レオ さん プロフィール

  •  
レオさん: 夢の醸造所 3.0
ハンドル名レオ さん
ブログタイトル夢の醸造所 3.0
ブログURLhttp://saburoku.org/dream/
サイト紹介文自身の無眼の可能性を解き放て!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供96回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2014/09/15 23:52

レオ さんのブログ記事

  • 札幌交流へ!
  • 平成最後の成人式と言われた14日に、札幌への交流に行ってきました。手稲区→北区→東区→豊平区→清田区と5軒を回ってきました。全行程167km、所要時間9時間30分かかりました。この日は成人式としては珍しく天候も良く、路面状況もほとんど雪や凍結も無く、走りやすかったです。しかし道路の両脇には、高い所では1mほどの雪山が連なって道幅が狭まり、対向車とすれ違うのに難渋する場所も多かったです。最初に手稲区まで北上し、 [続きを読む]
  • 昨年の唱題372万遍
  • 一日で記事3連投目となり申し訳ありません。記録を集計しますと昨年2018年の唱題数の合計は372万6千遍でした。一年間400万には及びませんでしたが、私の記録の中で過去最高だったのは間違いありません。ここでまた御書を学びましょう。大地はささばはづ(外)るるとも虚空(おおぞら)をつなぐ者はありとも潮のみ(満)ちひ(干)ぬ事はありとも日は西より出づるとも法華経の行者の祈りのかな(叶)はぬ事はあるべから [続きを読む]
  • 自公連立政権7年目
  • →自公連立政権7年目(1)→自公連立政権7年目(2)→自公連立政権7年目(3)→自公連立政権7年目(4)→【特集】共産党が信用できないわけ ↓ 宜しければ をお願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 10時間唱題(7)
  • 今年もよろしくお願い致します。(昨年父が亡くなったため、年頭の祝詞は遠慮させて頂きます)先生の91歳のお誕生日に、毎年恒例の10時間唱題を先ほど完遂しました。何よりこのスッキリした感覚はやった人しか味わえないものかもしれません。次の写真は自分で作った10時間唱題の進行管理表です。10時間唱題タイムスケジュール本年も最高のスタートができました。池田先生、同志の皆様、本当にありがとうございます。今年も [続きを読む]
  • 栄光の年から創価勝利の年へ
  • 池田先生が北海道の同志に贈った揮毫「栄光の山」。今年最後となりますが御書を拝しましょう。只(ただ)南無妙法蓮華経とだにも唱へ奉らば滅せぬ罪やあるべき来(きた)らぬ福(さいわい)や有るべき、真実なり甚深なり是(これ)を信受すべし(「聖愚問答抄」御書497?)[通解] ただ南無妙法蓮華経とだけ唱えるならば、滅しない罪があろうか。訪れてこない幸福があろうか。このことは真実であり、極めて深い法門である。これを [続きを読む]
  • 師走
  • 写真は記事本文とは無関係です。師も走ると言われる年末の慌ただしい時ですね。自分も本業の方でシステム開発改修の仕事等に取組み、配達の方も週6日に増え、毎日2時間半の唱題、会合・活動、様々な雑用など忙しい毎日です。特に本業の今回の仕事は技術的に難易度が高く、日が変わる深夜まで作業する日も度々あり、朝4時前起床しての配達は辛いものがあります。あくまで仕事ですから辛抱してやり切るのみです。ヒヤリハットの集 [続きを読む]
  • しばれました
  • 今期最低の気温となりました。1枚目写真のように苫小牧では−9℃(車外気温計)となりました。最高気温でさえも−2℃ですから、かなりしばれています。2枚目の写真で、稚内では最高気温が−6℃というのですから、冷凍庫内で暮らしているような寒さです。まだ冬将軍はこれから本格化していきます。無事故で配達できるよう気を付けます。皆さまも風邪などひかれませんよう、充分ご注意ください。 ↓ 宜しければ をお願い [続きを読む]
  • 創立の月
  • →創価学会の歴史(2)だいぶ日にちが経ちましたが、この11月は創立88周年 創立の月です。そこで昨年も紹介した動画を再掲します。 ↓ 宜しければ をお願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 128年ぶりの遅い初雪
  • 11月21日午前7時過ぎ今日の配達を終えて車を駐車場に入れた途端に、本年初めての雪が降り始めました。写真は午前7時過ぎの撮影ですが、そのあともしんしんと降り続けています。北海道(札幌)では観測を取り始めて以来128年ぶりの、最も遅い初雪だったそうです。→128年ぶりの遅さの初雪地球温暖化の影響でしょうか。この冬はどんな天候になっていくか心配ですね。自分は元より全ての配達員さんの無事故を祈っていきます。 [続きを読む]
  • 人の命を救う
  • 「雨の夜の道」 〜イメージ画像です。実際の場所とは無関係です。創立の日、誠におめでとうございます。それとは直接関係はないですが、つい先日の配達途中での出来事を記します。早朝から雨がしとしと降っており、気温も零度手前から5℃近くまで上がって来ていましたが寒い朝でした。あと残すところ3分の1程になった頃、車から見ると、未だ暗がりの道路に人が横たわっているのです。しかも頭から体のほとんどが車道の上にある [続きを読む]
  • 今年の現時点で315万遍
  • 今年になって今日までで315万遍の唱題をしました。昨年が1年間でちょうど300万遍でしたので、それを大きく上回るペースとなり自己新記録です。今年は年末までに400万遍に届きそうです。ただしその場合、残り57日間を毎日3時間45分の題目を持続する必要があります。唱題によって、苦難に直面しても、波乗りを楽しむように、悠々と乗り越えられる力が涌現する。昭和60年7月に再発心して以来の唱題総数は4826万 [続きを読む]
  • 貧乏の鉄鎖を切る(10)
  • 約8年前に書いた記事を微修正して再掲します。★日厳尼御前御返事 p1262叶ひ叶はぬは御信心により候べし全く日蓮がとがにあらず、水すめば月うつる風ふけば木ゆるぐごとくみなの御心は水のごとし信のよは(弱)きはにご(濁)るがごとし、信心の・いさぎよきはす(澄)めるがごとし、木は道理のごとし風のゆるがすは経文をよむがごとしと・をぼしめせ願いが叶うか叶わないかは信心の厚薄によるのであり、大聖人の失【とが】ではな [続きを読む]
  • 雨、風にも負けず
  • お早うございます。上の画像は、天気アプリのスクリーンショットです。連日の嵐です。台風でないにも関わらず、台風並みかそれ以上に雨風が酷いです。画像では風力の矢が赤色で4本矢となっており、降雨水量も断続的にありました。車で新聞を配りましたが、ドアを開けるたびにドアがもげそうになる位と言えば大げさでしょうか。外を歩くと体が風に持っていかれそうになります。「人生においても、いかなる暴風の嵐も、やがて過ぎ去 [続きを読む]
  • 唱題こそ悩みの万能薬 −指導集(8)
  • 先生のご指導と聖教新聞等からの抜粋です。 ・唱題できるという事がどれほど幸せなことだろう。無明の酔いから醒めるが如く、沈んでいる境涯もみるみる蘇ってハツラツとした命に変化する。あまりにも不思議な「悩みの万能薬」である。大富豪に生まれるよりも、絶世の美女として生きるよりも、御本尊と共にある人生のほうが遥かに幸せなことなのだ。 ・信心とは、無限の希望です。たとえ状況がどんなに悪かろうと、すべて負け戦のよ [続きを読む]
  • 天空の虹とリスニング
  • 配達に関する話題です。次の写真のうち1枚目は、今朝6時ごろ配達の途中で撮影しました。地平線から天空まで伸びた虹が、クッキリと架かっていました。写真の上で すると拡大されます。2枚目の写真は聖教新聞社から配布して頂いたグッズでして、スマホを入れるホルダーです。肩や腹に巻くように装着でき、透明カバーの上からスマホを操作もできる優れモノです。防水仕様でもあります。3枚目の写真はワイヤレス・イヤホン [続きを読む]
  • 仏の十号(2)
  • 仏の十号の続きです。信力と行力を!一、戸田先生は、おっしゃった。「創価学会は、その大法を末法の民衆に教え、流布するために、御本仏のお使いとして出現し、菩薩道を行じている。それもまた、『我常在此。娑婆世界。説法教化。』の一分の姿ではないか。してみると、学会の存在は、それ自体、創価学会仏ともいうべきものであり、諸仏の集まりといえよう」なかんずく、事実の上で、最もはつらつと偉大な生命力を輝かせておられる [続きを読む]
  • 仏の十号(1)
  • 「仏」とは何なのでしょうか。死んだ人が仏なのでしょうか。それとも、世間から遊離し、悟りすました存在が仏でしょうか。それは違います。仏とは、どんな困難も乗り越えていく最高の勇気、最高の智慧、最も強い生命力のことです。そして他者を慈しみ、不幸な人を放ってはおかない、苦しみを除き楽しみを与えゆく、慈愛あふれる生命です。本来、この仏の生命は万人に具わっているのです。仏の生命が具えるあらゆる徳を一面から捉え [続きを読む]
  • 1分間動画が面白い
  • SOKAネットチャンネルで「1分間動画シリーズ」というのが始まったようです。いくつか紹介させて頂きます。?→1分間動画2→1分間動画3→1分間動画4→SOKAnetチャンネル次の動画はSOKAネットとは関係ありませんが、良い動画でしたので付け加えておきます。→生い立ちと師との出逢い [続きを読む]
  • 仏は衆生救済のため悪も熟知する。
  • ●御書講義録 第17巻 p.361〜 からまず、法理の面では、天台大師の一念三千・性善性悪の法門によって示されている。すなわち一念三千の法門によれば、人間生命には善も悪もその本性としてもともと備えている。善とは広くいえば四聖であり、その極善が仏界である。悪は広くいえば六道であり、また三悪道、四悪趣を指し、極悪は地獄界である。妙覚の仏といえども、十界互具・一念三千の当体であり、極悪の地獄界から、極善の仏界 [続きを読む]