怖い話・恐怖体験談を集めてみた さん プロフィール

  •  
怖い話・恐怖体験談を集めてみたさん: 怖い話・恐怖体験談を集めてみた
ハンドル名怖い話・恐怖体験談を集めてみた さん
ブログタイトル怖い話・恐怖体験談を集めてみた
ブログURLhttp://kowaitaiken.blog.jp/
サイト紹介文怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。
自由文当ブログの記事はネット上から収集した怖い話をカテゴリー別へ整理し掲載しております。
また、引用元の文章の誤字脱字や校正作業を行っていますが、原則として内容の意味合いを損ねるような変更などはしておりません。
当ブログの性質上、閲覧されている読者様の身に危険が及ぶ恐れもございますので、閲覧の際は全て自己責任という旨をご理解の上でお読み下さい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供2642回 / 365日(平均50.7回/週) - 参加 2014/09/17 17:01

怖い話・恐怖体験談を集めてみた さんのブログ記事

  • 【不思議系】ずっと母ちゃんに監視されている
  • 話折ってすまないが、不思議な体験をしたので書き込みさせて頂く。スペック。俺→大学生21才、上京中。母ちゃん→定年、パソコン練習中。俺は大学2年から3年になるにかけて、自分の判断で引っ越したから、母ちゃんは今俺が住んでる場所を住所でしか知らない。ということを前提に話を進めさせてもらう。つい先日、バイト終わりに母ちゃんからショートメッセージが届いてたんだんだが、疲れてたのもあってその日はスルーしてた。 [続きを読む]
  • 【スポット系】もう営業していない温泉だけど・・・
  • 俺が子供の頃、自治会のイベントで有馬温泉一泊旅行に行った。まだ小さかった俺は母と一緒に大露天風呂に入ったんだが、お風呂が先客で満員だった。でも一切、物音が無い。お湯のチャプチャプ音も洗面器の音も会話も何も無い。その上、あれだけ大勢の人が湯船に浸かってるのに誰一人として動かない。微動だにしない。ボーッと思い思いの方向を向いた人が湯船に浸かっているだけ。それと、肌の色がやたらと土色っぽくて、顔がわから [続きを読む]
  • 【心霊・幽霊系】田舎って相乗りタクシー?
  • 数年前ある地方の営業所に出張したときの話。終業後飲みに連れていってもらい、終電の車内で寝過ごしてしまった。宿まで二駅だし、タクシーで帰ることにしたがなかなかタクシーがつかまらない。しばらく歩いていると、空車のタクシーがこちらに走ってくるのが見えた。待ってました!と、タクシーを停めて乗り込んで気がついた。後部座席の奥にすでに女が座っている。乗り込むまではまったく気がつかなかった。相乗りか?田舎ではそ [続きを読む]
  • 【日常に潜む怖い系】父親を捜して欲しい・・・
  • うろ覚えだから要点だけ。ネットに乗っていた話。霊視で行方不明者を捜す番組なんてのがありますが、それで父が行方不明の家族をディレクターが見付けてきた。その家族の家の前で撮影スタート。家族は父を見付けてくれ!と涙を流しながら霊能力者に訴える。霊能力者は山の向こうかな?と濁す感じで言って、その日は体調が悪いからと言って撮影は終了。続きを読む [続きを読む]
  • 【不思議系】長野県の山奥で機関車を見たんだが
  • ふた昔ほど前に温泉巡りしてた人の話。長野県の山奥に行って鄙びた温泉宿でも・・・と車で向かったが、とんでもなく濃い霧に覆われて運転に苦労するほどだった。ふと車窓の左を見るとやや薄くなった霧の切れ間に川の対岸が見え、奥に何やら長い物が動いていた。路肩に車を停めて凝視するとそれは木材を運ぶ貨物列車のようだった。蛇のようにうねうねとゆっくり進む列車の最後に、小さくて真っ赤な車掌車のようなものがついてるのが [続きを読む]
  • 【心霊・幽霊系】旅先でも遭遇する同じおじさん
  • 小学校一年生の頃の話。ピアノ教室に向かうため夕暮れの道を歩いていると、道路を挟んだ向かいの草むらにおじさんが立っていて、こちらに向かって手を振っている。小太りで白シャツに黒いズボン、黒縁メガネのにこやかなおじさん。子どもながらになんでそんなところに?って疑問に思いながら手を振り返す。別の日、自分の横を通り過ぎるバスをなんとなく目で追うと、そのおじさんが一番後ろの席に座っていてまたこちらに手を振る。 [続きを読む]
  • 【心霊・幽霊系】それはあまり見ない方がいいのかもしれない
  • 5年前の10月から週3で今の職場に通っていて、最近ふと気付いたこと。この5年、通勤路でよく擦れ違うおばあちゃんと孫?っぽい二人連れがいる。いい年の私から見て親より年配に思えるので、たぶん70前後のおばあちゃんと、3歳くらいの男の子。手を繋いで古い童謡を歌いながら歩いてたり、三輪車(というか、カートみたいな乗り物?)に子供を乗せておばあちゃんが牽いてたり、雨の日はおんぶした上から傘さしてたり、仲良さ [続きを読む]
  • 【日常に潜む怖い系】サイコパスな息子
  • 実家は車で20分の距離にあり、兄貴が嫁と子供と同居している。俺ら夫婦はアパート住まい。夏に親父がもらい事故で、母が病気でダウンしてしまい、兄嫁だけではつらいので週2で俺嫁に顔を出してもらっていた。しかし、みるみる嫁の様子がおかしくなる。嫁はストレスを感じるとすぐ吹き出物が出る体質なんだが、それが頬にバーっと出た。しかも治らない。おまけに痩せてきた。まさか実家で嫁いびりされてるんじゃ?と思い「母のこ [続きを読む]
  • 【不思議系】もうそこで釣りができなくなった・・・
  • 自分が10歳の時の話。自分と従兄弟(9歳男)と叔父さんとで、家から少し山中に入った沼になまず釣りに出かけたんだ。自分はあんまり釣りには興味はなかったが、従兄弟(これは釣り好き)と叔父さんが教えてくれるというので出かけたんだ。沼まではそんなに遠くもなく、20分ほどで着き、直ぐに釣りを始めて素人の自分も2匹ほど釣って「なんだ釣りもおもしろいなぁ」などど増長しながら続けていたが、なんだか自分の周りの草む [続きを読む]
  • 【心霊・幽霊系】終わらない般若心経・・・
  • それではお話致します。あれはもう10年以上も前の事です。当時、小生は大阪の信太山にある陸上自衛隊にて勤務しており、阪神淡路大震災の時には災害派遣で多くの被災者の方々の救護活動に従事しておりました。あの地震が発生して2週間程経った頃、事態はある程度鎮静化し、救助活動にあたっていた部隊の2/3は駐屯地に戻ってそれぞれの勤務にあたる様にとの事となりました。その震災発生後、被災地で亡くなられた方々で他府県 [続きを読む]
  • 【日常に潜む怖い系】仮想家族
  • 昨日とあるフードコートで遭遇したキチママについて語らせて下さい。家族で買いものに出かけ、昼食を取る為フードコートに。色々な店とメニューがあるので、旦那が娘を抱っこしてあれこれ見渡しながら「あれも美味しそうだねー。ラーメンもあるねー」と話していた。私のメニューは旦那に任せて席についてボーッと二人を眺めていた。すると急に髪の毛が腰まである一つ縛りの化粧気も無い女が旦那の背後にピタリと付いた。女はニヤニ [続きを読む]
  • 【不思議系】異様な写真を見せられた
  • 学生時代の友人から急に電話があった。記憶の中では彼女は気丈な子だったが、そのときは声が弱々しく震えていた。友人:「うちの父親のことなんだけど」その切り出しに、私は思わず居住まいを正す。彼女のお父さんは2〜3ヶ月前に亡くなったという知らせを聞いていた。今どき珍しく、彼女は父親っ子だった。話の先を促したが、電話では伝え難いことらしい。数日後、話を聞くために喫茶店で彼女と会った。続きを読む [続きを読む]
  • 【心霊・幽霊系】引っ越したいが金がないので・・・
  • 明け方5時ごろトイレに行き、もう一度寝直すか・・・と思って寝室へ向かっていたら突然後ろから羽交い絞めにされました。うわっ、泥棒かよっ!!と思ったのですが、羽交い絞めにされているのに腕が見えない。けれど、スースーと人の吐く息使いはすぐそばで聞こえてきます。首には右手?が巻きつき、左手は手首が押さえられていて、そのうち苦しくなり始め膝をついてしまいました。体感時間にして10分は経過していたと思います。 [続きを読む]
  • 【不思議系】ライブハウスでの不思議なおじさん
  • これは私自身の体験。あるライブのとき、ずーーーっと私を見ているお客さんがいた。ライブハウスってステージ上から客席はかなりはっきり見渡せる。その日は割りと満員に近い客入りで、幕が開いてすぐ客席をぐるっと見渡したとき、その人と視線がぶつかった。下手の真ん中くらいの位置で、いつ見ても何回見ても目が合う。短髪で痩せている中年くらい、白いシャツの男性で、無表情って感じでじーっと見てる。こっちはライブに集中し [続きを読む]
  • 【心霊・幽霊系】その人は翌日首を吊ったらしい
  • これは俺が小学6年生の時の話。両親が共働きの為、毎年夏休みの間は田舎の祖父母宅にあずけられてた。小さい頃からずっとだったから、そこでも友達は出来た。その夏、田舎で出来た友達と遊んで祖父母宅に帰る時の出来事です。舗装もされてない道でそれを見つけました。それは小さな巾着袋。何気なくそれを拾い中を見ました。おはじきみたいな物、和紙でできた人形、あと歯が何本もなくなってる古そうなクシ。続きを読む [続きを読む]
  • 【日常に潜む怖い系】離岸流の本当の恐ろしさ
  • 学生時代の夏休みの話。気づいたら横に流れる強烈な離岸流(りがんりゅう)。ていうか、マジ激流。でも「リップじゃないし、沖には流されないな・・・」とナメてたら、流れの先にはお約束のムキ出し岩場・・・。フルパドルで逃げようとしてもドンドン吸い寄せられて、ついに岩場にドーン!水の力ってスゴイね。あいつら容赦ない。体をしたたか叩きつけられること数回。海パンだったから、全身キズだらけ。続きを読む [続きを読む]
  • 【不思議系】俺はまだ死んではいけ人間だったんだ
  • もう10年前になるけど、バイク(ミッション式)でバイト先から帰宅していた途中の事。信号待ちで青になったから発進しようと思ったら、クラッチ繋げても発進しなかったんだ。「あれっ?クラッチミートしてるのに・・・故障かな?」と、思った瞬間・・・信号無視したダンプカーが猛スピード(本当にすげぇスピードで)交差点に進入してきた!続きを読む [続きを読む]
  • 【心霊・幽霊系】魔界との境界線が壊れて・・・
  • 俺の小学校の時の体験。俺の住んでいるとこは県庁所在地だったが、親父の実家が同じ県のド田舎で山の中だったんだ。冬休みになると正月を過ごすためにそこに連れられて行くのだが、その当時はTVの入りも悪く正直行きたくなかったんだ。その年もいつものごとく連れて行かれたんだが、従兄弟らがまだ来ておらず暇でしょうがなかった。で、することも無いので裏の庭で一人遊んでいると、突然ガサガサと音がする。そちらを見ると、ど [続きを読む]
  • 【日常に潜む怖い系】樹海を舐めてかかっていた
  • 去年の夏。あの有名な富士の樹海での話・・・。あれは大学の皆と、河口湖へキャンプに行ったときでした。車で行ってたこともあり、河口湖からも近かったし、みんな今まで一度は樹海に入った事があったので、じゃあ恒例の肝試し・・・・・・なんてノリで行きました。ただ、今まで樹海に入った時と違ったのは、霊感の強いTという友達が居たこと・・・。そして、僕達が樹海に着いた時に一目散に逃げて行くエスティマが居たこと・・・ [続きを読む]
  • 【不思議系】一回だけテレポートした事がある
  • 20年以上も前の話。母屋一階から離れ二階にテレポートした記憶がある。ウチの実家、両親と私と弟の住む「離れ二階」(一階は物置)と祖父母の住む「母屋」があるんだけど、私は幼稚園か小学校低学年かそのくらいの年で、季節は夏。その頃、まだひいお婆ちゃんが生きていて、そのお婆ちゃんと「母屋一階」の茶の間にいた。確か、おやつは『雪の宿』っていう煎餅だったと思う。で、そのひいおばあちゃんの前で「私、ワープするね」 [続きを読む]
  • 【心霊・幽霊系】給料がいいので請け負っていたバイト
  • 大学時代の友人が体験した話。友人は農学部で生物関連の色々なバイトなんかを受けていた。動物調査や、標本採集はキツイだけあって結構給料がいいのでよく受けていたそうだ。言葉だけ聞くと楽そうに思えるのだが、実際は山の中を延々と歩いて規定数の生物をクリアしないといけないのでかなりキツイ。その友人が体験したことを思い出したので書いてみる。続きを読む [続きを読む]
  • 【日常に潜む怖い系】四国ってそんな人がいっぱい?
  • 四国某県の県庁所在地に出張した時の話。駅前のビジネスホテルに宿泊し、朝早く目が覚めてしまったので、周辺を散歩していた。夏だったのだがその日は比較的涼しく、大きな川が流れていて緑が豊富だったこともあり、大変気持ちが良かった。だが、とにかく人がいない。県庁所在地でもこんな感じなのか、過疎化もいよいよ...などと考えながら佇んでいると、向こうから初老の男が自転車に乗りフラフラとやってくる。アロハシャツに [続きを読む]
  • 【心霊・幽霊系】心霊特集番組での不思議現象
  • 今から15年くらい前の話です。私はTVで特番の心霊特集番組を見ていました。その時、両親は外出しており、弟も塾に行ってて留守だったので、家には私一人しかいませんでした。弟もその番組を見たがっていたので、私は弟の為にビデオに録画しながらTVを見ていました。その心霊番組は「今夜、TVの前のあなたにも何かが起こるかも!」というふれこみで、目玉企画として、生放送中にある女性タレントの亡くなった両親を、降霊術 [続きを読む]
  • 【不思議系】誰か俺のトラウマを解消して欲しい
  • オムライスが食べられない。卵料理が嫌いなわけじゃないし、一応調べたけど玉子アレルギーもない。というか、実際に口にするまでは美味しそうに見えてる。何年かに一度変な克己心(こっきしん)が起きて、美味しいと評判のオムライスの店に行ったりするんだけど、なぜか一口目で厚紙を食べてるみたいな気分になって、それ以上どうしても食べられなくなる。続きを読む [続きを読む]