 打ち切り撤回 機構方針、再審査通知1010人成人前から心疾患や糖尿病などを患う「20歳前障害」が障害基礎年金を受け取っていたが [続きを読む]
  • 将棋 待った問題 Liveで見てた
  • 先月末の竜王戦本戦藤井七段の連勝が止まったことがニュースになったが、実はその対局で珍しいことが起こっていた。「待った」したのではないか反則負けなのではないかという事。私もLive中継を見ていて一瞬変な動きでこれはアウトに近いのではないかと思った。これで相手が負けていたら終局後にもっと大きな問題になっていたと思われる。藤井さんはこの場面は既に劣勢で持ち時間も少なく慌てて桂馬を打とうとしたがダダで取られた [続きを読む]
  • 食道がんの現在
  • 食道がんの可能性があるかもと言われ経過観察継続中の身としてはこういう記事に目が行く。とりあえず以下は備忘録。デイリー記事【谷光利昭医師】“恐怖”だった食道がん 早期なら内視鏡だけの治療で完遂も食道には胃や大腸と違い漿膜(しょうまく)という膜がないため、進行すると簡単に周囲の重要な臓器である気管、肺、大動脈、肺静脈、肺動脈、椎体などに浸潤してしまう。また比較的早期に肺、肝臓などに転移しやすい。1年に [続きを読む]
  • 映画「終わった人」 サクセスフル・エイジング
  • 少し前ではあるが映画「終わった人」を観た。平日の昼間ということで私たちも同じであるが仕事を引退された夫婦が多い印象。定年を迎えた男のサクセスフル・エイジングを問うている。「サクセスフル・エイジング」アメリカで生まれた言葉で、「日本語で正確に言い表す和訳はない」とされている。持つ意味とは「良い人生を送り、天寿を全うすること」とされており、日本に元々ある言葉では「生きがい」や「幸福な老い」がその意味に [続きを読む]
  • 交番 派出所 駐在所
  • 富山交番襲撃事件。なんとも悲惨な事件です。怒りを禁じえないです。この一連の報道で昔は派出所勤務だったが今は交番勤務とあった。違いはあるのだろうかと思い調べる。そういえば故郷には駐在所もあった。昔は派出所が正式名称で交番が俗称だったが、交番の方が親しみやすいということで平成6年の警察法改正の時に交番が正式名称に。従って交番と派出所は同じもの。20数年前までは正式には派出所。今は交番なので今こち亀を書け [続きを読む]
  • PleSSision-Rapid 臨床研究
  • 慶応大学病院は、がんの原因遺伝子を調べて効果的な薬を選ぶがんゲノム医療で従来より簡易に160種類の遺伝子を調べられる検査法を開発した。有用性を確かめる臨床研究を6月から始める。費用を抑えることで遺伝子検査を受けやすくし、がんゲノム医療の普及を目指す。がんゲノム医療は、がんの原因となる遺伝子変異を特定し、これに合う薬を探して治療する。臓器別で薬を選ぶのに比べ、効く可能性の高い薬を予測できる利点がある。 [続きを読む]
  • 臨床研究、臨床試験、治験 それぞれ
  • がんになると聞く機会が多くなる言葉ではあるが正確な違い、定義は理解できていない。臨床研究は病気の原因の解明、病気の予防・診断・治療の改善、患者の生活の質の向上など、実際の医療現場に関連する応用的な研究のこと。一番大きな枠組みである。臨床研究の中でも患者の協力を得て医薬品や医療機器、外科的手技などの治療を試験的に施し、有効性や安全性を調べるのが臨床研究のことを「臨床試験」と言う。中でも新薬の承認・認 [続きを読む]
  • 歯肉がん 最新状況(2018年6月) 主治医の交代
  • 3ケ月ぶりの定期診断。今回は頸部エコー検査をしてからの診察。この4月から担当医交代があってから始めての診察。手術もしてもらい、4年近く担当してもらった先生からの交代となる。若い先生でエコー検査は問題がない事、手術後4年近くになるのでここまでリンパ転移がなければ95%程度は再発はしないとデータがありますと説明される。今までの先生はMRIやエコー検査をして、その結果に問題なければその日は触診はしない方針であった [続きを読む]
  • 赤ちゃんや未成年の呼称
  • 赤ちゃんと普通呼ぶが産婦人科に行くと新生児、病院は小児科とかになる。少し大きくなると小人料金とかかかる。これらの定義は何なのか・新生児生後4週間(出生から満28日未満)までの期間。 類義語として、新産児、初生児が挙げられる。 生後7日未満は早期新生児とも呼ばれる。・乳児児童福祉法では、出生から満1歳未満までを指す。 語源的には乳で育てられ歩きだすまでの、生後1年から1年半ぐらいまでの時期を指す。・幼児児童福 [続きを読む]
  • 国民健康保険料の支払いと制度改正
  • 国民健康保険料の支払い時期である。納入通知書が届いたので直ぐに支払った。がんになり長い間、多くの医療費を保険でカバーして貰って助かっている身なので少しでも早く支払うようにしている。表面上は昨年度と変化はないように思えるが今年から国民健康保険制度は改正されている。支払い通知書に改正内容が同封されている。以下引用これまで国民健康保険は市町村が個別に運営を行ってきましたが、平成30年度からは都道府県が財政 [続きを読む]
  • QALY(Quality Adjusted Life years) ICER (incremental cost-effectiveness ratio)
  • 治療の費用、その効果。経済的合理性を考える場合に用いられる指標。QALY:質調整生存年(Quality Adjusted Life years)同じ1年間延命するとしても「寝たきりの1年」、「そこそこ良い1年」、「すごく良い1年」とは全く違う。健康状態で1年の価値は全く違うのである。QALYとは、生存期間をQOL値(効用値)で重みづけしたもの。・QOL値は0(死亡)と1(完全な健康状態)で基準化。・「完全な健康状態で1年間」生存したとき1QALY。・例えば [続きを読む]
  • 紫外線はUV(UltraViolet) 赤外線はUR(UltraRed)ではなかった
  • 移植してから日焼けは要注意と言われる。実際日焼け止めは一年を通じて使用。UV対策である。「紫外線」は波長が10〜400nmの不可視光線で、光のスペクトルの紫の外側になるため「紫外線」。紫外線よりもさらに波長を短くしていくと、「X線」や「γ(ガンマ)線」などになる。英語では「紫を超えた光線」という意味のUltra Violet rays。略してUV。一方「赤外線」は波長が0.7〜1,000μmの不可視光線で、光のスペクトルの赤の外側にな [続きを読む]
  • 皮膚科に行く(2018年6月)
  • 皮膚状況は決して良くはないがこのところはさらに悪くもなっていないのである意味定常状態。最近は変化がないことと待ち時間の長さもあり薬だけ出してもらってるのでたまには先生に顔を見せて診察してもらうことにして病院の入っているビルの開館時間前に並ぶ。努力の甲斐あって受付番号は5番目をゲット。いつもは診察開始時に来院すれば既に2時間待ち位の目安だが今日は45分ほどの表示で最近になく空いていた。先生に最近の体調と [続きを読む]
  • ドラッグ・リポジショニング (Drug Repositioning)
  • ドラッグ・リポジショニング(Drug Repositioning)(DR)ドラッグリポジショニングとは、薬の使い方を替えること。つまり今までの効能以外に、対象となる病気を追加すること。実績のある既存薬であれば、安全性は確認されています。そもそも開発費用の大半は、安全性を試す試験に費やされています。その部分を大幅にカットできるなら「新薬」の値段が下がり、タイムラグもなく市場に出る。製薬会社から見ると最大の利点は開発期間の [続きを読む]
  • 生存者バイアス 歴史は勝者によってのみ記される
  • 「生存者バイアス」脱落したものや淘汰されたものを評価すること無く、生き残ったもののみ、成功したもののみを評価するというバイアスのこと。具体的には、「本当だったらデータが偏っているけれど生存者だけしか調べていないことで統計的なバイアスが出てしまった」という現象。最近は歳をとっても肉食。長生きには肉を多く食べるべきとか言われている。肉を多く食べて健康になる人もいれば、肉をあまり食べないでも健康で長生き [続きを読む]
  • 眼科に行く(2018年6月) 特段の変化なし
  • 正常眼圧緑内障のため定期健診。出してもらっている点眼薬が終わる3ケ月毎程度の診察となっている。いつものように眼圧測定、視力測定、眼底写真を撮ってからの診察。眼圧は14/12、前回は13/12なのでほぼ同じ値。視力も矯正後1.2で前回から変化なしということでいつも通りに処方箋が出て終了となる。なお先生から次回は視野検査をしたいということで普段は予約はできないが視野検査は少し時間がかかり、暗所も必要ということで日時 [続きを読む]
  • サバイバー生存率
  • 「サバイバー生存率」がんと診断されてからの年数別の生存率。がんになるとまず5年生存率を意識するようになるが、1年毎が過ぎていくうちに当然最初に見た5年生存率の数値よりも生きられる可能性は高くなる。でも生存年数毎のその後の生存率についての数値は見る機会は少ない。実際月日が過ぎていくにつれてこのまま生きられると思うようになるのも事実。私は最初5年生存率のカーブを見て5年生存でなく1年毎に大丈夫であれば生存確 [続きを読む]
  • エシカル消費 エシカルコンシューマーになるのは大変
  • 6月は環境月間との事。あまり聞きなれない「エシカル消費」。人体・環境への負荷、社会貢献などを重視して生産された商品やサービスを選択的に消費する行動及び理念。エシカル(ethical)は「倫理的な、道徳上の」という意味。似た概念に、オーガニック食品・化粧品やリサイクル素材の衣料・雑貨といったエコ商品のグリーン購入があるが、エシカル消費はこれに加えて、紛争や児童労働が関与していない嗜好品・宝石・貴金属、フェアト [続きを読む]