cachaca さん プロフィール

  •  
cachacaさん: 夫婦で遊ぶ熟年ライフ
ハンドル名cachaca さん
ブログタイトル夫婦で遊ぶ熟年ライフ
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/cachaca5151
サイト紹介文私は眼の病気、つれあいは脚の不具合。今のうちに二人で遊ぼっと!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供131回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2014/09/17 00:04

cachaca さんのブログ記事

  • シャーヒズィンダ廟群−蒼い壁面@サマルカンド
  • ここに3回お参りするとメッカに行ったことになる(ガイドさんによる)のと、また装飾の美しさで、中央アジアで指折りの名所だそうです。私たちが行った日はあいにくとお天気が悪く、サマルカンド・ブルーが冴えなかったのが残念。この階段は写っているよりずっと長いんですが、行きと帰りに数え、その数が同じだったら願いが叶うんだとか(ガイドさんによる)。私はちゃんと同じだったから、叶うかな。ティムールゆかりの人々の霊 [続きを読む]
  • 繊細な黄金の内装@サマルカンド
  • レギスタン広場の真正面にあるティラカリ・メドレセは3つのうち最も新しく1660年建造。青いドームの中の礼拝堂はティラカリ(金箔された)の名前の通り、まばゆいばかり。金一色ではなく、藍色を効果的に使って、繊細な模様(星や植物、アラビア文字)で飾られている。特にミフラーブ(メッカの方向を示す壁面のくぼみ)は荘厳。これ、ピンボケですみません。ヴェニスのサンマルコ寺院にもパラドーロがあるけれど、あのゴテゴ [続きを読む]
  • サマルカンドは美しかった@ウズベキスタン
  • サマルカンドにやっと行くことができました まずはおなじみのレギスタン(砂地の意味)広場。最初に断っておきますが、私は滅多に写真を撮らないので出来が良くありません。サマルカンドはシルクロード交易の中間地として栄え、ティムール帝国時代は大規模なバザールだったそうです。その後、3つのメドレセ(神学校)が建てられた。現在はメドレセの建物の中はバザールとなっており、授業が行われるメドレセは別の場所です。結婚 [続きを読む]
  • 新たに見つけたフレンチレストラン
  • よく行ってたフレンチレストランが4月に火事で閉店したままなので新たに探してみました。まだ開店して1年半のお店。ランチがとてもおいしく、盛り付けも工夫されていたので写真をどうぞ。まずスープの代わりに出たこれ(説明あったけど忘れた)。クリーミーな三層仕立て。アミューズはかぼちゃのふわふわ泡の下にリエットが隠れてる。オレンジ色のはニンジンをお寿司のガリのように甘いショウガ味にしてある。上のこげ茶はココア [続きを読む]
  • 冷房費は月額11000円
  • この夏はずっと日本にいました。つれあいは日本の蒸し暑さはその環境で育ってない人間には耐えられないというので、これまで夏は日本脱出していたわけ。この夏は7月のつれあいの2週間の里帰りだけで70万円もかかってるのでよそへ行くお金がない。私はこの猛暑を大ゲンカせずに乗り切ることができるのか、憂鬱だったんです。そこで、冷房を昼間から、いや朝から使おうということになりました。それくらいなら、飛行機代よりは安 [続きを読む]
  • 「サムライが死んだ」
  • 先日テレビで「アラン・ドロン ラストメッセージ」というインタビュー番組を観ました。ドロンと言えば、日本でもかつてハンサムの代名詞的存在でしたね。私は特に好きではなかったので、まだ生きてたの?という興味本位で観たんです。今、82歳とのこと。アメリカ人のようにフェイスリフトはしてないようで、トシ相応のお顔です。ドロンは一度記者たちに、自分が死んだらどんな記事を書いてくれるんだと訊いたことがあるそうです [続きを読む]
  • 網膜細動脈瘤で長期旅行が無理に
  • 3週間ほど前の眼の定期検査で網膜に出血が見つかりました(ココ)。再検査で出血が広がっていればレーザーで治療するということで行ったところ、広がってはいないものの、消えてもいない。とりあえず今は小さな出血で場所も黄斑からは離れているので、もうしばらく様子を見ましょうとなりました。病名は網膜細動脈瘤とのこと。私がネットで調べていた網膜静脈閉鎖症とは違います。眼にも動脈瘤ができるんだそうです。ただ私は高血 [続きを読む]
  • 予想外に早く復旧する「はるか」
  • JR西が関空連絡橋の鉄道部分について発表したところによると、「復旧工事も予定していた以上に順調に進捗できる見通しとなったことから、9月18日始発から関西空港駅まで運転再開いたします」  これは朗報です。18日からクロアチアにツアーで出かける友達には15日、旅行社から予定通り関空出発との連絡があったとうれしそう。11日の時点では、まだどこから出発できるかわからないけれど、キャンセルにはしませんときっぱ [続きを読む]
  • 航空券を代理店で買うと緊急時に困る
  • 関空閉鎖でサマルカンド行きが不透明になったと書きました(ココ)。今もって不透明です。旅行社のHPではツアー出発の3〜5日前に連絡するとのこと。今回はツアー参加なので自分では何もしなくていいので楽です。一方、14日に関空に帰国予定の友達はロンドンで航空会社とやりあったそうです。というのは、航空券を航空会社ではなく旅行代理店で買っていたから。代理店で買うと、キャンセル・変更は代理店を通すことになってるん [続きを読む]
  • 月下美人、今年4回目の開花
  • 頂いて2年目で咲き始めた月下美人が4回目の開花です。5月に初めて1つ咲き、6月末と7月中旬には1度に7つも咲きました。そして4回目の昨夜は1つですが、今夜もう1つ、すぐ上のつぼみが咲きそうです。全体はこんな感じ。葉をかなり切り取ってしまいました。8月下旬から葉に茶色のシミがたくさんできたんです。検索すると、害虫ではなく、温度と水分の調節がよくないらしい。そのせいか、今回つぼみは4つできたのに、2つ [続きを読む]
  • 健康診断の結果と網膜出血
  • 網膜に出血があると言われたこともあり(ココ)、健康診断に行ってきました。今年はまだ行ってなかったし、ネット検索によると網膜出血は高血圧や糖尿病が原因であることが多いと書いてあったからです。健康診断の結果は、やはり私は高血圧でも糖尿病でもないとのこと。これまでそういう指摘をされたことはないですから。素人考えですが、網膜静脈に血栓ができるということはコレステロールが高いからかとも考えました。2年前の健 [続きを読む]
  • 関空閉鎖でサマルカンド行きが不透明に
  • 9月4日の台風21号は大きな被害をもたらしましたね。幸い、ウチのほうは大したことなかったです。実は私は元々、9月4日関空発のサマルカンドツアーに申し込んでいたんです。台風の予報が出た時は、10月初めに変更しておいてよかったと思ったもんです。ところが台風の被害で関空が閉鎖、しかも復旧のめどが立たないと・・・ 旅行社には問い合わせが殺到しているに違いないので、私はまだ電話してません。さっきHPを見ると「 [続きを読む]
  • 合唱指揮者がピアノ伴奏も兼ねると
  • 市内の大きなコンサートホールで行われた女声合唱合同コンサートに行ってきました。というのも、私が参加している公民館のジャズヴォーカル講座のメンバー2人が女声合唱もやっていて、チケットをくれたんです。彼女たちの合唱団は去年のクリスマス・コンサートも聴きに行きました。その時の場所はいつも練習している教室で、先生のピアノ伴奏に合わせて皆さん歌っていました。先生と別にピアノ伴奏者がいないグループなんです。今 [続きを読む]
  • 眼にまた新たな問題が・・・
  • 4カ月ごとの定期検査に行ってみると、また新たな問題が見つかりました。左眼の網膜に出血があるとのこと 「自覚症状はないんですけど・・・」というと、「この場所ならそうでしょうね」眼底写真を撮って見せてくれました。左眼の中心より右側に小さな赤い部分があります。網膜の血管にこぶができているんだそう。この日は何もしないで、2〜3週間後に診て、広がっているようならレーザーで治療しましょうとなりました。私は10 [続きを読む]
  • サマルカンド行きは10月に延期
  • 9月初めにサマルカンド行きを予定してたんです(ココ)。でもこの猛暑で10月に延期しました。サマルカンドのあるウズベキスタンは日本のように湿度が高くないとはいえ、夏は33度くらいになるんです。日差しも強い。7〜8月など、外を歩いてるのは観光客だけで、地元の住民は出ていないと書いてる旅行記も見かけました。それで、7月下旬頃にどうしようかなぁと思いながら、旅行会社のHPを見たら、10月初め出発が追加されて [続きを読む]
  • アレルケアは私に効いてる
  • 以前から敏感肌のことを書いていたせいか、パソコンの広告にカルピスが出しているアレルケアが登場するようになってたんです。L-92乳酸菌を配送したサプリで、刺激に弱い肌が改善されるというもの。夏になると私は自分の汗や髪の毛が触れることでも目の周りや頬がチクチク・ヒリヒリし、赤くなったりするんです。それにプールで泳ぐ日は、ゴーグルのゴムが当たっていた部分もかぶれる。この夏は特に暑いのにずっと日本にいるし、7 [続きを読む]
  • 鉄板キュイジーヌ
  • よく行ってたフレンチ・レストランが火事で閉店中なので、新しい所へ行ってみました。鉄板キュイジーヌ。ランチで4900円(税別)は高い!と思ったんだけど、たまにはいいんじゃないかと・・・ビーフのお店でこんなふうに目の前で焼いてくれます。オーナーシェフは鉄板では料理せず、もう二人のシェフが焼いてサービス。黙って料理するのではなく、適度にお客との会話を取ろうとする。キュイジーヌというのはコースになってるか [続きを読む]
  • 必死に見える(らしい)私のクロール
  • いつものように水泳に行って、25mクロールして顔を上げると、ライフガード(女性)が私に何か声をかけてる。プールサイドの見回りで、ちょうど私のそばに来てたんですね。耳栓を外して、何ですか?と問うと、あまり無理しないでくださいねどうやら私は必死にクロールしているように見えるらしいそう思われても仕方ないかなぁと自覚はしてるんです。つれあいも含め、他の人はクロールでもゆったり泳いでるんですよね。他の人と比 [続きを読む]
  • 気功を始める
  • 唐突ですが、気功を始めました。健康づくりにヨガでもとか思ってたんです。つれあいはもう40年近くヨガをやってます。やってるといってもクラスに行くとかではなく、自己流。若い頃にアメリカでヨガの先生について習ったのを、ずっと自分でやってるだけです。公民館でもヨガのクラスがあるんですが、曜日や時間が合わず、ちょうどいい時間帯に気功を見つけたんです。それも「初心者向けらくらく気功」と書いてるので、私にピッタ [続きを読む]
  • 「雨にぬれても」にする
  • 公民館のジャズヴォーカルのクラスが発表会の準備に入りました。メンバーそれぞれがどの歌にするか決める時期。今年は7月に先生が「雨にぬれても」を取り上げたんです。これってジャズじゃないですけど、硬いこと言わない そこで私はこの歌を歌うことにしました。1972年ごろの映画「明日に向かって撃て」の主題歌で、当時はやりましたよね。私もよく聴いたほうで、今でも歌詞をほとんど覚えてるんです。だからその点、楽勝か [続きを読む]
  • メガホン付きポスト
  • ウチの住宅地内にはポストが2カ所あります。先日、その1つに投函しに行ったところ、何かついてる。ひと月ほど前にはなかったので、最近付いたと思われます。横から見るとこんなふう。一体なんだろ?とよく見ると、メガホンみたい。実際、封筒を投函すると、ストンとポストの底に落ちた音が拡大されて聞こえる こんなメガホン付きポストなんて初めて見ました。住宅地内のもう1つのポストにはまだ?付いてません。 でも何のため [続きを読む]
  • サボも多肉も夏バテ
  • 今年の猛暑で、暑いのが好きなサボテンや多肉もバテ気味です。5月中旬から例年通り、ウッドデッキの上の日陰がまったくないところに置いてたんですが、どうも調子が今一つ。サボはつぼみがついても小さなまま、2週間も変化なしでした。そこで10日ほど前、半日日陰になる場所へ移動させたところ、やっとつぼみがぐんぐん伸びて咲いてくれました。今回は花が12個。月下美人と同じ香りで、夜咲きますが、咲いてる時間が長く、朝 [続きを読む]
  • 「エウリディーチェを失って」聴き比べ
  • モーツァルトのあと、バロックが聴きたくなって、「オルフェオとエウリディーチェ」(グルック作曲)の録画を観ました。これも久々です。1つはカウンターテナーのベジュン・メータがオルフェオ。メータは以前、アン・デア・ウィーン歌劇場で「ロデリンダ」を観ましたが、とても技巧的。この「エウリディーチェを失って」も速いテンポで、1番目と2番目で技巧を変えて歌ってる。私は好きですねー。この演出ではオルフェオが最後に [続きを読む]
  • 久々のモーツァルトで涙
  • このところ、オペラは劇場でも録画でもヴェルディを多く観てました。しばらくモーツァルトのオペラから離れていたので、久々に「フィガロの結婚」の録画を引っ張り出しました。もう10年も前に東京のサントリーホールで上演されたもの。録音技術のせいではないかと思いますが、全員の声がちょっと硬めに響く。でもキャストは全員質がそろってよかったです。特にフィガロのガブリエーレ・ヴィヴィアーニ。ほとんどドタバタコメディ [続きを読む]
  • やっと見れた、月下美人7つ咲き
  • 6月30日夜、オペラを観に行った夜、7つも同時に咲いた月下美人を見逃して悔しい思いをしました。今シーズンはもうこれほど咲くのは無理だろうと思ってたところ、7月10日頃につぼみが20個ほど出てきたんです。でも5センチくらいに伸びたあたりで、多くのつぼみが落ちてしまいました。咲かせるだけの体力があるかどうかで、自制するんだそう。植物なりに賢い。結局大きくなったつぼみは8つ。そのうち7つが同時に咲きまし [続きを読む]