怖い話・恐怖体験談を集めてみた さん プロフィール

  •  
怖い話・恐怖体験談を集めてみたさん: 怖い話・恐怖体験談を集めてみた
ハンドル名怖い話・恐怖体験談を集めてみた さん
ブログタイトル怖い話・恐怖体験談を集めてみた
ブログURLhttp://kowaitaiken.blog.jp/
サイト紹介文怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。
自由文当ブログの記事はネット上から収集した怖い話をカテゴリー別へ整理し掲載しております。
また、引用元の文章の誤字脱字や校正作業を行っていますが、原則として内容の意味合いを損ねるような変更などはしておりません。
当ブログの性質上、閲覧されている読者様の身に危険が及ぶ恐れもございますので、閲覧の際は全て自己責任という旨をご理解の上でお読み下さい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供2553回 / 365日(平均49.0回/週) - 参加 2014/09/17 17:01

怖い話・恐怖体験談を集めてみた さんのブログ記事

  • 【心霊・幽霊系】子供が絶対に泣け叫ぶ部屋がある
  • 姪が小さい頃、遊びに来たらいつも泣き叫ぶ部屋があった。特に気にしてなかったが、数年が経ち、その下に生まれた甥がやはりその部屋でだけ泣き叫ぶ。共通しているのは、二人とも天井を見たり指差して泣き叫ぶ事。その晩に姉から、小さい頃に行った福岡旅行の話を聞かれた。旅行自体はうろ覚えだが、なぜか泊まったホテルは部屋番号まで記憶している。「家族にも見せず黙ってたけど、あの部屋にはずっとこの写真を隠してた」と、写 [続きを読む]
  • 【心霊・幽霊系】患者の胸から謎の影が・・・
  • 2012年1月の話。祖父が肺炎で入院して、もう年が年なので最後かもしれないと思い、泊まり込みでお見舞いに行きました。6人用の大部屋だったんですが、同室していたのは30半ばの男(以下Aさん)だけでした。他の患者さんはぞくぞくと退院なされたらしく、たまたま残ったのが祖父とAさんだけだったそうで、快適そうでした。初日の祖父は、申し訳なさそうに終始俯いていました。夜が近くなり、やっとまともに口を利いたかと [続きを読む]
  • 【不思議系】俺の不思議体験を聞いてくれ
  • トンネルの上で遊んでいて上から落ちた。軍服を着たおじさんが受け止めてくれて無傷だったけど、今の時代に軍服を着たおじさんなどいるわけもなく、そのまま消えていった。修学旅行で京都に行った時、旅館に開かずの間があったのだが、自分一人だけで前を通ったら、なぜかドアが開いて呼ばれた気がした。そして、入るとしたら、「入ったらもう戻れないよ」と声が聞こえて、振り向いて、もう一度ドアを見たら、そのドアはチェーンで [続きを読む]
  • 【日常に潜む怖い系】焦げ臭い理由を知って驚愕
  • 今勤めてる会社に入社した当日、「・・・何か焦げ臭くないですか?」と聞いた。「そんな、焦げるようなものは無いけどなあ・・・」と、みんな首を傾げていた。それ以降も、たまに焦げ臭い空気が漂うことがあった。それは大抵朝の9時、10時頃か、昼下がりの14時、15時頃で、誰も居ないのに誰かが通ったかのように、ふわりと空気が動いた後が多かった。その『見えない誰か』が通るとほのかに生暖かい風が吹き、焦げ臭いニオイ [続きを読む]
  • 【不思議系】盲目で不思議な力を持った人がいる
  • 世の中には不思議なことが本当にあるんだな・・・。信じてなかったんだが考えが変わったわ。母方の祖父が体調を崩して入院した。何度か入退院を繰り返してたので、今回も早く退院できるといいなと思っていた。そんなとき母が『ワカ』に祖父の相談をしてくると言い出した。『ワカ』ってなんだ?母に聞いたら、うちの福島の田舎では、生まれつき盲目の人で不思議な力を持った人は『ワカ』と呼ばれ、色々物事を教えてくれるらしい。母 [続きを読む]
  • 【心霊・幽霊系】そんな一瞬で見失う??
  • まだ先週の話なんだけど、仕事で出張してて、その日の仕事が終わってホテルに泊まりに行ったんだ。まあそのホテルはビジネスホテルなんだけどさ。先輩がコンビニで摘みと酒買ってくるって言って、エントランスで別れた後、俺はそのままエレベーター乗った。したら入る時誰もいなかったはずなのに、エレベーターで上がってる時に窓見たら、後ろに髪で顔隠れてる俯いてる女の人がいた。後ろを見たらいないとかそういう展開じゃなくて [続きを読む]
  • 【不思議系】頻繁に数珠がバラバラに・・・
  • 何か見たわけじゃないけど、少し前に親戚の葬式があって、通夜のとき母親は少し遅れてきたんだ。自分ははじめから参加してて、通夜の式が終わった後、しばらくして母が来て、手を合わせようと数珠を取り出したら、パラパラと玉が落ちて行った。まあ古いから切れたのかな?と母と言ってました。次の日、葬儀も終わり、火葬場へ行きお経をあげて貰ってると、後ろにいた親戚の方からまたパラパラと玉が落ちてました。続きを読む [続きを読む]
  • 【不思議系】不思議な火が見えたので近づいてみた
  • 大して怖くないし霊体験じゃないかもしれんが書き込みしてみる。高校の頃、部活の合宿で夏休みに山中湖行ったんだ。毎年恒例で借りてる大学管轄のペンションみたいなところで、兎に角ボロい。民家は勿論最寄りのコンビニまで2kmの陸の孤島で、山中湖までは徒歩3分くらいな。高校入ったばっかりのテンションで当然の如く夜更かししてたわけだが、誰が言い出したのか肝試ししようぜって話になった。男4人女4人だったと思う。肝 [続きを読む]
  • 【不思議系】T県U市S運動公園で見た人影
  • 昔友達と遊んだ帰りに、当時の恋人と近所の大きな運動公園を真夜中に歩いてたら、目先3m先のカーブした塀の前に、真っ黒い人間が水銀灯の灯りに照らされて立っていた。夜中2時を過ぎ、水銀灯もかなり離れた間隔で立っているので、只でさえ暗く薄気味悪い。距離が縮まり、何だ?と目を凝らして良く見ても、全身真っ黒で光の下に居るのに顔が全く見えない。恋人も凝視している。続きを読む [続きを読む]
  • 【日常に潜む怖い系】飛び降り自殺が多い校舎
  • 高校は結構な進学校だったが、2年に1人は飛び降り自殺が出る学校だった。かなり以前からその高校に勤務している爺ちゃんの先生によれば、「イジメとかじゃなくて、『生きてる意味が分からなくなった』って死ぬ奴が多い」と。他の先生たちも、入学早々授業で、「B棟の3階の突き当たり、ロッカーが置いてあるだろ。あれは絶対に動かすな。外から見れば分かるけど、あのロッカーの裏には扉があって、外側の階段で屋上にいける。だ [続きを読む]
  • 【不思議系】神社で遊んだ不思議な子供
  • 実話だからしょぼいかも・・・。俺は九州の田舎育ちだから、不思議な話をよく聞くんだよ。やれ狸に化かされただの、やれ山の神様を見ただの、日本昔話みたいな話ばっかり聞いていた。でも、やっぱり俺は信じてなくて、「ボケた老人の妄想だろ」と馬鹿にしてた。そんである日、いつもの様に俺は友人と神社で遊んでたのよ。何を奉ってるかも分からない山の中の神社。そこでエアガン撃ったり、チャンバラしたりしてた。すると突然笑い [続きを読む]
  • 【心霊・幽霊系】入退去が頻繁なアパート
  • どうやら今住んでるアパートは、通り道になっている。隣の部屋(202号室)には事故物件でもないのに何故か人が居着かない。確かに、海岸とお宮の間にあるからか、202号室の玄関、うちと202号室の間の壁からうちの部屋の窓にかけて、斜めに何かあるっぽい。202号室は自分が住んでる3年間で住人が6回入れ替わり、最短3日、平均2ヶ月、最長1年(現在の住人が記録更新中。因みに102号室は3人、最短3ヶ月、最長5 [続きを読む]
  • 【不思議系】偶然?のいたずら?元カノが怖い
  • 今付き合ってる彼女は、元カノとの交際期間中の俺の浮気相手だった。今の彼女のほうが好きになってしまった俺は、浮気のことは隠して、なんか月並みな理由を並べて元カノと別れた。すごく泣かれたしごねられたけど、我ながらあっさり元カノを捨てた。これが去年の秋ごろ。話は変わって、昨日自転車の後輪がパンクした。バイトの帰りにパンクに気付いたんだが、出勤前にはなんともなかったから、たぶんバイト中にどーにかなってパン [続きを読む]
  • 【不思議系】『からむな』という存在になってしまう
  • 『からむな』って聞いたことあるか?俺が幼い頃にお婆ちゃんから聞いた話だ。この『からむな』っていうのは、蔵とか家に憑く化物だ。ぬ〜べ〜を読んだことがある奴は分かると思うが、『しょうけら』ってのと同じ類。あれは律子先生が妖怪と消火器で触れ合う心温まるストーリーだったな。まあ知らなければ是非買ってくれ。巻数は教えん全部買え。さて、『からむな』っていうのは具体的にどういう奴かっていうとこうだ。姿形は成人男 [続きを読む]
  • 【心霊・幽霊系】先祖の最後の瞬間を体感した
  • 俺の家系は遡ればとある武将の血筋になるらしく、それが関係してると思う。物心ついた時から霊体験はいくつかしてたんだけど、高校一年の時に嫌な気配、悪寒がして起きたんだ。そしたら目の前に手が浮いている。だいたい肘から先の両手。それがいきなり俺の首を絞めてきた。締められながらだんだんその手が人の形を成していき、見た感じ鎧武者だった。ただし兜は無く素顔出してた。40〜50歳くらいの髷解いた小太りのおっさんだ [続きを読む]
  • 【日常に潜む怖い系】標的はケンシロウになってしまった
  • 俺の通っていた中学はかなり有名なDQN中学だった。大便所は徹底的に破壊されたいたし、授業中平気な顔して煙草を吸うヤツもいた。でも俺はこれが普通だと思っていたし、俺と同じニュートラルなヤツらとつるんでそれなりにマターリと中学校生活を楽しんでいた。ある日、当時学年を仕切っていたKが公開リンチを行うという噂を聞き、暇だった俺は友達数人と見学にいった。リンチの標的は別のクラスのまぁ濃くも無く薄くも無い普通 [続きを読む]
  • 【心霊・幽霊系】同僚からもらった綿布団
  • 私は子供の頃から、綿布団で寝ていました。しかし、家が火事になった時、私の布団も燃えてしまったのです。新しく買った羽毛布団は、寝心地が良くありません。私がズッシリとした重みのある、綿布団に慣れていたからです。ある日、私は会社の同僚に、笑い話としてそのことを話しました。「私は綿布団の重さに慣れているので、羽毛布団を使うようになってからも、布団の上に座布団を乗せて寝ているよ」と。するとその同僚が、「家に [続きを読む]
  • 【不思議系】本来もっと早く死ぬはずだった・・・
  • そもそも私が見えるようになったきっかけと思われることが、6歳の時に高熱を出して倒れたんですよ。母方の祖父が危篤になり、私は最初はなんてことない風邪だったとの話ですが、具合が悪いからと家で留守番。なにかあったら隣の方によろしくお願いしてあるからと、両親と兄達は田舎の病院へ。その時期、近所に住む父方の親戚からマルチーズ犬を預かってました。(別件で一週間不在だから預かってくれと頼んできた)名前はコロ。親 [続きを読む]
  • 【不思議系】長崎の白◯トンネルでの体験談
  • 今から20年近くも前の話。免許取り立ての自分と、友人数人で夜のツーリングへ出かけた話です。長崎の某トンネルを抜け、数台の原チャで走っていたのですが、とある白◯トンネルの前で自分の原付が突然不調になったんです。そのときは、先頭を走っていたのにトンネル前で最後尾。仕方なくそのまま走っていたんですが、みんな見えなくなり一人でトンネルに入りました。初めてそのトンネルを通ったんですが、むちゃくちゃ長い。出口 [続きを読む]
  • 【不思議系】その札束には憎悪が満ち溢れている
  • 私が以前に交際していた男性は、非常に霊感の強い人でした。ある日その人と、町中を歩いていた時の事です。交差点で信号待ちをしていたら、彼が「アッ、あの人の鞄・・・」と驚いたように呟きました。私:「どうしたの?」怪訝に思い、私は彼に尋ねましたが、彼は何も答えてくれません。それでも私は、「一体、どうしたって言うの」と、彼にしつこく尋ねました。すると彼は、緊張した表情をしながら、こう言ったのです。彼:「あそ [続きを読む]
  • 【心霊・幽霊系】丹沢湖に原付でツーリングに行ったときに
  • トンネルなら俺もある。実際には俺の友達なんだけど、丹沢湖に原付でツーリングに行った時に湖の周りをレースみたいにぐるぐる走っていたら、ちょっとはずれた所に古ーい汚いトンネルをみつけた。見るからに気持ち悪く”出そう”だったが、友人と記念に入ろうという事になり原付で入っていった。中は暗く路面は悪く運転に気を使って走っていくと出口に付いた。ほんの50m位の短いトンネルで出口の先は行き止まりで林になっていた [続きを読む]
  • 【都市伝説系】気付いたら○がない・・・
  • 知人から聞いた話。大型免許を取ったばかりの太郎氏は、婚約者の花子氏を連れて旅行に行きました。バイク二人乗り。伊豆への温泉旅行です。やがて高速道路にさしかかり、太郎はものすごいスピードを上げていきました。後ろでしがみついている花子の長い髪の毛も風と一体化しています。よほど気持ちいいのでしょう、花子は喜んでいます。太郎はさらにスピードを上げ、マシンの最大速度までアクセルを握りました。調子に乗り追い越し [続きを読む]
  • 【日常に潜む怖い系】全員が不幸になる話
  • 男は焦っていた、時間がない。「なんで起してくれなかったんだよ〜」とぼやきながら走った。ひとの流れを縫うように・・・。男は幸せだった。可愛い息子はまだ2つ、女房はいまだ恋人気分。久しぶりの休み、今日はお出かけ。ベビーカーから子供を下ろし歩道橋を上がる。息子は車が大好きだ、肩車で高い高いがお気に入り。「気を付けてよ!」「ほ〜ら高いだろ」続きを読む [続きを読む]
  • 【都市伝説系】いわくつきの土地だけを探して
  • 私がこの前まで働いてたカラオケ屋なんですが、どの店舗も出るんです。安い、いわくつきの物件を選んで建ててるのが悪いのか・・・。体験した&聞いた話をカキコします!!*トイレの洗面台を雑巾掛けしていると、後ろから細い手が伸びてくる。*3畳程の誰も居ない部屋なのにテレビ画面には、トレンチコートを着たおやじが後ろの椅子に座って居のが写る。*誰も居ない階で、昼飯を何にしようか考えていると耳元で「どうした〜?」 [続きを読む]