ゆめのゆき さん プロフィール

  •  
ゆめのゆきさん: 図書ボランティアの絵本な日々
ハンドル名ゆめのゆき さん
ブログタイトル図書ボランティアの絵本な日々
ブログURLhttp://yumeyuki101.blog.fc2.com/
サイト紹介文小学校の図書ボランティアで特別支援学級の子ども達に絵本の読み聞かせをしています。
自由文絵本、子供の本がすきです。翻訳家の連れ合いと大学生の娘と3匹の猫と暮らしています。小学校の図書ボランティアは4年目。映画・演劇・美術展などにもよくいくので、感想も書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供70回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2014/09/14 23:47

ゆめのゆき さんのブログ記事

  • 「高野文子の描く 昭和のこども原画展」
  • 「高野文子の描く昭和のこども原画展」に行って来ました。 大田区久が原の昭和のくらし博物館は始めて行きましたが、面白い場所にありました。こんなところを入るの?という細い路地を入って行きます。そこはもう、おばあちゃんちに行く感覚と言ったのはいっしょに行った友人。路地を抜けると木造の中庭のある住宅が博物館です。井戸もあって、急な階段、ちゃぶ台、すべて懐かしい感じですね〜。 私は初代(?)団地世代なので、こ [続きを読む]
  • マザー・テレサ 愛のうた
  • 昨日になりますが、ミュージカル座の「マザー・テレサ 愛のうた」を観てきました。きっかけは、Facebookでお友達になったミュージカル女優の蒔田優香さんがご出演されるという御案内をいただいたからでした。ミュージカル座の舞台は初めて。マザー・テレサについての知識もあまりなかったのですが、素晴らしかったです。すべて歌で進行する舞台でした。マザー・テレサ役は劇団四季出身の伊東えりさん、ナビゲーター役のジャ [続きを読む]
  • 学習発表会と「澁澤龍彦・ドラコニアの地平」展
  • 土曜日は、図書ボランティアに行っている小学校の学習発表会。ご招待をいただいたので、朝から行って来ました。 心配した雨はそれほどでもなくよかったです。 いつも図書の授業で絵本を読ませていただいている特別支援クラスの子どもたちによる音楽劇「てぶくろ」。 手袋を落としたおじいさん、大きいから先生かな〜?と思ったらSくんだった!^^熊の役も! ナレーター役として朗読していたNくん、早変わりしていたずらねずみの役 [続きを読む]
  • 11ぴきのねことへんなねこ
  • 馬場のぼる 作・絵 こぐま社 1989馬場のぼるさんの「11ぴきのねこ」シリーズは、今でも大人気。たしか昨年のうちの市立図書館の子どもの本貸し出し第1位は「11ぴきのねことアホウドリ」でした。今回読んだのは、「11ぴきのねことへんなねこ」。晩ご飯のため、つりをしていた11ぴこのねこたち。水玉模様の見慣れないねこに出会います。みんなは「へんなねこだな」と言っていますが、晩ご飯の支度をしていると、あの水玉ねこがのぞ [続きを読む]
  • おばけのブルブル
  • 荒井良二 作・絵 講談社2004先週に続いて、またまたおばけの本です。ハロウィン関係なく、おばけの絵本は多い気がします。怖いお話が苦手の子も、荒井良二さんの可愛い絵のこれなら全然大丈夫なはず。。相変わらず、ちょっと不思議な展開です。最初の2場面がまず不思議。「これから人形劇が始まるところです。 まだカーテンはあきません」次めくると同じ絵、バックの色だけ違います。「チャラスッテン タラリン と音楽がきこえ [続きを読む]
  • おばけでんしゃ
  •  内田 麟太郎 (著), 西村 繁男 (絵) 童心社刊 2007日本でも10月はすっかりハロウィンが定着したので、おばけの本は夏だけじゃなくてこの時期にも使えるようになりました。この「おばけでんしゃ」は以前読んだ「がたごと がたごと」の続編ともいえる作品ですね。「がたごと がたごと」は古いオーソドックスな電車。こっちの「おばけでんしゃ」は派手な竜みたいなデザインの超特急? ずっと「がたたん がたたん」という電車の音が [続きを読む]
  • あしにょきにょき
  • 深見 春夫 (作・絵) 岩崎書店1980先週は、子どもたちのリクエストだった「あしにょきにょき」を読みました。おいしいものが大好きなポコおじさんのところに、ある日、怪しい緑色の顔した男がやってきて、珍しいそら豆を売りにきました。とんだ押し売りです!大きくておいしいそら豆を食べるとポコおじさんの左足がにょきにょき伸び始めて。。なんで左だけ?足は家を出て森を抜け、どんどこどんどこ伸びて行きます!町の道路もふさ [続きを読む]
  • たぬきのおつきみ
  • 内田 麟太郎 (文), 山本 孝 (絵)岩?書店 2003年9月ちょっとたってしまいましたが。。十五夜の日、この本にしてみました。子どもたちに「今日何の日か知ってる?」と聞いたら、しらな〜い、の声に混じって「十五夜!」って答えてくれた声もいくつかあり嬉しかったです。秋のある日、たぬき山のたぬきたちは「ええのう、ええのう、たまらんのう」って言ってます。なんだろう? 畑から少しづつ勝手にお裾分けをもらってきています [続きを読む]
  • コウモリとしょかんへいく
  • ブライアン・リーズ作絵 さいごうようこ訳 徳間書店 20119月最後の読み聞かせ。あらかじめ図書館で見つけたこの本がいいかな〜と思っていたけれど、図書室でほかにも面白そうな本何冊か見つけてしまい、どうしようかな〜でも下手にみんなにどれがいいと思う?とか言ってしまったらちょっと大騒ぎになるかなぁ。。と、6年生のS君に意見を求めてみました。すると、なんとも下級生のことも考えて的確な意見が返ってきました。4冊の [続きを読む]
  • あたまにかきのき
  • 唯野 元弘 (文),村上 豊 (絵)すずき出版 2012小沢正(文)田島征三(絵)教育画劇 1998図書館で絵本コーナーをくまなくみていて、ふと昔話コーナーで目についたのがこれ。落語「頭山」の話ですね。「頭山」は山村浩二さんのアニメーションが大きな賞ととったときに見て知りました。たしか落語では柿の木ではなく桜の木が頭に生えて、花見客が大勢やってきてうるさいからと自分の頭にできた池に身を投げるという話のようですが。。 [続きを読む]
  • まねっこルビー
  • ペギー・ラスマン作・絵 ひがしはるみ訳 徳間書店男の子が多いクラスなので、これはどうかな。。と思ったのですが。。転校生のルビーは前の席のアンジェラの可愛いリボンやおしゃれな洋服をまねてばかり。最初は偶然かと思って、趣味が合うのかと思っていたアンジェラも、授業中に発表した詩までそっくりまねされて、だんだん嫌な気分になって。。ついにルビーは嫌われてしまいます。絵をよくみると、手が込んでいます。表紙にな [続きを読む]
  • ファインディング・ネバーランド
  • 昨日は久々に娘と渋谷シアターオーブにて「ファインディング・ネバーランド」観てきました。原作はジョニー・デップ主演の映画「ネバーランド」。言わずと知れた「ピーター・パン」の作者ジェームズ・バリーがピーターの物語を生み出すまでの物語です。初演では主役のバリーは、大好きなドラマ「glee」のシュースター先生役のマシュー・モリソンだったので、本音はシュー先生で観たかったですけれども。でも、ピーターパンは大好き [続きを読む]
  • ナイトシミー
  • グエン ストラウス 文/アンソニー・ブラウン 絵/灰島かり 訳 平凡社本棚から久しぶりに取り出してきた「ナイトシミー」。昨年亡くなった訳者の灰島かりさんからいただいた絵本です。どうしようかな。。やっぱりやめようかとちょっと悩んだりを繰り返し。。リビングに置いていたら、娘が見つけて、うわ、この本懐かしい!と手に取って、いろいろ話しだした。へぇ、よく覚えているなぁと感心。奥付をみると2002年に出た本だから、娘 [続きを読む]
  • ビリー・エリオット 〜リトル・ダンサー〜
  • 今日から9月ですね。私は楽しみにしてた「ビリー・エリオット 〜リトル・ダンサー〜」を観てきましたよ。この作品はもともと邦題「リトルダンサー」で映画作品ですが、エルトン・ジョンの音楽により、ロンドン発のミュージカルになりました。2009年にはブロードウェイに進出、トニー賞をいくつも受賞しました。その年の夏休み、娘とロンドンに行き、毎晩ミュージカル三昧だったのですが、「ビリー・エリオット」も観ました。特に娘 [続きを読む]
  • さかだちぎつね
  • 槇 ひろし (作), 前川 欣三(絵)福音館書店私がボランティアに行ってる小学校では、今週から新学期が始まりました。早いですね。みんなまだ夏休み気分が抜けていないのかな〜忘れ物多かったです。でも、ちょっと見ない間にみんな背が伸びていたりして。。2学期最初の読み聞かせは「さかだちぎつね」にしました。この本は1学期から読みたいな〜と思っていた本。たけしがある日であったへんなきつね。なんとベンチでさかだちして [続きを読む]
  • ニジノ絵本屋に行ってきました。
  • 松本かつぢの「不思議の国のアリス」絵本出版のためのクラウドファウンティングに参加していることは以前も書きましたが、主催者のニジノ絵本屋で原画展をやっているというのでなんとか駆け込んできました。 プロジェクトについてはこちら  https://kibidango.com/514?ui_source=action&ui_campaign=17734&ui_medium=email クラウドファウンティングは、8月31日迄です。目標金額に達成しましたが、引き続き募集中です。ニジノ絵 [続きを読む]
  • 「命短し恋せよ乙女」 〜マツオヒロミ×大正恋愛事件簿
  • 「命短し恋せよ乙女」 〜マツオヒロミ×大正恋愛事件簿〜展、開催中の弥生美術館にやっと行ってきました。 これはなかなか面白い視点の企画ですね。 マツオヒロミの「百貨店ワルツ」は、昨春萩尾望都SF原画展のあとに寄った本屋さんで見たポスターに釘付けになり、平積みになっていたのをまさに一目惚れで買った最近には珍しい本です。 この方のことはまったく知らなかったのですが、なにか確信があり、買って帰ったら、連れ合いは [続きを読む]
  • にんじん
  • 昨日は、還暦を迎えた大竹しのぶさんが38年ぶりに14歳の孤独な少年を演じることで話題のミュージカル「にんじん」をみてきました。 大竹さんは同年代の女優さんということもあり、朝ドラ「水色の時」からずっと注目してきました。 舞台をみるのは今回初めて。 きっかけは私の幼なじみのケイちゃんの末娘、ルリ子ちゃんがこの舞台に出演が決まったと聞いて。3月に舞台系専門学校を卒業してからプロデビューとなりました。すごいよ [続きを読む]
  • ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣
  • かねてから気になっていた話題の映画、娘も見たいといって予約してくれました。 とてもよかったです! すべての芸術や美を愛する人たち、目指す人たちに見てほしい映画ですね。 セルゲイ・ポルーニンのことは知りませんでした。 近所のパルコのポスターで知った感じ。 パルコ(西武系)が写真集をだし、写真展もやり、映画上映は東急文化村でのロードショー。すごい、渋谷の2大勢力(西武と東急)がどっちも一押しな感じ? でも、 [続きを読む]
  • おじいちゃんはロボットはかせ
  • つちやゆみ 作・絵 文溪堂続けていきます。1学期最後の絵本はこれ。つちやゆみさんは友人から教えていただいた絵本作家さんです。墨色を基調としたすてきな絵です。たろんはママに連れられて初めておじいちゃんの家に行きます。ママは家に着くと、すぐに大切な仕事が入ったからと、たろんを残して行ってしまいます。不安になったとろんでしたが、おじいちゃんの家にはペンギンやねこのロボットがたくさんいました。なんとおじいち [続きを読む]