怖い話・恐怖体験談を集めてみた さん プロフィール

  •  
怖い話・恐怖体験談を集めてみたさん: 怖い話・恐怖体験談を集めてみた
ハンドル名怖い話・恐怖体験談を集めてみた さん
ブログタイトル怖い話・恐怖体験談を集めてみた
ブログURLhttp://kowaitaiken.blog.jp/
サイト紹介文怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。
自由文当ブログの記事はネット上から収集した怖い話をカテゴリー別へ整理し掲載しております。
また、引用元の文章の誤字脱字や校正作業を行っていますが、原則として内容の意味合いを損ねるような変更などはしておりません。
当ブログの性質上、閲覧されている読者様の身に危険が及ぶ恐れもございますので、閲覧の際は全て自己責任という旨をご理解の上でお読み下さい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供2749回 / 365日(平均52.7回/週) - 参加 2014/09/17 17:01

怖い話・恐怖体験談を集めてみた さんのブログ記事

  • 【不思議系】鏡の中の俺が違う
  • 俺は視力が左右で結構違う。小さい頃に事故でぶつけてそうなったんだけど、それが原因で斜視になるときがある。意識して「両目で」見ているとそうはならない。でも、ふと気を抜くとよりよく見える左目だけで見ようとする。視力のバランスが取れていない人間にとっては両目で物を見るのは意外と疲れることだったりする。視力の悪いほうをいいほうに無理矢理合わせるわけだから、眼筋が疲れる。この逆は割と楽なんだけど、そっちに慣 [続きを読む]
  • 【心霊・幽霊系】その時間帯は必ず「出る」
  • 金縛りがつまらないと思う人は読まないでください。つまらない実話です。大学生の頃、とある複合施設で警備員のバイトをやった。守秘義務があるので名称は書けないが、そこで夜間働く者はほぼ全員「出る」ことを知っていた。「出る」場所は警備員の仮眠室。当時のシフトでは深夜三人勤務で22時から1時、1時から4時、4時から7時までの仮眠時間があったが、1時から4時の時間帯に「出る」と言われていた。夜間のバイトを始め [続きを読む]
  • 【不思議系】頭の中に浮かんできた文字
  • 10日くらい前の話。母親が深夜1時半ぐらいに急に自分の部屋に飛び込んできた。寝苦しいので南側の掃き出し窓を網戸にしていたら、5、6歳くらいの女の子が部屋の中に入って来たそうだ。そして振り返って外に向かって「おいで、みんなおいで」と手招きしていたんだって麦わら帽子をかぶっていて、白いワンピース姿だった。顔は帽子で隠れて見えなかったらしい。恐怖で引き攣りながらも御経を唱えたら出て行ったけど、何でうちに [続きを読む]
  • 【不思議系】風呂の中で掴んでしまったもの
  • 台風6号にびびってた昨日のお話。昨日ってめちゃ風強かったじゃん?壊れた傘、ゴミ袋、ペットボトル、エロ本、ぬいぐるみ・・・。色んなモンが散乱してたわ。服の無くなったマッパの少女人形とかも落ちてて「おいおいこんなんどっから来たんだよ」って感じで。今にして思えば野良猫がやたら五月蠅かった気がするわ。で、家帰ってメシ喰ってゲームやって台風の速報見て風呂へ。いつもと大差ない流れ。湯船に座禅組みながら浸かって [続きを読む]
  • 【不思議系】不吉な事が起こると知っていた
  • 死んだ婆ちゃんの話。俺の婆ちゃんには、3人の息子と一人の娘がいる。末っ子の三男だけ、親の反対する娘と無理矢理結婚した。嫁姑間の仲は極めて悪くて、半ば絶縁状態だった。ある日、三男の嫁が電話をかけてきた。婆ちゃんは適当にあしらって電話を切ろうとした。中々電話を切らない三男嫁を怒鳴りつけようとしたら「大事なことなんです。今日は出かけないでください。お願いします」と言われた。続きを読む [続きを読む]
  • 【心霊・幽霊系】見えてはいけないモノをみた
  • 10年くらい前、バイクで走り屋の真似事してた頃にあった出来事。その夜も峠道に一人で練習しに行ったんだが、調子よく走ってたら後ろから聞こえてきたサイレンと「前のバイク、止まりなさーい」という声。そして赤色回転灯の光。警察に見つかったの初めてだったから、潔く停車した。で、パトカーから降りた警官が一言。続きを読む [続きを読む]
  • 【心霊・幽霊系】昔俺の家の近所では魔物が出たらしい
  • 平安時代頃の話。その頃この一帯に魔物が出没したらしい。まあ鬼なんだろうが、これが中々凄まじい奴で、雷鳴轟かせながら暗雲と共に現れて女子供を攫い貪り食うような奴だったんだそうだ。堪りかねた村民は郡司を通じて朝廷に使いを送った。何とかしてかの魔鬼を鎮めてもらいたいと。そうして、朝廷から命を受けたとある高名な僧正と武士がその村へとやってきた。僧正は村に着くと、しかるべき場所を選定して御堂を築き、朝廷から [続きを読む]
  • 【不思議系】遺品整理してて気づいた
  • 数日前に貰い事故に遭いました。2車線の左端を走行中に交差点に差し掛かかり、対向車線で右折しようとしていたタクシーに出会い頭に突っ込まれました。隣の追い越し車線は渋滞していてぶつかる直前までぜんぜんタクシーに気づかず。気付いたときには私の車はガードレールに衝突して大破してました。幸運なことに近くに消防署がありすぐ救急車がきてくれました。しかも夕方の忙しい時間帯なのに後続車の女性の方が救急車がくるまで [続きを読む]
  • 【不思議系】友人Aがが謎の疾走
  • 一昨日に学校の行事で少年自然の家に泊まりに行ったんだ。猛暑のせいで廊下中にカメムシ大量発生してて気持ち悪すぎた・・・・・・。食堂はしっかりと駆除してあったから良かったけど、二度と行きたくない。まあそんな少年カメムシの家で起きたこと。着いた日はもう夕方で、各班の班長が渡された鍵に書かれてるナンバーの部屋に皆で行って、カメムシいねーよなとか言いながら窓の下を確認したりした後、2階建てベッドの場所取り争 [続きを読む]
  • 【不思議系】新聞配達での体験談を思い出した
  • ふと思い出したことがある。10年くらい前、新聞配達をしていたんだ。そこの新聞店を辞めた後も後輩とは仲が良くてよく遊んでた。その後輩が家にジャケットを忘れていったから、配達の時に寒いだろうと思って新聞店まで渡しにいったんだ。その後、話の流れで何故かそいつの新聞配達に付き合う事にw自動ドアのあるマンションがあって、自動ドアの向こう側には監視カメラ。もう新聞店を辞めた俺が一緒に写ってたら、もしトラブルと [続きを読む]
  • 【心霊・幽霊系】真っ黒なヤツを連れてきてしまった
  • 今でも思い出しては不思議な気持ちになる話。高校2年の夏、学校近くのファミレスで22時までバイトしてました。そのお店は交通量の多い幹線道路沿いにあって、帰り道も比較的明るいんです。その日もいつもと同じ時間にあがって自転車で20分の自宅に帰ろうとお店を出ました。何気なく前の道路を見ると、中央分離帯に真っ黒な人影があります。そこに信号はなく、『あんな所に立って危ないな〜』等と思いながら自転車をこいでまし [続きを読む]
  • 【心霊・幽霊系】得体のしれないヤツに付きまとわれる
  • やっと声がしなくなった・・・。ちょっと恐怖体験報告に付き合ってくれ。ついさっきの話だ。ベッドに横になって本読んでたんだよ、俺。そしたらなんか子供の声すんのよ、外から。小学生くらいの甲高い声がアハハ、アハハって。なんだようっせーなーって思って時計見たらもう日付変わってるのな。・・・子どもが外で遊んでるわけない。俺が硬直している間も、壁一枚隔てた向こうで子供の声がしてるわけよ。楽しそうに。3人〜5人? [続きを読む]
  • 【心霊・幽霊系】親父と心霊スポット巡り
  • かなり昔(15〜17年近く前)に、親父に連れられて愛知県で出ると有名な某旧トンネルへ行った。この時は親父が発案して、妹、俺、親父の三人で行くことになり、妹と親父はノリノリだったんだが、俺は行く前からすげー拒否した。いつもだったら俺も久々の親父とのお出かけに心躍らせたんだが、この時ばかりは嫌で仕方なかった。親父に半ば無理矢理連れられて車で件のトンネルへ向かったんだが、目的地に近づくにつれて(だと思う [続きを読む]
  • 【不思議系】3mのヤツを見た
  • 中学生までの市営団地に住んでいた。ここの間取りが3LDK?とにかく部屋とキッチンが計4つあり、中央に5mくらい、幅1mくらいの短い廊下があった。1室からは廊下全部が丸見えだった。家族全員が寝室として使ってたんだが、ある夜起きたら、廊下に真っ黒な人影が。その姿がまた変な感じで、言うなら「アニメの一休さんをそのまま黒塗りにして3mにしました」という感じ。坊主頭で3.5か4等身。頭が異常にでかい。ただし [続きを読む]
  • 【不思議系】不思議な感覚は夢だったんだが
  • 最初に言っておくと、漠然としたヌルい落ちのない不思議話。その夜21時頃。地下鉄で帰宅しようとしたら1駅乗り過ごし、また逆方向に乗ってもいいんだけど、1駅ぐらいだから歩こうと思って降りた。でも、改札を出てから、今日は特に疲れていることに気づいて後悔。普段はそこからエスカレーターと階段で地上に出るんだけど、その日はエレベータを使った。地下鉄のエレベータは嫌いなので、ほとんど使ったことがない。地上のどこ [続きを読む]
  • 【心霊・幽霊系】あの場所は良くない場所
  • 昨日の話。午前1:00過ぎ。彼女とのメールで、些細なことで喧嘩になり別れ話にまで発展した。散々言い争い、しばらくすると、電話やメールじゃ余計に言い争ってしまうから、会って顔見て直接話そうという内容のメールが来た。メールが来て、会って話すことになったが、ファミレスに行くのは金が勿体ない。俺の部屋はかなり汚くて話し合うどころじゃなく、彼女の家は友達とルームシェアしてるから、深夜の訪問はNG。・・・って [続きを読む]
  • 【動物・怨念・呪い系】飢えて死ななくてよかった
  • その頃私は朝5時くらいに散歩に行くのが習慣になってたんだけど、ある日歩いてたら1匹の野良猫にあったんだ。凄い痩せてて顔もこけてて今にも死にそうだったけど、愛想があってかわいい子だった。あいにく食べ物とか持ってなくて「ごめんね」っていってその日は別れたんだ。次の日「昨日の猫に会えたらあげよう」と思ってキャットフードもって散歩に出た。そしたら昨日あった猫が車に轢かれて死んでたんだ。かなりショックだった [続きを読む]
  • 【不思議系】夢見が悪かったからお願いした
  • 今年大往生した母方の祖父ちゃんは、零戦乗りだった。戦中予科上がりだけど、特乙や特丙よりも前に出たので、それなりに操縦士の中でもエリート意識はあったらしく、飛行時間をよく自慢していた。こっちから聞けば積極的に当時の話を聞かせてくれた。その中で印象に残ったいる話を一つ。1944年、祖父ちゃんは台湾海軍航空隊に所属していて、台湾に住んでいた。本土から呼ばれて宿舎に空きがなかったので、基地近くの台湾人の人 [続きを読む]
  • 【不思議系】震災で助かった妹の話
  • 妹が体験したマジな話。うちの祖父は去年の一月に亡くなった。それから二カ月後の、三月十一日。うちの妹は友達3人と松島に旅行に行った。電車に乗って帰ろうとしてるときに、激しい揺れが襲った。ガガガッ!って音立てながら多賀城駅に到着。電車動かないから、タクシーで仙台まで向かうつもりだったんだけど、タクシーも動かない。そのうち津波が押し寄せてきて、タクシーがパワーウィンドウじゃなく、手動式の窓だったから、窓 [続きを読む]
  • 【動物・怨念・呪い系】嫁姑関係がこじれた結果・・・
  • 家の庭に母親曰く『神様』が宿る庭木があります。元々とある神職の方の家に植えられてまして、その庭木の一部を頂き庭に植え根付かせものなんです。俺自身は零感なんでただの木に見えるし、この木を粗末に扱い不幸に見舞われた方も原因が別に存在してるので気のせいと思ってます。(思いたい)まずこの庭木の枝が裏の家の畑に差し掛かったんですよ。なので、その家のお婆さんが敷地に入った部分をばっさり切り落とし、無造作に捨て [続きを読む]
  • 【不思議系】吹雪の中の女
  • 田舎で祖父から聞いた話です。私の祖父は昔の国鉄に勤めており、とある駅の駅長をしていました。時代は戦後間もない頃の冬、最終の汽車を見送り、駅舎の点検や掃除、信号のチェックなどをして帰路につきました。その年は例年よりよく雪が降り、その日も一日中、雪が降っていました。祖父の勤めていた駅は中国山地にあって雪の多い場所です。サクサクと雪を踏みながら急いでいると、ちらちら程度に降っていた雪から急に風が吹いてき [続きを読む]
  • 【動物・怨念・呪い系】不吉な船
  • 何年か前に父(他界)に聞いた話。父が子供の頃、近所に漁師のおっちゃんがいて偏屈だったけど父は可愛がられていた。その地方(山口県のある所)では、雨の降る日には絶対に船を出してはいけないといい伝えがあったらしい。どの程度の天気とかなぜとかは不明・・・。ある日、そのヤバイ雨の日にその偏屈な漁師が船を出すとか言い張ってみんなが反対するのを振り切って船を出したらしい。続きを読む [続きを読む]
  • 【不思議系】音楽好きな霊
  • 田舎の友人から聞いた話です。彼はバンドをやっているのですが、家で練習すると「うるさい!」といつも怒られるので、彼の家の裏山の公園で練習をするそうです。その日も、いつものようにギターを抱えて裏山の公園に行き、ベンチに座ってギターの練習を始めました。公園の小さな街灯の灯りで楽譜を見ながら弾いていると、「カチン、カチン」と石を叩くような音がしたそうです。続きを読む [続きを読む]
  • 【心霊・幽霊系】そこで浮浪者が死んでいたらしい
  • 某離島に住んでいた時、「釣りダービー」と言うのに毎月参加していました。小額をかけて、種類は問わず、大物を競うルール。私は3回に1回位の割で優勝していたのですが、半年ほどスランプでその日は早朝から人が踏み込まない島の裏側に、4時間ほどルアーで探って歩いた帰りでした。途中に浮浪者の聖地のような場所があって、ふと後ろが気になったんです。「キャンパー(浮浪者)が何か忘れ物をして、今はいない。」と確信めいた [続きを読む]
  • 【心霊・幽霊系】それは婆ちゃんだったのか?
  • 今年の1月1日に大好きだったばぁちゃんが逝っちまった。病院から帰ると急いで門松とか正月関連のものを片付けてじいちゃんは親戚に連絡。昼間は葬式の準備とか手伝いで忙しく泣く暇すらなかった。4日くらい経って正月ムードも終わり、ようやく葬儀を行えるようになるのだが、その前の晩、布団に入り泣いていたらいきなり金縛りにあった。金縛り自体初めてだったのでめちゃくちゃビビっていたら視線の先の壁から真っ黒な人型のも [続きを読む]